年収200万円で生活が苦しい人必見!今すぐできる節約と貯金のコツ

年収200万円で生活が苦しい人必見!今すぐできる節約と貯金のコツ-サムネイル画像

毎月給料をもらってもこれだけと嘆いている方や、コロナの影響もあり年収が下がった方は少なくないはずです。今の自分に何かできることないかなと考えている人も多いのではないでしょうか。この記事では年収200万円でも今すぐできる節約と貯金のコツについて解説していきます。





▼この記事を読んでほしい人

  • 年収を200万円で生活が苦しいと思っている人 
  • 今すぐにできる節約の方法や貯金をするコツについて知りたい人


▼この記事を読んでわかること

  • 年収が200万円の人の生活レベルと実態 
  • 年収が200万円なら節約は必須ということ
  • 年収が200万円でも節約することができれば貯金も可能

内容をまとめると

  • 年収が200万円以下の人の割合は給与所得者全体の約22.9% 
  • 年収が200万円なら手取り額は159.5万円程度である 
  • 年収が200万円の独身世帯や夫婦二人世帯なら節約をしながら生活ができる 
  • 年収200万円で住宅ローンを組むのはあまりおすすめできない
  • 昇進や転職さらには副業などで年収のアップを実現していこう
  • 固定費の節約や食費の節約はすぐにでも実行していく
  • 年収が200万円でもiDeCoや積立NISAなどの節税を活用 
  • 節税方法や資産形成に関してさらに詳しく知りたい方は「マネーキャリア」がおすすめ!優秀なFPに何度でも無料でオンライン相談が可能です!

年収200万円以下の人は22.9% 約5人に1人の割合


社会に出て働きかけた人にとって、毎月の給料日はとても待ち遠しいものではないでしょうか。ただコロナの景況もあり、日々リモートワークという方もいらっしゃるでしょう。

そんな20代前半の方はいま自分が思い描いた社会人生活を送ることができているのでしょうか。


そこで国税庁が発表した令和元年分の「民間給与実態統計調査」をみてみると、年収200万円以下の人は全体の約22.9%となっています。これは給与所得者の約5人に1人の割合となっていて、300万~400万の一番多い年収の割合より多くなっています。


自分は生活がとても厳しくてこのまま生活を続けていくことができるのかと、思い悩んでいる方にとっては不安だらけの毎日を過ごされているかもしれません。ここでは年収200万以下の実態についてみていきましょう。

  • 約4割の女性が年収200万円以下
  • 年収200万円は20代前半の平均給与より低い
  • 世帯年収200万円以下の割合はかなり少ない

年収200万円は女性なら一般的かも 約4割の女性が年収200万円以下

国税庁の令和元年分の「民間給与実態統計調査」の男女別の年収をみてみると、女性の場合の年収200万円以下の割合がなんと全体の約39.1%ということで、女性の約4割を占めていることがわかります。

  • 男性の年収200万以下・・・11%
  • 女性の年収200万以下・・・39.1%

ここで平均給与を参考までにみてみると、

  • 男性の平均給与・・・540万円
  • 女性の平均給与・・・296万円
となっているため、年収200万円は女性なら一般的かもしれません。


女性がなぜ年収200万円以下なのかを考えたとき、統計調査のなかにもありましたが、女性の非正規職員の平均給与が152万円となっていることから、働き方が関係していることがわかります。

年収200万円は20代前半の平均給与より低い

同じように国税庁の令和元年分の「民間給与実態統計調査」から年齢別平均給与額を見てみましょう。
  • 20代前半男性の平均給与・・・278万円
  • 20代前半女性の平均給与・・・248万円
このように20代前半でも年収200万~300万円以下の範囲内となっていますので、年収200万円は20代前半の平均給与よりも低いことがわかります。

またこれよりも低い年代別の平均給与をみてみると、以下のようになっています。
  • 19歳以下男性の平均給与・・・160万円
  • 19歳以下女性の平均給与・・・111万円
こうしてみたときに、これは平均給与ということですから、年収200万円なら10代の方でも稼いでいる方もいらっしゃるはずです。

世帯年収200万円以下の割合はかなり少ない

厚生労働省発表の2019年度の「国民生活基礎調査」で、世帯年収が200万円~300万円未満の世帯13.6%であったことが明らかになりました。

世帯年収割合
~100万未満6%
100万~200万12.6%
200万~300万13.6%
300万~400万12.8%
400万~500万10.5%
500万以上44%

ただし平均所得金額は552.3万円との調査結果となっていますから、全体の年収からすると世帯年収200万以下の割合はかなり低いといえます。


とはいえこうして数字で見る限り、世帯での年収200万円以下という家庭が実際にあるわけですし、割合としては一番高いということが判明したことになります。

年収200万円の手取りと税金をシミュレーション


ここで年収200万円の手取り金額と各税金をシュミレーションしてみましょう。年収200万の場合の所得税などの税金類はそれほど高くありませんが、それでも必ず差し引かれますので、毎月どれぐらいの税金を納めているのかを確認しておきましょう。

  • 所得税
  • 住民税
  • 手取月収
結局給与所得者にしてみれば、手取り金額で生活をしているということで、自分がどれだけの税金を納めているか把握していない方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

この機会にぜひ税金の額を確認して見ることをおすすめします。

年収200万円の所得税

では年収200万円の場合の所得税はいくらぐらいなのでしょうか。毎月の給料は、社会保険料を引いた金額に課税されています。


たとえば毎月の給料の総支給額が16万6千円だとした場合、社会保険料は東京都の場合24,417円となり、141,583円に対して所得税がかかります。


国税庁の源泉食税額の則り所得税額をみてみると、扶養家族がいない場合には毎月2,740円の所得税が差引かれることとなります。


年間にすると約2万8千円ほどの所得税がかかってくることとなります。社会保険料などの公的な保険料の額が多くなっていて、所得税に関しては年収の1.4%ほどとなっていることがわかります。

年収200万円の住民税

それでは年収200万円の場合の住民税はいくらぐらいなのでしょうか。


まず住民税は市町村民税が6%県民税が4%の合わせて10%となっています。これは所得額に対して計算されますので、年収が200万円ならば約8万3千円ほどの住民税がかかります。


こうしてみると、所得税よりも住民税の方が率も金額も高いということがわかります。

給与所得者の場合多くの方が毎月の給料から差し引かれていると思いますが、所得税に比べると結構な金額を納めていることになります。


ただし大きな差ではないのですが、自治体によっては名目を作ってわずかに増税しているところもあると言われています。

年収200万円の手取り月収

ここで年収200万円の場合の手取り月収をみてみましょう。

たとえば、25歳独身東京都に住んでいる男性の場合の年額を表にしたものです。

金額
年収200万円
社会保険料293,004円
所得税28,000円
住民税83,000円
手取り金額1,595,996円

このように、年収200万円での手取り金額は159.5万円となるため、手取りの月収にすると133,000円になります。


ただしこれは最低考えられる控除額ですから、企業などによっては企業年金や積立金など控除される金額も違ってくる可能性があったり、年末調整などで所得税の額はこれを下回る可能性もあります。

年収200万円の場合に支払う国民健康保険料をシミュレーション

給与所得者の場合ほとんどが企業が加入している社会保険に加入しているはずです。ただし下記以外の方はすべて国民健康保険に加入しなければなりません。

  • 職場の保険に加入していない人
  • 生活保護を受けている人
  • 後期高齢者の対象者

ここでは上記以外の方が年収200万円の場合に支払う国民健康保険料はどれくらいなのかをシュミレーションしてみましょう。

  • 39歳以下または65歳〜74歳の単身世帯の場合
  • 40歳〜64歳の単身世帯の場合
国民健康保険料が年齢によってどれぐらい違ってくるのかをみていきましょう。

39歳以下または65歳~74歳の単身世帯の場合

まず国民健康保険料は社会保険と同じように各自治体で保険料率が違ってきます。そこでここでは、39歳以下の場合そして、65歳〜74歳の単身世帯の場合の全国平均の保険料をみていきましょう。

医療分支援金分
所得割7.18%2.38%
均等割24,133円8,391円
平等割20,715円6,178円
資産割25%8.36%

ただし平等割や資産割は自治体によっては課税されていない自治体もありますので、実際の保険料はご自分が住んでいる自治体に確認してみてください。


上記の保険料率を年収200万円の人に当てはめてみると、毎月の保険料は12,041円となります。

医療分支援金分
所得割63,902円21,182円
均等割24,133円8,391円
平等割20,715円6,178円
限度額630,000円190,000円
合計額108,750円35,751円
年間の保険料144,501円

国民保険料には限度額が設けられていて、令和2年度の最高限度額が上記のようになっています。ただこれも自治体によっては限度額が違うこともあります。


企業で加入している健康保険は企業側が半額の負担をしてくれていますが、企業で加入できない場合には、国民健康保険に加入せざるを得なくなり、毎月の保険料を多く払わなくてはならなくなります。

40歳~64歳の単身世帯の場合

そして40歳〜64歳の単身世帯の場合の国民健康保険料もみておきましょう。医療分や支援金分は39歳以下と65歳〜74歳の場合と同じですので、ここでは介護保険料の40歳〜64歳の全国平均の保険料率と保険料をみていきます。

介護分
所得割2.01%
均等割10,180円
平等割4,361円
資産割6.81%

この保険料率を年収200万円の人に当てはめてみると、毎月の保険料は14,744円となります。

医療分支援金分介護分
所得割63,90221,18217,899
均等割24,1338,39110,180
平等割20,7156,1786,178
限度額630,000190,000170,000
合計額108,75035,75132,430
年間の保険料176,931

40歳以上にもなるとさらに保険料が上がってしまうことがわかりますが、年収200万円の場合には保険料が約9%となっています。


この割合を見ると、公的な医療保険にかける金額は年収からして多くのお金を掛けていることとなります。

年収200万円の生活レベルとは?貯金はできるのか生活費の事例を確認


年収200万円の生活レベルはどんな生活なのでしょうか。一般的に年収200万円なら余裕はないと思いますが、貯金や生活費などの家計費をどのようにやりくりしているのでしょうか。

  • 独身一人暮らしの場合
  • 夫婦二人暮らしの場合

独身ならともかく夫婦二人で年収200万円といえば、苦しい生活と思っている方も多いはずですので、実際の生活そして家計の内訳をみていきましょう。

事例①:年収200万円で独身一人暮らしの場合

ここで紹介するのは、地方で働く年収200万円で独身一人暮らしの場合をみてみます。

26歳独身の女性で、手取り月収は13万7千円です。

家計費内訳(円)
家賃35,000
食費20,000
水道光熱費10,000
通信費8,000
交通費8,000
交際費10,000
日用品5,000
衣服費7,000
奨学金返済額8,000
貯金10,000
合計121,000
残金16,000

このように家賃や食費が安く収まっていることで、この月に関しては残金があり貯金が26,000円もできるという結果になっています。


けれども冠婚葬祭などで急な出費があればたちまち赤字になってしまうでしょう。そんな時でも最低1万円は貯金をするという強い気持ちでいなければ、なかなか貯蓄もできていかないはずです。


ただし彼女の場合地方ということもあり、家賃が安く済んでいるため成り立っている生活といえます。これでカードなどで買い物をしてしまえば毎月赤字となってしまいます。


そのためにはもう少し節約をしたり、収入を増やしたりしたいのが現実ではないでしょうか。

事例②:夫の年収200万円で夫婦二人暮らしの場合

次に紹介するのは、夫婦二人暮らしで夫の年収が200万円という場合をみてみましょう。

まだ結婚したばかりの26歳の夫婦で、妻は専業主婦で社宅に住んでいて手取り月収は14万円です。

家計費内訳(円)
家賃25,000
食費25,000
水道光熱費10,000
通信費10,000
交通費5,000
交際費15,000
日用品10,000
衣服費10,000
保険料7,000
貯金15,000
合計132,000
残金8,000

このように社宅ということで家賃が抑えられているためやりくりもできていますので、貯金も毎月できている状態です。


ただ先ほどと同じように冠婚葬祭などの急な出費があればたちまち苦しくなってしまいます。そのため奥さんが子どもができるまではパートなどをして働くなど、何か収入アップに繋がる方法を見つけていくことが望ましいでしょう。


ここで注意しておかなければならないのは、年収アップを目指して転職となったときには、社宅などの恩恵が受けられなくなりますので、仕事とのバランスをよく考えてからのステップアップを試みることをおすすめします。

年収200万円で貯金が少ないなら老後は年金だけでは生活できない


たとえ20代前半だったとしても年収は200万円で貯金もそこそこしかできていないためとても少ないという方にとって、老後は年金だけで生活することは非常に厳しいものと考えられます。


そのためには1日でも早く資産を形成していくことが大切となります。ただ「まだ働き出したすぐに老後のことなんか考えたこともない」という方もいらっしゃるはずです。


もちろん20代から老後のことを考えて生活している人も珍しいかもしれません。けれども着実に年はとっていくものです。


そこでマネーキャリア無料相談を活用してお金の不安から解消されましょう。マネーキャリアではライフプランの作成や今後の人生設計までを、お金のプロがアドバイスや助言をしながら自分に合った資産形成の方法を見つけてくれます。


この機会にぜひマネーキャリアの無料保険相談を利用してみてはいかがでしょうか。

年収200万円の場合に適正な住宅ローンと家賃の金額を解説


年収200万円の場合、住宅の購入を考えたときどれくらいの金額なら家計を圧迫せずに返済していけるのでしょうか。また賃貸住宅の場合はどれくらいの家賃のところを検討するのが良いのでしょうか。

  • 住宅ローンは1000万円が限度
  • 賃貸物件なら家賃は4.3万円が限度

もしもいま住んでいるところの家賃と比較してこれより高い場合は、家計のためにも転居を検討してみてはいかがでしょうか。

年収200万円なら住宅ローンは1000万円が限度

一般的に銀行の出す最低ラインは年収300万円と言われていますので、年収200万円の場合現実的に住宅ローンは厳しいかもしれません。


ただし銀行によって頭金の金額や契約者の職業さらには貯蓄額などで住宅ローンの審査が通る場合もあります。一般的に住宅ローンの借入額は、年収の5倍までが目安とされています。 


借入金額にもよりますが、年収200万円で住宅ローンを借りることとなると返済が苦しくなることが予想されるため、この年収で住宅ローンを組むことは推奨しません。


もしも住宅ローンを組んだ場合、安心できる返済比率は年収の25%以下に抑えておかなければ生活が苦しくなる可能性があるということです。


そのためもしも住宅ローンを組む場合には、毎月の返済額を41,000円以下の金額ということで銀行等に話しておきましょう。

年収200万円で賃貸物件に住むなら家賃は4.3万円が限度

住宅ローンと同じように賃貸物件に関しても同じで、一般的な賃貸物件の審査でも月収の手取り金額の30%までと言われていますし、目安としては手取り月収の3分の1以下とも言われています。


ただやはり滞納せずにずっと払って行かなければなりませんから、家賃を払うのが苦しいといった状況になることは避けなければなりません。


単純計算として年収200万円の場合の月収の手取り額が13万円ほどと考えると、39,000円〜43,000円が限度と考えるべきです。


賃貸物件の審査では借金がないかや、連帯保証人を付けられるかどうかといったことも関係してきます。自分の現在の状況や今後に向けての節約、そして資産額を計算しながら無理のないプランで家賃を払っていける金額の物件を探しましょう。

年収200万円で住宅ローンを組むのは危険かも 確認したい3つのポイント

年収200万円で住宅ローンを組むことはできないことはありませんが、住宅ローンの限度額やこれからの生活を考えたときに、確認しておかなければならないポイントがあります。

  1. 頭金なしは避ける
  2. 借り入れできる金融機関は少ない
  3. 綿密な返済計画を立てる
これらのポイントを踏まえて、無理のないように住宅購入を検討していくことが大切です。

ポイント①:頭金なしで住宅ローンを組むことは避ける

住宅ローンを組むためのポイントの1つ目として、頭金なしで住宅ローンを組むことは避けることです。


たとえ年収の5倍に当たる1,000万円の住宅ローンが通るということであっても、頭金なしの場合には住宅ローンの返済金額が大きくなり、将来返済不能に陥る可能性が高くなります。


一般的な考え方としては、住宅購入のために頑張ってこれだけ貯めたけれど、欲しい住宅の価格がこれよりも上回っているため住宅ローンを利用して足らずまいを借りるというものです。


その考え方からすれば、頭金なしで住宅を購入することはありませんよね。ただバブル期にはこういうことが起きていたせいもあり、当初の住宅購入の考え方が間違った方向性になっている可能性もあるのです。

ポイント②:年収200万円で借り入れできる金融機関は少ない

住宅ローンを組むためのポイントの2つ目として、年収200万円で借り入れできる金融機関は少ないということです。


多くの民間金融機関では、住宅ローンの審査における年収の最低基準を200万円~300万円に設定しているために、審査が通らない可能性は高くなっています。その上、職業などたとえば非正規雇用や契約社員などは、審査に通りにくい可能性もあるかもしれません。


ただし先ほども述べましたが、たとえ年収が200万円だとしても、銀行によっては貯蓄額や頭金の金額などで審査に通る場合もあります。


どちらにしても頭金は用意しておかなければ、住宅ローンの審査は通りにくいと考えておくべきです。

ポイント③:長期的かつ綿密な返済計画を立てる

住宅ローンを組むためのポイントの3つ目として、長期的かつ綿密な返済計画を立てることです。

当然誰しも住宅を購入しようと考え始めるとそのために貯金をしていこうという話になるはずです。そこから住宅購入計画が始まるわけですが、そこから自分たちにはどれぐらいの住宅の購入が可能なのか、そしてそのためにはどれぐらいの資金が必要なのかということになるはずです。

そのため長期的なローン返済計画を立ててから購入に踏み切らないと、家計が破綻する可能性が高まりとても危険となります。

貯金を始めてからになれば本当に長期的となるかもしれませんが、住宅ローンの返済期間も考えるとかなり長期的になることは間違いありません。たとえ計画を立てていても何が起きるかわからない世の中ですから、ぜひ綿密な計画を立てることをおすすめします。

年収200万円以上稼ぎたい人必見 年収アップを実現する4つの方法


年収200万円の方にとって、もっと多くの年収を稼ぎたいと思われている方は多いはずです。そこでここでは、年収アップを実現する4つの方法をみていきましょう。

  • 昇進や昇給を目指す
  • 高年収を目指せる職業に転職する
  • 副業で稼ぐ
  • 資産運用をして給与以外の収入を得る
これらの方法を実現することで、少しでも年収が増えることができれば、生活レベルを上げることができるはずです。

方法①:昇進や昇給を目指す

年収アップを実現する方法の1つ目は、昇進や昇給を目指すことです。いわゆる出世コースを目指していくことです。出世すれば自ずと給料も上がりますし、昇進することで給料もかなり違ってくるはずです。


ただしそこには自分に価値を持たせていかなければなりません。自分がスキルアップをしなければ何も変わっていきません。そのためには、資格の取得などワンランク上を目指していくことが大切となってきます。


今のままでは何も変わりませんので、とにかく行動を起こして自分に投資をしていきましょう。そうすることで、仕事に対する意識も変わってくるはずです。

方法②:いまより高年収を目指せる職業に転職する

年収アップを実現する方法の2つ目は、いまより高年収を目指せる職業に転職することです。


1つ目で自分をスキルアップさせることが昇進に繋がると述べましたが、スキルアップを目指す際にいまの仕事だけではなく、いまより高年収を目指せる職業に転職をしてみることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。


また資格取得をすれば新たな職種に転職することもできますし、高年収を目指すことがもっと近くになるのではないでしょうか。


これもやはり自分が頑張っていくこと、そして自分に投資をしていくことで自分を変えていくことに繋がるはずです。

方法③:本業に加えて副業で稼ぐ

年収アップを実現する方法の3つ目は、本業に加えて副業で稼ぐことです。

毎月たとえ1万円でも手取り収入が増えるのはとても家計に役立ちませんか。それが2万3万となれば、副業も楽しいものになっていくはずです。


副業なんてできるのかと考えるより、自分ができることから始めれば良いのではないでしょうか。たとえばポイ活を始めてみたり、最初は小さなことからでもこれが収入に繋がるとなれば苦ではないはずです。


また、本業でしていることを副業で始めてみたりすることもできるかもしれませんし、youtubeブログなども副業として成り立ちます。


まずは自分にできることから始めてみましょう。

方法④:資産運用をして給与以外からも収入を得る

年収アップを実現する方法の4つ目は、資産運用をして給与以外からも収入を得ることです。

給与収入しか収入源がないという方がほとんどだと思いますが、給与収入は年齢によって金額が下がったり、定年退職をすると毎月入ってきていた給料がたちまち無くなってしまいます。資産運用であれば年齢などに左右されることも関係なく収入を得ることができます。

ただ運用するには元手が必要となりますから、まとまった資金を貯めておく必要があります。投資信託のようなものであれば低資金からコツコツ貯めていくことができるので、そこから始めても良いでしょう。

若い頃から始めておくと、たとえ年齢が上がっても給与以外に配当金などの収入を得ることができますので、結果何もしなくても定期的に収入が入ってくることになります。

年収200万円では生活できないと悩む人向け 今すぐできる節約のコツ2選


年収アップを望んでいるけれど、今すぐに何ができるのかと考えてしまうとなかなか行動に移せないという方もいらっしゃるかもしれません。そこで年収200万円では生活できないと悩んでいる方に今すぐできる節約術のコツを紹介していきます。

  • 保険料や通信費などの固定費を節約する
  • 食費や水道光熱費の節約を徹底する
これらの節約術を身につけることで、今後年収が上がっても実践できればさらに家計に余裕が生まれてくるはずです。

コツ①:保険料や通信費を見直して固定費を節約する

今すぐできる節約のコツの1つ目は、保険料や通信費を見直して固定費を節約することです。


固定費とは毎月必ず必要となるお金で、家賃を含める保険料や通信費のことで、この固定費を見直すことが第一歩の節約術となるでしょう。


家賃は当然ですが年収に応じた金額のところを選んでいるはずです。次に通信費ですが、最近では格安SIMなども多く普及されていますので、高いキャリアの会社で契約中の方は見直しをおすすめします。


保険の場合同じ保障でも見直しを行うことで毎月の保険料が安くなる場合もあります。ただ保険の見直しに関しては、自分だけではどうしていいかわからないと思われる方もいらっしゃいます。そんなときには、マネーキャリアを活用してみてはいかがでしょうか。マネーキャリアなら保険の無料相談ができますので、自分に合った保険を見つけてくれるはずです

コツ②:食費や水道光熱費の節約を徹底する

今すぐできる節約のコツの2つ目は、食費や水道光熱費の節約を徹底することです。


食費水道光熱費に関しては、日々の努力と節約を心がける気持ちで毎月の家計費にすぐに変化が表れてきます。けれどもこれを持続して徹底していかなければなりません。そのためには工夫もしていかなければなりませんが、節約術を覚えたりすることで楽しく節約をしていくことができるはずです。


毎月家計に変化が出て少しでも節約することが実現していけば、生活にも余裕が出てきます。節約も楽しめてなおかつ生活が楽になるのであれば、活用しない手はありませんよね。


節約を徹底することで、日々の生活に活気があふれること間違いないでしょう。

年収200万円で生活費を抑えたい人向け 節約できる人の2つの特徴

節約をしなければ生活が成り立っていかないということはわかっていても、なかなか実践できていないという人もいる中で、節約を実践できている人には特徴があることがわかっています。

  • コンビニには立ち寄らない
  • 衝動買いを避ける
年収200万円で生活費を抑えたい人には、これらの特徴を見習って自分も実践していくことが必要です。

特徴①:コンビニにはできるだけ立ち寄らない

特徴の1つ目は、コンビニにはできるだけ立ち寄らないことです。


コンビニはとても便利なため、ついつい仕事帰りに立ち寄りたくなりますよね。けれども、コンビニの値段設定はとても高く、スーパーなどと比較すると何十円も違うのは当たり前となっています。そのため節約生活をされている主婦の方ならみなスーパー


そのため日頃から生活費を抑えて生活を行っている人にとっては、コンビニでの買い物は厳禁とされている方が多くなっています。スーパーで同じものを買うとすごく安く手に入ってしまうのに、わざわざコンビニに行く必要はありません。


ただし職場の近くや急いでいるときなどに利用してしまうのは仕方ないとしても、できるだけコンビニに立ち寄らないくせをつけておくことが大切です。

特徴②:買うものリストを作って衝動買いを避ける

特徴の2つ目は、買うものリストを作って衝動買いを避けることです。


買物をするときみなさんはどんなことを思いながら買い物をされているでしょうか。

まず危険な衝動買いを避けるためのポイントとして、

  • 空腹時の買い物は避ける
  • 献立を考えずに買い物に行くのは避ける
  • 悩み事を抱えているときやイライラしているときなどの買い物は避ける
自分の精神状態なども含めこれらのような場合に買い物をするのは辞めておくことをおすすめします。必要以上の物を買ってしまったり、いらない物を買ってしまう恐れがあります。


生活費を抑えるためには、買い物に行く前に買うものリストを作ってそれ以外の物は買わないように徹底していくことが大事です。

年収200万円でも貯金をしたい人向け 低収入でもお金が貯まる5つのstepを公開


年収200万円でも貯金をしたいと考えられている方は多いでしょう。そこでここでは、低収入でもお金が貯まる5つのstepを公開していきます。

  1. 家計簿をつけて支出を把握する
  2. 貯金の目的をはっきりとさせる
  3. 具体的な目標額を決める
  4. 月々の貯金額を計算して求める
  5. 貯金専用の口座を作る
これらのことを着実に行動していくことで、知らず知らずのうちに貯金ができていきますので、ある程度の金額になれば楽しみも増えてくるでしょう。

step①:家計簿をつけて支出を把握する

低収入でもお金が貯まるstepの1つ目は、家計簿をつけて支出を把握することです。


現在自分はどのようなお金の使い方をしているのかを知るためには、まず家計簿をつけて自分自身を把握してください。ノートでも構いませんし、アプリに付けていくのでも良いでしょう。


ただなんとなく付けているだけでは効果がありません。自分は何に一番多く出費しているか、どんな物をよく買っているかということを把握しなければなりません。それがわかれば、どの費用を抑えれば節約できるのかということに繋がっていきます。


そうすることで、来月はもっと頑張ろうという気持ちも芽生えてくるはずです。

step②:貯金の目的をはっきりさせる

低収入でもお金が貯まるstepの2つ目は、貯金の目的をはっきりさせることです。具体的な目的を決めることで、達成する喜びが得られその後にも繋がっていくはずです。


たとえば、何も決めずにマラソンをするよりも、いついつのフルマラソンに出場するためにマラソンを始めるということの方が、現実味が増し熱心にマラソンができるのではないでしょうか。


それと同じで貯金するからには何か具体的な目的を決めて、その目的に向かって貯金をしていけば何も決めずに貯金をするよりは、貯まっていく金額も大きく増えていくはずです。


ただそのためには目的を定めたうえで、期間も決めておく方がより効果的となるでしょう。

step③:具体的な貯金額の目標を決める

低収入でもお金が貯まるstepの3つ目は、具体的な貯金額の目標を決めることです。


step2の目的が決まればその目的を達成するためにはどれぐらいの金額が必要なのかを調べます。その時点で目標額が決定されますので、その目標額を達成するための期間を同時に定めておきます。


たとえば何かを購入するための資金としてなど、具体的に現実的な金額を設定することをおすすめします。


目標額と期限を決めておけば、それに向かって貯金をすることができますし、貯まっていく経過を見ていくうちに、現実に購入できる喜びと達成感を実感することができるはずです。

step④:月々の貯金額を計算して求める

低収入でもお金が貯まるstepの4つ目は、月々の貯金額を計算して求めることです。


step3で目標額と期間が決まれば、その期間から逆算して毎月どれぐらいを貯めていけば目標額に届くかということを計算してみます。そこで、毎月の預金額の最低額がわかりますので、その金額を最低ラインとしてそれ以上の金額を貯めていくこととします。


当然毎月コツコツと貯めていけば、その期間が来ると目標額になっているはずですが、最低ラインを決めることで、その期間を待たずに目標額に達成することができるかもしれません。


そうなるとやりがいが感じられますし、普通に貯めていくよりさらに達成感が充実できるはずです。

step⑤:貯金専用の口座を作る

低収入でもお金が貯まるstepの5つ目は、貯金専用の口座を作ることです。これは、普段使っている口座とは分けて貯金用の口座を作るということで、支出用と貯金用とで区別するのです。


理想的なのは4つの口座を作ることです。何か所もの銀行で口座を作るのは大変と思われるなら、ネット銀行を活用しましょう。手続きははすべてスマホで完結できますので、そう面倒ではないはずです。

  1. 固定費の支払い用口座
  2. 生活費の支払い用口座
  3. 絶対に手を付けない貯金用口座
  4. 緊急時には使っても良い口座
このように口座を分けておきます。そして、給与振込は4番の緊急時口座にしておきましょう。この4番は緊急時すなわち冠婚葬祭など急に出費が必要となったとき用にしておきます。ここからあとの3つの口座に振り分けておくようにしておきます。

年収200万円の人も実践しよう 手取りを増やすための税金対策3選


税金対策
はなにも高収入の方だけのものではありません。年収200万円の人も実践すれば減税することができますので、ぜひこの機会に税金対策を検討してみてください。ここでは手取りを増やすための税金対策を紹介していきます。

  • iDeCoや積み立てNISAを活用する
  • ふるさと納税をする
  • 不動産投資などの資産運用も検討する
手取り金額を増やすために、これらを活用して少しでも税金を減らしていきましょう。

税金対策①:iDeCoや積み立てNISAを活用する

税金対策の1つ目は、iDeCoや積み立てNISAを活用することです。

iDeCo

iDeCoは、個人個人が任意で掛ける年金制度で、20歳以上60歳までなら誰でも加入することができます。

わかりやすくいえば、公的年金だけに頼らずに働いているうちに老後の生活資金を資産形成しておきましょうということです。そのかわりに、所得税などの税金から掛けた分の金額は控除してあげますよということです。


積み立てNISA

積み立てNISAは、20歳以上の方なら誰でも利用可能で、少額からの長期投資や積立投資または分散投資を支援するための非課税制度です。

わかりやすくいえば、積立タイプの投資信託などを購入すると分配金などが受取れますが、この分配金などの受取利息を20年間非課税としましょうということです。ただし、年間40万円までが上限とされています。

税金対策②:ふるさと納税をする

税金対策の2つ目は、ふるさと納税をすることです。


さとふるの名称で多くの方が利用されているふるさと納税は、日本の都道府県や市町村に寄付をしましょうということです。そのかわりに、2000円以上の寄付は税金で控除してあげますよというものです。さらに、各自治体では返戻品が用意されていますので、寄付をしてお返しがもらえるのです。


お礼品も自治体によってさまざまな物が用意されていますので、食費の足しになることもあるでしょう。お礼品を上手く活用すれば、生活費の節約にも繋がるかもしれませんね。


ただし毎年確定申告をしなければなりませんが、定期的にふるさと納税を利用するならワンストップ特例制度もありますので、ぜひ検討してみてください。

税金対策③:不動産投資など資産運用も検討する

税金対策の3つ目は、不動産投資などの資産運用を検討することです。


資産運用と聞くと、資産もないのに運用もなにもできるわけないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。当然不動産投資の場合、不動産を購入しなければなりませんから、なかなか現実的ではないという方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、少額からできる不動産投資もありますので、ぜひ検討してみてください。


生活するのに手いっぱいという方にはおすすめできませんが、少しでも資金に余裕があるのなら資産運用を始めてみても良いのではないでしょうか。不動産投資の場合最初の投資額が大きくなってしまうため、初年度の税金はほとんどが戻ってくることとなります。

参考:年収200万円以下では生活が苦しいため生活保護を受ける人もいる

生活保護法をご存知でしょうか。「日本国では生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする」となっていて、この法律によって日本人には最低限度の生活が保障されているというものです。


たとえば東京都の場合を見てみると、世帯年収が156万円以下の場合生活保護を受けられるとなっていて、これは世帯1人で最低の生活費が毎月13万円に満たない場合となっています。ただし生活保護費は各自治体によってそれぞれ違ってきます。


特に生活保護にはいろいろな条件が設定されていて、3親等以内の者で援助できる親類はいないのか、財産や土地などの資産を持っていないかなどを細かく調査されますので、すぐには認定されていないのが一般的となっています。


そのため生活保護の申請がなかなか上手くいかない人もいらっしゃいますが、年収が200万円に満たない人の場合は、年齢や家族構成にもよりますが、生活が苦しいため生活保護を受けることができる場合もあります。  

参考:コロナ不況によって年収200万円が当たり前の時代が来るかも

2020年2021年のコロナ不況によって、いわゆるサラリーマンの給与収入が全体的に減少すると言われています。デジタル化が進む中、とにかく人件費の縮小に拍車がかかってくるはずです。


たとえ大企業で正職員として雇用されている方でも、子会社やグループ会社に派遣されてしまえば当然年収も減額されてしまうでしょう。


またAIの普及により多くの仕事が消滅してしまい、優秀な人材以外はすべてリストラとなるか低賃金の単純労働となることも予想されています。


そうなれば、年収が全体的に下がり年収200万円が当たり前の時代がやって来るでしょう。そんな時代が来ても、質素にしたたかに生活をしながら生き抜いていくしかありません。そこでその時代に備えて、常に順応していくためにも節約術などを今から習得しておきましょう。

年収200万円の手取りや生活レベルに関するまとめ

年収200万円で生活が苦しいと思っている人に、今すぐできる節約と貯金のコツをいろいろと解説してきました。今日からでもできる節約術や貯金の方法は参考になったのではないでしょうか。


ワーキングプワーなどという言葉もできるほど、若い人の中には働いていても生活できない実態があることも事実です。ただそれをそのまま仕方がないと放っておいても何も変わりません。少しの行動や自分の考え方一つでその生活を抜け出せすことができるかもしれませんので、これからの自分を信じて変わっていきましょう。


もしも年収200万円で悩んでいたり、将来に不安を抱いているのならぜひマネーキャリア無料相談を活用してみてください。あらゆるお金の相談ができますし、お金に対しての不安を少しでも取り除いてくれるはずです。これからの家計費のやりくりをどうすれば良いのかなどのアドバイスもしてくれますので、この機会にマネーキャリアを利用してみてはいかがでしょうか。

ランキング