学資保険って必要?加入するならお祝い金があるプランがおすすめ

子どもが生まれたら必要になる教育資金。学資保険ならお祝い金が出るプランもありますし、学費に役立てることができます。子どもが生まれたら学資保険への加入を考えましょう。できれば、お祝い金が出るプランに加入しておくと安心です。必要なタイミングで受給できるでしょう。

子どもの学資保険(祝い金付き)は加入する必要ってあるのでしょうか

子どもが生まれると気になるのがこの先の人生においての教育資金、どれぐらいかかってくるのかをまず知ることから始めましょう。

子どもに苦労をかけない為にも学資保険が必要です。お祝い金が出るプランもあります。

子どもを大学まで行かせた場合、1人2000万かかると言われているのです。早めからの加入が必要でしょう。

大学進学をさせるために必要な学費

昨今では大学進学が当たり前の時代になっています。


実際に入学させるとなると、私立大学で入学金が100~300万程度、さらに学費として年間100万前後かかってくる場合があります。

子ども一人に対して1000万弱ぐらいのお金は用意しておかないといけないことになるでしょう。

学資保険に加入していて、お祝い金が大学入学前に入れば助けになってくれます。

入学お祝い金なども貯金していく

子どもが生まれるとお祝い金をいただく機会が増えます。


その際のお金はできるだけ貯蓄に回しておくことをおすすします。

実際にはそう簡単ではありませんが、子どもを大学卒業まで育てることを考えると、0歳から少しずつでも貯めていくことが大切です。

お祝い金にはなるべく手を付けず貯蓄できるよう、日頃から努力していきましょう。

学資保険(祝い金付き)に加入しておくことで、必要な費用を賄う

どの保険会社でも学資保険の扱いはされており、中にはお祝い金が出るものもあります。

このお祝い金というのがとても役に立つものであり、お金が必要な時にいただくことができるので、学資保険はかけておいて損はありません。

できれば生まれてすぐの0歳からかけておくことをおすすめします。

早ければ早いほど良い

学資保険への加入は早ければ早いほど、後で楽になるでしょう。

満額を払い終われば、給付されるタイミングまで支払わなくても良いので、教育費があまりかからないうちからかけておくようにしてください。

0歳前半での加入率が高いとのデータもあるようですので、早ければ早いほど良いと言えるでしょう。

祝い金がついたプランに加入

学資保険の中でも、小学校入学時にお祝い金が出るものや、高校入学に合わせてお祝い金をいただけるシステムのものもあります。

一気に必要なお金が入ってくるので、準備品などに当てることができるでしょう。

自分で貯金をしていくのにも限界がありますので、このようなプランがあるものに加入しておくと安心です。

学資保険(祝い金付き)が本当に必要なのは大学入学前

小学校・中学校までは義務教育の為、学費はそこまで必要ではありません。

しかし、本当に必要なタイミングというのは大学入学時と言えるでしょう。

このタイミングに満期を迎えるプランに加入しておく必要があります。

お祝い金がでるタイミングなどにも注意が必要です。満期とお祝い金のタイミングを考えておくことが大切。

学資保険の受け取り時期に注意

学資保険によって受け取りのタイミングというのは異なっています。

一番学費にお金がかかる大学進学前か、もしくは高校入学前あたりに受け取ることができる学資保険を選んでおきましょう。

中には、高校3年生の春に満期を迎えるものもあり、家庭での必要性に応じて選ぶのが大切です。

学資保険で損をしない為には

学資保険の種類によっては元本割れしてしまうものもあります。

せっかく支払ったのに元本割れてしてしまっては損をしてしまうでしょう。

その為、プランはしっかり確認してから加入するようにしてください。また持病がある場合には加入できないこともありますので、事前確認をしっかり行っておきましょう。

貯金が得意ならば学資保険は必要ない?

毎月貯蓄をしっかり行っていける人であれば、学資保険が必要ないのではないかと思われるでしょうが、生活をしていく中でいつでも引き出せてしまえる貯蓄というのは案外貯まりにくいものです。

その為、強制的に支払っていく学資保険の方が確実であると言えます。

お祝い金などは必要な時に役立ってくれますので、まだ加入していない人は検討してみましょう。

学資保険の選び方について

学資保険と一言で言っても各社から様々なプランが出ていますし、お祝い金の金額もタイミングもそれぞれです。

どれが良いのかわからないということもあるでしょう。

そのような時には掲示板サイトなどを参考にすることをおすすめします。

メリット・デメリットがわかるだけではなく、口コミなども見ることができますので、参考にしてみましょう。

今すぐに必要かどうか考える

学資保険の必要性についてわかっていても、加入する余裕がないのに加入してしまっては、生活が苦しくなってしまうだけです。


早い段階から加入することをおすすめしていますが、生活が安定したタイミングでの加入でなければ負担になってしまいますので、家計の状況を確認し、加入できるタイミングを考えることも必要です。

まとめ

学資保険はプランによってお祝い金が出るものもありますし、月々強制的に積み立てていくものですから、貯金するのが苦手という人にもおすすめです。

子どもの教育資金の準備はなるべく早くから行っていきましょう。お祝い金が出るプランにしておく必要性というのは、まとまったお金が入るからです、お祝い金が出るプランのものを選ぶようにしてください。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 学資保険に病気を患っていても加入するためのいくつかの方法
  • 子どもの学資保険の特約について。入院保障はあったほうがいいの?
  • 学資保険に加入する時に知っていなければならない特約の保障内容
  • 親の死亡時に対応できるのはどっち?学資保険と低解約返戻金型保険
  • 様々な種類の学資保険の貯蓄性を軸に特約を調査!共済とはどう違う?
  • 契約者が死亡した場合、その後の学資保険の手続きは、どうする?
  • 学資保険の契約者が死亡した場合の保障内容、注意点を解説します
  • 学資保険で怪我に備える必要は?医療特約の必要性について徹底解説!
  • 学資保険の医療特約と共済や医療保険はどちらが優秀なのかを徹底解説
  • 学資保険の最大のメリットである保険料払込免除特則を徹底解説!
  • 学資保険の祝い金タイプはお得!?満期で受け取る場合との違いとは?
  • 子どもと学資保険、様々な必要額と適切な保険の選び方について
  • 徹底解説!今人気の学資保険の仕組みを解説!どんな商品なの?