生命保険の変換制度を解説!変換と転換の違いは告知の必要性にある

現在、生命保険に加入中でその生命保険を上手に活用できる生命保険の変換。現在の加入中の保険以上の保障を求めることはできないが、健康告知が必要ないなど、上手に変換を活用すれば、今の保険がさらに良いものとなります。それでは、変換の活用方法を見ていきましょう。

▼この記事を読んでほしい人

  • 生命保険の変換を検討している方
  • 生命保険の変換と転換の違いを知りたい方
  • 保険について不安のある方

▼この記事を読んでわかること

  • 生命保険の変換と転換の違い
  • 生命保険の変換制度を利用した具体例
  • 生命保険の変換制度を利用するための2つの条件
  • 生命保険を変換するときの6つの注意点
  • 生命保険の変換制度を活用するための流れ

内容をまとめると

  • 生命保険の変換制度とは、加入中の保険を別の保険に変更すること
  • 生命保険の変換では健康状態の告知をしなくていい
    【生命保険の変換制度を利用するための2つの条件】
  • 保険契約の満期が近いこと
  • 年齢制限を満たしていること
    【生命保険を変換するときの6つの注意点】
  • 一般的に変換後の保険金額は変換時の保険金額以下になる
  • 生命保険の変換制度がない保険会社もある
  • 保険料が上がる場合が多い
  • 変換の条件は保険会社によって異なることも
  • 変換後に安い保険料の定期保険や収入保障保険を選べる保険会社も
  • 特別条件が付いている場合は変換できない
  • 生命保険の変換制度について不安がある方は保険相談するのがおすすめ
  • どんなに些細なことでも保険について質問があるなら、いますぐマネーキャリアを利用するのがおすすめ! 
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県・オンライン対応可能! 
  • マネーキャリアは顧客満足度93%だから安心して利用できます!

生命保険の変換制度とは、加入中の保険を別の保険に変更すること



ライフスタイルは日々、変化します。

その度に、生活スタイルに合わせて保険を解約し、新しい保険に加入するのは金銭的にも大変な事です。

変換とは、現在加入している生命保険の保障条件を上回らない条件であれば別の保障の保険に変更ができることを保険の用語で「変換」と呼びます。


生命保険の「変換」と「転換」の違い!健康状態の告知をしなくていい


生命保険には変換制度転換制度があるのをご存知でしょうか。聞いたことがないという人もいらっしゃるかも知れませんが、契約者の救済措置としても利用されていますので、ぜひ内容を理解して上手く活用していきましょう。


生命保険には「変換」と「転換」などの各制度が用意されていて、現在加入中の保険をこのまま継続させていくのが難しかったり保険の見直しを考えている人のために、保険会社が提案している制度です。


ただし、転換制度は保険会社の担当者からすすめてくる場合が多いと思いますが、変換制度の場合あまり保険会社の方からすすめてこないはずです。

大きな違いとして転換制度は、現在契約している保険から新しい保険に契約をやり直さなくてはならないため、現時点での告知が必要となります。


けれども変換制度の場合は、現在加入している収入保障保険や定期保険を終身保険や養老保険へと変更でき、健康状態の告知は必要ありません

生命保険の変換制度を利用した具体例を紹介

とはいえ変換制度の詳しい内容を知らないことには利用できる条件だったとしても、実際に変換を利用できない人が多いはずです。


生命保険の変換制度と言われてもピンと来ないという方は、実際にはどのような場合に利用されているのか、具体的な例をみてみればわかるのではないでしょうか。


そこでここでは、生命保険の変換制度を利用した具体例を紹介していきます。


  • 余命宣告を受けた場合
  • 相続対策として活用した場合

生命保険を変換する具体例①:余命宣告を受けた場合

まず生命保険を変換する場合の具体例として、余命宣告を受けてしまった場合をみていきましょう。


たとえば、逓増定期保険を契約中の50歳の男性で、契約中の逓増定期保険では毎年保障が減少していくタイプなため、60歳まで生きると保険金は無くなります。ところが余命宣告を受けてしまいました。50歳の今1,000万円の保障額となっていますので、今亡くなると1,000万円死亡保障金をもらえることとなりますが、年々保障額は減少していきます


この1,000万円の保障がある状態で終身保険に変換を行いますが、余命宣告をされていても告知は不必要で変換ができるのです。

さらに、ここからは保障は減少することなく、60歳まで生きることができれば満期保険金を受取ることも可能となります


ただし保険料は大きく上がってしまいますので、どちらが自分にとって良いのかを見極める必要があるでしょう。

生命保険を変換する具体例②:相続対策として活用した場合

さらに生命保険を変換する場合の具体例として、相続対策として活用した場合をみてみましょう。


たとえば、事業経営者が退職することとなり、法人契約の定期保険を個人に名義変更したとします。定期保険ということは亡くなれば今までは会社に保険金がおりたけれど、個人名義に変更すれば家族に保険金がおりることとなります。


ただ退職するにあたり退職金を受取ることとなりますので、元事業経営者は相続対策として1億円の死亡保障を持ちたいと考えます。けれども65歳を過ぎて終身保険に入ろうとすれば健康面で加入できません。そこでこの個人名義に変更した定期保険を終身保険に変換するのです。

当然保険料は割高となってしまいますが、告知なしで加入できますし、相続対策にも活用できるとなれば変換制度を利用しない手はないはずです。


さらに保険会社によっては変換時に証券分割できる会社もあります。相続人である家族ごとに死亡保険金を自由に割り当てられることができれば、相続対策として十分に活用できるはずです。

生命保険の変換制度を利用するための2つの条件


生命保険の変換制度の概要がわかったところで、そういう制度なら利用してみたいという方もいらっしゃるでしょう。


そこで生命保険の変換制度を利用するにはどんな条件が必要なのかをみていきましょう。さすがに誰もが変換制度を利用できるわけではありませんから、以下の条件に当てはまるかどうかをまず考えてみましょう。

  • 保険契約の満期が近いこと
  • 年齢制限を満たしていること

生命保険を変換するための条件①:保険契約の満期が近いこと

生命保険の変換するための条件として、現在契約中の保険契約の満期の時期がいつかということですが、各保険会社で満期の時期が設定されています。


ただし、これは契約中の保険会社にもよりますし、変換制度自体を扱っていない保険会社もありますので、変換制度があるかどうかをまず確認しておかなければなりません。


また保険会社によってそれぞれの条件が異なる場合もありますが、一般的には、変更可能期間は保険契約満了の2年前から3年前までとされていたり、保険契約の満期が近いことを条件にしている会社が多くなっています


そのほか保険料免除となっている方や、特別な条件を付けている方は変換制度を利用することができません。また、一度変換をしてしまうと前の契約に戻ることもできなくなっています。

生命保険を変換するための条件②:年齢制限を満たしていること

生命保険の変換するための2つ目の条件として、年齢制限が満たされているかどうかということです。


そのため確認していただければわかると思いますが、契約中の保険には変換するための条件が設定されていて、一般的に多くの保険会社で変換できる条件として年齢制限があげられいています。


被保険者の年齢75歳80歳または85歳など契約中の保険の種類や保険会社によって具体的に年齢制限が設定されているところが多くなっています。


年齢制限に関しても特別条件として設定している会社もあったりさまざまですから、いま契約中の保険の内容を再度確認してみましょう。

生命保険を変換するときの6つの注意点


ここで生命保険を変換するときの注意点についてみておきましょう。

条件もクリアできて生命保険の変換を検討するときには、いろいろと疑問点や不安点もあるはずです。保険会社の担当者に詳しく説明してもらうのは当然ですが、その前に自分なりにどういったことに注意しておかねばならないかを把握しておくことが大切です。

  • 一般的に変換後の保険金額は変換時の保険金額以下になる
  • 生命保険の変換制度がない保険会社もある
  • 保険料が上がる場合が多い
  • 変換の条件は保険会社によって異なる
  • 変換後に安い保険料の定期保険や収入保障保険を選べる保険会社もある
  • 特別条件が付いている場合は変換できない

注意点①:一般的に変換後の保険金額は変換時の保険金額以下になる

注意点の1つ目は、一般的に変換後の保険金額が変換時の保険金額以下になることです。

一般的にどこの保険会社でも変換を行う場合、保険金額の限度額が決められています。
  • 変換後契約の保険金額限度額=変換後の換算保険金額-解約返戻金額
ここで換算保険金額を説明すると、これは新しく加入する保険の種類によって特約などが加味されたうえで換算される金額となります。ただし商品によっては換算される金額が新しく加入する保険金額の8割などと決められているものもあります。

保険会社や商品によって大きく変わってくると思いますが、一般的に変換後の保険金額は変換時、すなわち変換する前の保険の保険金額を超えることはありません。

注意点②:生命保険の変換制度がない保険会社もある

注意点の2つ目は、生命保険の変換制度を扱っていない保険会社もあることです。


変換は契約中の保険から別の種類の保険に変更できるというものですが、契約中の保険会社自体が変換制度を設けていなければ、いくら条件に合っていても変換制度を利用することはできませんし、保険を活用して相続対策を行いたくても叶いません。


さらに変換制度はできるけれど、変換できる保険商品が決まっていたり、変換後の保険商品が決まっているという保険会社もあります


そのため自分のいま契約中の保険会社は変換制度を設けているのか、また契約中の保険商品は変換が可能なのかを一番に知っておく必要があるでしょう。

注意点③:保険料が上がる場合が多い

注意点の3つ目は、保険料が上がる場合が多いことです。

変換制度は保険会社にもよりますが、定期保険から終身保険へ変換したり、収入保障保険を養老保険に変換したりとさまざまな事例があるはずです。

このときやはり変換制度のメリットとして告知無しということがとても魅力的でありますが、この告知無しという部分が保険料を上げているとも言われています。さらに終身で保障を残したいと思い変換を選んだ方の中には、今後終身に渡って保険料が発生する場合もあります。

また変換時の年齢で保険料を再計算される場合もあり、どれをとっても保険料はどうしても上がる要素しかありません。そのため、変換後の保険料も考えておく必要があります。

注意点④:変換の条件は保険会社によって異なることも

注意点の4つ目は、変換の条件は保険会社によって異なることもあることです。

変換制度を取り入れてない保険会社もあるということは先に述べましたが、変換制度に関しては保険会社によって条件などが大きく変わることもあります。さらに同じ保険会社でも保険商品によっても異なりますので、変換制度を利用したいと思った方はまず初めに契約中の保険会社に確認をしなければなりません。

この確認をすれば保険会社の担当者からどういった経緯で変換をしたいのかを確認されるはずです。そこで、条件などは詳しく説明してもらいましょう。
いくら知り合いが上手く保険を変換できたとしても、条件から違ってくることもありますので、細かく説明してもらうことが大切です。

注意点⑤:変換後に安い保険料の定期保険や収入保障保険を選べる保険会社も

注意点の5つ目は、変換後に安い保険料の定期保険や収入保障保険を選べることのできる保険会社もあるので、安易に提案された保険のみにこだわらないことです。

変換制度は保険会社によってさまざまな条件や決まりを設定していて、それぞれで変換ができる保険も大きく違ってくることは先に述べましたが、変換後の決まりなども多くの保険会社が設定をしています。

保険会社によっては、変換後に安い保険料の定期保険収入保障保険を選べる会社もあります。定期保険から定期保険への変換は扱っていないという保険会社も多いですが、逆に変換後に保険料が安くなる商品が選べるというのを提案できる保険会社は、とてもお得ではないでしょうか。

注意点⑥:特別条件が付いている場合は変換できない

注意点の6つ目は、特別条件が付いている場合には変換できないことです。

変換制度を設けている保険会社には通常の条件はもちろんですが、特別条件を設けている保険会社も多くなっています。普通に考えればそう簡単にお得な制度を利用させてはもらえませんよね。

この特別条件に関しても保険会社によって違ってきますので、十分に聞いておく必要があるでしょう。
たとえば、一般的な変換の特別条件として以下の項目が挙げられます。
  • 保険料の払込免除を受けている場合
  • 特別条件付保険特約が付加されている場合
  • 契約期間や満了期間の年数が満たされていない場合
  • 払済保険に変更している場合

保険について難しいことはまず保険のプロに無料相談!



保険会社によって条件が異なるため、自分で全て調べるのは手間がかかります。


また、保険を正しく選ぶには専門的な知識が必要で、自分だけで保険についての決定をすると知らないうちに損をしている可能性があります。


「面倒くさい」「誰かに相談したい」と感じた方には相談満足度93%の、マネーキャリアのオンライン保険相談をおすすめします。


無料で保険のプロが相談に応じていますので、ぜひ一度利用してみください!

生命保険の変換制度を活用するための流れ

では実際に生命保険の変換制度を活用したいと思い、事前に注意点の確認を行い、条件にも合っている場合、どのような流れで変換が行われていくのでしょうか。
  1. 契約中の保険会社にいまの保険を終身保険などに変換したいと連絡する
  2. 何の保険を何の保険に変換したいかを伝える
  3. 担当者が設計書を発行
  4. 解約返戻金の計算
  5. 新しく加入する保険の保障内容を提示
  6. すべてに納得がいけば手続きを続行
  7. 被保険者の同意書にサイン(印)
  8. 第一回保険料の支払い
  9. 完了
生命保険の変換制度を活用するには、契約中の保険会社にまず相談をしなければなりません。そこで、保険会社の担当者は、さまざまな提案を仕掛けてくるはずです。

ここで、本当に変換制度を利用したい旨をきちんと伝えなければ、保険会社に優位な別の保険を持ちかけられることもありますので、そこは変換をしたいからと手続きを進めてもらいましょう。

もしもそこでさらにお得な方法を提案してもらえたら、それを持って無料保険相談で比較をしてもらいましょう。

生命保険の変換制度について不安がある方は保険相談するのがおすすめ

生命保険の変換制度を利用したいと考えてもいろいろな条件や注意点があり、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるでしょう。


やはり変換した後のことが大きく気になりますし、不安にもなってくるはずです。

そんなときにおすすめなのが無料保険相談ができるマネーキャリアです。マネーキャリアでは何回相談しても無料ですから、自分が不安に思っていることについてきちんと理解できるまで相談することができます


特に変換制度を利用するには年齢や期間の条件がありますから、後回しにしてしまうとせっかくのお得な制度を逃してしまうかもしれません。そうならないためにも、ぜひマネーキャリアの無料保険相談を事前に利用して、変換制度への不安を取り除きましょう。


マネーキャリアからの提案やアドバイスで、自分で納得できれば不安もなくお得な制度を活用でき将来の不安も無くなるはずです

生命保険の変換制度に関するまとめ

生命保険には「転換」や「変換」という制度があることから、この記事では生命保険の変換制度についての条件や注意点、そして具体例なども紹介してきました。


自分がいま契約中の保険を見直したいけれど、新たに保険に加入するには年齢や持病のこともありなかなかそうもいかないと考えられていた方にとって、変換制度は将来の不安を一つでも取り除いてくれる方法であることは間違いないでしょう。


ただしその場合にも気を付けなければならない点などもありますので、変換制度を利用するときには変換をすればどうなるのかということもきちんと把握しておかなければなりません。


そのためにはマネーキャリアの無料保険相談を活用して、変換制度を利用した後のシュミレーションまで理解しておくことが大切です。


どちらにしても生命保険の変換制度を利用する場合には、将来の自分や家族のことを考えてあらゆる方法を試してみることも必要ですので、ぜひマネーキャリアを活用しましょう。

総合的にみたおすすめの保険相談サービスはこちらで解説しています。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング