医療保険は88種類と1000種類のどちらが良いのか知っておこう

医療保険に加入する場合、手術給付金について知っておくと安心です。保険会社によって医療保険の手術給付金は88種類と1000種類に分けられます。ただこの際に気を付けたい点として、88種類はカテゴリーであり、実際のところ細かく分類すると600種類になります。

医療保険の手術給付金は88種類、1000種類どちらにするべきなのか

医療保険の手術給付金は、従来の保険会社が定めている88種類と公的医療保険に連動した1000種類のものがあります。

保険というのはもしものリスクに備えて加入するものであり、安心度は重要になりますが、カバー対象が増えれば保険料が上がるのも当然です。


88種類と1000種類と単純に数字を並べると多い方が安心感がありますが、実際のところ、カテゴリを細かく分けていくと600種類に増えて、一般の人がかかる病気に対してカバーは十分だと言えます。


そういった部分も知って、そのうえでメリットとデメリットをそれぞれ知ることで選びやすくなります。 

手術給付金が88種類のものと1000種類のものの違い

保険会社の定める医療保険の手術給付金の支給対象は、各社の定めている88種類をサポートしていることが多いです。

しかし近年、公的医療保険の対象となる手術に支払われる医療保険が増えてきて、こちらが88種類ではなく1000種類と一気に対象が増えて安心性があります。


ただ88種類というのはあくまでカテゴリーの一覧であり、実際のところは88種類以上で600種類に対応しています。


このことを知らないと数が少ない、手術を受ける時に対応していないのではないかと不安になる場合があるので、知識として覚えておくと安心感があります。 

給付倍率の設定の仕方の違い

手術給付金88種類に分類されている対象の手術は、皮膚・乳房、筋骨、呼吸器・胸部、循環器・脾、消化器、尿・性器、内分泌器、神経、感覚器・視器、感覚器・聴器、悪性新生物、上記以外、新生物根治放射線照射ななどになります。

これらのジャンルで細かく分けて88種類となり、医療保険がカバーしている分野は広いです。


1000種類に関しては、公的医療保険の対象型になるので、病院などで受ける保険適応の手術行為はほぼすべて対象という事になります。


そして対応しているこれらの手術は、支払われる給付金の倍率がそれぞれ異なっており、難しい内容ほど倍率が高くなります。 

対象外の手術の違い

医療保険の手術給付金の対象となる手術の種類は保険会社によって差があり、88種類と定められていますが、実際は88種類の項目であり、細かく分けると600種類に及びます。

対して1000種類というのは既に細分化されている状態で数えており、一概に数字だけで考えるのは危険です。

88種類では少ないと考えがちですが、医療保険が必要となる主な手術内容はカバーされています。


対象外とされるのが治療ではなく検査となる生検、吸引や神経ブロック(麻酔)など治療ではなく処置と考えられるもの、美容整形の手術などです。 

医療保険の手術給付金88種類、1000種類どちらを選ぶべきか

医療保険に加入するにあたって、手術給付金に関して88種類と1000種類のどちらが良いのか、一概に数値だけでは決められません。

ただカバーする対象が多い方がよく、医療保険に加入する場合、従来の88種類よりも1000種類の方が安心感があります。


実際のところカテゴリを細かく分ければ600種類になりますが、それでも400の差は大きいと考えられて、 

現在は1000種類のものが主流

医療保険はもしもの際に備えて不安を軽減させる目的のために加入するので、88種類よりも1000種類をカバーしている医療保険の方が、現在は需要が高く主流です。

88種類が定められたのは昔で、現在の情勢は医療保険により安心感が求められていて、88種類よりも1000種類の方が安心感が高いと考えられています。 

参考:医療保険の手術給付金について

医療保険の手術給付金というのは、約款に記載されてる88種類、または1000種類の健康保険連動型に分けられます。

さらに医療保険では倍率も関わってきて、10倍・20倍・40倍に設定されていて、それぞれ入院給付金の掛け金に対して定める倍率が支払われます。 

給付倍率は約款に書いてある

医療保険の手術給付金に関して、88種類と1000種類の違いも大きいですが、給付倍率も重要です。

こちらは保険会社によって内容が違うので注意が必要となります。


約款に記載されてますので、契約する際に確認することが必要で、重い手術内容ほど倍率が高く、また入院の有無でも変わってきます。 

条件を満たせば手術給付金は複数回貰える

医療保険における手術給付金は原則として一度の支払いですが、放射線照射などを複数回受けた場合など、60日に1回を限度に支払われます。

またひとつの治療で複数の手術を受けた場合も、条件によっては何日につき1回と考えられ支払われます。これは88種類と1000種類のどちらも同じです。 

まとめ

医療保険に加入する時に、手術給付金について悩む場合があります。

従来の88種類と、公的医療保険に連動した1000種類、それぞれ対象となる手術の内容が違います。


安心性を求めて医療保険に加入するなら対象が多い方がいいですが、その分、保険料が値上がりするのでしっかりと考えて自分に相応しい内容を選ぶことが大切です。 

ランキング