抜歯で手術・入院した場合、生命保険・医療保険で給付金はもらえる?

抜歯手術は生命保険の手術給付金の対象外となっており、保険金は給付されません。抜歯手術によって入院するケースもあり、1泊の入院となることがほとんどですが、1泊から保障する内容の契約であれば、その入院に対し、生命保険から入院給付金が支給されます。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

基本的に抜歯手術は手術給付金の対象外

生命保険の中には、抜歯手術でも手術給付金を出すとしているプランも過去にはありました。

しかし現在はほとんどの場合、抜歯手術は手術給付金の対象外となっています。
生命保険の契約内容を確認し、対象外となっていたら、生命保険から給付金が出る可能性は基本的にはありません。 

この記事では抜歯手術と手術給付金・生命保険について解説していきます。

是非ご覧ください。

ほけんROOMでは他にも保険に関する記事や、どの保険相談窓口を選べば良いかと言った記事を公開しておりますので、お悩みの方はそちらも合わせてご覧ください。

また、生命保険についての記事はこちらをご覧ください。

通常、抜歯手術自体には生命保険は適用されない


現在、ほとんどの生命保険では、抜歯手術は手術給付金の適用外となっています。

虫歯や歯槽膿漏で抜歯する場合、抜歯処置は簡単に済むことが多く、重篤な症状に至ることは稀です。


ただ親知らずの場合は、抜歯が難しく、あごの骨を削る場合もあり、抜歯手術という範疇では済まなくなることもあります。 

大掛かりな手術となり、歯科治療の範疇にとどまらなくなった場合は、あごの骨を削るなどの手術に対して、加入している生命保険から手術給付金が出る場合があります。

抜歯手術費用の相場

抜歯手術は歯列矯正のためでなければ、健康保険が適用されますので、3割自己負担だとしても、そう高額にはなりません。

歯列矯正のために抜歯する場合は、自費診療となり、1本5万円になる場合もあります。


  • 歯列矯正のため→自由診療で自費負担
  • 歯列矯正以外のため→健康保険で3割負担

自由診療ですから、医療機関によって値段は大きく異なります。 

抜歯手術内容・保険商品によっては手術給付金が支給される場合も

一般的に、生命保険では、抜歯手術を手術保険金給付の対象外としています。

虫歯や歯槽膿漏での抜歯なら、簡単な処置で済むためでしょう。


一方、親知らずの抜歯の場合は、かなり大掛かりな手術になることもあります。

特に下の親知らずについては、あごの骨を削る手術も必要になる場合があり、程度によっては、抜歯手術だけという見方ができなくなることも当然あります。


医師の診断書をとって提出すると、その手術内容から、手術給付金の対象になることもあります。 

抜歯手術で入院した場合は、入院給付金が支給される


1泊から入院給付金が出る生命保険に加入している場合は、抜歯手術で入院したら、入院給付金が支給されます。

ただ、数泊以上の入院でないと給付されないという条件の生命保険だと、1泊では給付が受けられません。

それは契約時の内容次第となります。 

一般的に抜歯手術の入院は1泊2日程度

抜歯手術自体が保険給付の対象外であっても、抜歯手術で入院した場合は、入院給付金が出ます。

抜歯手術は日帰りで済むことが多く、下の親知らずで難しい手術となったケースであっても1泊2日程度の入院で済む場合が大半です。


1泊の入院から給付金が出る生命保険であれば給付が受けられますが、1泊では給付金が出ない生命保険も中にはあるため、契約内容を確認しておくことが大事です。 

抜歯手術の内容によっては1週間かかることも

下の親知らずの場合は、あごの骨を削るなどの処置が必要になるケースがあります。

そうなると、歯だけの問題ではなくなり、大掛かりな手術となります。


抜歯手術という枠内に収まり切らない大きな手術に発展し、時には1週間ほど入院するという事態になることもあります。

その場合は、1泊では入院給付金が下りない生命保険であっても、入院保険金が給付されます。


抜歯手術とはまた別の名称の手術も加わるため、手術の内容によっては生命保険から手術給付金が出る場合もあります。 

生命保険の入院給付金はどのくらい?

入院となった場合は、加入している生命保険から入院給付金が支給されます。

入院給付金の額は、契約内容によります。


毎月支払う保険料が高い場合は、入院給付金も高くなります。


また、何泊目から入院給付金が出るかも、契約内容によります。 


入院給付金などの入院保障についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

通院保障があるのは入院した場合のみであることに注意

抜歯手術で入院した場合は、入院給付金が出ますし、通院保障特約をつけていれば、その後の通院に対しても、保険金が給付されます。

ただし、入院する必要がなく、通院だけで済む場合は、通院に対しての保険金は給付されません。


通院保障特約によって保険金給付の対象となるのは、入院後の通院に限られます。 


これを機会に通院保障や入院保障の手厚い保険に加入を見直すのも良いかもしれません。

ほけんROOMでは無料保険相談「マネーキャリア」を実施しております。

保険やお金についてのお悩みをお持ちの方は是非利用されてみてはいかがでしょうか? 

 訪問型・オンライン型などあり、無料で相談が可能です。
詳しくは以下のボタンからチェックしてみてくださいね。

参考:生命保険加入時に抜歯手術は申告すべきか?


生命保険加入時に、抜歯手術が差し迫って必要な状態である場合は、申告すべきです。

近々手術の必要があると認識していて、そうしたことを尋ねる項目があったら、告知すべきこととなります。

生命保険加入時の書類は、保険会社によってまちまちです。


また、ほとんどの生命保険会社では、抜歯手術を手術給付金の対象外としていますので、告知したことによって不利な扱いとなる可能性は非常に低いですが、やはり判断はその生命保険会社次第となります。 


保険加入時の告知や告知義務違反についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、是非ご覧ください。

まとめ

抜歯手術を手術給付金の対象としている生命保険会社は稀で、ほとんどの場合、抜歯手術で保険金は給付されません。

抜歯手術によって入院が必要になった場合は、入院給付金が支給されます。

抜歯手術での入院は、1泊2日程度であることがほとんどです。

1泊から保障する内容の生命保険なら、給付金が出ます。


通院保障特約のついている生命保険に加入している場合は、入院後の通院に対しても、保険金が給付されます。


入院する必要がなく、通院だけで済む場合は、通院保障特約があっても、保険金は給付されません。 

ランキング