大きく違う介護保険料の市町村ごとの差と地域性及び取り組みの違い

介護保険料は市町村ごとで大きく違うのが実態です。介護をあまり必要とする人がいない地域では、利用者が少ないために介護保険料を安く抑えられる傾向にあり、市町村によっては大きな差になってしまうことが少なくありませんので、安く抑えたいときには居住地を考えるのも手です。

介護保険料は市町村ごとで異なりその差は数倍も違う実態があります

40歳以上の人が支払う介護保険料は、現在では市町村ごとでの運用になっているために市町村ごとの状況によっては数倍の差が開くことも珍しくありません。


利用者が少なければそれだけ介護費用が安く済みますので、税金の投入なども抑えられます。地域差もありますが、全国レベルだと5倍以上も違う場合もあります。

安く介護保険料を抑えるためのポイント

40歳以上になると強制的に支払うようになる介護保険料は、行政が決定して課税してくるため安く抑えるためにはコツが要ります。


地域差が存在するため、高齢者がみんな健康で介護をあまり必要としない地域に居住するようにしたら、それだけでかなりの額の節約に繋がると期待されているところです。

介護が必要で無い地域に居住すること

介護が必要にならないように、健康な高齢者が多い地域であれば、介護保険料を安くすることが出来ます。このとき、市町村ごとで決められているため、市町村のそれぞれの特徴をうまく見極めることが必要です。


近隣で介護にならないための工夫をしているところ、たとえば介護予防に熱心にとり組んでいる地域などを探すのも有効な手です。


介護保険料は市町村ごとで違いがあり近隣でも大きく違う場合があります

介護保険料は所得などから計算されて課税される仕組みです。このとき、その地域に置いて介護が必要な人が多ければその分だけより多く課税されるようになっています。


介護が必要でない人が多いところに居住をすれば、結果的に介護保険料を安くすることも可能になります。市町村の動向をよく見極めることも大事です。



都道府県の市町村状況を把握すること

介護に関する市町村の状況はその市町村の属する都道府県が把握しています。したがって、安価な地域については都道府県が把握をしているため、その運用しているホームページや広報誌などで把握出来る場合があります。


情報収集を行い、近年安価に推移している地域に居住をするのも有効な方法です。

これからの介護保険計画の把握

都道府県や市町村では、今後の介護が必要な人の情報収集も行っています。その情報に基づいての施設整備計画などを策定するわけです。


したがって、その計画が発表されたらよく中身を考えることにより、今後において介護保険料がその市町村で値上がりしそうだなということが見えてくる場合があります。特に施設整備に熱心な市町村は介護保険料が上がりやすい傾向にある点に注意が必要です。

施設が多い市町村は介護保険料が高めになりやすいことがある

特別養護老人ホームなどの施設系サービスが充実している地域が存在します。施設系は在宅に比較して介護費用が嵩みます。


また、在宅系のサービスが多い地域も介護予防に熱心な地域に比較したら、その介護保険料は高めになりやすい傾向を有します。つまり、介護施設や在宅系のサービスが充実している地域は、その分だけ介護保険料も高額になりやすいことを示すわけです。

施設が多い地域の介護保険料

施設系のサービスが多い地域では、介護報酬が在宅よりも高い分だけ介護保険料も高額になりやすいとされています。したがって、介護保険料の負担をなるべく抑えたい場合には、施設系が多くない地域に居住をするのも有効です。


ただし、万が一施設に入居しないと行けなくなったときに探す手間があるため、健康であることが一番だということを忘れないことが肝心です。

市町村の介護への取り組みを知ること

市町村では介護予防に熱心だったりあるいは健康教室などを開いて高齢者向けの対策をしっかりと行っている地域もあります。また、医療機関との連携に熱心で、医師との連携が上手くいっている地域でも同様に健康な高齢者が多くなりやすいです。


こうした市町村では介護が必要にならないような取り組みとなっていて、結果的に在宅で自立した健康的な生活を送る高齢者も多くなります。

介護保険料を安くするための市町村の取り組み

介護保険料は強制的に支払わなければならないものです。したがって、一度決定されたらその額を支払わなければいけません。


市町村ごとで大きくその差がありますので、介護保険料が安価なところを選ぶと共に地域の取り組みをしっかりと見極めることもポイントになってきます。重点的に行っている施策はその市町村のアピールポイントですので、把握しやすいと言われています。

市町村の重点的な施策と介護保険料の金額

施設整備を重点的に行うという市町村では、今後介護保険料が大きく値上がりする可能性があります。その負担はその市町村に住む人たちがメインで負担をするようになっていきます。


施設が必要な場合もありますが、介護が必要にならないようにするための取り組み状況を見極めることも大事です。市町村が介護予防に熱心なところは、結果として介護保険料が安価になるという結果をもたらす傾向にあります。

在宅系サービスも見極めること

施設整備以外にも在宅系のサービスたとえば認知症対応型共同生活介護いわゆるグループホームなどを積極的に開業している地域がありますが、こうしたところも介護保険料が上がりやすい傾向にあるところです。


したがって、在宅系のサービスでもその介護報酬が高めの事業が多い市町村は、結果的に介護保険料が高い場合があるので、注意が必要です。

まとめ

市町村ごとで介護保険料は大きく異なります。また、市町村が独自に行う介護予防サービスや自立支援事業への取り組み具合でも大きく異なるものです。


介護保険料が安価な地域に住みたいと思う場合には、元気な高齢者が多く施設系のサービスが少ない市町村を選ぶことで、介護保険料を抑えられる可能性が出て来ます。また、今後将来において、施設整備を熱心にする予定の市町村も避けることで、その介護保険料を抑えられることに繋がるわけです。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング