学資保険の保険無料相談でギフト券プレゼントがある?【2022年最新トレンド】

学資保険を初めとする保険商品は、多種に渡る一方、どの商品にするか決めるのはとても難しいと思います。どの学資保険に加入するか迷ったら保険のアドバイザーに無料相談しましょう。彼らは、相談するだけでギフト券などの謝礼としてをくれます。(しかし、現在ギフト券が禁止されました。)

内容をまとめると

  1. 残念ながら、保険相談などを受けた方に換金性の高いプレゼント(ギフトカード、ポイント)などを渡すことは、法律で禁止されている
  2. 現在では、国産牛肉やサービス利用の割引などが主流
  3. プレゼントキャンペーン目的で保険相談を受けるのではなく、あくまで自分に合った保険を見つけることを大事にしよう
  4. おすすめの無料相談サービスは、マネーキャリア相談、ほけん見直しラボ、ほけんのぜんぶ 
  5. その中でも相談員の質が高く、相談満足度93.2%を誇るマネーキャリア相談が1番おすすめ 
  6. さらにマネーキャリア相談ならスマホ1つで無料オンライン相談可能なのでこの機会に保険の悩みを解決しましょう

学資保険の相談でギフト券(商品券)が手に入る?

以前は、保険の相談をするだけで、ギフト券や高級食品をもらえることが当たり前でした。

学資保険でもそれは同じでした。


保険に加入すると決めたわけではなくても、どの「学資保険」を契約するか、をフィナンシャルプランナーの人と無料で相談するだけで、5000円前後のギフト券を受け取れるとあって、いいところづくしでした。

それは、「保険」という高い商品を契約(=購入)してもらうために保険会社が行っているキャンペーンであると言えます。


例えば車を買う、携帯電話を買う、乗り換える、といった行動でも、「10,000円キャッシュバック!」等と魅力的なプレゼントを手に入れることは自然のことですよね。



学資保険は、車や携帯電話のように高い買い物と言うイメージはありませんが、長期的な契約であることから、トータルで考えると高額な買い物になると言えるでしょう。


車や携帯電話よりも高額になるケースももちろんあります。

どの保険に入るかを迷っている人に親身になって相談をすれば、効率よく保険会社は契約数を重ねることができますよね。

お金の話にはなりますが、どちらにとっても良い話しであることは間違いありません。


でも、町で歩いているときに、「どの保険に入るか迷っていませんか?私が相談に乗りますよ!」と言われても、なかなか話を気候とは思いません。


インターネットで「相談すれば、ギフト券!」という表示があれば、予定を合わせて話を聞いてみようと、思えますよね。


これが、学資保険とギフト券の関係性の始まりだったのです。

2017年4月にギフト券のキャンペーン全面禁止に

しかし、残念ながら、2017年4月に、金融庁の指導により保険代理店や保険を扱うサービス業界が、保険の検討に対する謝礼として商品券や金券を渡すことを禁止されてしまいました。

「換金性の高い謝礼を提供すること」を禁止されたのです。


すぐに予想できるかと思うかもしれませんが、「相談すればギフト券がもらえる」がいつの間にかギフト券が欲しいからとりあえず相談しよう、こんな考え方の人がふえてしまったようです。気持ちはわからなくもないですよね。


以前は高ければ8000円などのギフト券もあったのですが、3000円の商品券の時代となってしまっていました。


それに代わって最近現れたのが、牛肉やお米などの「換金性の低い」商品です。

ギフト券に変わる新たなキャンペーンをする学資保険

ギフト券が金融庁によって禁止されてしまいましたが、学資保険を始め、多くの保険を見直しを検討している、という見込まれた潜在顧客をいかにして発掘するか、は多くのフィナンシャルプランナーや保険会社にとって重要な業務であることはかわりはありません。


そこで、ギフト券に変わるキャンペーンがあるのです。少しくらい高額なコストリスクがあったとしても潜在顧客を待っているので、商品はとっても豪華です。


しかし、2018年のいつこのキャンペーンも終了してしまうかわかりません。

(金融庁の方針では禁止の流れに動いているようです。)

ギフト券に変わるキャンペーンその1〜厳選黒毛和牛〜

「保険のマンモス」という保険会社では、相談するだけで黒毛和牛の切り落としを家族分プレゼントしてもらえます。

家族分というのが嬉しいですよね。大家族であればあるほど嬉しいですよね。現在は、楽天でも人気だったつるはしの牛肉がもらえるようです。



ギフトに変わるキャンペーンその2〜最大70%OFF優待サービス〜

「保険コネクト」という保険会社では、プロへの保険の相談で、最大70%OFFの優待が受けられる資格をもらえます。

具体的には、

  • AEON
  • TOKYU HANDS
  • 一休.com
  • 星野リゾート
  • おそうじ本舗
  • HIS

など、これら意外にも、生活に大きく関わる施設に置いて大幅な割引がうけられる、というものです。


しかも、これらの割引が受けられる期間は1年間!うまく使えばとっても節約できますよ。

ギフト券に変わるキャンペーンその3〜国産ブランド米〜

牛肉の他、お米のプレゼントもあります。


「保険見直しラボ」というサイトでは、希少米と言われる、「新之助」がもらえます。保険相談と、面談後のアンケートでもらえます。


自分ではなかなか買うことがないかもしれないお米をもらえるチャンスです!

HPへはこちらから

将来設計に見合った学資保険を選ぼう

学資保険というひとつの商品をとってみても、本当に様々な種類があります。

また、お子さんの教育資金をためる、という目的1つをとってみれば、学資保険がすべてではありません。

一番大切なのは、ご自分の家庭の状況をみつめなおすことです。

  • 子どもは何人いるのか、また、何人欲しいと思っているのか
  • 共働きなのか、専業主婦なのか、はたまた、一人親なのか
  • 子どもは男の子か、女の子か
  • 親権者はどんな仕事をしているのか

こんな項目から、どんなタイプの保険を選ぶことがベストなのかが見えてくるでしょう。


そして、もちろんこんな内容も考えてみましょう。

  • 今の経済状況から、一ヶ月にどれくらいの保険料を負担することができるのか
  • どの時期の教育費用が心配なのか(大学入学前?入学後?など)
  • 医療保険も一緒に入っておきたいか
  • 兄弟はいるのか
  • 教育費用を準備したいお子さんはいま何歳なのか

などなど、同じ学資保険とはいっても、すべて違った特徴があり、また、どれが一番すぐれているかはなかなか判断できず、一番いい保険は人それぞれなのです。


だからこそ、学資保険に「入りたい!」と思ったときには自分一人で決めずに一度はプロに相談した方がいいのかもしれませんね!それでおいしいものがもらえたら儲かった!といってもいいほどですよ。

あくまで目的は学資保険!ギフト券優先で選ばずに

以上のように、学資保険を選ぶ際には、たくさんの選択肢があります。しかしどれもこれもお金を扱う物であるため、それぞれにリスクがあったりするのです。

それらのすべてを把握し、いちばんいいものを選ぶのはなかなか難しいもの。

もちろん相談の先にあるギフト券や商品も魅力的ですが、今一度、学資保険のことを真剣に考えてみる機会を作ってみてはいかがでしょうか?ギフト券よりも価値のある時間を過ごせるかも・・・しれませんよ。

まとめ

学資保険を始め、保険という商品は、「もしお金がなかったらどうしよう!」「もし子どもを育てる予定の人になにかあったらどうしよう!」「大きな病気になったらどうしよう!」と、あまりよくない状況のことを思って、また「安心」という目には見えないものに大きな対価を支払いものです。

だからこそ、契約しないで住むのであればしないでおきたいし、くらい将来のことはあまり考えたくないですよね。

でも、かけすての医療保険とは違って、学資保険は基本的には損はしない商品です。返戻率や付帯する保障などは保険ごとに異なりますが、少しだけでも余裕があるならば将来のために「貯金をしている」という気持ちで初めてみるのもいいかもしれません。


大切なお子さんが豊かな人生を送るためにあるのが、「学資保険」なのです。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング