短期留学をするなら留学保険よりも海外旅行保険がおすすめ!

短期留学に行くと海外での病気やケガ、賠償責任などのさまざまなリスクがあります。そのようなリスクに備えて、短期留学に行く前に海外旅行保険に加入しておく必要があります。クレジットカード付帯の海外旅行保険であれば、無料で海外旅行保険を利用できます。

海外に短期留学の場合、留学保険と海外旅行保険どちらがいいの?

海外への短期留学を考えていたり、憧れを持っている学生は多いのではないでしょうか。しかし、短期留学する際に考えておかなければならないことが、留学先で起こりうるリスクについてです。


例えば、短期留学中に病気やケガで治療を受けた場合に、高額な治療費を請求される可能性があります。また、慣れない環境でトラブルに巻き込まれて他人にケガを負わせたり器物破損した場合に賠償金を請求されることもありえます。


そのようなリスクに備えて、海外に留学する場合には、保険に加入しておきましょう。海外への短期留学の場合、留学保険と海外旅行保険のどちらに加入する方がいいのか迷う方は多いです。留学保険と海外旅行保険の特徴を理解して、自分に適した保険に加入しましょう。

短期留学の場合、海外旅行保険の方がいい!留学保険と海外旅行保険の違いについて解説!

3カ月以内の短期留学の場合は、海外旅行保険の方が適しています。


留学保険と海外旅行保険にはどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの違いを説明します。

留学保険と海外旅行保険の補償内容に大きな差はなく海外旅行保険の方が補償期間が短い

留学保険と海外旅行保険では、補償内容に大きな差はありません


留学保険は3カ月~2年の補償期間の場合が多く、長期留学に適した保険と言えます。


海外旅行保険は1日の補償期間から加入できるため、3カ月以内の短期留学に適しています。

留学保険には緊急一時帰国費用補償もつけれるが、短期留学なら必要性は低い

留学保険の特徴として、緊急一時帰国費用補償を付帯できるということがあります。

緊急一時帰国費用補償とは、留学中に親族が死亡や危篤の場合に、帰国するための交通費や滞在費を補償してくれる特約です。親族に万が一の場合があった場合でも、帰国費用の負担をせずに済みます。

しかし、短期留学の場合は期間が短いため親族に不幸がある可能性は低く、あまり必要ない補償といえます。

海外旅行保険の多くは留学保険と違い、インターネットで気軽に申し込みが可能!

海外旅行保険は保険代理店の店舗に行かずに、インターネットだけで契約できるものが多いです。留学保険もインターネットのみで契約を完了できるものもありますが、店舗で必要書類に記入する必要があるものも多く、海外旅行保険に比べて手間がかかります

参考:短期留学の場合、クレジットカード付帯の海外旅行保険でも十分補償される

短期留学の場合は、クレジットカードに無料で付帯している海外旅行保険を利用するという方法もあります。クレジットカード付帯の海外旅行保険は、特別な契約などを必要とせずに海外旅行保険を利用できます


ただし、出国前か出国後にクレジットカードを利用しなければ海外旅行保険を利用できないものもあるため、事前に確認しておくことが大切です。また、利用期間が3カ月以内のものが多いため、短期留学に適した保険と言えます。

クレジットカード付帯の海外旅行保険は保険料がかからない!

保険会社の海外旅行保険に加入した場合は保険料がかかります。

しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険であれば保険料がかからないためお得に海外旅行保険を利用できます。


クレジットカード付帯の海外旅行保険は保険料がかからないですが、その分補償内容や補償金額が他の海外旅行保険や留学保険に比べて劣るというデメリットがあります。

補償内容などに不安がある場合は海外旅行保険か留学保険に加入した方がいい

クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償だけでは、海外の病院で治療を受けた場合の高額な治療費や、器物破損などによる賠償額をカバーできない可能性があります。


短期留学とはいえ、万が一の場合も考えられるので、補償内容や補償額に不安がある場合は、保険会社の海外旅行保険か留学保険に加入しておきましょう。


クレジットカード付帯の海外旅行保険と保険会社の海外旅行保険か留学保険に加入しておけば、高額な治療費や賠償金を請求されても、全額をカバーできます

まとめ:短期留学なら、ネットやクレジットカード付帯の海外旅行保険

短期留学する際には、今まで生活していた場所と大きく環境が異なる場所で生活するため、体調を崩して病気になったり、慣れない生活でケガをする可能性が高いです。また慣れない文化で生活すると、文化の違いから他人にケガを負わせてしまったり、器物破損してしまうという可能性もあります。


海外の病院で治療をすると、驚くほど高額な治療費を支払わなければならず、治療費を支払えずに留学を取りやめるといった事態にもなりかねません。他人にケガを負わせてしまった場合は、高額な賠償金を請求される可能性もあります。


そのようなリスクに備えて、短期留学する際には海外旅行保険か留学保険に加入しておく必要があります。


短期留学の場合、クレジットカードを契約していれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険が無料で利用できるため、保険料を負担することなく補償を受けられます。しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償内容が充実しているとは言えないため、補償内容に不安を感じた場合は、より補償が充実している保険会社の海外旅行保険か留学保険に加入した方が安心です。


自分に必要な補償内容を考えて海外旅行保険か留学保険か選択しましょう。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング