【口コミ・評判】ほけんの窓口の評価やメリット・デメリットを解説!

ほけんの窓口で保険相談をお考えの方にとって気になるのが口コミや評判ですよね。当然、保険相談の際には失敗は避けたいものです。そこで本記事では、ほけんの窓口の口コミや評判に加え、ほけんの窓口で保険相談をするメリットやデメリットについての解説を行います。

ほけんの窓口の口コミと評判は? 特徴と評価のまとめ!!

この記事をご覧のあなたは、保険相談をすることについて考えておられることでしょう。 


ほけんの窓口といえば「ほけんの窓口♪」のCMでお馴染みで、保険相談を検討する際にまず候補に上がりますよね。


でも実際にほけんの窓口で相談して失敗しないのか不安の方もいらっしゃると思います。


そこで今回は、数ある保険相談サービスの中から「ほけんの窓口」というサービスについて、

  • 「ほけんの窓口」の口コミを紹介
  • 「ほけんの窓口」の4つの特徴とは? 
  • 「ほけんの窓口」のメリットとデメリットとは? 
  • 「ほけんの窓口」を利用した方が良い人の特徴とは? 
  • 「ほけんの窓口」にはどのようにして相談する? 
  • 「ほけんの窓口」が業界No.1である理由とは? 

以上の点を取り上げていきます。
 


この記事をご覧いただければ、保険に加入する前に保険相談をすることの大切さと、付随する「ほけんの窓口」というサービスがなぜおすすめなのかを理解していただけるでしょう。 


ぜひ最後までご覧ください。

保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「保険の無料相談をしたいけど、どこがおすすめ分からない!」


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです!電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



ほけんの窓口の口コミと評判を紹介!相談してみて実際どうだった?

では、実際にほけんの窓口で保険相談をした方の口コミをみていきましょう。

ほけんの窓口の口コミ・評判①

子供が産まれたために、お金の貯蓄が必要と考えていました。ですが、自分たちだけで上手く貯蓄ができる自信がないので学資保険に入ろうかと主人と相談した所、プロに相談しようと思い近所にあったほけんの窓口に行きました。お店の雰囲気はとてもよく、担当者さんは男性の方でしたが対応も紙に詳しく書いて説明してくれ、とてもわかりやすく丁寧で子供がぐずっても大丈夫ですよとニコニコしてくださいました。そして、おもちゃやベビーベッドも貸していただけました。相談の中でよかった点は、先程も書きましたが紙でわかりやすく書いてくれた所です。学資保険について、グラフを書いたりして説明してくださいました。わからない時にわからないと言えばそこを更に詳しく教えてくれ、疑問点がない状態で契約できました。よくなかった点は、1回につき2時間までと時間制限があった事です。仕方ないとは思いますが、まとめて全部聞きたかったのが正直な感想です。

ほけんの窓口の口コミ・評判②

店内もキレイで、気軽に質問ができた。

年明け早々に緊急手術をすることになりましたが、保険に加入していなかったため手術費用や入院費用が莫大にかかってしまいました。これではいけないと思い、コマーシャルで有名なほけんの窓口に相談することになりました。初めてほけんの窓口を利用したのですが、とても素晴らしかったです。30代男性の担当者が丁寧に教えてくださったため、こちららも積極的に質問をすることができました。平日夕方の時間帯に利用しましたが、店内は相談するスペースがしっかり区切られていたので好感が持てました。子供が遊んでおけるスペースも確保されていたので印象が良かったです。よかった点は、落ち着いた雰囲気の中で長時間相談することができることです。自分が気になっていたオリックス生命やメットライフ生命について詳しく話をすることができました。一方でよくなかった点は、こじんまりとしていたことです。店内が狭かったので大声で話をすることができない雰囲気がありました。ですが、全体的にはとても満足できる内容だったと思います。

ほけんの窓口の口コミ・評判③

スタッフが丁寧!万が一の保障について詳しく説明してくれた!

はじめは保険見直し本舗に行こうと思ったのですが近くにほけんの窓口があったためそちらへ行くことにしました。お店の雰囲気は明るい雰囲気で、担当者の方も気さくな方で、ハキハキしていましたし優しい雰囲気でした。
子供が生まれたため、もし万が一夫に不幸があった場合でも子供の学費など保証がある商品を探していただきました。いくつものプランを比較してくださり、どこが違うのかを分かりやすく説明してくださりました。よかった点は、説明していただいてる中で少し意味のわからないときがあって、そのときに図を書いて説明してくれたりしたことです。分かるまで懇切丁寧に優しく説明してくださりました。女性の相談員の全体的な感想としては、スタッフさん皆さんが感じがとてもよかったですし、何かあればすぐこちらにいらしてくださいねと暖かい言葉をかけてくださり、とても安心できました。自分たちの利益ばかりを考えているのではなく、こちらの身になって考えてくれている気がして、信頼できる担当者の方に当たることができて、とてもうれしかったです。 

ほけんの窓口の口コミ・評判④

ほけんの窓口で相談してよかった!必要な保障を知ることができた!

とてもよく話を聞いて下さり、的確なお応えをしていただきました。明るくキレイで入店しやすかったです。ちょうど結婚を控えていたので、将来向けての必要な保険等の相談をしました。現在加入している保険の不足している分を適格に教えてもらえました。無理に保険を推し進めてこなくて、すごく安心して相談できました。自分にとって本当に必要な保障を知ることができて感謝しています。保険見直し本舗さんとほけんの窓口さんで悩みましたが、ほけんの窓口さんに相談してよかったです。ありがとうございました 。

ほけんの窓口の4つの特徴を徹底解説!

「その道のプロ」という言葉がありますが、専門的なことは専門家に相談することによって、問題が早期解決できる場合があります。
 


保険のことも、「保険のプロ」に相談することによって、保険に関する悩みをより良い形で解決できるでしょう。
 


保険のことを相談できるサービスはいくつもありますが、その中でも「ほけんの窓口」が選ばれるのには理由があります。
 


もし「ほけんの窓口」で内容の伴った相談と良い決定ができるなら、その場で保険に加入するかどうかにかかわらず、それは将来にとって必ずメリットとなります。
 


では、「ほけんの窓口」が選ばれる理由とはどのような理由でしょうか。
 


これから、多くの人に選ばれる「ほけんの窓口」の特徴4つを紹介していきます。
 


他の保険相談サービスと比較してどのようなメリットがあるのかを理解していただけるでしょう。 



来店型ショップで顧客満足度No.1!店舗数No.1

皆さんは保険を選ぶ時、どのような要素が一番重要だと思われるでしょうか。
 


何を保障してくれるのか、保険料は安いか、など考えることはたくさんありますが、多くの方が無意識にも優先させているのが、その保険商品を販売している「保険会社の実績」です。
 


その保険を今までどれだけの人が契約し、どれだけの保険金が契約者に対して支払われているのか、そしてどれだけの高い支持を加入者から得ているのか、という点は、保険を選ぶにあたって二の次にはできない要素でしょう。
 


これは、保険相談サービスの選び方においても同じことが言えます。
 


保険相談サービスの選び方で大切な指標となるのが「実績」です。
 


「ほけんの窓口」は2018年の来店型保険ショップが対象となる、「オリコン顧客満足度ランキング」で総合1位を獲得しました。  

  • 店舗内の充実度:1位 
  • 利用のしやすさ:1位 
  • スタッフの対応:1位 
  • スタッフの提案力:2位 
  • 取扱商品:2位 
  • 契約手続き:1位 
  • サイトの充実度:1位 
  • アフターフォロー:1位  

これらはランキングを決める際に基準となっている項目ですが、このように「ほけんの窓口」はほぼすべての項目で1位を獲得しています。
 


「相談しやすい」こと、「適切なアドバイスをくれる」こと、「たくさんの保険会社を取り扱っている」ことなど、保険相談サービスにおける大切なすべての点を網羅しています。
 


店舗数も全国に621店舗と非常に多く、地域のなかで誰もが相談しやすい場所にある「ほけんの窓口」は誰もが安心して利用できる保険相談サービスと言えるでしょう。


定期的に保険の見直しができる安心の輪サポート

皆さんは、これから加入する保険のことについて考えている時、そもそも自分は何に対しての「備え」を求めているのか、考えすぎてわからなくなってしまったことがお有りではないでしょうか。
 


そのような考えは保険に加入する前だけでなく、加入してからも考えてしまうことがあります。
 


あれだけ迷って決めた保険商品なのに、保険料を支払い続けていることが無駄に思えてきてしまうのです。
 


ですから定期的に自分が保険によって何に「備え」られているのか、という点を思い起こすことはとても大切なことです。
 


そこで「ほけんの窓口」には、「安心の輪サポート」というサポート体制が敷かれています。
 


この「安心の輪」は、これから保険を契約する人が得られる安心を形としてデザインしたものであり、以下の要素が含まれています。  

  1. 住宅・教育・老後・将来への備え 
  2. 住まいへの備え
    自動車・自転車への備え 
  3. レジャー・ケガ・賠償への備え 
  4. 遺された家族への備え 
  5. 相続への備え 
  6. 介護への備え 
  7. 働けなくなることへの備え 
  8. がん・三大疾病への備え 
  9. 病気とケガへの備え 
  10. 健康増進への備え  

私たちが保険に加入することにより備えることができるのは、単に「病気になったらお金がかかるからその時のため」とか、「働けなくなってお金に困った場合の予防線」ということだけではありません。
 


このリストにあるように、様々な起こりうるケースへの補償がバランス良くなされている必要があります。
 


「ほけんの窓口」で相談すれば、「安心の輪定期便」サービスにより定期的に自分が加入している保険の内容を見直すことができるほか、複数加入している場合は保険の管理にも役立ちます。  

  • ほけんの定期点検:ライフステージの変化に伴う保障内容の点検・見直し 
  • 相談者専用の担当店舗:何かあったらすぐに担当の店舗へ 
  • 安心の輪定期便:保障内容および加入中の複数の保険をまとめて確認 
  • マイページ:保険金請求や名義変更等の手続きをウェブ上で一括依頼  

人生の転機となる場面は、考えられるだけでもたくさんあります。
 


たとえば結婚や出産、引っ越しや入院などのタイミングで保障内容を見直さなければならないときにも、いつでも相談することができます。 

小さいお子さんがいるお母さんも!キッズルームや授乳スペースがある

皆さんの中にもお子さんがいらっしゃる方がおられることでしょう。
 


子どもがいるなら、保険相談は自宅で実施したいと思われる方が多いでしょうから、その場合は自宅でも相談することができます。
 


しかし、自宅だと家事や育児のことがどうしても気になってしまって、相談に集中できなかったり、知らない人を家に入れることに抵抗がある方も少なくないでしょう。
 


また、夫婦で共働きをしているため、安全面のことを考えて子どもを家で一人にさせておく時間はできるだけ避けたい、と思われる方もいらっしゃいます。
 


そういった方は子供連れで直接店舗に行くと、相談中に子どもを遊ばせておけるキッズスペースが「ほけんの窓口」にはあるので、子ども連れの方でも心配はありません
 


店舗によってはキッズスペースが用意されていない場合もありますので、事前に店舗へ直接確認しておきましょう。

取り扱い保険会社は40以上!豊富なラインナップから保険選び!

さきほどのオリコンランキングでは取扱商品のランキングでも全体の2位となるほど、「ほけんの窓口」では多くの保険会社の保険商品を取り扱っています。
 


では、どれほど多くの保険会社を取り扱っているのでしょうか。
 


以下が「ほけんの窓口」が取り扱いの対象となっている保険会社のリストです。
 


【生命保険会社】 

  • アクサ生命保険株式会社 
  • アクサダイレクト
  • 生命保険株式会社 
  • 朝日生命保険相互会社 
  • アフラック 
  • アリアンツ生命保険株式会社 
  • FWD富士生命保険株式会社
  •  SBI生命保険株式会社 
  • エヌエヌ生命保険株式会社 
  • オリックス生命保険株式会社 
  • ジブラルタ生命保険株式会社 
  • 住友生命保険相互会社 
  • ソニー生命保険株式会社 
  • 損保ジャパン日本興亜 
  • ひまわり生命保険株式会社 
  • 第一生命保険株式会社 
  • 第一フロンティア生命保険株式会社 
  • 大樹生命保険株式会社 
  • チューリッヒ生命 
  • T&Dフィナンシャル 
  • 生命保険株式会社 
  • 東京海上日動 
  • あんしん生命保険株式会社 
  • ニッセイ・ウェルス 
  • 生命保険株式会社 
  • 日本生命保険相互会社 
  • ネオファースト
  • 生命保険株式会社 
  • マニュライフ生命保険株式会社 
  • 三井住友海上 
  • あいおい生命保険株式会社 
  • 明治安田生命保険相互会社 
  • メットライフ生命保険株式会社 
  • メディケア生命保険株式会社 
  • ライフネット生命保険株式会社 


 【損害保険会社】 

  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
  • アクサ損害保険株式会社 
  • アメリカンホーム医療・損害保険株式会社 
  • エイチ・エス損害保険株式会社 
  • AIG損害保険株式会社 
  • au損害保険株式会社 
  • ジェイアイ損害火災保険株式会社 
  • セコム損害保険株式社 
  • ソニー損害保険株式会社 
  • 損害保険ジャパン
  • 日本興亜株式会社 
  • そんぽ24損害保険株式会社 
  • Chubb損害保険株式会社 
  • 東京海上日動火災保険株式会社 
  • 日立キャピタル損害保険株式会社 
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • 三井ダイレクト損害保険株式会社 
  • 楽天損害保険株式会社
     


40社以上にも及ぶこれだけ多くの保険会社を、ほけんの窓口では取り扱っています。
 


たくさんありすぎて、的を絞りきれないと思われるでしょうか。 


確かに、自分ひとりですべての保険会社の保険を一つずつ確認し比較していくのは、相当な時間と気力が必要です。
 


しかしこれだけ選択肢が広がっているということは、保険の種類が多いから迷うということではなく、より自分や家族にとってのベストな保険を数ある保険の中から絞り込めるというメリットがあります。  


保険相談を行わなくても保険はもちろん個人だけで契約できます。
 


しかし、自分の力だけで様々な保険会社をすべて公平に比較考慮してから決定しようとしても、やはり限界があります。
 


保険相談サービスの店舗で直接相談することは、「自分で比較したときに発生する見落としや誤解」などを防ぐことができる、というメリットがあるという点も覚えておきましょう。

ほけんの窓口は来店型相談サービス!メリットとデメリットを紹介

いわゆる「保険相談サービス」は、主に2つに分けられます。 


  • 来店型:相談者が直接店舗に行って相談するタイプ 
  • 訪問型:FPが自宅などを訪問して相談するタイプ
     


全国各地に数多くの店舗が存在する「ほけんの窓口」はこのうち「来店型」を主とした保険相談サービスです。
 


一見、自宅まで来てくれる訪問型のほうが楽に感じるかもしれません。
 


では、来店型保険相談サービスには利用することでの、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

来店型の保険相談サービスって?

成果を待つよりも、自分で先に成果を求めて行動したいという方は少なくないでしょう。 


保険相談サービスを利用するということ自体がその第一歩ではありますが、自分で店舗に直接行き相談を受けようとすることが、相談者がライフプランを重要視していることの表れです。 


来店型の保険相談サービスは、相談者が直接保険相談サービスを行っている店舗に行き、そこでFPなどと直接保険相談ができるサービスのことです。
 


来店型の保険相談サービスを行っているのは「ほけんの窓口」だけではありません。
 


「ほけんの窓口」以外にも、来店型で相談サービスを行っている以下のようなサービスがあります。 

  • 保険クリニック 
  • ほけん百花 
  • 保険見直し本舗 
  • イオン保険サービス  

これらのサービスにおいて、相談者は経験の豊富なスタッフやFPに保険のことに関して相談することができます。
 


また「ほけんの窓口」では、来店の日時に関してあらかじめ予約連絡を行わなくても、店舗の営業時間内であれば好きな日時に行き、相談することができます。
 


多くの保険相談サービスでは、相談するのに予約が必須ということは少ないですが、事前に予約しておいた方が相談者が希望する日時を指定しやすい場合があります。

来店型のメリット:気軽にいける

来店型のメリットの一つが、「気軽に相談が行える」という点です。
 


大切な話し合いの際に緊張感があることは悪いことではありません。
 


しかし保険相談サービスが「相談するときは緊張する」ようなイメージを持ってしまうサービスだと、相談者の方がサービスを積極的に利用しようとは思わないかもしれません。 


保険相談は一方的な営業でも、面談でも、ましてや押し売りや事情聴取のような類のものでもありません。
 


あくまでそれは誰もが「気軽に保険のことを相談できるサービス」なのです。
 


また、来店型は訪問型にはない他の利点もあります。
 


訪問型では、FP側から相談者のもとへ訪問してもらえる分、相談者側が身構えてしまったり、「せっかく訪問してもらったので保険契約しなければいけない」というプレッシャーを感じられる方がおられます。
 


また、忙しい生活をしていると保険のために時間を取り分けるということは簡単なことではありません。
 


より重要な予定のために、保険相談などの予定を後回しにして、結局そのまま今まで行ってこなかった、という方もおられることでしょう。
 


しかし、来店型だと時間が空いたときにカフェに立ち寄るような感覚で保険相談をすることができます。


事前に来店予約をしていたり、相談相手を指定したりしているのでなければ、キャンセルを行う必要もありません。
 


忙しくて仕事以外の予定を立てるのが難しい、また自分のタイミングで気軽に相談したいという方に来店型の保険相談サービスはおすすめできます。

来店型のメリット:キッズスペースなどがある所がある

さきほども紹介した、相談中に子どもが遊んでいられる「キッズスペース」は、来店型の保険相談サービスの店舗にしかありません。
 


「ほけんの窓口」全店舗にキッズスペースがあるわけではありませんので、子どもを一緒に連れていきたい場合は、事前に行こうとしている店舗にキッズスペースがあるかどうかチェックしておくと良いでしょう。
 


ある方は、あえてキッズスペースがあるところを探すよりも、子どもがいるなら自宅に来てもらったほうが早いのでは?と思われるかもしれません。
 


確かに、自宅であればキッズスペースがある店舗を探す必要がありませんし、そもそも相談に行くだけなのに子どもを連れて行かなくても済みます。
 


しかし、メインは「相談ついでに子どもを遊ばせる」ことではなく、自分や家族の将来に重要な保険の相談をすることです。
 


それをメインに考えたとき「みずから店舗に行く」ことで、家事や育児など他の事に気を取られない、という点も来店型のメリットとなります。
 


もしも子どもがある程度大きくなっているのであれば、短時間なら家族で一緒に話を聞くことができるかもしれません。

来店型のデメリット:経験が浅い人が相談相手になる可能性がある

例えば法的な問題のことを弁護士に相談する際に「弁護士資格を持っている人であれば誰でも良い」と思われる方は少ないでしょう。
 


それによって未来が大きく左右されるのであればなおさら、誰もが経験や実績が豊富な弁護士に相談したいと思います。
 


同じように、保険相談も「誰に相談するか」は重要なポイントです。
 


来店型の保険相談は、ただ加入する保険を事務的に決めるのではなく、相談者が気になっていることや知識が足りない部分を直接質問して確認できるというメリットがあります。
 


多くの保険相談店では一人の相談者に対して一人のFP(ファイナンシャル・プランナー)がついて、保険について相談することができます。
 


また、多くの場合相談するFPや相談スタッフをこちらがある程度指定することもできます。
 


何度も相談を行う場合は特に、毎回同じ人が対応したほうが安心感がありますし、話し合いや契約までの流れもスムーズに進めることができるでしょう。  


FP(ファイナンシャル・プランナー)はただ単に「保険のことについてよく知っている」人というわけではなく、私達のライフプランに合わせて適切なアドバイスをくれる人です。
 


ただし注意しておきたい点は、保険相談サービスを利用したすべての人がFPの資格保有者に相談できる、というわけではありません。
 


店舗やサービスによっては、相談経験や知識の浅い人が面談相手になる可能性もあります。
 


もし、経験知識豊富なFPに確実に相談したいのであれば、事前に経験豊富なFPと相談できるかどうか予約・確認しておきましょう。
 


ちなみに「ほけんの窓口」では、女性相談者が希望する場合には女性を指定することも可能です。
 


ただし店舗によっては女性スタッフが対応できない場合もありますから、これも希望者はあらかじめ確認しておくようにしましょう。


来店型のデメリット:他の人の目が気になることも

近年では現実およびネット上でのプライバシー漏洩に関する問題が多々発生していますから、個人情報を話す(または見せる)必要が必ず生じる保険相談サービスでの個人情報の取扱を懸念している方は少なくないでしょう。
 


来店型を利用するうえでデメリットともなり得ることの一つが、プライバシーに関する点です。
 


店舗で相談する際は、来店した時間にもよりますが、自分以外に他の相談者もいる場合が多いです。


基本的に店舗内であれば、相談内容のプライバシーは十分に配慮された状態で相談を行うことができます。
 


また、「ほけんの窓口」の中でも個室が用意されている店舗においては、より高いプライバシーが確保される中で相談を行うことができるでしょう。
 


しかし、実際のところ個室で相談できる店舗は限られています。
 


ですから、自分の相談内容が他の人に聞かれていないかとか、逆に他の相談者の声が聞こえてきて気になる、という方もおられるでしょう。
 


そういう場合は、事前に行こうとしている店舗の方に予約と同時に「個室相談」が可能かどうか確認したり、他の相談者が少ない時間帯を狙って店舗に行くのも良いかもしれません。
 


また、来店するのが難しい方のために、「ほけんの窓口」では事前に相談することにより「訪問型」のように直接訪問してもらうよう取り計らってもらうことも可能となっています。

ほけの窓口は完璧に中立の立場で保険を提案してはいない!?

皆さんがいわゆる「保険代理店」に持たれているイメージが、必ずしも良いものとは限りません。
 


一度名前を登録したり、相談したりすれば半強制的に保険に加入しなければならないのでは、というイメージを持っている方も中にはおられるでしょう。
 


また、そこには「保険相談サービスにとって有利(利益が高い)な保険を優先的に紹介したり、加入させたりするのでは?」という疑問を持っている方もおられます。
 


この点に関して、

  • 各種保険相談サービスはどのような立場なのでしょうか
  • 相談者にとって全く中立の立場で保険紹介を行っているのでしょうか


ほけんの窓口グループの社長が以前テレビ局の取材に対して「全てではないが、販売手数料が高い保険商品を過去に勧めている」ことが、実際にありえるであろう、という旨の回答をしています。  


誰もが想像する「保険屋さん」というサービスは、特定の保険会社直属の代理店であり、自社の保険商品の中から保険をすすめる、というものかもしれません。
 


皆さんも、職場などに直接保険会社(代理店)のスタッフが来て話を聞いたことがある、という方がおられるでしょう。
 


ああいった形で一方的に行われる「勧誘」は「勧誘」であると分かりやすいですが、「ほけんの窓口」という保険相談サービスも、公式サイト等でもはっきりとサービス内容が「勧誘」であることが記載されています。
 


なぜそもそも保険相談サービスが無料で受けられるのかというと、保険相談サービスの収益源が、相談者が保険を契約すると保険会社から発生する「仲介手数料」が元になっているからです。
 


利益(マージン)を全く得ることなく経営できる会社は、非営利団体ではないので基本的にはあり得ません。
 


それを踏まえると、保険相談サービスが完全に中立の立場であるかどうか、という点に関しては「NO」であると言えます。
 


また、単に「保険・法律のしくみや、生命保険に加入するべきかどうかについて”だけ”知りたい」「今のところ保険に加入する気はない」と思って相談に行っても、保険商品そのものを薦められることがない、とは言い切れません
 


保険相談サービスは、ボランティアではありません。
 


ですから「保険相談サービス」そのものの仕組みを考えたとき、特定の(比較して販売手数料が高い)保険商品が薦められるという可能性がゼロではない、ということを相談者は銘記しておくべきかもしれません。


ほけんの窓口でほけん相談をすべき人とそうでない人がいる

あなたは何か困ったことがあって誰かに相談したいと思う場合、どのような人に相談するでしょうか。
 


もしかすると、親や友達・恋人など身近な人に相談する、という方が多いかもしれませんし、困ったらすぐその道の専門家に相談する、という方もおられるでしょう。
 


困ったら自分だけで解決しようと思わずに、誰かに相談するのは良いことです。
 


しかし、相談相手がどれだけ親身になって話を聞いてくれるかにかかわらず、相談したいことを自分自身が頭の中で整理しきれていなければ、相手も真剣に相談を聞いたり、適切なアドバイスを送ったりすることはできません。
 


これと同じことが、保険相談サービスにも当てはまります。
 


相談者がある程度現在の状況や、将来におけるビジョンを少なからず持っているのであればFPはパーソナルな情報をより詳しく把握した上でアドバイスができますし、相談者自身も自分は何を必要としているのか、という点を把握することができます。
 


では相談者がどのような人であれば、より建設的な保険相談ができるのでしょうか。


ほけんの窓口での保険相談がおすすめな人はどんな人?

今まで保険の「ほ」の字もイメージしたことが全くないという方は少ないでしょうが、自分が保険に加入すること自体は全く考えていなかったという方は多いでしょう。
 


保険が嫌というわけではなく、そもそも単に「関心がない」「必要性を感じられない」という状態の方もいらっしゃいます。
 


そういった方が初めて保険のことについて「考える」時、どのような疑問を持たれるでしょうか。  

  • そもそも生命保険って何?
  • 国民健康保険との違いが分からない 
  • 会社で加入させられてる気がするけど、正直何のことだか分かっていない 
  • 保険料が高く、病気にならなかったら無駄になるのでは? 
  • 高い保険料を支払っても、特定の病気しか補償してくれないのでは? 
  • 加入している友人が勧めてくる保険と全く同じものに入っておけば安心? 
  • 保険会社っていっぱいあるけど、どこも違わないのでは?
     


例えば、考えられるのは「自動車保険(自賠責)」だけは加入している、という方です。
 


確かに自賠責保険も保険の一つではあるのですが、自動車を保有している方にとっては加入が必須である保険ですし、


こういった疑問・意見を持たれている方は、そもそも自分や家族の将来にとってどのような補償が必要なのか、という点をまだ把握しておられません。
 


そういった、全く「保険に関しては初めて」の方であり保険ごとの違いを理解していないという方が保険相談サービスを利用することによって、保険に関する基礎知識から学ぶことができます。
 


その時、無理に保険に加入する必要もありませんし、「ほけんの窓口」では強制も無理な勧誘も行われません
 


公式サイト等で複数社の保険を見比べてはみたけれど、正直全く違いが分からない、という方にも保険相談サービスをおすすめできます。
 


しかし、たとえ保険初心者の方であっても注意するべき点があります。

ほけんの窓口でのほけん相談がおすすめでない人は?

ほけんの窓口などの保険相談サービスを利用する人に、ある程度の「適性」が求められる、と言えるのは何故でしょうか。
 


確かに、保険相談サービスは「誰でも」「いつでも」「気軽に」保険相談ができるサービスであることは違いありません。
 


ただし、保険相談サービスにおいては相談者側が優位に話を進められるべきです。
 


あくまで相談者にとってFPは「アドバイザー」であり、保険の「販売員」ではありません
 


ですから、無根拠に相手の言うことが正しいと信じてしまう傾向のある方は、保険の選び方において「相談される側が優位」に立ってしまいがちなため、保険相談サービスを利用することはあまりおすすめできません。
 


また、「とりあえず適当な保険に加入しておけば安心だろう」と思っている方も危険です。
 


やはりそこでも「自分や家族にとって何が必要なのか」という点を理解されていないため、自分の意思が介在しないまま、薦められた保険に惰性で加入してしまうかもしれないからです。
 


保険料は月いくら支払うことになるでしょうか。 


例えば月々では1万円であっても、年額で換算すると12万円となります。 


さらに生命保険は基本的にある程度長期間に渡って加入し続けるものですから、10年、20年と保険料を支払い続けることもあります。
 


そう考えたとき、保険商品が決して「安い買い物」ではないことが分かります。
 


ですから最低限、
 

  • なぜ相談するのか 
  • なぜ保険が必要だと思っているのか 
  • どのような補償があれば安心だと思うだろうか 
  • 保険には少なからずリスクがあることを理解しているだろうか
     

これらの点をはっきりさせておいたうえで、「ほけんの窓口」を利用するようにしましょう。
 


保険加入の可否、またどの保険に加入するかを最終的に決定するのは、保険相談サービス側ではなく、相談者自身だからです。


ほけんの窓口の相談ってどうするの?疑問を解決!!

ここまで「ほけんの窓口」というサービスや「保険相談」の詳細について様々な点を取り上げてきましたが、これからは実践編に移ります。
 


これは、相談者が受動的ではなく能動的に相談するためにも大切なことです。
 


具体的に、どのようにして「ほけんの窓口」を利用することができるのでしょうか。

まずは自身の保険相談に最適な店舗を選ぼう!

「ほけんの窓口」を利用するうえでは、以下の要素が大切です。  

  • 店舗の場所:家や職場から近く、すぐに行ける場所にあるか? 
  • 店舗の中:個室等によりプライバシーを確保できる環境があるか? 
  • サービス内容:経験豊富なFPに相談できる店舗か?  

店舗の場所が重要なのはなぜでしょうか。
 


たいてい保険相談は、一回限りではなく複数回に渡って行われます。
 


一回だけでは、相談者が自らのライフプランや保険内容やを把握した上で保険への加入について決めることが難しいからです。
 


その場合、もし家や職場から遠い場所の店舗を選んでしまうと訪問することが難しくなってしまったり、相談途中で面倒になりやめてしまう可能性もあります。
 


ですからすぐに訪問できる場所、自分にとってアクセスが快適な店舗を選ぶようにすることが大切です。
 


また、プライバシーに関する点も大切です。 


さきほど取り上げたように、来店型保険相談サービスの利点は公共の場所で相談するよりも一定のプライバシーが確保できるという点です。
 


自宅で相談するとしても、初対面の人を招き入れて相談することに不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。
 


しかし、「ほけんの窓口」店舗でも個室が用意されている店舗は限られています。
 


もちろん間仕切りされた空間で相談したとしてもプライバシーが漏洩することはありませんが、それでも中には不安に感じられる方がおられるでしょう。
 


ですから店舗を選択するにあたっては、

  • 自分が希望するような環境で相談できるか、
  • 経験豊富なFPに相談できるか
  • 希望する方はFPの性別を指定できるかどうか

気になる点を必ず事前に確認しておきましょう。

ほけんの窓口で相談するまでの流れ

次に、実際に「ほけんの窓口」で保険相談を行う流れについて把握しておきましょう。


ほけんの窓口」では、基本的に以下の手順に沿って保険相談が行われる事になっています。  

  1. 将来的なライフプランや希望する保険に関しての聴取 
  2. ①に基づいて、保険会社40社の中から最適なプランを提案 
  3. 提案された内容が相談者の意向やライフプランと合致しているか確認  

まず①の段階では、漠然とした保険に関するイメージや、将来に向けてどのようなことに準備したいか、などの点を相談できるかもしれません。
 


もし現在加入している保険があるなら、相談の際に保険証券を一緒に確認することができます。
 


次の段階では、「ほけんの窓口」独自のシステムによるシミュレーションによって、どのくらいお金がかかるのか、どのような保険商品が適切なのか、といった点などが分かります。
 


もちろんこの時点で相談者が納得行かない場合も、保険への加入が強制されることはありません。
 


最後の段階はまとめとなり、実際にこれから保険に加入することによって、どのような種類の「安心」に備えられているのかを確認することができます。
 


「ほけんの窓口」では、加入前だけでなく加入後のサポートも充実しています。  

  • 保険金の請求に関する各種手続きを依頼できる 
  • 契約上の名義変更の依頼ができる 
  • 保険料の支払い方・払込方法を変更できる 
  • 保険証券の再発行を依頼できる 
  • 結婚や出産、車の購入や引っ越しなど、生活に変化が生じるイベントがあった場合に保障内容を再確認できる 

これらは特に、保険代理店ならではの強みです。
 


将来的に保険が必要になったときにサポートをしてくれるので心強いですし、そもそも自分が「なぜ保険に加入しているのか」という点についていつでも再確認することができます。

ほけんの窓口で相談するには予約が必要?

あなたが何かのトラブルで弁護士に相談するときのことを想像してみて下さい。
 


どれだけ急いでいる場合でも大抵は予約が必要で、相談するために突然訪問しても、多くの場合は取り合ってもらえないでしょう。
 


しかし、「ほけんの窓口」での保険相談サービスでは、たとえ事前に予約していなかったとしても、保険相談を行うことが可能です。
 


ですから仕事の帰りなど、時間が空いたそのタイミングで保険相談しに店舗に行き、保険についてのアイディアを忘れないうちにアウトプットすることができます。
 


しかし、もしあなたが計画や時間を何よりも大切にされている方であれば、たとえ事前に予約することが「必須」ではなかったとしても、事前に相談したい日時を予約した方が良いかもしれません。
 


それによって、時間どおりに直接店舗に行ったとき待たされることなく保険相談を始めることができます。

コラム:ほけんの窓口が業界No.1の理由

「ほけんの窓口」は、オリコンが行った2018年度の「顧客満足度ランキング」で第一位となりました。
 


実際に「ほけんの窓口」で相談したことのある方は次のように相談した乾燥を述べています。 

  • 休日でも予約が取りやすかった 
  • 相談者側が必要としている情報を汲み取ってくれた 
  • もともと興味があった保険の類似商品を比較できた 
  • 加入中の保険で残したほうが良い保険が理解できた 
  • 断りやすく、保険加入が強制されるようなことはなかった 
  • 妊娠していており、スタッフが良い気遣いをしてくれた  

こういった意見から、確かに「ほけんの窓口」が相談者が納得した形で決定することを優先しており、限りなくそこに強制力が発生しないようにしていることが分かります。
 


こういった、本当の意味で「気軽に」相談できる環境が整っているということは、業界No.1と言われている一つの理由であることが分かります。
 


また、アフターサービスが充実しているという点も挙げられます。
 


保険は惰性に加入しておけば良いというものではありませんから、これからのことを考えた上で、慎重に決定するべきものです。
 


だからこそ、環境の変化に応じて保障内容を見直す必要が出てくるのは仕方のないことであり、必要なことでもあります。
 


そういったときに助けになってくれる「ほけんの窓口」のような保険相談サービスがあれば、生活の状況が一変したときや環境をガラリと変える必要性に迫られたときなど、一人でこれからのことを抱え込まずに済むでしょう。
 


保険相談サービスは、保険に加入することで安心感を得たい一人ひとりのサポートを、保険会社そのものとはまた違うかたちで提供するサービスです。
 


その中で最も実績が高く、実際の利用者からの信頼度も高い「ほけんの窓口」は、多くの方におすすめできます。

ほけんの窓口の口コミ・評判やメリット・デメリットのまとめ

今回は、保険相談サービス「ほけんの窓口」に関して口コミなど様々な点を取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。
 


この記事のポイントは、 

  • 「ほけんの窓口」特徴①顧客満足度が最も高い保険相談サービスである 
  • 「ほけんの窓口」特徴②契約後も定期的に契約の見直しが可能 
  • 「ほけんの窓口」特徴③キッズスペースがあり子連れの方も安心 
  • 「ほけんの窓口」特徴④取り扱っている保険会社の数が多い 
  • 来店型のメリット:気軽に気が向いた時に相談に行ける 
  • 来店型のデメリット:相談場所が個室でない場合プライバシーが気になる場合がある 
  • 相談の手順:相談を行う店舗を決め、可能であれば事前に訪問日時を予約する 
  • 相談者の立場に寄り添った姿勢や、充実なアフターサービス、適切なアドバイスを受けられることなどが評価されている 

以上の点です。  


まだ保険に加入していない方の中には、誰かの適切なアドバイスを必要としている方がおられることでしょう。
 


実際に相談をした方の口コミはとても参考になりますね。


これから保険に加入するかどうかにかかわらず、人生に転機が訪れた時のきっかけとして、「ほけんの窓口」という保険相談サービスを気軽に利用してみてはいかがでしょうか。


ほけんROOMでは、この記事の他にも役に立つ記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説