50代におすすめのがん保険を比較!選び方・必要性についても解説

50代におすすめのがん保険を比較!選び方・必要性についても解説-サムネイル画像

50代では、がん保険に入る必要性があるか迷いますよね。しかし、50代以上はがんの罹患率が高くなっているため、がん保険の必要性は高まります。ここでは、50代はがん保険に加入する必要性があるかや、50代のがん保険の選び方、50代におすすめのがん保険も紹介します。

50代のがん保険の必要性とおすすめがん保険。60代を見据えた選び方


一般的にがんは50代を境に罹患率が高くなると言われているのをご存じでしょうか? 


50代になってから、家族や友達など周囲の方ががんになったという話を聞いて、がん保険への必要性を感じ、加入を検討される方も多いと思います。 


しかし、年齢が若いときからがん保険に入ると、当然、保険料の総額は高くなってしまいますし、50代から加入しようとしても、住宅ローンの支払いや老後のために貯蓄をしなければならない期間で、出費を抑えたいと考える方もいるでしょうし、本当にがん保険に加入する必要性があるのか悩まれる方も少なくないと思います。 


がんになりやすい年代なら、がん保険に加入する必要性が高いと思うのは当然ですが、がんの治療費や公的医療保険制度などのことを調べてみると、実は50代になったらがん保険に加入しない方が良い場合があります。 


そこで、この記事では「50代の方ががん保険に加入する必要性があるのか」について、 

  • 50代の男女はどれくらいがんになるのか?
  • がんの治療費や入院費はどれくらいかかるのか?
  • 50代でがん保険に加入する必要性はどれくらいあるのか?

以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、50代でがん保険に加入する必要性がどれくらいあるのかがわかり、検討時の判断材料になると思いますので、是非最後までご覧ください。  

50代におすすめのがん保険をランキング形式で比較

50代になるとがんにかかる確率が高くなるため、万一がんになった時のために備えをしておきたいと考える方は多いでしょう。

ですが、がん保険は保険会社によってまちまちで、割高なものもあります。


では、50代からがん保険へ加入したいと思ったら、どのようなポイントに注意して検討したら良いのでしょうか?


ここからは、50代におすすめのがん保険を理由も含めてランキング形式で紹介していきます!


またほけんROOM編集部がおすすめするがん保険についてまとめた以下の記事もぜひ併せてご覧ください!

がん保険のおすすめランキング!後悔しないための選び方と必要性

1位:アフラック「生きるためのがん保険」

50代におすすめのがん保険1位はアフラックの「生きるためのがん保険」です。


生きるためのがん保険の大きな特徴は以下の通りです。

  • 先進治療を含め、がん治療費を手厚く保障
  • 入院給付金、通院給付金、がんと診断された際の診断給付金などの治療関連費が充実している
  • 専門医を紹介するサービスやセカンドオピニオンのサービスがある

「生きるためのがん保険」は実際に払った自己負担額に関係なく、手術や放射線治療、抗がん剤治療などを受けた場合、治療給付金として10万円を受け取る事ができます

なお、  治療給付金は通算600万円までとなっており、5年間は治療給付金を受け取ることができ、長期の治療にも対応しています。

また、入院した際だけでなく通院した際にも、1日につき1万円日数無制限で受け取ることができます。

さらに、がんの先進医療については、自己負担額と同額の治療費を合計で2,000万円まで保障しています。さらに、一時金として15万円受け取ることができます。

2位:ライフネット生命「ダブルエール」

50代におすすめのがん保険2位は、ネット生命保険会社であるライフネット生命の「ダブルエール」です。


ダブルエールの大きな特徴は以下の通りです。

  • がんの治療前でも診断給付金を受け取れる
  • がんと診断確定された後は、保険料は不要になる
  • 3大治療を保障する治療サポート給付金の支給が無制限
  • 先進医療についても保障が充実している

がんと診断された時に、治療前でも受け取れる「がん診断一時金」は、100万円から最大で300万円となります。


また、ベーシック、プレミアムプランでは、がんと診断が確定された場合、保障はそのままで保険料の支払いは不要になります。


さらに、手術、放射線治療、抗がん剤治療に対して、入院・通院かかわらず、治療サポート給付金の保障を回数無制限で受け取ることができます。治療サポート給付金は治療を受けた月ごとに、1回10万円となります。


先進医療についても保障は手厚く、自己負担した技術料と同額を通算2,000万円まで保障してもらえます。


長引くがん治療で収入がダウンする場合もありますが、プレミアムプランの場合、年に1回最大5回、「がん収入サポート給付金」を受け取ることができます。

3位:チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」

50代におすすめのがん保険3位は、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムDX」です。


終身ガン治療保険プレミアムDXの大きな特徴は以下の通りです。

  • 治療を受けた月ごとに一定額を保障してもらえる
  • 保険診療だけでなく自由診療も保障してもらえる
  • 豊富な特約から自分に必要な特約を選択できる

がん治療の際、入院・通院に関わらず保険診療の場合、基準給付月額10万円〜30万円の給付金を受け取ることができます。

また、自由診療の場合基準給付月額の2倍を受け取ることができ、通算2,000万円まで受け取ることができるので、治療が長引いた際も安心して治療を受けられます。


また、通院時給付金の特約やがんと診断されたら保険料の払込は不要となる悪性新生物保険料払込免除の特約など、豊富な特約が用意されているのが特徴です。


どのがん保険に加入すべきか、どの保険が自分に合っているか知りたいという方は、保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか?


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

50代でがん保険に入る必要性はある?罹患率と加入率から考える

ここまで、50代におすすめのがん保険を紹介してきました。


がん保険は、保険会社によりそれぞれ特徴がありますが、毎月の保険料の負担もそれなりに大きいので、加入するべきか迷う方もいらっしゃることと思います。


なお、がん保険の多くは掛け捨て型であり、がんに罹患しなければ支払った保険は戻ってこないため、加入する必要性は慎重に検討すべきでしょう。


前に述べたように、がんの罹患率は50代になると高くなりますが、実際の罹患率はどのくらいになるのでしょうか?

また、50代で実際にがん保険に加入している人の割合はどのくらいになるのでしょうか?


ここからは、データを用いて詳しく解説していきます。

さらに詳しく知りたい方は以下のがん保険の必要性に関する記事をご覧ください!

がん保険は必要ない?不要な人、入るべき人を解説

50代の男性女性のがん罹患率

50代でがん保険に加入する必要性を考えるうえで、実際に50代ががんになる確率(罹患率)を知っておかなければなりません。

年代別のがんの罹患率

年代別のがんの罹患率

50歳から10年間で、がんになる確率は、男女ともに約8%です。


つまり、男女ともに50代の約12人に1人ががんを患うということです。


想像よりも少なかったのではないでしょうか?


次は具体的な治療費からがん保険の必要性を考えていきます。

50代の男女別がん保険加入率

では、50代の男女別のがん保険への加入率はどのようになっているのでしょうか?

生命保険文化センターの令和元年度「生活保障に関する調査」(令和元年12月発行)によると、年齢別がん保険・がん特約の加入率(全生保)は以下の通りです。
全体男性女性
20歳代25.5%
22.0%28.9%
30歳代46.4%
46.3%
46.5%
40歳代51.0%
52.8%
49.2%
50歳代45.0%
46.8%
43.1%
60歳代40.6%
42.2%
39.0%


がん保険への加入率は20歳代には20%代ですが、30歳代になると一気に40%代まで上昇し、40歳代になると最高の50%代になります。


これは、30歳代になると結婚し家庭を持つ人が多くなり、子供が成人する前や住宅ローンを返済中にがんになっては大変と思ってがん保険に加入する人が増えている可能性があります。


一方、50歳代以降になると、住宅ローンの返済が終えていたり、預貯金が増えているということもあり、がん保険に加入する人が減っていると思われます。


なお、時系列でみた場合、平成13年度のがん保険加入率は21.2%に対し、令和元年度の加入率は42.6%になっており、がん保険加入率は年々高まってきていると言えます。

50代でのがん保険加入がおすすめな人

50代でのがん保険加入率は40代ほどは高くないものの、4割以上の人が加入しているという現実があります。


50代でのがん保険加入は迷うところがありますが、特に加入がおすすめな人は以下の通りです。

  • 子供がまだ小さい人
  • 傷病手当金がもらえない自営業の人
一般に、高額療養費制度を利用することで、自己負担の限度額以上に治療費がかかった場合、超えた分の費用が払い戻されます。

この制度は、同一月に支払った医療費の自己負担額が、所定の自己負担限度額(その人の所得や年齢によって異なります)を超えた場合に適用されます。

また、適用を受けるためには、健康保険組合等に問い合わせて限度額適用認定証を取り寄せ、病院に提示する必要があります。

高額療養費制度を利用することで、がんの治療で治療費が高額になったとしても、負担が軽くてすみます。とはいえ、数万円の負担になることから、場合によっては貯蓄を切り崩さなくてはならない場合があるでしょう。

というわけで、子供がまだ小さい人は家計の負担を小さくするために、がん保険へ加入しておいた方が良いと言えるでしょう。

また、会社員や公務員であれば、入院して仕事を休んだときに給料が支払われなくても、健康保険から給料の約3分の2を傷病手当金としてもらえます。支給期間は最長1年6か月間です。

一方、傷病手当金のない自営業の方などは、がんの治療で入院した際に収入が0になってしまうかもしれない可能性を考え、がん保険に加入しておいた方が良いでしょう。

50代のがん保険の選び方を解説

ここまで、50代でがん保険に加入する必要性はあるのか、がん保険に加入しておいた方が良い人について解説してきました。


どれでは実際、がん保険に加入したいとなった場合、どのようなポイントに気をつけて選んだら良いのでしょうか?


がん保険の選び方のポイントとしては、以下の2つがあります。

  • がんの診断給付金の保障内容
  • がんの通院給付金の保障内容


賢いがん保険の選び方としては、がんの診断給付金と通院給付金の保障内容が充実しているものを選ぶのがおすすめです。


医師からがんと診断された場合に受け取ることのできるがんの診断給付金は、1回のみの場合と無制限の場合がありますが、無制限に受け取ることのできるものを選ぶことが大切です。


無制限といっても、何度も受け取れるわけではなく、条件があります。


なお、がん保険は保険会社によって保障内容がまちまちですので、しっかり確認しましょう。


また、がんの通院給付金とは、がんの治療を目的として通院治療した場合に受け取ることのできる給付金を指します。


がんの治療は長期に渡って続くことが多いため、保障内容が充実していれば、安心して治療に臨むことができます。


どのがん保険に加入すべきか、どの保険が自分に合っているか知りたいという方は、保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか?

下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

さらに詳しく知りたい方は以下のがん保険の選び方に関する記事をご覧ください!

がん保険の選び方|後悔しないための5つのポイントを保険のプロが解説

既にがん保険に加入している50代の方は見直しの必要性あり!

ここまでは、50代からがん保険を加入すべきかどうか、さらには加入する場合の検討すべきポイントを解説してきました。


一方、すでにがん保険に加入している50代の方は、子供の独立や定年といった60代以降を見越し、見直しをしていく必要があります。


では、現在加入しているがん保険の見直しをする際には、どのような点に気をつけたら良いのでしょうか?


ここからは、がん保険の見直しの際に注意すべきポイントについて、解説していきます。

現在加入しているがん保険の保障内容を確認

まずは現在加入しているがん保険の保障内容を確認してみましょう。


保障内容が理解できていなければ、今加入している保険をそのまま継続するべきか、それとも特約をつけて保障を充実させるべきか、別の保険に入り直すべきなのか、判断することが難しくなるでしょう。


契約内容は保険証券に記載されているので、まずはそれを確認する必要がありますが、それだけでは詳細の内容について分からないことがあります。


その場合、毎年保険会社から送られてくる「契約内容のご確認」で確認することができます。


ですが、理解しづらい場合もあるかと思うので、その場合は保険会社に直接問い合わせてみるなどして、はっきりさせておくと良いでしょう。

50代以上はがん治療にかかる日数が多い

前にも述べたように、50代ではがんの罹患率が高くなりますが、がんの治療にかかる日数もそれまでの世代と比べると多くなります。


平成29年度の傷病分類別にみた年齢階級別退院患者の平均在院日数は以下の通りです。

15歳〜34歳35歳〜64歳65歳以上75歳以上(再掲)
胃がん12.5日
13.9日18.6日24.0日
大腸がん12.7日13.0日20.8日
20.5日
肝臓がん36.5日13.0日17.7日
19.8日
肺がん9.7日13.3日17.1日
19.3日
乳がん7.1日8.4日15.7日
20.1日

ご覧の通り、年齢が上がるにつれて入院日数は長くなる傾向にあります


したがって、治療費や差額ベット代などの負担も増えていきますし、場合によっては休職することになって収入が減ってしまうかもしれません。


というわけで、万一がんになった場合に備えて、すでにがん保険に入っている方も内容を見直して備えておく必要があるでしょう。

50代女性は女性向けがん保険も検討を


女性特有のがんのなかでも特に患者数の多い「乳がん」「子宮がん」「卵巣がん」の罹患率は、30代から上昇傾向にあり50代でもさらに増え続けていきます。

そして、子宮がんと卵巣がんは50代、乳がんは60代で一番発症率が高くなりそれを過ぎると徐々に低下していきます。

女性特有のがんは、通常のがんよりも経済的な負担が大きくなってしまう場合があります。
部位や症状によっては、がん治療にかかる費用の他に、ウィッグ(かつら)、特殊な衣類・下着なども必要となってきます。

というわけで、50代女性は女性向けがん保険を積極的に検討する必要があるでしょう。

保険を見直した方がいいのは分かったけれど、何から始めていいかわからないという方も多いのではないでしょうか?


そんな時は、保険のプロ無料相談するのがおすすめです。


備えたいリスクや貯蓄、家族構成などから相談者に合ったプランをアドバイスしてくれます。


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

50代でがん保険に加入する・見直しする際の注意点

それでは、50代でがん保険に加入する、もしくは加入しているがん保険を見直しする際の注意点としてはどのようなものがあるのでしょうか?


前に述べたように、がん保険の選び方のポイントとしては、がんの診断給付金と通院給付金の保障が手厚いものを選ぶのがおすすめではあるのですが、50代となると他の年代と比べてリスクが高いため、どうしても保険料が高くなってしまうことが懸念されます。


また、持病がある場合は、新たにがん保険に入りたいと思っても、加入できない場合があります。


というわけで、ここからは50代でがん保険に加入する際や見直しする際の注意点を詳しく解説していきます。

保険料が割高になる

さて、50代でがん保険に加入するとなると、まず最初に気になるのが保険料だと思います。


具体的に他の世代と比べた場合の保険料を見ていきましょう。以下はアフラックの「生きるためのがん保険Days 1 All-In」の毎月の保険料です(入院日額5,000円の場合)。

アフラック
「生きるためのがん保険Days 1 All-In」
40歳50歳
男性3,658円6,275円
女性4,611円6,264円


上記からも分かるように、50代になるとがんの罹患率が高くなるため、どうしても毎月の保険料の負担は大きくなってしまいます。


ですが、がん保険に加入していない場合、がんの治療費は高額療養費が適用された後の金額を自己負担しなければならなくなります。


というわけで、がんの治療費が家計に大きな影響を与える懸念がある場合は、保険料が割高とはいえ、加入を検討してみるのも良いかもしれません。

持病がある場合は引受基準緩和型や無選択型のがん保険を検討

保険に加入する際には、加入者本人の健康状態などを保険会社に告知する必要があります。


ですが、持病などがある場合、保険への加入が断られることがあります。


とはいえ、50代になると、持病を持っている方も少なくないでしょう。


そこで、健康状態に不安のある方のために、引受基準緩和型のがん保険、もしくは無選択型のがん保険が用意されています。


引受基準緩和型のがん保険は、通常の保険に比べると審査基準がゆるくなっており、その分通常の保険よりも保険料が割高になります。


また、無選択型のがん保険は告知なしで加入できる保険で、持病があっても加入できます。


ただし、加入時にかかっていた病気については保障されなかったり、加入後一定期間は保障内容が制限されている場合があります。

なぜ50代でがん保険に入ったの?実際の加入者の声をご紹介

ここでは、マネーキャリア相談での保険相談で、実際にがん保険に加入した50代の方の声を紹介したいと思います。


50代でがん保険に加入しようか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


一人目は、53歳男性Y・Tさんの声です。

  • 今まで医療保険に加入していたので、がん保険は必要ないだろうと思っていました。ただ、今回ちょうど医療保険の更新があったので、保険の見直しを行ってみました。そこで、自分が入っているプランではがん治療に対する保障が手薄いということが分かり、がん保険に加入しました。医療保険では保障されなかった診断一時金などが追加されたのでこれでいざという時にも安心です。

「医療保険に加入しているから大丈夫」という理由でがん保険に加入していないY・Tさんのような方は多くなっています。


しかし、長期にわたる可能性のあるがん治療は、医療保険のがん特約ではカバーしきれない部分もあります。


Y・Tさんのように保険の見直しの際に一度現在加入中の保険の保障内容を確認し、必要であればがん保険も検討すべきですね。


二人目は、56歳男性K・Mさんの声です。

  • 加入しなきゃとは思っていたのですが、なかなか踏み切れず、知人ががんで亡くなったのを機に真剣に検討するようになりました。がんになっても公的医療制度でなんとかなるとずっと思っていましたが、知人を見ていて、高額な治療を長期間行うリスクもあると実感しました。入院や手術、通院も保障される上に入院日数が無制限のタイプに加入したので、ひとまず安心です。
親しい人の闘病などでがん保険を検討し始める方も多いようです。

入院日数無制限なら治療が長期化しても安心ですよね。また、もし働けない分の収入が心配なら、近年は収入保障がついているがん保険もあるので、検討してみてくださいね。

このようにご自身に合ったがん保険への加入をするには、保険のプロへの相談がおすすめです。

マネーキャリア相談ならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

50代でのがん保険加入をおすすめできない人

ここまで、50代ではがんの罹患率が高くなるため、保険料が高くなるものの加入への必要性を解説してきましたが、一方、加入をおすすめできない人もいます。


50代でのがん保険への加入をおすすめできない人は以下の通りです。

  • 掛け捨てすることに抵抗がある人
  • 貯蓄が十分にある人
がん保険のほとんどが掛け捨て型になります。途中で解約しても支払ったお金は原則戻ってきませんので、それを損と考える人には向いていないでしょう。

また、がん保険に入っている場合、公的な医療制度で保障される範囲をこえた治療費は自己負担額になり、がん保険の給付金で補填することが可能になりますが、がん保険の保険料を毎月支払わなければなりません。

一方、がん保険に入っていない場合、その自己負担額は貯蓄から出すことになります。
逆に、貯蓄してあれば、がん保険に加入しなくても良いでしょう。

がん保険を加入すべきか、すべきでないかは、がんになった時にどれぐらいの自己負担となり、それを貯蓄で支払えるかを考えることと、治療費の自己負担額をがん保険の給付金で手当てするために保険料はいくらまでなら支払えるかの両面から考えることが重要となります。

まとめ:50代でがん保険に入る必要はある?おすすめのがん保険を比較

50代でがん保険に加入する必要性について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のこの記事のポイントは、
  • おすすめのがん保険は順にアフラック「生きるためのがん保険」、ライフネット生命「ダブルエール」、チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」である
  • 50代になるとがんの罹患率が高くなり、約4割ががん保険に加入している
  • 50代でまだ子供が小さい人や傷病手当金をもらえない自営業の人はがん保険に加入しておいた方が良い
  • がん保険はがんの診断給付金と通院給付金の保障が手厚いものを選んでおくと良い
  • 女性特有のがんは50代、60代で罹患率がピークになるため、50代の女性は女性向けのがん保険を検討しておくと良い
  • がん保険はほとんどが掛け捨て型のため、掛け捨てを損に感じてしまう人、貯蓄が十分にある人は必ずしも加入する必要はない
でした。

がん保険への加入はメリットもあればデメリットもあります。ご自身の状況と照らし合わせて、慎重に加入されてみてはいかがでしょうか。


がん保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング