相談するならココ!おすすめ店舗型(来店型)保険ショップランキング

気軽に保険相談ができることで人気の店舗型(来店型)保険ショップですが、それぞれの保険ショップよって違いもあります。この記事では、その違いや特徴、実際の相談者の評判などをもとに、保険相談するならココ!というおすすめの店舗型保険ショップをランキングで紹介します。

店舗型(来店型)保険ショップの種類・特徴

店舗型(来店型)の保険ショップは多くの店舗を展開しており、気軽に保険相談ができるのが魅力です。


ここでは、まず取り扱う保険会社の違いによる店舗型(来店型)の保険ショップの種類と特徴について確認しておきましょう。



「直販型」「専属型」「乗合型」の3タイプがある

店舗型(来店型)の保険ショップは、取り扱う保険会社の違いによって大きく3つのタイプがあります。



特徴
直販型大手の保険会社が直営で自社の商品を取り扱うタイプ
ex.ニッセイ ライフプラザ(日本生命)など
専属型専属保険代理店として保険会社1社の商品のみを取り扱うタイプ
ex.アフラックサービスショップなど
乗合型乗合保険代理店として複数の保険会社の商品を取り扱うタイプ
ex.保険の窓口など


では、わたしたちが保険相談をする際には、どのタイプの保険ショップを選べばいいのでしょうか。

保険の相談をするなら「乗合型」一択!

もともと複数の保険会社を比較して選びたいのであれば、当然「乗合型」を選ぶことになると思います。


そして、すでに加入したい保険会社や商品が決まっているのであれば「直販型」や「専属型」でいいように思えます。 


しかし、保険会社によって商品内容や保険料などが大きく違う場合があるのも事実です。


保険に加入する際にほんの数時間かけて比較するだけで、支払う保険料や受け取れる保険金・給付金の額に大きな差がつくこともあります。


もし保険会社や商品を比較せず決めたのであれば、確認の意味を込めて「乗合型」の保険ショップで比較・相談して決めても遅くはありません。


つまり保険の相談をする保険ショップは「乗合型」一択だといえます。

店舗型保険ショップ・窓口のおすすめランキング

店舗型保険ショップで保険の相談をするなら「乗合型」がおすすめです。


とはいえ、店舗型保険ショップにも様々なショップブランドがあります。


そして、それぞれ取り扱う保険会社数や、相談の質にも違いがあります。


では、どの保険ショップを選べばいいのか。


ここからは、おすすめの保険ショップをランキングでご紹介します。

保険ショップ・窓口は店舗や地域によっても差があるので注意

保険ショップを選ぶポイントはいくつかありますが、実際に相談する前にわかるのは、以下のようなポイントです。


  • 店舗数:近くに店舗があるか
  • 取扱保険会社数:気になる保険会社を取り扱っているか
  • 評判・口コミ:店舗の雰囲気や相談の質、対応について

実際の相談では、同じ保険ショップブランドであっても、担当者や店舗、地域による違いもあります。


この点を踏まえた上で、保険ショップを選ぶ目安としてランキングを参考にしていただければ幸いです。

LIFULL保険相談:1300店舗の保険ショップが掲載されている比較サイト

最初にご紹介するのは、LIFULL保険相談です。


LIFULL保険相談は保険ショップではありませんが、全国1300店舗以上の保険ショップの中から、相談を希望する地域を指定して検索することができるサイトです。


自宅や勤務先の近くにあって、気軽に相談できる保険ショップを探したいという場合にはとても役立ちます。

保険ショップブランドに縛られず幅広く検索できる

LIFULL保険相談には複数の主要保険ショップブランドの店舗が網羅的に掲載されており、保険ショップブランドに縛られず幅広く検索できるのが特徴です。


また保険ショップの各店舗ページには、場所や営業時間などの店舗情報、取扱保険会社や実際に相談した人の口コミ・評判などが掲載されています。


まずは相談を希望する地域を指定して保険ショップを絞り込み、その上でそれぞれの保険ショップを比較して選ぶという使い方ができます。


そのほかにも実際の相談者の口コミ評価や、お客様に有益な情報を発信しているといった点を総合的に評価したランキングなど、保険ショップ選びの参考となる情報が満載です。

1.保険クリニック:独自の「IQシステム」で店舗型の保険相談だとNo.1の人気

多くの店舗型保険ショップの中でも、高い評価を得ているのが保険クリニックです。


保険クリニックは日本初の店舗型保険ショップとして1999年に設立され、30万件以上の相談実績を誇る老舗の保険ショップです。


全国に178店舗(2018年2月現在)を展開しており、取扱保険会社数も40社と業界トップクラスとなっています。

独自の「IQシステム」を使った客観的な提案

保険クリニックの最大の特徴といえるのが、独自の「IQシステム」です。


保険クリニックでは、このIQシステムによって作成された分析シートや処方箋プランをもとに、客観的な提案が行われます。


この分析シートや処方箋プランは相談者ひとりひとりにあわせて作成され、視覚的にもわかりやすく、コンサルタントの主観に偏らないといった点が特に優れたポイントです。


店舗型の保険ショップでは多くのスタッフを抱え、担当者によって相談の質にバラつき出てしまうという欠点があります。


対応がよく親身になって相談にのってくれる担当者でも、経験や知識が不足しており相談者にとって「ベスト」な提案ができないことも考えられます。


IQシステムはこのような欠点をカバーしてくれるものです。


このように、店舗や担当者によらず安定して質の高い相談が受けられるというのが、保険クリニックが高く評価される理由のひとつだといえます。

2.保険の窓口:言わずと知れた大手店舗型保険ショップ

続いてランクインしたのが、保険の窓口です。


保険の窓口は全国に600店舗以上(2018年1月現在)を展開し、年間相談件数80万件(2016年度)の実績を誇る、名実ともに店舗型保険ショップの代名詞ともいえる存在です。


約35社の保険会社を取り扱っており、こちらも業界トップクラスの水準です。

大手ならではの安心感

保険の窓口は多くの店舗を展開しており、他の保険ショップブランドに比べても、住んでいる地域によらず自宅の近くで気軽に相談できるといえます。


また全国に店舗があるため、契約後に転勤などで引っ越したとしても、転居先の店舗で変更や給付手続きなどのサポートを継続して受けられるのも安心です。


多くの店舗があると心配なのが、担当者による相談の質のバラつきです。


保険の窓口では、必要資金を視覚的に確認したり、相談者の意向に沿った商品を一覧で確認・比較できる独自の「ライフ・デザイン・システム」や、充実した研修など相談の質を維持する仕組みが整っています。


そのため担当者による相談の質のバラつきについても、必要以上に心配する必要はないといえるでしょう。

3.保険見直し本舗:訪問相談にも対応してくれる大手店舗型保険ショップ

保険の窓口と並び人気の大手店舗型保険ショップが保険見直し本舗です。


保険見直し本舗は全国に250店舗以上(2018年2月現在)を展開し、100万件以上の契約実績を誇ります。 


40社以上の保険会社を取り扱っており、これは業界トップクラスです。

訪問相談にも対応してくれる

保険見直し本舗は来店相談をメインとする店舗型保険ショップでありながら、自宅やカフェなどへの訪問相談にも全国対応してくれるというのが特徴です。


訪問相談でも出張費などはかからず、妊娠中や子どもが小さい、介護など長時間の外出が難しい方にはありがたいサービスだといえます。



4.みつばちほけん:担当者の対応のよさが人気の店舗型保険ショップ

みつばちほけんは、みつばちのキャラクターや黄色い店舗の外観など親やすい雰囲気の店舗型保険ショップです。


みつばちほけんは全国に80店舗以上(2017年4月現在)を展開しています。


しかし関東・甲信越地方中心の出店であり、それ以外の地域では近くに店舗がなく相談しずらいかもしれません(中四国・九州には店舗なし)。


30社以上の保険会社を取扱っています。比較検討するには問題ない水準ですが、他の大手店舗型保険ショップと比較するとやや少ないといえます。

担当者の対応がいい

みつばちほけんは、他の大手店舗型保険ショップと比較すると、店舗数や取扱保険会社数などにはあまり目立ったところがありません。


しかし、担当者の対応のよさでは相談者からの口コミで高い評価を受けています。


特に子ども連れでの相談などでは、相談者が相談しやすいようにスタッフが配慮してくれたという口コミも多く見られました。


保険は加入して終わりではなく、変更や給付手続きなど、加入後もその保険ショップや担当者とは長い付き合いとなります。


大切な保険は、このような丁寧な対応で、親身になって相談にのってもらえる担当者に任せたいと思うのではないでしょうか。

5.ほけん百花:女性に優しい店舗型保険ショップ

ほけん百花は、70店舗以上(2017年10月現在)を展開する準大手の店舗型保険ショップです。


首都圏や関西圏中心の出店であるため、それ以外の地域では近くに店舗がなく相談しずらいのが欠点だといえます。 


取扱保険会社数は27社と、比較検討するには問題ない水準ですが、他の大手店舗型保険ショップと比較するとやや少ないといえます。

スタッフのほとんどは女性なので女性が相談しやすい

ほけん百花の特徴の大きな特徴が、スタッフのほとんどが女性だということです。


女性が保険について相談する際には、女性特有の病気など男性スタッフには相談しにくいこともあります。


他の保険相談サービスでも担当者を女性にしてもらえる場合もありますが、事前に確認した上で予約などが必要となります。


ほとんどのスタッフが女性であるほけん百花では、通常予約なしでも女性スタッフに対応してもらうことができます。


また周りに男性スタッフがいて気になるということも基本的にありません。


また地域密着型で、保障内容の確認や加入後の手続きなどアフターフォローにも力を入れています。


2017年オリコン顧客満足度ランキング(来店型保険ショップ)では、アフターサービスの分野で総合1位を獲得しており、それを裏付けています。

効率的に時間を使って保険の見直しをしたい方には訪問型がおすすめ

ここまでは、おすすめの店舗型の保険ショップをご紹介してきました。


しかし、保険相談サービスは店舗型保険ショップだけではありません。


効率的に時間を使って保険の見直しをしたい方には、自宅などで保険相談ができる訪問型の保険相談サービスもおすすめです。

訪問型と店舗型の無料の保険相談の違いとは?

店舗型の保険相談は、相談は近くの店舗に相談者が出向き、担当者と対面で複数の保険会社の商品を比較して選ぶ(乗合型)というものです。


ショッピングモールなどに多く出店しているため、ふらっと立ち寄って相談できるなど気軽に相談できるのが特徴です。


訪問型の保険相談は、担当者と対面で複数の保険会社の商品を比較して選ぶことができるという点では店舗型の保険相談と共通しています。


最も大きな違いが店舗はなく、担当者が相談者が希望する場所まで来てくれることです。


店舗型の保険相談では、相談している様子が周りから見えてしまうなど、プライバシーの確保が難しいこともあります。


訪問型であれば自宅や静かなカフェなど、プライバシーが確保できる場所を選んで相談できるというメリットがあります。


また、妊娠中や子どもが小さい、介護などで長時間の外出が難しい方でも利用しやすいサービスだといえます。

訪問型の保険相談サービスなら保険見直しラボ

訪問型の保険相談サービスの中でも、おすすめなのが保険見直しラボです。


保険見直しラボは、全国に50以上の拠点を置く訪問型保険代理店で、すべて相談は自社に所属する専属のファイナンシャルプランナー(FP)が担当します。


彼らは平均経験年数11.8年という知識・経験の豊富ベテラン揃いであり、安心感が違います。


そのため、知識や経験の浅い「ハズレ」の担当者にあたってしまうといった心配も不要だといえます。


また、すべての担当者は28社の保険会社を扱うことができるので、店舗型の保険相談と相違なく複数の保険会社を比較して選ぶことができます。


質の高い保険相談サービスを希望するなら、店舗型保険ショップだけにこだわらず、保険見直しラボも選択肢としてみてはいかがでしょうか。


保険見直しラボの評判・口コミはこちら

まとめ

店舗型保険ショップには、それぞれの保険ショップによって違いがあります。


そのため、それぞれの特徴を知った上で、自分にあった保険ショップを選ぶことが大切です。


また相談の質を重視するのであれば、店舗型保険相談だけでなく訪問型保険相談の利用も検討するとよいでしょう。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説