子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。

子供を進学させるのは本当に大変です。年間150万円くらいの費用が私立大学では必要です。奨学金を借りると後々の返済が大変です。計画的に少しずつ貯めることで資金は準備できます。そんな時に学資保険が親と子供の強い味方になります。必要な資金が学資保険で準備できます。

学資保険とは、親と子供に必要な頼りになる保険です。

たくさんの会社がオリジナルな学資保険を出しています。インターネットでその学資保険の内容を調べてみたり、資料を取り寄せたりして、比較検討をし、研究してみましょう。


子供のどういう時期にどれくらい教育資金が必要なのか、そしてどれくらい貯めればよいのか、研究することでわかってきます。学資保険は親と子供を助けてくれます。

子供 学資保険 必要

子供 学資保険 必要

子供のためにいつ学資保険に入りますか。

子供が生まれてきて名前を付けて落ち着いてから学資保険に入ること考えるというのがふつうの考え方です。


しかし、もし例えば、18歳まで毎月貯めていくとすると、少しでも早く始めたほうが毎月の払い込む金額が少ないことはお分かりになるでしょう。そうなのです。少しでも早い方が楽に貯められるのです。

早く学資保険にはいることが子供のために必要です。

いつから学資保険に入れるか、ですが。

学資保険を取り扱っている会社によって違いはあるのですが、妊娠中から学資保険の払い込みをスタートさせることもできます。


メリットは、毎月の学資保険の払込金が少ないだけではありません、学資保険の契約者にもしものことがあったら、その後の学資保険の支払いを免除されますので、子どもに学資保険から学費を遺してやれることになります。

学資保険の必要性は子供が生まれると大変実感します。

子供は生まれるまでにお母さんの毎回の産婦人科の検診費用、出産費用が必要となります。そして、生まれた後は衣服やおむつ、ミルク、そして小さい子はよく体調を崩しますので医療費も結構必要となります。


何かと助成を受けられる場合もありますが、それでも、子供を大きくしていくには何かとお金が必要です。

子供のための貯金はそれでも必要です。

毎月、子供を育てるのが精いっぱいと感じていても、先を見越して何とか貯金は頑張っていかなければなりません。学資保険の良いところは普通の貯金とは違うところにあります。


それは契約通りに、必要な時期にまとまったお金が下りてくるということもあります。定期貯金なら解約しなければお金を出すことはできません。学資保険は親と子供の必要な時にお金が準備出来るシステムです。

学資保険はそれ以外にも頼りになります。

先程も述べましたが、契約者に万一のことがあったときはその後の学資保険の支払いが免除されることや、子供が病気で入院した時などにお見舞金が出ることなどがあります。


入院日数によって規定があります。また、逆に全く、一定期間、子供が病気にならなかったときに、健康祝い金が出るところもあります。それらは満期金とは関係なく支給されます。生活には何かと必要ですので、助かります。

学資保険の必要性は子供が成長するとはっきり実感します。

子供の成長と共に順調に上がると考えていたお給料も思うように上がらなかったり、生活が苦しくなってしまったりと思わぬ状況になる事もあります。


毎月コツコツと積み上げた学資保険のお金は間違いなく子供に役に立ちます。必要となります。支払い方は毎月払いもありますが半期1年とまとめるとさらにお得になります。

満期の設定はいつにしますか。

高校に上がるときに私立高校を選択する可能性を考えてその時を満期にするか、大学入学に備えて高校卒業時を満期にするかですが、2つ学資保険に入って、満期の時期を二つにする契約をすることもお勧めです。


そうすると、高校に入るときも、大学に入るときも十分な資金がある状態となります。必要に応じてプランを作りましょう。

満期の金額はいくらにしますか。

最低子供の学校の入学時には高校で30万円、大学で70万円くらいは必要となるでしょう。それぞれ3年間、4年間に必要となる金額は私立でしたら高校で最低200万、大学で600万くらい必要です。


子供の下宿代、電車通学代、それに部活にも必要です。すべてを学資保険で賄えなかったとしても、まとまったお金が準備できているのは心強いに違いありません。

学資保険の契約についてもあれこれ注意が必要です。

いつ契約をするかどんな内容にするかということは一番重要ですが契約者が誰なのかということも重要です。契約者と受取人が違う名前であると金額によっては贈与税がかかってきます。


おじいちゃんおばあちゃんが孫にということでそれぞれを契約者、受取人とする場合がそのパターンです。

契約者がおじいちゃんなら。

契約者がおじいちゃんなら、被保険者は孫にあたる子供さんでも、受取人はおじいちゃんにしておきましょう。


しかし、名義変更をして、契約者を子供さんのご両親のどちらかにして、受取人も子供さんのご両親のどちらかにしておく方がスムーズな受け取りが出来ます。契約者と、受取人は同じであることが一番お得です。

子供 学資保険 必要

子供 学資保険 必要

貸し付けが受けられる所もあります。

何かと資金が必要な場合その学資保険のたまっているお金の範囲内で貸し付けを受けられるところもあります。利子も低く設定されています。また、学資保険は生命保険の控除が受けられます。


大きなお金が返ってくる可能性もありますので手続きを忘れないようにしましょう。手続き用の書類は保険会社から送られてきます。

まとめ

子供にとっても、親にとっても大変心強い学資保険をコツコツと積み上げ、出来る限り安心感を持って進学が出来るように備えましょう。子供が望む道に進めるように親は応援してあげたいですね。


学資保険、是非早目に検討して、無理なく確実に貯めていきましょう。まとまったお金の受け取りは本当に安心感があります。健康も守ってくれる学資保険、お勧めです。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう