インターナショナルスクールの学費|平均、内訳、学費の高いランキングを紹介

日本に在住している外国籍の子どもを対象とした、英語で授業を行うインターナショナルスクール。最近ではグローバル化によりインターナショナルスクールに通う日本人も増えています。今回はインターナショナルスクールはどのくらいの学費がかかるのか、詳しくご紹介していきます。

インターナショナルスクールの学費はいくら?

ここ数年で英語の早期教育が始まることに伴い、お子様の英語教育について悩んでいることと思います。


幼いころからネイティブに近い英語に触れることで、日本語にはない英語独特の発音をしっかり聞き取る能力がつくといわれています。


このような英語力や国際的な視野を培ってもらうために、お子様をインタナショナルスクールへ通わせたいと思いつつも、学費の面で敷居が高いと感じていませんか。


実は、インターナショナルスクールの学費は各スクールで異なっているため、それぞれのスクールの特徴を知ったうえで、お子様にあったスクール選びをする必要があります。


そこで、この記事では、「インターナショナルスクールの学費」について、

  • 日本の公立・私立学校との比較
  • 主なインターナショナルスクールの学費の比較 
  • 知っておくべき無償化・補助金制度
  • お子さんをインターナショナルスクールに通わせている親御さんのインタビュー

以上のことを紹介していきます。


この記事を読んでいただけたら、インターナショナルスクールの学費について詳しく知ることができ、お子様の進路を検討する上で参考になるかと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

インターナショナルスクールとは?

インターナショナルスクールといえば、富裕層の方や芸能人のお子様が通っているイメージありますよね。


そもそも「インターナショナルスクール」とは、文部科学省中央教育審議会の資料によると「おもに英語により授業が行われ、外国人児童生徒を対象とする教育施設」と捉えられています。

もともとは日本に住んでいる外国籍の児童のための教育施設として設立されました。


最近では、グローバル化の影響もあり、日本国籍の児童が入学できるインターナショナルスクールも増えています。


 ちなみに「アメリカンスクール」とは、アメリカ国籍の児童が入学できるスクールのことを指すことが多いです。「インターナショナルスクール」と違い、基本的には日本の児童が入学することはできません。 


「インターナショナルスクール」に加え、「プリスクール」と呼ばれる英語で保育を行う小学校入学前までの施設(日本でいう幼稚園や保育園)も年々増えてきており、日本人の英語教育への関心が高まっていることがわかります。 


人気が高まっているとはいえ、一般的に高いといわれる、インターナショナルスクールの学費。

以下では、さまざまな比較をしながら、わかりやすく説明します。

インターナショナルスクールの学費の平均・相場と内訳

実際いくら費用が掛かるのか、日本の公立・私立の小学校とインターナショナルスクールとについて、3つのパターンに分類したうえで比較してみます。


①志願時

志願料とはいわゆる受験料のことです。
日本の学校と同じように願書を出願した際に志願料がかかります。

日本の公立小学校は志願料はかかりませんが、私立小学校やインターナショナルスクールは約2万円~5万円ほどかかります。
 
志願料については、私立小学校とインターナショナルスクールに大きな差はありません。

②入学時
入学時にかかる費用としては、入学金のほかにも、授業料や教材費、施設使用料などもかかります。

スクールによっては一括で支払う必要があるので、注意が必要です。

(目安)
入学金:約20万円〜50万円 
授業料:約100万円〜250万円 
施設使用料:約20万円〜50万円 
教材費:約20万円〜50万円
その他:約10万円~

公立小学校の授業料は無償化されているので、かかりません。

私立小学校と比較すると、私立小学校は授業料が100万円を超えることはあまりありませんが、インターナショナルスクールは約100万円~と大きく差があります。

③在学時
2年目以降も引き続き授業料がかかります。
その他、スクールバスを利用したり、学校行事(クリスマスや運動会)などで料金が発生します。

(目安)
授業料:約100万円〜250万円(年額)
スクールバス:約5万円~数十万円(月額)

②のときと同じように授業料で日本の学校とは大きな差があります。

インターナショナルスクールの学費の一覧

では、具体的に各スクールの学費のデータを用いながら、評判も含めて紹介します。


ここでは、

  • 東京にあるインターナショナルスクール
  • 東京以外の都市にあるインターナショナルスクール
  • 海外(アジア圏)にあるインターナショナルスクール
として項目を分け、それぞれ5校ずつ紹介します。

東京にあるインターナショナルスクールの学費

東京都内にはたくさんのインターナショナルスクールがあります。


日米の高校卒業資格が得られる四谷インターナショナルスクールや、男子校のセントメリーズ・インターナショナルスクール、女子校の清泉インターナショナルスクール聖心女子学院聖心インターナショナルスクールがあります。他にも品川インターナショナルスクールなどがあります。


今回は、その中でも、ランキングで上位によくあがる、
  • アオバインターナショナルスクール(練馬区光が丘、幼稚舎は目黒区青葉台)
  • インディア・インターナショナルスクール・イン・ジャパン(江東区大島)
  • ブリティッシュ・スクール・イン東京(渋谷区渋谷)
  • ニューインターナショナルスクール(豊島区南池袋)
  • 西町インターナショナルスクール(港区元麻布)

の5校について、紹介します。


アオバジャパン・インターナショナルスクール

志願料:約2万円、入学金:約31万円、学費:約164万円〜236万円 


入学条件に英語力は不問です。


英語を集中的に学びながらも、日本語、日本文化を大切にするカリキュラムで、世界に通用する人材の育成を行っています。


歌手の宇多田ヒカルさんや、タレントのILMARUさんの出身校としても有名です。


インディア・インターナショナルスクール・イン・ジャパン

学費:36万円~120万円

インド系のインターナショナルスクールです。


ほかのスクールよりも安価で英語による教育を受けられるということで注目を集めています。


横浜市緑区にもキャンパスがあります。


ブリティッシュ・スクール・イン東京


 学費:約236万円~250万円

イギリス系のインターナショナルスクールです。


入学条件は「イギリス国籍の児童」または「イギリス国籍以外の児童で英語が堪能であると校長が認めた者」となっています。


木村拓哉さんの娘のkokiさんが通っているのでは?と話題になっています。


ニューインターナショナルスクール


 授業料:約160万円~190万円

授業はマルチエイジクラス制を採用していたり、チームティーチングの手法も取り入れており、名前の通り、新しい形のインターナショナルスクールです。


西町インターナショナルスクール


学費:約250万円〜

1949年に設立された老舗の名門のインターナショナルスクールです。

英語だけでなく日本語教育にも力を入れているのが特徴です。


タレントの関根麻里さんが一時通っていたスクールです。

つくば/関西/北海道/沖縄などにあるインターナショナルスクールの学費

もちろん東京都内以外にもたくさんのインターナショナルスクールがあります。

都内のインターナショナルスクール数よりも少なくなりますが、学費は安い印象です。


ここでは、

  • つくばインターナショナルスクール(茨城県つくば市)
  • 大阪YMCAインターナショナルスクール(大阪府大阪市)
  • 京都インターナショナルスクール(京都府京都市)
  • 北海道インターナショナルスクール(北海道札幌市)
  • ニューライフアカデミー(沖縄県中城村)
の5校を紹介します。

つくばインターナショナルスクール

学費:約84万円~120万円


校舎は2階建てのログハウスで、温かい雰囲気で高品質の国際教育を受けることができます。


大阪YMCAインターナショナルスクール

学費:約124万円~158万円


大阪YMCAの学校事業部に属しているため、地域社会とのつながりを大事にしているスクールです。


京都インターナショナルスクール


学費:約120万円~180万円

京都市の中心部にある1957年に設立された老舗のインターナショナルスクールです。


質の高い教育を提供し、生涯学習を奨励しています。


北海道インターナショナルスクール



志願料:1万5千円、入学金:20万円、学費:約78万円~132万円


北海道で一番古くからあり、唯一の正式なインターナショナルスクールです。


ニセコにもキャンパスがあり、北海道ならではの授業体験を大事にしています。


ニューライフアカデミー 


学費:約64万円

1995年に設立されたキリスト教系学校です。


韓国、中国、台湾、インド、フィリピン、アフリカ、ロシアといった多くの国々の生徒が通っています。


もちろん、これら以外にも、横浜、埼玉、名古屋、西葛西、群馬、幕張、湘南、葉山、神戸、岡山、福岡、広島、長野、仙台、清澄白河などといったところにインターナショナルスクールはあります。

海外にあるインターナショナルスクールの学費

続いて、海外赴任のご家庭に向けて、海外にあるインターナショナルスクールについても紹介させていただきます。


今回は、アジア圏にある、

  • Overseas Family School(シンガポール)
  • Delia School of Canada(香港)
  • ソウル日本人学校(韓国)
  • セント・アンドリュース・インターナショナル・スクール(タイ)
  • Dulwich College Beijing(中国)

の5校を紹介します。


Overseas Family School

学費:約16~41シンガポールドル(年間)


70ヵ国以上、約3,000人の生徒が在籍しているので、多文化環境で特定の文化に捉われない真の国際教育を提供しています。


Delia School of Canada


学費:約117ドル~133ドル


香港にあるカナダの国際私立学校で、日本人の受け入れ体制が整っています。


ソウル日本人学校



学費:約30万ウォン~46万ウォン(月額)

文部科学省より「国内の小学校、中学校の課程と同等の課程を有する在外教育施設」として認定されている学校です。


セント・アンドリュース・インターナショナル・スクール


学費:約33万バーツ~62万バーツ

40を超える国籍の生徒が在籍し、グローバルな視点を持てる人に育つための教育環境が整っています。


Dulwich College Beijing

学費:約139万人民元~307万人民元


母体であるDulwich Collegeは、イギリスにある伝統校です。


国際性や多様性を重視しています。

インターナショナルスクールにも学費の無償化・免除・補助金制度がある

ここまで実際の学費について紹介させていただきました。

やはりインターナショナルスクールに通うには、「学費が高い!」と感じたでしょうか。


少しでも学費を安くできないか、補助金制度についても紹介します。


  • 幼児教育無償化

2019年10月から実施されている「幼児教育無償化」という制度は、一定の条件のもとインターナショナルスクールでも適用されます。


条件とは認可保育所に入ることができなかった場合の代替措置として、インターナショナルスクールなどの認可外保育施設を利用するという場合です。


また、完全無償化ではないということも注意が必要です。


  • 国の高校授業料無償化・就学支援金支給制度

高校授業料無償化・就学支援金支給制度とは
公立高等学校などの授業料を無償化し、また私立高等学校などに就学支援金を支給して授業料を低減することを目的とした制度です。


文部科学省が定めたインターナショナルスクールも対象となっています。(参考:文部科学省「高等学校等就学支援金制度の対象として指定した外国人学校等の一覧」


インター校は年収の高い家庭が通うイメージがありますが、このような補助制度を利用すれば、一般家庭のお子さんでも通学を検討できますね。

インターナショナルスクールの学費のまとめ

インターナショナルスクールの学費について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 日本在住の外国籍の児童を対象としたインターナショナルスクールだが、日本国籍の児童も入学することができる
  • 日本の私立小学校と比較すると、授業料に大きな差がある
  • 各スクールにおいて授業料は異なる
です。

確かにインターナショナルの学費は、日本の公立・私立学校に比べて高いですが、インターナショナルスクールに通うことで、ネイティブの英語力やコミュニケーション能力が自然と身につきます。

学費だけではなく、各スクールの特性に注目して、これからますます進化していくグローバル社会の中で、お子様が世界で活躍するためには大事な先行投資ではないでしょうか。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の相談でプレゼントが貰えるキャンペーン【2019年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭は学資保険に加入するべき?知っておきたい注意点を紹介
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?お得な損をしない選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟二人目の学資保険はどうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率UP
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • 【FP監修】学資保険をおすすめしない4つの理由と増える2つの運用方法
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを解説!入るべきなの?