クレジットカードの海外旅行保険の請求方法は?必要書類などを説明

クレジットカード付帯の海外旅行保険の治療費の請求方法は、領収書と診断書を保険金請求書と一緒に送付します。クレジットカード付帯の海外旅行保険の携行品損害の請求方法は、事故証明書や盗難証明書、修理の見積書を保険金請求書と一緒に送付します。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の請求方法を解説

海外に行く場合に、海外旅行保険に加入するか迷う方も多いと思います。

海外の病院で病気やケガの治療を受けると、日本では考えられないような治療費を請求されてしまう可能性があります。また、日本よりも治安が悪い地域も多く、盗難の被害に遭う可能性も高いです。

そのようなリスクに備えて、海外旅行保険に加入するのが一般的です。クレジットカードを契約していれば、クレジットカードに無料で付帯している海外旅行保険を利用できます。


しかし、いざ治療費や盗難被害の保険金を請求する際に、海外旅行保険の保険金の請求方法が分からない場合があります。請求方法が分からなければ保険金を受け取れないので、請求方法を理解しておくことが大切です。


クレジットカード付帯の海外旅行保険の請求方法について説明します。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用した治療費の請求方法

海外の病院で治療を受けた場合には、クレジットカード付帯の海外旅行保険で治療費補償が付帯されているため、治療費を請求できます。

治療費を請求する場合の請求方法や、複数のクレジットカードを持っている場合の請求方法はどのようにすればよいのでしょうか?

キャッシュレス診療がないクレジットカードの場合、治療費を立て替えて領収書と診断書をもとに保険金請求する

クレジットカード付帯の海外旅行保険にはキャッシュレス診療のサービスを付帯している場合があります。キャッシュレス診療とは、病院で治療を受けた場合に、補償範囲内の治療費を保険会社が支払ってくれるサービスです。


キャッシュレス診療を利用する場合は、保険会社が治療費を支払ってくれるので保険金の請求は必要ありませんが、キャッシュレス診療がない場合は治療費を自費で支払って、後日保険金を請求しなければなりません。


保険金の請求方法は、病院でもらう領収書と診断書を保険金請求書と一緒にカード会社に提出します。カード会社が請求許諾すれば保険金が支払われます。

クレジットカードが複数枚あるときも1つのカード会社に保険金を請求すれば大丈夫

クレジットカードを複数枚持っている場合には、治療費の補償額もその分上乗せされます。クレジットカードを複数枚持つことで、治療費が高額になってもカバーできる金額が増えますが、クレジットカードを複数枚持っている場合には、どこに保険金を請求すればよいのか分からない方もいます。


クレジットカードを複数枚持っている場合の請求方法は、どこか1つのカード会社に保険金を請求します。保険金を請求する際に保険金請求書を提出しますが、保険金請求書の中に他の海外旅行保険の加入状況や他のクレジットカード付帯の海外旅行保険について記載する項目があるので、その項目にクレジットカードを複数枚持っている旨を記入します。


治療費の支払いは加入しているクレジットカードごとに治療費を按分して計算されますが、被保険者が保険金を請求する場合は1つのカード会社に請求するだけで、請求したカード会社が他のカード会社に連絡をして、カード会社が請求許諾すれば保険金が支払われます。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用した携行品損害の場合の請求方法

クレジットカード付帯の海外旅行保険には、携行品損害補償が付帯されている場合がほとんどです。

携行品損害補償とは、身の回りの物を不慮の事故で破損したり、盗難に遭った場合に携行品を補償してくれるというものです。

ただし、携行品の金額が全額補償されるわけではなく、携行品の修理代か時価の安い方を補償されるのが一般的です。携行品損害の請求方法を説明します。

警察に盗難被害を出し事故証明など必要書類を取り付け帰国後、保険金を請求する

携行品損害の請求方法は、現地の警察に盗難被害を出して事故証明書や盗難証明書を取り寄せる必要があります。また、破損した場合は修理の見積書や破損の状況が分かる写真などが必要です。


事故証明書や盗難証明書、修理の見積書を取り寄せたら、保険金請求書と一緒にカード会社に請求して、カード会社が請求許諾すれば保険金が支払われます。

クレジットカード付帯の海外旅行保険で携行品に該当しないものもあるので注意が必要

携行品損害の請求方法で注意する点は、携行品に該当するかどうかという点です。携行品に該当するかどうかはカード会社によって違いがあります


海外で盗難に遭って、いざ携行品損害補償を請求してみたら、携行品に該当しなかったために請求許諾されなかったというケースもあるので、海外に行く場合には何が携行品に該当するか確認しておくことが大切です。

まとめ:保険金を保険会社に請求するときは現地での保険金請求書類が必要になるので気をつけよう

海外に行く際には、さまざまなリスクに備えて海外旅行保険に加入しておく必要があります。クレジットカードに加入している場合は、無料で海外旅行保険が利用できるので安心です。


しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合には、請求方法を理解しておかなければなりません。請求方法を理解していなければ、保険金を請求するために必要な書類を捨ててしまったり、取り寄せていなかったりして、保険金を請求できない可能性があります。


請求方法を理解して、万が一の場合に保険金を受け取れるようにしましょう。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング