親の死亡時に対応できるのはどっち?学資保険と低解約返戻金型保険

学資保険は親が死亡した場合どうなる?継続できる?保険料払込み免除特約と育英年金保障特約。満期金の受取時期。親の死亡後すぐなら低解約返戻金型保険。低解約返戻金型保険のメリットとデメリット。学資保険と低解約返戻金型保険どちらに加入するべきなの?

学資保険で親が死亡した場合

学資保険とは、子供の教育資金を貯蓄するための保険だということは、みなさんご存知のことでしょう。

しかし、契約者である親が死亡した場合、その後の学資保険はどうなるのでしょう。


契約者が死亡し、保険料が払えない状態になったとき、子どもの教育資金はどうしますか?その後、学資保険は継続できるのでしょうか。


契約者が死亡した場合は


  • 保険料払込み免除特約
  • 育英年金保障
この2つが適用されることになります。

ですから、契約者である親が死亡したとしても、子どもの学資保険は継続できるということです。

この2つを詳しくご説明致します。

契約者が死亡した場合保険料の払込が免除される

まずは、保険料払込み免除という特約について見ていきましょう。

契約者である親が死亡したり、保険会社所定の重度障害・高度障害になったときに、その後の学資保険の保険料が免除されるという特約です。


保険料払込み免除特約のことを、保険用語で「P免」と言います。加入中の保険担当者に「P免をつけますか?」などと聞かれた場合、知っておくと便利でしょう。


子どもの教育資金を貯めるために、加入している方が多いであろう学資保険。契約者である親が死亡・重度障害・高度障害になったとき、学資保険の保険料の支払いが困難になることが、ほとんどだと思われます。このような制度があると、安心ですね。


ただし、重度障害・高度障害は保険会社によって規定が異なることを覚えておきましょう。

育英年金保障に入っていれば、さらに保障される

次に、育英年金保障について見てみましょう。

育英年金保障とは、契約者である親が死亡または、保険会社所定の重度障害・高度障害になったとき、所定の期間、毎年育英年金を受け取ることができるという特約です。


この特約は、親が死亡、重度障害・高度障害になったとき本来受け取る満期金にプラスして受け取ることができるので、経済面で安心できます。


しかし、この特約をつけることにより、学資保険の貯蓄性を下げるデメリットもあります。学資保険の貯蓄性を考えると、育英年金保障特約の加入は考えものです。

学資保険で親が死亡した場合にお金を受け取れる時期

学資保険に加入していて、親が死亡した場合にいつ満期金を受け取ることができるのか、気になりますよね。

親が死亡や重度障害・高度障害になったときも、学資保険を契約したとき設定した満期時期のみ受け取りになります。

親が死亡してすぐにお金が必要となった時に備えるなら

契約者である親の死亡によって、すぐお金が必要ということは少なくないでしょう。学資保険では、契約者である親が死亡した場合でも、満期金の受取時期は最初の契約時に決めた時期のみになります。

親が死亡したとき、すぐにでもお金が必要!というときのために以下のような保険もありますので、ご紹介致します。

低解約返戻金型保険

低解約返戻金型保険とは、学資保険と似ていますが生命保険の1つです。

契約期間中(払込み期間中)に解約をすると返戻率(返ってくるお金)は低いですが、満期をすぎてから受け取ると、保険会社の運用により返戻率が高くなるといった保険です。


低解約返戻金型保険の特徴として、契約者に万が一のことが起こった場合すぐに死亡給付金が支払われます。また、満期を過ぎて受け取ると学資保険満期時の返戻率より断然高額となるようです。

低解約返戻金型保険のメリット、デメリット

メリット

低解約返戻金型保険のメリットは3点あります。

  • 親の死亡時、すぐに死亡給付金が支払われる 
  • 支払われる金額は学資保険の満期金の比にならないほど高額 
  • 解約さえしなければ貯蓄がどんどん貯まっていく


1つずつ詳しくご説明致します。


親の死亡時、すぐに死亡給付金が支払われるという点で、学資保険と大きな差があるのがわかりますね。学資保険の場合は契約時に定めた満期時期のみの受け取り時期とされているのに対し、低解約返戻金型保険は、親の死亡後すぐに給付金が受け取れます。


親(大黒柱)の死亡により、家庭の中で1番の収入源が経たれると、経済的状況の悪化はどこの家庭でも同じでしょう。今後の生活や、子どもの学費など不安なことが、たくさんあります。


そのとき、低解約返戻金型保険に加入していると、すぐに死亡給付金が支払われることになるので、助かりますね。


支払われる金額が学資保険の満期時より高額、これも経済的に必要不可欠だと言えます。

満期を迎えてすぐでは、返戻率が学資保険より劣ってしまいますが、満期後何年か据え置くことにより、学資保険よりはるかに高額な金額を受け取ることができます。低解約返戻金型保険は親の死亡保障と同じなので、親が生命保険に加入している場合、さらに上乗せになってくるということです。


低解約返戻金型保険は解約さえしなければ、保険会社の運用によって返戻率がどんどん上がっていきますので、貯蓄と考えるといいかもしれません。


15年満期の低解約返戻金型保険に、子どもが生まれてすぐ加入したとします。子どもが15歳の時に満期を迎えますね。しかし、それをそのまま解約せずに据え置いたとします。すると、18歳になる頃には満期金より20万円ほど増えて戻ってくるケースもあるようです。さらに満期から15年据え置いておくと50万円ほど増えることもあるようです。


以上3点を見てみると、学資保険より低解約返戻金型保険の方がいいのでは?と思われる方もいるでしょう。しかし、低解約返戻金型保険にはデメリットもありますので、以下でご紹介致します。

デメリット

低解約返戻金型保険のデメリットとして3点あります。
  • 中途解約をしたときの返戻率が低い
  • 払込み期間が、子どもの成長に合わせられない
  • 満期金が学資保険の返戻率より低い

中途解約をした時の返戻率が低いという点ですが、中途解約をすると約70%ほどしか戻ってこないということです。中途解約を前提に保険に加入する方は、まずいないでしょうが人生なにがあるかわかりません。急に保険料の支払いが困難な状況になる可能性もあります。そのとき、中途解約をしてしまうと大きく損をしてしまいます。

次に、払込み期間です。学資保険の場合、子どもが被保険者となり子どもの成長に合わせて18歳払い済みや、22歳払い済みなどを決めます。満期金を受け取る時期も、自分で決めることができます。

しかし、低解約返戻金型保険の場合は契約者と被保険者が親になります。それから、払込み期間(15年や20年)や契約者が60歳や65歳までなどを設定します。ということは、子どもの入学や進学に合わせて満期金を受け取ることが難しくなるということです。


満期金が学資保険の返戻率より低いという点ですが、学資保険の返れ率は一般的に100~119%といったところです。しかし、低解約返戻金型保険の返戻率は110%以下のものがほとんどです。


この3点を見ると、学資保険に加入する方がいいのか低解約返戻金型保険に加入する方がいいのか悩みますね。

まとめ:親が亡くなった場合の学資保険

いかがでしたか?学資保険についている保険料払込み免除特約と、育英年金保障特約。低解約返戻金型保険のメリット、デメリットをご紹介致しました。


親が大きな死亡保障を持っている場合、学資保険に加入しておけば安心です。しかし、あまり高額な死亡保障を持っていない場合、低解約返戻金型保険に加入する方がいいのかもしれません。

どちらに加入するべきなのかは、子どもの年齢や経済状況によって異なってくるようです。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 学資保険に病気を患っていても加入するためのいくつかの方法
  • 子どもの学資保険の特約について。入院保障はあったほうがいいの?
  • 学資保険に加入する時に知っていなければならない特約の保障内容
  • 様々な種類の学資保険の貯蓄性を軸に特約を調査!共済とはどう違う?
  • 契約者が死亡した場合、その後の学資保険の手続きは、どうする?
  • 学資保険の契約者が死亡した場合の保障内容、注意点を解説します
  • 学資保険で怪我に備える必要は?医療特約の必要性について徹底解説!
  • 学資保険の医療特約と共済や医療保険はどちらが優秀なのかを徹底解説
  • 学資保険って必要?加入するならお祝い金があるプランがおすすめ
  • 学資保険の最大のメリットである保険料払込免除特則を徹底解説!
  • 学資保険の祝い金タイプはお得!?満期で受け取る場合との違いとは?
  • 子どもと学資保険、様々な必要額と適切な保険の選び方について
  • 徹底解説!今人気の学資保険の仕組みを解説!どんな商品なの?