50代女性の医療保険の選び方は?加入と見直しのポイントを徹底解説!

50代の女性は、更年期に差し掛かり体調面での不安が多くなってきます。支払いの負担とのバランスが良い医療保険を選ぶことが、安心できる医療保険選びのポイントです。50代の女性は、自分が支払うことになる可能性がある医療費を把握することから始めましょう。

50代の女性に多い医療保険の加入状況と見直してほしいポイント


50代の女性のみなさん、医療保険ってどのようなものに加入していますか?


50代の女性は、子供が独立している人も多く、生活に余裕が出てくる年代ですが、健康面での不安が増してくる年代でもあります。


若いころに加入した保険にそのまま入っているという人も多いでしょう。


ライフステージの変化に合わせて生命保険と医療保険について見直しが必要になる年代でもあります。


また、医療技術もどんどん進化し、それに合わせて保険もどんどん新しいものが発売されています。


今回は、50代女性の方の医療保険の見直しのポイントや、またこれから新しく加入したいと思っている50代女性の方に向けて、保険選びのコツを解説したいと思います。


ぜひ、最後までご覧ください!

50代の女性の保険加入状況

50代の女性は、若いころに掛けた保険をそのまま継続しているという人が多く、生命保険と医療保険の両方を掛けている人や医療保険がついている生命保険に加入している人が多くなっています。


万が一のことを考えて、特にシングルマザーの人は医療保険よりも生命保険の割合を多くしている傾向があります。

健康に不安が出てくる50代の女性の医療費と医療保険

50代の女性は、更年期に差し掛かり、成人病も気になるようになる年代です。


公的な健康保険や職場の健康保険に加入している場合、医療費が高額になりすぎないように月々の支払上限や年間の支払上限があります。


保険適用の医療を受けている場合には、上限金額を知っておくことが大切です。


医療保険 50代 女性

50代女性が病気になったときにかかる費用

入院や手術、通院などが必要になった場合に、医療費を支払うことができるかどうか不安になったり、生活の心配があるという人は多いと思います。


医療費には上限があるため、実際にかかるのは、医療費の上限までの金額と入院中の食費や病衣代、シーツ代などです。


個室などを利用する場合には差額ベッド代が必要になります。

不必要な保障を減らし、医療費に合わせた医療保険を選びを

健康への不安が多くなる50代女性は、生命保険選びよりも医療保険選びの方が大切です。


安心して治療ができるようにすることはもちろん大切ですが、保険に多く加入しすぎて生活が苦しくならないように、かかることが予想される医療費とのバランスの良い保険を選ぶことが大切です。

高齢の医療保険への新規加入は保険料が高額、早めの加入を

医療保険は年齢が進むにしたがって、月々の保険料は高くなっていく傾向にあります。

口コミ等で人気が高いA社の保険料を比較してみることにしましょう。


  • 53歳女性 月々の保険料/4,869円
  • 63歳女性 月々の保険料/8,041円


上にご紹介した医療保険は保障の内容は全く同じ条件を設定し、違う点と言えば53歳の女性か、63歳の女性かという年齢だけを変えています


年齢が10歳変わるだけで保険料は倍近く変わってきますので、医療保険を新たに考えているのであれば、早めに検討したほうがいいと考えることができます。


50代の女性への医療保険の新規加入のポイント

50代女性が新規に医療保険に加入する時のポイントとしては、やはりできるだけ年齢が若いうちに加入することが大事だということがわかりました。


今ではインターネット等で、生年月日を入力することで様々な保険会社の中からプランを選択できるようになっています。


先ほどは月々4,000円台の人気の医療保険をご紹介しましたが、中には1,000円台からというものもありますので、毎月支払いができる保険料との兼ね合いで保険を選んでいくと良いのではないでしょうか。


長い間支払いをするものですので、生活に負担にならない保険料で、安心できる医療保険を選ぶことがとても大切になってきます。


それでは、50代女性が保険料の他に新規に加入するポイントとして、保険料の他にどういったものがあるのかをこれからご紹介していきたいと思います。


50代の医療保険の新規加入は「終身タイプ」がおすすめ

医療保険は期間が、「終身タイプ」と「有期タイプ(更新型)」の2つにわけることが出来ます。

終身タイプというのは、補償が一生涯続くタイプです。


その反対に有期タイプ(更新型)は、10年更新型のように加入して10年間は終身タイプよりも月々比較的割安な保険料で保障が持てるものになります。


どちらがベストかというのは人によってさまざまですので、一概にはお伝えできません。


しかしながら、50代女性が新規で加入すると考えると、この先病気のリスクが高くなっていく年代ですし、多少保険料が高くなっても、一生涯保障を持つことができますので、終身タイプの方がおすすめと一般的には言われています。


それぞれの保険会社の保険の内容をよく見てみると期間に関する記載がありますので、検討している時は自分がどのタイプを選択しているのかを間違えないようにすることも重要です。

50代女性におすすめの医療保険はこれ!

では50代女性におすすめの医療保険をいくつかご紹介したいと思います。

どの医療保険も補償が一生涯続く終身タイプです。

とても補償が充実していて女性疾病には手厚くなっていますので、大きな特徴のみご紹介します。
保険会社商品名特徴
オリックス
生命
医療保険 新CURE Lady保険料がお手頃で、1000種の手術を補償、
先進医療も2,000万円まで補償されます。
東京海上日動
あんしん生命
メディカルKit NEO 女性プラン三大疾病による入院が手厚く、乳房再建手術も補償。
メットライフ生命Flexi S 女性専用タイプ短期入院でも手厚く、健康に過ごせば5年ごとの
お祝金が受け取れます。
メディケア
生命
メディフィットA 女性専用タイプ放射線治療や骨髄移植術も保障。
補償が似ていて選ぶのに迷っていて、保険料を一生涯払い続けていく終身払いにしようと思っている場合、50代女性に気にしてほしい箇所の一つが、「保険料払込免除」

保険料払込免除はオプション扱いなことが多いのですが、50代女性にはぜひつけて頂きたい特約です。

保険料払込免除とは、三大疾病などで保険会社の指定する状態になったときにそれ以降の保険料は免除になるというものです。

この保険料払込免除が発動されるには、保険会社によって条件が異なるのです。

例えば、がんと診断されたら保険料払込免除となることがほとんどですが、それが上皮内新生物であっても保険料払込免除となる保険会社があったりします。

また、心疾患の場合も心筋梗塞などの重い症状にならないと保険料払込免除にならない保険会社もあれば、軽い狭心症などでも保険料払込免除になる保険会社もあります。

さらに、三大疾病一時金なども同様に保険会社によって支払いの要件が変わってきます。

50代で新たに医療保険に加入すると、保険料は安くはありませんし、三大疾病にかかる割合は高くなってきます。

いくつかの保険を迷っていて決め手が見つからない場合、こういった保険料払込免除の要件や保険金の支払い要件の細かい部分をぜひ比較してみてください。

50代の女性への医療保険の見直しのポイント

50代の女性は、若いころから継続して加入している医療保険に加入している場合も多く、保険料が安いことがあります。


もちろん入院や手術、その他大きな病気にかかった時にしっかりと保障の出るものであれば、そのまま続けていくこともよい方法かと思います。


しかし、医療の進歩によって、近年続々と新しい保険商品が販売されていることも常にチェックとしておくことが必要になってきます。


20代、30代で加入した場合、若い女性が比較的かかりやすい病気の対策をしている医療保険かもしれません。


50代を過ぎてくると、病気になるリスクも高まってきますし、新しい治療法に対応していない商品の可能性もありますので、十分に注意が必要となってきます。


そういったときは、安易に解約してしまわずに、保険料と補償のバランスが良い場合には、基本の保険として残しておくことも節約になる場合があります。


手ごろな医療保険をプラスすることで、足りない部分を補うことができるかもしれません。

それでは、すでに保険に加入している方でどういった方法があるのかを見ていきたいと思います。


医療保険の相談についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

子供の自立時は死亡保障を減らす

50代女性と言えば、お子さんが次々と独立していく年代でもあります。


まだまだ小学生や中学生など今後の教育にお金がかかると予想される場合は、死亡保障に関しては減らすことができませんが、お子さんが独立した場合はいかがでしょうか。


20代、30代でお子さんが産まれている場合、当時は自分に万が一のことがあったら、今度の子供の教育資金や生活費を保障してくれる保険というものに加入していたのではないでしょうか。


おそらくご自身の医療保険にプラスして、死亡保障というものも多く設定していたと考えられます。


独立した後は、教育資金や家族の生活費といったような大きな保障は不要になってくると考えられますので、その分の死亡保障を減額し、その分保険料が安くなるというわけです。

病気のリスクが高い50代は更新タイプから終身タイプへ切り替え

やはり50代以降は病気になるリスクが高まってきます。

保険のタイプでも更新型に加入している場合、途中で大きな病気にかかると、途中で更新を迎えた場合にご自身の思うような保障や保険料で継続できない可能性もあるのです

そういったことを考えると、まだ元気なうちに早めに終身タイプへ切り替えるというのは、賢い方法かもしれません。

余裕がある場合は支払い方法を一括払いや短期払いへの見直す

お子さんも独立し、ある程度まとまった余裕資金がある場合は、今後支払う保険料を一括して払ってしまう方法や、短期間で支払いを済ませておくことも可能です。

早めに支払いを済ませておくことで、毎月の保険料の支払いを気にしなくても良くなりますし、万が一パートナーと別れてしまっても一生涯保障を持つことで精神的なゆとりも生まれるのではないでしょうか。

まとめ:50代女性の医療保険について

50代女性の医療保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


大切なポイントをまとめてみましょう。


  • 医療費に合わせて加入し、無駄を省く
  • 新規加入するなら終身タイプを
  • 更新型に加入している人は終身タイプへの切り替えを
  • ライフスタイルの変化に合わせて見直す


50代の女性は、これから30年以上元気で過ごすことが目標になります。病気への備えをしっかりとすることとともに、医療保険の内容を自分で把握しておくことがとても大切です。


年齢が上がるほど、保険料が高くなる傾向があったり、将来的には新しい保険に加入することができなくなるため、終身型の医療保険に加入していない人は、終身タイプを選ぶことをおすすめします。


ほけんROOMでは、他にも医療保険に関する記事を多数掲載していますので、ぜひご参考にしてみてください!

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 知っておきたい!50代女性が考えるべき女性保険の内容をご紹介!
  • ライフステージの変化に合わせた50代ための医療保険の選び方
  • 50代からの医療保険の見直し。おすすめの必要性や選び方とは?
  • 女性は安心して60歳になれるような医療保険に加入しておこう
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • 女性の医療保険にある落し穴?嬉しいボーナスの内実は無料の積立金?
  • 医療保険に女性疾病特約を付帯するか迷ったら、保障内容・範囲を確認
  • 【女性FP監修】医療保険に女性疾病特約は必要か不要か