個人年金保険における必要経費は税金関係で重要な情報になる

個人年金保険は将来受け取る年金額によっては課税されることがあります。年金から必要経費を差し引いた額が課税されるかどうかの基準となります。そのため個人年金保険の必要経費である保険料と、受け取る予定の年金額については把握しておくことが大切になります。

個人年金保険における必要経費の考え方に関する基礎知識

個人年金保険は老後の生活資金を作るための貯蓄型の保険商品であるというイメージを持っている人が少なくありません。


実際にその通りですが、受け取る年金額によっては必要経費を差し引いた額に対して課税されることがあるという仕組みになっているため注意が必要です。


この仕組みについては予め理解しておくべきです。



個人年金保険は運用により利息がもらえる

個人年金保険は長年の運用が必要ですが、満期まで継続すれば予め定められていた利息を添えて年金を受け取ることが出来る保険商品です。


固定金利なので予め受取額も分かりますので老後の必要経費を考えて準備できるのが大きなメリットです。


元本割れのリスクが極めて少なく、安心できる運用です。

個人年金保険の必要経費は保険料

個人年金保険は老後の生活資金のための貯蓄型の保険ですが、受取額によっては課税されることもあります。


受取額に対して課税されるのではなく、受け取る年金から必要経費を差し引いた額が課税されますので、必要経費である保険料については把握しておくことが求められることになります。

個人年金保険における税金の支払い義務は必要経費で決まる

個人年金保険は老後の生活資金を貯蓄する目的で行われるものですが、非課税の保険商品ではありません。


一定の水準を超えた利益に対しては課税される仕組みになっています。


このことを予め知っておくことにより、税金を支払う際に困らずに済むでしょう。仕組みを理解しておけば支払いを避けることもできるのです。

個人年金保険で税金が発生する場合

個人年金保険で受け取る年金収入を理由とする課税は、ある一定の水準以上の収入を得た際に発生します。


この仕組みは受け取り時点での法律によって決まりますので将来にわたって変更されないとは限りませんが、多くの個人年金を受け取る場合には所得に応じて課税されることになるでしょう。


その際に必要経費がどれだけだったかと言う情報が必要になります。

個人年金保険と税金の関係

現在の税制では、個人年金保険の年金受け取り時を含む年にどれだけの収入があったのかによって税金がどうなるかが決まります。


特別控除の枠と言うものがありますので、その範囲内であれば課税されることはありませんが、受け取る年金額から必要経費にあたる保険料を差し引いた額が大きい場合には税金がかかる仕組みになっています。

必要経費と個人年金保険を明確に計算しておくことの重要性について

個人年金保険は固定金利の金融商品ですので、契約の時点で将来受け取ることの出来る年金額や、そのために必要な必要経費にあたる保険料が明確になります。


その必要経費に対してどれだけの年金が受け取れるのかが重要になりますので、予め計算をしておくことで影響を小さくすることが出来るのです。

必要経費を差し引いた額が課税対象額

一定の収入があると課税対象になる仕組みがありますが、個人年金保険の場合には必要経費と言う考え方が必要になります。


つまり年金を受け取るための必要経費である保険料は課税対象額から控除することが出来るのです。


その数字をしっかり計算したうえで、課税されない範囲内に収めるというのも賢い運用方法です。

課税は確定申告、または源泉徴収で

一般的に個人年金保険を含む様々な収入に対して納税するためには確定申告の仕組みを利用するのが一般的です。


予めわかっている場合には年金の受け取り時に源泉徴収してもらうということも可能になっていますので、状況に応じて使い分けることが出来ます。


なお、予め必要経費にあたる保険料を計算することで納税の必要が無い範囲内に収めるのも有効な運用方法になります。

個人年金保険の運用益が大きい場合には税金がかかる

個人年金保険に限らず全ての運用に共通するテーマになりますが、大きな収入に対しては税金がかかる仕組みがあるのです。


その際に必要経費をしっかりと示すことが出来るということが支払う必要のない税金を明確にします。


そのため普段から必要経費にあたる保険料については意識しておくことが大切です。

個人年金保険の受け取りは雑所得に相当

個人年金保険では老後に受け取る年金は雑所得に分類されます。その時点で働いているかどうかも関係しますが、雑所得が一定水準を超えた分が課税対象になります。


なお、この際には収入から必要経費を差し引くことが認められていますので、年金額の額面をそのままの形で受け止める必要はありません。

雑所得は条件によっては課税対象に

雑所得は源泉徴収されていない限りは課税対象になりますが、それぞれの条件によって一定の金額までは特別控除の対象になりますので納税の必要がありません。


必要経費にあたる保険料の金額を計算して、基準額を超えない様に調整することも固定金利の個人年金保険であれば対応することが出来るでしょう。

まとめ

個人年金保険は老後の生活資金を貯蓄する目的で利用できる保険商品です。しかし受け取る年金から必要経費を差し引いた金額が多い場合には税金を支払う義務が発生する場合があります。


その様な仕組みになっているため、受け取る年金額と必要経費である保険料の関係についてはしっかりと把握しておくようにしましょう。


固定金利の金融商品ですので、上手に課税されることを避けることも可能です。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ
  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 個人年金保険の世帯加入率は23%ほど!年齢別、収入別に解説します!
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は老後の備えのために必要?ずばり解説します!