海外旅行保険ALL

海外旅行保険と留学保険の違いは?補償内容の違いを説明します!

海外旅行保険と留学保険は、どちらも海外での治療費や賠償金を補償してくれる保険ですが補償内容に違いがあります。留学保険は海外旅行保険をベースとして、宿泊先での損賠賠償保障や緊急帰国費用補償、生活動産補償、留学継続費用補償が付帯されているという違いがあります。

海外旅行保険と留学保険に違いはあるの?

海外に留学する際には、万が一の場合に備えて保険に加入するのが一般的です。


海外の病院でケガや病気を治療すると、驚くほど高額な治療費を請求される場合があります。また、海外で他人にケガを負わせてしまったり器物破損すると、高額な賠償金を請求される可能性もあります。


そのようなリスクに備えて保険に加入するのですが、留学で保険に加入する場合に海外旅行保険と留学保険のどちらに加入すればよいのか迷う方は多いです。


海外旅行保険と留学保険にはどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの違いを理解することで、自分が加入すべき保険が分かります。


海外旅行保険と留学保険の違いについて説明します。


留学保険は”海外旅行保険の一種”で長期滞在に合わせたもの

留学保険と海外旅行保険の補償内容には大きな違いはありません

しかし、留学保険の場合は、留学の際のリスクを補償することが目的なので、海外旅行保険よりも最短補償期間が長かったり、補償内容がより充実していたりといった違いがあります。

海外旅行保険と留学保険で主な違いは4つある

留学保険は海外旅行保険の一種ですが、海外旅行保険と留学保険には4つの違いがあります。海外旅行保険と留学保険の主な違いを説明します。

1. 海外旅行保険の場合、観光目的であるため多くが”31日間”の保証

海外旅行保険は名前の通り海外旅行のリスクを補償することが目的なので、海外旅行保険の補償期間が1カ月間の場合が多いです。

ただし、海外旅行は短期の場合もあるので、補償期間を1日から設定することができる保険会社もあります。自分が海外旅行をする期間に合わせて、補償期間をある程度調整できます。

2. 留学保険の場合、長期滞在を目的とした渡航専用

留学保険の場合は、海外旅行よりも長期滞在するリスクに備えた保険です。そのため留学保険は、海外旅行保険よりも補償範囲が広い場合が多く、さまざまなリスクを補償できるという違いがあります。


留学保険には、最初からさまざまな補償内容がセットになっているものと、医療保険や賠償責任保険といった最低限のものをベースとして、自分が必要な補償を付帯していくものがあります。


補償内容を充実させると、さまざまなリスクを補償されますが、その分保険料が高くなってしまうので、自分に必要な補償を理解して付帯することが大切です。

3. 留学保険では宿泊、居住施設の損害賠償も補償してくれる

留学する場合は、自分で海外のアパートを借りたり、寮やホームステイを利用して滞在します。十分に気をつけて生活していても、思わぬ拍子に宿泊先やホームステイ先の壁や備え付けの家具を破損してしまう可能性があります。


壁などを破損してしまった場合に、宿泊先の管理人や管理会社から損害賠償を請求されることがあります。海外旅行保険では宿泊先やホームステイ先の損害賠償は補償されませんが、留学保険では宿泊先やホームステイ先の損害賠償も補償されるという違いがあります。

4. 留学保険は緊急による帰国費用も”セットになっている”場合もある

海外旅行保険と留学保険の違いとして、留学保険では緊急帰国費用が付帯されているものもあります。


緊急帰国費用とは、留学中に家族が死亡したり危篤になった場合に、一時帰国する際の費用のことです。


留学中に家族が事故にあったり病気になる可能性は0ではありません。そのような場合に、緊急帰国費用補償が付帯されていれば、家族に不幸があった場合でも、帰国するための費用が補償されます。

留学保険のプランは海外旅行保険の基本補償に加えたものが多い

海外旅行保険では医療保険や賠償責任保険、死亡補償、後遺障害補償、救援者費用補償、携行物補償などが基本的な補償です。留学保険は海外旅行保険の基本的な補償内容をベースとして、留学の際に必要な補償内容を加えているという違いがあります。


留学保険には説明した宿泊、居住施設の損害賠償補償や緊急帰国費用補償の他に、生活動産補償や留学継続費用補償があります。


生活動産補償は、海外で家を借りていて生活動産が破損や盗難の被害に遭った場合に補償される補償です。


留学継続費用補償は、留学費用を支払ってくれている家族が死亡したり重度後遺障害になり、留学費用が支払えなくなった場合に留学費用が補償されます。


このように、留学保険は海外旅行保険よりも留学のリスクを幅広く補償しているという違いがあります。

まとめ:海外旅行保険と留学保険の違いは深い

海外留学する際は、日本とは環境や文化が大きく異なる地域に行くことになります。そのため、留学先で病気やケガをしてしまったり、慣れない環境でトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

そのような場合に海外旅行保険や留学保険に加入しておくことで、補償を受けられます。

海外旅行保険と留学保険は同じような補償が受けられますが、補償範囲に違いがあり、留学保険の方が留学のリスクをより多くカバーしています。


例えば、留学中に住んでいるアパートや寮で器物破損をしてしまい損害賠償請求をされたり、家族に不幸があり留学費用を支払えなくなった場合でも、留学保険であれば補償されます。


留学する場合は、さまざまなリスクに備えて留学保険に加入しておきましょう。

ランキング