海外旅行保険ALL

70歳以上で既往症があると、海外旅行保険には加入できないの?

70歳以上で既往症がある場合にも、海外旅行へ行く際に、海外旅行保険への加入を検討される方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、70歳以上で既往症がある場合でも海外旅行保険に加入できる場合の説明や、注意すべき点について解説していきます。

海外旅行保険に70歳で既往症がある場合でも加入することができるの?

海外旅行に行く際には、旅行先での病気や怪我による治療費や、携行品の損害を補償してくれる海外旅行保険への加入を検討される方が多いのではないでしょうか。


通常、70歳で既往症がある場合には、医療保険などの生命保険への加入を断られてしまうことが多いですよね。


海外旅行保険の場合は、70歳という年齢で、既往症がある場合でも加入することができるのでしょうか。


せっかくの海外旅行を思い切り楽しむためにも、海外旅行保険への加入は必要です。


そこで今回は、70歳の方で既往症がある場合でも海外旅行保険に加入できるのか説明していきます。

70歳の場合、保障期間や補償額の制限があるが加入できる海外旅行保険も存在する

70歳の場合は、既往症がなくても海外旅行保険に加入することが難しくなってきます。

しかし、あきらめる必要はありません。


70歳でも加入できる海外旅行保険も存在するのです。

70歳以上になると加入の制限と保険料が割高になる

70歳以上でも加入できる海外旅行保険もあるのですが、注意すべきことがあります。


それは、70歳以上になると、加入の制限や保険料が割高になる場合があることです。


旅行の日数が制限される場合もありますので、事前にしっかり確認しましょう。

海外旅行保険で持病(既往症)がある場合は補償されないし契約も難しい

海外旅行保険では、持病(既往症)がある場合には、補償されない場合が多いです。


特に、70歳以上で持病(既往症)がある場合には、契約も難しい場合もあります。


告知審査により引き受けを断られてしまう可能性もあるので、注意しましょう。



疾病に関する応急治療・救援費用担保特約を海外旅行保険に付帯させることで既往症に対応する

実は、持病や既往症に対応することもできます。


それが、疾病に関する応急治療・救援費用担保特約を付帯する方法です。


こちらの特約を付加することで、旅先で病状が悪化して治療が必要になった場合にも保険金を受け取ることが可能です。


期間31日までなら、持病があっても加入できる海外旅行保険も発売されている

70歳以上で持病や既往症があっても加入できる海外旅行保険には、制限がる場合が多いです。

中でも制限の対象となることが多いのが、旅行の日数です。


多くの保険会社では、32日以上の旅行は補償の対象外としています。


一方で、31日以内の旅行であれば持病があっても加入できる海外旅行保険もありますので、調べてみてください。

ただしインターネット契約では高齢の人の年齢制限があるケースが多い

海外旅行保険は、インターネット契約も可能です。


インターネット契約の場合は、保険料が割安になります。


ただし、インターネット契約は、審査が厳しい傾向にあります。


70歳以上になると、告知審査により引き受けてもらえない可能性が高いです。

参考:クレジットカード付帯の海外旅行保険なら、70歳以上でも加入できるが注意が必要


海外旅行保険には、クレジットカードに付帯されている商品もあります。


クレジットカードに付帯されている海外旅行保険には、70歳以上であっても加入することができます。

無料で加入できるが、既往症(持病)や歯の治療費の保障はなし

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は、70歳以上でも持病(既往症)があっても無料で加入できるというメリットがあります。


ただし、既往症(持病)や歯の治療費の保障は受けられないので注意しましょう。



既往症の症状が心配な場合は合わせて海外旅行保険に加入した方がいい

70歳以上でも加入できるクレジットカードに付帯されている海外旅行保険では、持病(既往症)の治療費を保障してくれうわけではありません。


旅行先でも、持病(既往症)の症状の悪化が心配な場合には、合わせて別の海外旅行保険に加入することをおすすめします。


その際には、持病(既往症)が保障の対象となるかどうか、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

今回は、70歳以上で、持病(既往症)がある場合にも海外旅行保険に加入することができるのかについてご説明してきましたが、いかがでしたか。


今回の記事のポイントは以下の通りです。


  1. 70歳以上でも加入できる海外旅行保険はある
  2. 70歳以上で加入する場合には制限がある場合や保険料が割高になる場合がある
  3. 70歳以上で持病(既往症)がある場合は海外旅行保険の契約は難しい
  4. 疾病に関する応急治療・救援費用担保特約を海外旅行保険に付帯させることで既往症に対応することができる場合もる
  5. インターネット契約では、70歳以上になると申し込みができない
  6. クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は70歳以上でも無料で加入できるが、既往症(持病)や歯の治療費の保障はなし

いかがでしたか。


海外旅行を思う存分楽しむためには、海外旅行保険への加入が必要です。


70歳以上で持病(既往症)がある場合には、通常よりも海外旅行保険への加入が難しくなります。


ただし、70歳以上で持病(既往症)がある場合でも加入できる海外旅行保険もあるので、あきらめずに検討してみてください。

ランキング