数年たって見つかった生命保険ってどうなる?請求期限があるの?

様々な理由で生命保険の保険金請求が遅れることがありますが、その生命保険金の請求ができるかどうか悩んだことがありませんか?そして生命保険の保険金の請求期限があることは知っていますが?生命保険の保険金の請求期限を詳しく見ていきましょう。

生命保険に請求期限はあるの?

両親が亡くなって、何年かして遺品を整理していたら保険証券が出てきたという話は珍しい事ではありません。

そんな時、気になるのは、「この保険〇年経過してるけど請求できるの?」というところではないでしょうか。


また、生命保険の保険金や給付金に請求期限が存在するのでしょうか?


ここでは、「生命保険の保険金や給付金の請求期限」について

  • 生命保険の請求期限は?
  • 請求期限切れ扱いになってしまう事案
  • 請求期限が切れたらどうなるの?

以上を中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、あなたの手元にある保険証券の請求期限がわかります。


ぜひ、最後までご覧ください。

生命保険の保険金や給付金には3年の請求期限がある


生命保険の請求期限は存在します。

生命保険金等の請求権に対し、保険法第95条第1項に以下のように定められています。


「保険給付を請求する権利、保険料の返還を請求する権利及び第六十三条又は第九十二条に規定する保険料積立金の払戻しを請求する権利は、三年間行わないときは、時効によって消滅する」


よって、法律では請求期限は3年であり、3年で時効をむかえ、請求権は消滅します。


商法の規定では生命保険の保険金の支払い義務は2年とされているのですが、生命保険会社が定めている保険約款の中でも、3年の間、請求がない場合は請求権は消滅すると定めています。

ただし、保険金の発生が明らかな場合は保険会社が認めてくれる場合も

亡くなった人が生命保険に加入しているかどうか必ず遺族などの保険金を請求する立場の人が知っているとは限りません。

生命保険に加入する場合、中には知り合いに保険の加入を頼まれたり、仕事の付き合い上、仕方なく生命保険に加入した人もいることでしょう。


この場合、保険を軽く考えてしまい、請求する立場になる人に生命保険の存在を伝えることを忘れることも大いにありえます。


また、支払いが満期になっている場合は、通帳を見ても保険の引き落としの記入が存在しない場合もありえます。


まずは、保険会社に保険の存在を知ったことを問い合わせてみると良いでしょう。

しかし、以下の場合は、

  • 自殺の場合
  • 告知義務違反の場合

請求期限ないの3年以内であっても請求期限切れ扱いになります。


請求期限切れになる2つのケースを詳しく見ていきましょう。


自殺や告知義務違反の疑惑があると判断されたら、請求期限切れ扱い

自殺や他殺、故意の告知義務違反などの場合、請求期限切れ扱いとされ保険金が支給されません。

自殺の場合

保険法第51条・80条に免責事項が定められています。

免責事項とは保険金を支払わなくてよい事項であり、それは

  • 被保険者が自殺をした場合
  • 契約者や保険金受取人が保険金を目的として故意に被保険者を死亡させた場合
  • 戦争やその他の変乱により被保険者が死亡した場合

以上のように定められています。


しかし、実際には自殺であっても保険金は支払われるケースはあります。



支払われるケース


・保険金目的の自殺でない場合

保険金目的ではない場合の自殺とは、例えば人間関係に悩んだり、病気を苦にしての自殺など、金銭面を理由としない自殺の場合は保険金が支給される可能性があります。


あくまでも可能性であり、免責期間との関係や、金銭面を理由としていないことを証明しなければなりません。


・意思能力に問題があったと証明された場合

精神障害や精神病・心神喪失など意思能力に問題があったと証明された場合は、保険金が支給されます。


この場合、免責期間内であっても保険金が支給されます。

しかし意図的ではなく、精神的な問題だと証明しなければなりません。


・契約が継続して3年以上の場合

契約が継続して3年以上であれば保険金支給の対象となります。

継続して3年とは、生命保険は途中で失効しても、復活すれば3年以上となります。

継続した3年以上でなければなりません。



以上は、保険金が支払われるケースです。

次に請求期限切れ扱いとなり支払われないケースを見ていきましょう。



支払われないケース


・保険金目的並びに免責期間内の自殺の場合

まず、保険金を目的とし免責期間内の自殺の場合、保険金は、請求期限切れと同じ扱いになり保険金は支給されません。


告知義務違反の場合

生命保険に加入する際に、必ず求められるのが健康告知です。

この、健康告知で嘘の告知をしたり、健康でないことを黙っていたりすると告知義務違反となります。


告知義務違反の場合、請求期限切れ扱いとなり、保険金は支給されません。


例えば、ガンを患っているのにそれを隠し、生命保険に加入したとします。

その後、ガンが原因で死亡した場合は、保険金は支払われません。


また、告知義務違反の強制契約解除は2年以内となっていますが、死亡後、2年以上を経過して保険金を請求したとしても、保険金が支払われることはありません。

請求期限が切れても、諦めずまずは保険会社に連絡しよう

上記に述べましたが、家族など生命保険の請求ができる人が、必ず生命保険の存在を知っているとは限りません。

時間がたち、遺品を整理していたら保険証券が出てくることも考えられます。

3年を過ぎていたとしても、諦めずに保険会社に連絡をしてみましょう。


このような、請求期限切れを防ぐために以下のことに注意しましょう。

請求期限が過ぎないようにするためには、家族で生命保険の状態の共有を!

請求期限切れを防止する目的もありますが、生命保険は残された家族のためにあるものです。

家族で生命保険の存在を共有しておきましょう。


では、請求期限切れを防ぐにはどのような方法があるのか?

以下のような方法が考えられます。

  1. 家族に生命保険の存在を知らせておく
  2. エンディングノートに、記録しておく
  3. 保険証券を家族に預けておく

以上の3つのポイントを詳しく見ていきましょう。


1.の場合、まだまだ自分は元気だからと、生命保険の存在を後回しにする方もいます。

人の命はわからないものです。

元気なうちに伝えておかなければなりません。


2.の場合は、最近、話題に上がるエンディングノート。

文具店で販売されていたり、葬儀業者でも手に入る場合もあります。

エンディングノートに生命保険の情報だけではなく、自身の金融機関の情報も書いておけば家族は万が一の時に助かります。


3.の場合は、保険証券と一緒に保険会社の連絡先や担当者の名前、代理店であれば代理店の連絡先も伝えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

生命保険の保険金や給付金の請求期限について解説してきました。


今回のこの記事のポイントは

  • 生命保険の請求期限は3年
  • 自殺・告知義務違反は3年以内でも請求期限切れ扱いになる
  • 請求期限が切れていても諦めず保険会社に連絡を取る
  • 請求期限切れを起こさない対策を。家族で生命保険を共有する

です。


たとえ付き合いで生命保険に加入したとしても、いつかは家族のために役立つ日が来ます。


しかし、保険の存在を知らなければ意味がありません。


生命保険に加入したら、家族に契約したことを伝えましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひ、ご覧ください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説