個人年金保険の世帯加入率は23%、年齢別、収入別の加入率も解説!

国民年金や厚生年金だけでは老後の生活資金が不安に感じるため、個人年金保険の加入率が増えています。年齢別や収入別に見ると個人年金保険の加入率はどれくらいになっているのか知っておいて、自分の属する層にとってのメリットを考えてみましょう。

個人年金保険の加入率は全体の23%



国民全体を対象にした調査では、個人年金保険の加入率はおよそ23%という結果が報告されています。公的年金に対する不安から公的年金だけでは将来の生活に困ったり貧困に陥ることが心配で、加入を検討する人も少しずつ増えています。


世界的な不況や経済不安も個人年金保険が注目される理由のひとつです。

日常生活に必要な生活費をカバー

老後に最低限の生活水準を保つためには毎月22万円程度のお金が必要だとされています。夫婦の国民年金だけではこの金額をカバーすることができず、企業の厚生年金を合わせても足りないことがあるので、公的年金への不安の増加に伴って個人年金保険の加入率が上昇傾向にあります。


個人年金保険の加入率が23%近くある理由は、老後も今までの生活を維持するだけではなくもっとゆとりのある暮らしをしたいという願いも含まれています。


せっかく時間ができたので夫婦で海外旅行に行ったり美味しい物を食べたりするための資金も個人年金保険で賄うことができます。

加入者の年齢層を分けて比べたときの個人年金保険の加入率

個人年金保険の加入率は若者層と中高年層ではずいぶん違いがあります。一般的に若い人はそれほど関心をもっておらず、年齢をかさねるごとに個人年金保険の必要性を感じるようになって加入を検討する人が増えていきます。


最も加入率が高いのは50代のグループで、30%以上が加入しています。

年齢加入率
29歳以下15.3%
30~34歳18.6%
35~39歳20.0%
40~44歳23.1%
45~49歳27.9%
50~54歳31.9%
55~59歳28.5%
60~64歳26.5%


参照:個人年金保険の加入状況

若い世代はお金に余裕がない

個人年金保険の加入率は20代だと5%にも満たず、30代でも15%程度です。これは、毎月の保険料が生活費を圧迫してしまうことが原因です。


若い世代は給料も低くて、家庭を築いたり家のローンや教育費などさまざまな出費があるため、公的年金やその他の保険料を払うだけで精一杯なのが現実です。


また仮にお金に余裕があっても、若い世代の方は税制優遇を受けられ、リターンの大きい個人型確定拠出年金(iDeCo)や投資信託のほうをおすすめします。

40代以降になってから加入

40代の個人年金保険の加入率は26%で、30代に比べて一気に上昇しているのがわかります。50代になると30%が加入していて、世代別には最も加入率が大きくなります。


60代の個人年金保険の加入率は22%程度ですが、60歳から公的年金の受け取りが可能になるので妥当な加入率だと言えます。

裕福な世帯の加入率が高い

個人年金保険は保険料も年間で数十万円かかるため、世帯収入によって加入率も異なります。投資のために活用したり、貯蓄の一環として加入したり、インフレ対策や税金対策など家庭によって加入の目的が異なるのが分かります。世帯の平均年間払い込み料は20万円前後となっています。


年収が800万円以上の家庭や1000万円以上の家庭は、老後も今の生活水準を維持するために個人年金保険に加入を検討することが多く、年収が400万円以下の世帯に比べて加入率が高くなっています。夫婦共働きの家庭でも貯蓄や投資として個人年金保険を利用するケースが見られます。

自営業の家庭も加入率が高い

サラリーマンは国民年金のほかに厚生年金も受け取ることができますが、自営業の家庭やフリーランスで働いている人は国民年金だけに頼るのが不安です。


個人年金保険に加入することで将来の最低生活水準を維持するプランは、年齢を問わず自営業者に人気があって加入率も増加傾向にあります。

経済不安と個人年金保険加入率の関係


インフレが進んでいたり、日本の経済成長率が横ばいで、かつ近頃の年金に対する不信感など、不安定な世の中で、自分の資産を守るために個人年金保険を利用する人も増えています。


超低金利の時代なので銀行にお金を預けておくよりも有利だという考え方もあり、投資家の個人年金保険加入率も増加傾向です。

銀行よりも金利が高い

マイナス金利も登場するくらい超低金利な状態が続いている今日では、銀行の貯蓄口座にお金を入れているだけでは資産が全く増えず、減ってしまうことさえあります。


そのため個人年金保険を利用して長期的な投資をする人も増えていて、フィナンシャルプランナーも加入を推奨しています。

貯金ができない人にもおすすめ

個人年金保険の加入率は収入が少ない層でも増えています。


普通口座に貯金をしていると簡単に引き出せるのですぐ使ってしまい、いつまでも貯金ができませんが個人年金保険なら受給開始まで引き出せないので必然的に将来のための貯蓄ができて、経済不安や将来の生活不安を取り除くのに役立ちます。

まとめ:公的年金だけでなく個人年金保険などの私的年金への加入検討を

この記事では個人年金保険の加入率について

  • 全体の加入率は23%で加入率が最も高いのは50代
  • 老後も生活水準を維持するため自営業者や高所得者の加入率が高い
  • 経済や公的年金に対する不安から加入率は増加傾向
以上の点について解説してきました。

近年の公的年金に対する不安から個人年金保険への加入を検討している人は増加しています。

個人年金保険は老後資金の為の資産運用としての側面だけでなく、税金対策などのメリットもあり、老後のための資金作りを検討している方は一度加入を検討してみると良いでしょう。

老後資金の貯蓄、運用方法としては個人年金保険の他にもiDeCoつみたてNISAなどの方法もあります。それぞれについてメリットやデメリットなどをよく理解し比較して、ご自身の生活に最も適した資金作りを是非検討してみてください。

iDeCoについてはこちらの記事で、つみたてNISAについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ
  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は老後の備えのために必要?ずばり解説します!