海外旅行保険の申し込みは店頭が有利?それともインターネット?

海外旅行保険の申し込みは店頭とインターネットサイトのどちらでしたほうがよいのでしょうか。海外旅行保険の知識があれば保険料の安いインターネットサイトからの申し込みがおすすめですが、知識に不安があれば店頭での加入を検討すべきでしょう。

海外旅行保険は店頭申し込みとインターネット申し込みどちらがいいの?

未知の世界へ夢がふくらむ海外旅行。

そんな夢をかなえるために加入しておきたいのが海外旅行保険です。


海外旅行保険は旅行先で起きたトラブルによる損害の補償はもちろん、事故の時の連絡も日本語で対応してくれますので、安心して旅行を楽しむことができます。


しかし、海外旅行保険に加入する手続きはどこで行ったほうが得になるのでしょうか。


ここでは、海外旅行保険に加入する際の申し込み窓口について解説いたします。



海外旅行保険は店頭申し込みよりインターネット申し込みの方が安い!

海外旅行保険の申し込みは、旅行会社などの店頭で行うものとインターネットサイトから行うものとに分かれています。

保険料という点ではインターネットサイトからの申し込みのほうが店頭で申し込むよりも安くなります。


保険の募集に携わる人が、保険会社と契約者の間に介在しない分、費用が掛からず、保険料の引き下げが可能になるからです。


しかし、ある程度の保険の知識のある人であればよいのですが、保険の知識がまったくない人にとってはインターネットサイトの情報のみで補償内容の良し悪しを決めて加入するのは難しいかもしれません。


そのような時には、海外旅行保険の基本的な情報はインターネットサイトから収集して、不明な点があれば、最寄りの旅行会社などの店頭で相談する、といった方法があります。


また、インターネットサイトには電話やメールによる問い合わせ窓口を設けている保険会社もありますので、そこに問い合わせてみる方法もあります。


いずれにせよ、保険料も補償の内容も海外旅行保険に加入する上で大切な判断材料となりますので、時間をかけて検討するのがよいでしょう。

店頭申し込みの場合、ツアーを申し込む時に合わせて加入すれば安心である

旅行会社の店頭で海外旅行保険に加入する場合、その会社で企画したツアーと一緒に申し込み手続きをすれば、付保もれもなく安心です。


旅行会社は旅行のプロですから、現地の事情も熟知していますし、トラブルが起きた場合の手配も迅速です。


さらに海外旅行保険の利用についても、旅行会社のサービスの一環として事故の対応を行うので、保険金請求などの手続きがスムースになります。

インターネット契約は手軽に自宅で手続きができ、じっくり時間をかけて選べる

インターネットサイトからの海外旅行保険の契約手続きは、自宅で行うことができます。

店頭での申し込み手続きではないので、時間を気にせず、じっくりと補償の内容を選ぶことができます。


海外旅行保険には、一般的な補償であるケガや病気などによる治療費、あやまって他人の物に損害を与えてしまった場合の損害賠償などのほかに、事故による旅行の中止や天候の影響などによって飛行機が飛ばないことなどといった海外旅行特有の事情を原因とする損害を補償する特約が幾つか設けられています。


これらの特約のなかには補償が重複するものや、海外旅行保険のセットプランに入っていないものがあるため、申し込みにあたっては内容をよく確認することが大切です。


この点でインターネットサイトからの申し込みは、時間をかけて検討することができるので店頭での申し込み手続きよりもメリットが大きいということができるでしょう。

店頭での申し込みより割引制度などがあり、 比較的に安く加入できる

インターネットサイトから海外旅行保険を申し込む場合には、ネットを利用することで人件費や用紙代を削減することができるため、店頭での海外旅行保険申し込みよりも保険料が安くなっています。

海外旅行保険は店頭申し込み以外にも空港のカウンターで当日に加入する方法もある

海外旅行保険は店頭やインターネットサイトからの申し込みのほかに、出発当日に空港のカウンターで加入する方法があります。

忙しくて、保険加入の手続きができなかった場合に重宝する申し込み方法ですが、旅行当日も飛行機への搭乗手続きなどをしているうちに時間がなくなって申し込みができなかったり、申し込みはできても内容をきちんと確認する時間がなかったりするなどの懸念があります。

当日に海外旅行保険に加入した場合、 空港までの往路分が保険の補償期間にはいらない

当日、空港で海外旅行保険に加入した場合には、自宅を出てから空港に到着するまでの間の補償がありません。


保険は加入した時から補償が開始されますので、それ以前に発生した事故による損害は補償の対象とならないからです。


海外旅行保険は、自宅を出てから旅行を終えて再び自宅に帰るまでの間が補償期間となる保険ですから、空港で加入した場合には、自宅から空港までの間に起きた事故による損害は補償されず、その間は無保険の状態となるわけです。


たとえば、自宅から空港に行くまでに一泊しなければならない場合でも、それが距離の関係など、合理的な理由によるものである限り、補償の対象期間に含まれるのですが、保険に加入していなければ、その間に起きた事故については補償の対象外となってしまうのです。


海外旅行保険に加入するのであれば、自宅を出発してからすぐに補償が開始されるようにしておくことのほうが安心でしょう。

海外旅行保険の当日加入は時間がかかってしまうことがあるので注意が必要

空港での海外旅行保険の当日加入は、空港内に設置されている保険会社の受付カウンターもしくは自動販売機によって行うことができます。


カウンターでの手続き自体は約10分程度で完了しますが、時間帯によっては混雑していて待ち時間が長くなってしまうことがあります。


飛行機の搭乗時刻との兼ね合いもあるので、当日、海外旅行保険に加入する場合には、時間に余裕をもって空港に行くことが必要です。

参考:海外旅行保険は店頭申し込みの他にもクレジットカード付帯の海外旅行保険という方法もある

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されているものがあります。

店頭やインターネットサイトでの申し込みができなかった場合でも、クレジットカードに付帯している海外旅行保険によって旅行中のトラブルによる損害を補償することができます。


補償金額はカード会社によって異なりますが、旅行中の事故による死亡、ケガをしたり病気になったりしたことによる治療費、損害賠償責任、カメラなどの携行品の盗難、さらには事故が起きて救援が必要になった時のための救援者費用などの補償が付帯されています。


しかし、旅行をキャンセルした場合に発生するキャンセル料や、飛行機が飛ばなかった場合の臨時の宿泊費などの補償はありません。


なお、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、死亡・後遺障害の補償を除いた他の補償は合算して適用されますので、複数のクレジットカードをもっている場合には、その分補償が厚くなります。


店頭での申し込みによる海外旅行保険に比べて補償範囲は狭くなりますが、万が一、海外旅行保険に加入できなかった時のことを考えて、お手持ちのクレジットカードに付帯されている海外旅行保険の内容について確認をしておくことも必要でしょう。

まとめ

いかがでしたか。

海外旅行保険の申し込み窓口について解説いたしましたが、ご理解いただけましたでしょうか。


店頭とインターネットサイトとの二つの申し込み窓口を比較すると、保険料はインターネットサイトを利用したほうが安くなりますし、補償内容も自分でじっくり検討することが可能です。


その一方で、保険の知識がない人にとってはハードルが高くなるおそれがあります。


そのような時には店頭でくわしく説明を受けながら内容を検討することがよいでしょう。


いずれにしても、安心して旅行を楽しむために必要なのが海外旅行保険です。


しっかりと内容を検討して加入したいものです。


ほけんROOMではおすすめの海外旅行保険についての記事を書いています。
 

お得に海外旅行保険に入りたい方はぜひ読んでみてください!

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング

  • 海外旅行保険の申し込み期限はいつまで?わかりやすく解説します!
  • 【電話で申し込みは可能?】海外旅行保険の申し込み方法について
  • がんや持病があっても海外旅行保険に加入申し込みすることは可能?
  • 海外旅行保険をネット申し込みするメリットや注意点についてご紹介!
  • 海外旅行時にはぜひ加入したい海外旅行保険への加入率はどれくらい?
  • 海外でスカイダイビングをしたい!海外旅行保険には加入できるの?
  • 海外旅行保険に赤ちゃんが加入すべき理由とおすすめの加入方法
  • 代理店で海外旅行保険に加入するメリット・デメリットをご紹介!
  • 空港の自動販売機で海外旅行保険に加入するメリット・デメリット
  • 海外旅行保険は当日でも入れるの?一番安く入る方法はどれ?