医療保険の相談窓口のおすすめはどこ?保険相談の必要性や選び方を解説

医療保険の相談窓口のおすすめはどこ?保険相談の必要性や選び方を解説-サムネイル画像

「医療保険の相談はどこでしたらいいの?」「保険相談窓口を利用する前に知っておくべきこととは?」このような悩みを抱える人は多いでしょう。そこで本記事では、窓口と保険会社の医療保険相談の違いや保険相談窓口を利用するメリットを紹介します。ぜひ最後までご覧ください。



▼この記事を読んでほしい人
  • 医療保険についてプロに相談したい人
  • 医療保険の相談はどこでしたら良いかわからない人
  • 保険相談窓口について知りたい人


▼本記事の内容

  • 保険相談窓口では複数の保険会社の商品から比較・検討できる
  • 保険相談窓口選びでは利用のしやすさが重要
  • 加入する医療保険は目的や家計状況から判断する
  • 医療保険相談に関するお悩みはマネーキャリアがおすすめ!

マネーキャリアは、医療保険以外の相談も可能なためライフプランに応じて本当に必要な保険選びをサポートしています。

 そのため医療保険に関するお悩みはマネーキャリアがおすすめです!

医療保険と医療保険相談窓口が必要な3つの理由

「保険」と聞くと難しくて苦手!と感じる方は多いのではないでしょうか。


公的医療保険は政府主導で保障内容や取り決めなどが頻繁に変わるために、私たち個人が常に最新の情報を把握することが難しくなっています。また、公的医療保険に合わせて民間の医療保険もそのときのニーズに合った保障内容の商品を新たに作るため、数も種類も多岐にわたります。


保険は複雑でよく分からないという方にとってはもちろん、保険についての知識はある方にとっても、複数の商品の中から自分に合った保険を選ぶことは大変です。いざ保険に入るときは相談できる場所があることは非常に心強い存在です。


公的医療保険の最新の情報やメリットを把握しながら、あなた自身のライフスタイルやライフステージに合った保障を民間の医療保険で補うには、保険の専門家に相談するのが望ましいでしょう。


ここでは、医療保険の相談窓口が必要な3つの理由について詳しく説明していきます。

理由①:医療保険は低確率・大きなリスクに備えて真剣に選ぶ

医療保険は、病気やケガで入院したときに給付金としてお金が受け取れる仕組みです。


毎月の保険料を支払っているからには、「もしものときは、支払った保険料の元が取れるようにしたい」「保険に加入して万一に備えるだけでなく、貯金もしたい」と考えている人も多いようです。


大前提、医療保険とは病気やケガに備えて健康なときから準備しておくものであり、ずっと健康でいたために払い込んだ保険料を給付金として受け取ることがなかったとしても損をしたと考えるべきではありません


医療保険では病気やケガをした場合の保障と安心のために保険料を払っているのです。多くの場合、医療保険で元を取ることはできません。


詳細はこちらの記事をご覧ください。

医療保険は元が取れる?元が取れない?元を取るのに必要な保障内容とは


また、貯金と保険については別々に考えるべきでしょう。1つの保険で保障も貯蓄の機能もついているという保険はお得そうですが、貯金が目的であれば、投資信託や株式での資産運用など、他にも有効的な手段が考えられます。


貯金と保障は目的が異なるのでそれぞれ分けて考える方が良いでしょう。


自動車保険や火災保険の損害保険ように、確率は低いものの大きな被害に備えるために車や家を購入したときに、同時に保障を買うために保険に入ります。このときに「損をする」「元を取りたい」と考える人は少ないでしょう。根本的な考え方は医療保険も同じです。


医療保険となると、人は「自分は大丈夫だ」と考えて加入を検討しない人が多いのです。車や家と同じように、もしもの病気やケガに備えるために健康なうちに保険に入ることが大切です。


また、その病気やケガも場合によっては治療が長期化することも考えられます。

  • 貯金があまりない人
  • 抱えている家族がいる人
  • 病気になった場合に先進医療を受けたいと思っている人
にとっては、医療保険への加入が必要といえます。

主な家庭の収入源となっている方が入院した場合には、治療費等に加え、普段の生活費についても備えておく必要があり、大きなリスクとして捉え、保険加入について真剣に向き合う必要があります。


保険については、資産状況や家族構成、ライフステージなどを多くの観点から考える必要があります。自分だけでは大変なので、保険のプロを頼ると良いでしょう。

\ オンラインで相談可能 /無料で相談する>>公式サイトを見てみる

理由②:年代・世帯ごとに必要な医療保障が大きく異なる

世代、性別、未婚か既婚、子どもの有無など、世代やライフステージ、資産状況などによって必要な保障が変わってきます


ここでは世代や年齢、子どもの有無によって必要な保障の例を確認していきます。


20~30代の方向けの保障

20代~30代は、収入や貯蓄が少ないものの結婚や出産、住宅購入など今後の状況が変化する世代です。「まだ若いから大丈夫」と思っている人が多いですが、20代後半から女性特有のがんの罹患率が増えてきたり、健康診断で思わしくない結果が出てくる年代に差し掛かってきます。


収入や貯蓄が多くなく、できるだけ支出を抑えて病気やケガに備えたいという方が多いこの世代には定期型の医療保険がおすすめです。終身型と比べて保険料を抑えられることが特徴です。


40~50代の方向けの保障

40代~50代は、今後のライフイベントも想像ができるようになってきて、貯蓄も収入も安定してくる世代です。一方で、生活習慣病や健康状況が気になってくる世代でもあります。


すでに医療保険に加入している人も保険を見直すタイミングだといえます。加入している保険が定期型の場合、終身型に見直したり、保障内容が医療の現状や年齢に対して不十分な場合は保障を加えたりする必要があります。


一度病気になってしまうと、医療保険への新規加入が難しくなったり、定期型の場合、更新のタイミングで保障が継続できなかったり、保険料が上がったりします。その前にプロに相談して、医療保険を見直しましょう。


子どもがいる方向けの保障

子どもがいる場合は教育費や生活費への備えを手厚くしておくべきでしょう。病気により長期療養が必要となった場合は働けなくなり収入がなくなることも考えられます。


子どもがいる家庭の場合、入院日額を増額したり、三大疾病への備えを検討したりと考えるべき事項が多くなります。


30代~40代の女性向けの保障

30~40代になると、女性特有のがんへの罹患リスクが高まります。通常の医療保険に加えて女性特有の病気に備えるための特約などを考えておくことも大切です。

定期的な検診や生活習慣を整えるなどの予防とともに、罹患した場合に備えた医療保険も備えておく必要があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。


世代や年齢、子どもの有無といった観点から解説しましたが、これらは全員に当てはまるわけではありません。必要な保障は人によってさまざまです。


保険の相談窓口ではあなたの状況に合った保障をプロの目線から一緒に考えてくれます。第三者の立場からあなたに必要な保障を提案してくれる、非常に重要な存在です。

\ オンラインで相談可能 /無料で相談する>>公式サイトを見てみる

理由③:時代によって医療保障の必要性やあり方が変化する

医療の現状に合わせて、どんな保障が必要なのか、どのくらいの保障が必要なのかは時代とともに大きく変化します。


ここでは具体例とともに必要な医療保障がどのように変化しているのかを解説していきます。

  1. 入院期間の短期化
  2. 通院によるがん治療の増加
  3. 少子高齢化による医療費の増加


入院期間の短期化

長期入院による病床のひっぱく医療技術の進歩を背景に、入院期間は短くなってきています。

施設の種類別に見た退院患者の在院日数の年次推移グラフ

施設の種類別に見た退院患者の在院日数の年次推移グラフ

グラフから読み取れるように入院日数は下降トレンドです。今後も日本の少子高齢化が進むこと、医療技術が進歩することを考えると、このトレンドは継続するといえそうです。

通院によるがん治療の増加

がんの治療についても同様に、入院日数は短くなっています。入院ではなく、通院という形で治療を進める方向に変わってきています。

厚生労働省の平成29(2017)年患者調査の概況によると、がんの平均入院日数は平成29(2017)年では17.1日となっており、平成8年の46.0日と比較すると約20年のあいだに半分以下となっています。

また、がんによる入院・外来患者数についても下記表のように、およそ20年のあいだに外来患者数が入院患者数を上回っています

入院患者数外来患者数
平成8(1996)年約13万4千人約12万7千人
平成29(2017)年約12万6千人約18万3千人


少子高齢化による医療費の増加

言うまでもなく、日本は少子高齢化が進んでいます。高齢者が増えることに伴い、医療費も増加しているという現状があります。

現在75歳以上の医療負担が1割負担ですが、2022年10月1日より一定以上の所得がある人については2割負担となります。

少子高齢化のトレンドが大きく変化することは考えにくく、今後も個人の医療負担が大きくなる可能性は十分に考えられます。


医療の現状は時代とともに変化するということを解説してきました。思い込みや誤った認識で保険を選ぶことは、不必要な保障や要らない保険への加入、保険が支給事由の対象にならないなどの可能性が出てきて危険です。


常に最新の情報をキャッチし、トレンドに合わせた提案をしてくれる保険のプロを頼ることで、保険選びを確実かつ安心なものにしてくれます。

\ オンラインで相談可能 /無料で相談する>>公式サイトを見てみる

保険相談の窓口とは?|保険相談所と保険会社の違いを解説!


医療保険相談には様々な形態があります。そのため、どこで相談したら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。


医療保険相談として一般的によく利用されるのは保険相談窓口と保険会社です。いずれも医療保険相談ができる点で同じですが、異なる点も多くあります。


それぞれの主な特徴は以下のとおりです。

  • 保険相談窓口:複数会社の保険商品から最適な商品を選べる
  • 保険会社:自社商品のみを取り扱っている
医療保険相談を行う際は、それぞれの特徴を理解して目的に合った選択をしましょう。

保険相談窓口と保険会社での相談の違いは以下が挙げられます。

保険相談窓口保険会社
相談場所商業施設や自宅、オンラインなど自宅や職場など
相談できる時間土日や仕事終わりでも
開いていることが多い
保険会社によっては
土日や遅い時間も相談可能
提案商品複数の保険会社の商品の
比較・検討が可能
自社商品に限られる
費用無料無料


両者の違いを理解したうえでご自身に合った窓口を選ぶことができますが、保険相談窓口で複数の保険会社の商品を比較して選択できることは大きなメリットでしょう。

保険相談窓口:相談しながら自分に合った保険を検討できる

保険相談窓口とは、保険の加入・見直しなどの相談が無料で行える窓口です。


保険相談窓口を利用するメリットは以下が挙げられます。
  1. 複数の保険会社から比較・検討できる
  2. 無料で何度でも相談できる
  3. 相談の場所やタイミングが自由に決められる

複数の保険会社から比較・検討できる

保険相談窓口では様々な種類の保険商品を取り扱っています。そのため、複数の保険会社から比較・検討し、最適な保険を提案してもらうことが可能です。医療保険とがん保険をそれぞれ別の保険会社で検討したり、家族でも異なる保険会社から商品を選択したりできます。

無料で何度でも相談できる

また、無料で何度でも相談ができる点もメリットです。自分で複数の保険会社から資料を取り寄せて比較するのは手間と時間がかかりますが、保険の窓口では一度に複数の保険会社の資料を見比べたり、保険のプロと保険料のシミュレーションができたりします。

自分で納得するまで、何度でも相談することができます。

相談の場所やタイミングが自由に決められる

保険相談窓口は商業施設に入っていることも多いため、買い物のついでなどの空き時間にも利用可能です。また、小さなお子様がいて外出が難しい場合などは、自宅に訪問してくれるタイプの窓口を利用できます。

また、自宅に訪問されるのを好まない方にはオンライン相談が良いでしょう。自宅にいながら、空いた時間にオンラインで保険のプロに相談ができます。このように、相談場所やタイミングを選びません。

保険相談窓口では保険の加入や見直しだけではなく、保険料を含めた家計についての相談もできます。家計の負担を減らしつつ保険を利用したい場合は、利用を検討してみましょう。

保険会社:自社の保険商品のみを取り扱っている

保険会社では、その保険会社に所属する営業プランナーに保険相談をできます。


相談場所としては、

  • 保険会社
  • 自宅
  • カフェ
  • 職場


保険会社で保険相談をするメリットとしては

  1. 自社商品への理解が深い
  2. さまざまな場所で無料で相談できる
  3. サービスを一貫して受けられる


自社商品への理解が深い

保険会社で提案されるのは、その保険会社の商品に限られます。商品が限られるため、1つひとつの商品についての知識は保険相談窓口と比較すると深いといえるでしょう。


一方で、その保険会社の商品の中からしか選択できないため、他の保険会社にもっとあなたに合った商品があるかもしれないのに選択の幅を狭めてしまうことになるという大きなデメリットもあります。


さまざまな場所で無料で相談できる

保険会社での保険相談もさまざまな場所で行われます。保険会社、自宅、職場、そのほかにもカフェで相談したり、最近ではオンライン相談可能な保険会社も存在します。


保険会社での相談も基本的には無料です。


サービスを一貫して受けられる

保険会社に相談をすると、説明から契約、アフターフォローまで一貫して受けられます。また、病気やケガをした場合の請求手続きが複数の保険会社にまたがらないことはメリットといえるでしょう。


保険会社で相談することのメリットもありますが、やはり提案の幅が狭くなってしまい、あなたに最適な保険選びが難しくなります。様々な保険を中立の立場から比較・提案してくれる保険の相談窓口を利用することをおすすめします。

保険相談所の相談窓口を利用すべき5つのメリット


医療保険の相談を行う場合は、保険相談窓口以外にも様々な選択肢があります。しかし、その中でも、以下の理由から保険相談窓口の利用がおすすめです。

  1. プロの意見が聞ける
  2. 中立的な提案が受けられる
  3. 幅広い商品から選択できる
  4. 何度でも無料相談できる
  5. 加入後の契約管理が任せられる
以上の点は、保険相談窓口ならではの大きなメリットといえます。

本章では、上記で挙げたメリットをそれぞれ解説します。

メリット①:プロの意見を聞くことができる

保険相談窓口を利用するメリットの一つ目は、プロの意見が聞けることです。


保険の相談員は原則として保険募集人資格を持っています。保険募集人資格の試験に合格し、内閣総理大臣に申請し登録されることで保険の提案・販売ができるようになります。そのため、保険の提案・販売をする人に必須の資格です。


また、保険の相談員の中にはファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持っている人もいます。FPとはお金に関する幅広い知識を持ち、ライフプランを設計する専門家です。


FP資格を持つ相談員の場合、家計の収支や税金、ライフイベントなどを考慮した上で、最適な保険商品の提案を行います。そのため、保険を含めたお金に関する総合的なお悩みを相談することができます。

メリット②:保険会社の窓口よりも意見が中立的である

保険の相談窓口は、特定の保険会社の社員ではないため、それぞれの保険会社を中立的にみることができます。


保険会社の窓口ではその保険会社の商品を販売しなければならないため、他社の商品がよりあなたに合っていると思ったとしても、提案してくることはありません。保険会社の相談員はあくまで自社商品の中で比較し、あなたに合った保険商品を提案します。


その点、保険の相談窓口は自社で商品を持っているわけではないため、中立的な立場で客観的に保険商品の中身を比較・提案することができ、あなたに合った的確なアドバイスをしてくれます。


自社の商品を扱わないため、保険会社での相談と比べると、商品の押し売りや激しい勧誘をされる確率も低いといえそうです。


保険相談窓口では保険会社の枠にとらわれずに、商品の提案ができるため、あなたにぴったりの保険に出会える可能性が高まります。

メリット③:幅広い商品から選択することができる

保険の相談窓口では、さまざまな保険会社の商品を数多く取り扱っています。


そのため、複数の保険会社から比較したうえで、あなたに最適な保険を提案してくれます。医療保険とがん保険をそれぞれ別の保険会社で検討したり、家族でも異なる保険会社から商品を選択したりできます。


女性特有の病気についての保障が充実している商品、がんへの備えが充実している保険商品などそれぞれのいいところを組み合わせてあなただけのプランをアレンジすることが可能です。

メリット④:無料で何度でも相談することができる

保険相談窓口を利用するメリットの4つ目は、無料で何度でも相談できることです。


ほぼ全ての保険相談窓口では、無料で保険相談が可能です。なぜ無料で相談できるのかは、保険相談窓口のシステムが関係しています。


保険相談窓口は保険会社と契約しており、相談者との保険契約が成立すると報酬(手数料)が支払われます。この報酬があるため利用者は無料で相談できるのです。


保険相談は1回で終わることもありますが、2〜3回行われるケースもしばしばあります。仮に有料相談を利用する場合、何度も料金を支払うのは避けたいと考える人は多いのではないでしょうか。


保険相談窓口なら何度でも無料で相談ができるため、相談者は納得いくまで保険商品を吟味できます。

メリット⑤:加入後の契約管理を任せることができる

5つ目のメリットとしては、加入後の契約管理が任せられることです。


保険相談窓口は保険代理店でもあります。代理店を通じて契約すると、代理店の担当者に連絡するだけで請求手続きなどを任せることが可能です。


保険金の請求手続きは頻繁に行うものではないため、必要書類への記入などが複雑でわかりにくい場合があります。複数の保険会社と契約していればさらに複雑さは増します。しかし保険相談窓口を通して契約することで、担当者が一貫してサポートしてくれるため、スムーズな手続きが可能です。


また、ライフステージの変化などに伴い、保障内容が合わないと感じることがあります。この場合は保険相談窓口で再び相談することで、今のライフステージや家計状況に合った見直しの提案をしてもらえます。

無料保険相談窓口の3つのタイプ


保険相談窓口では無料で医療保険の相談ができ、複数会社の保険商品から比較・検討が可能です。


保険相談窓口には、大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

  1. 来店型
  2. 訪問型
  3. オンライン型
対面型の保険相談だけでなく、オンラインでの相談もできる点は非常に便利です。あなたの生活や性格に合ったスタイルを選択することができます。

本章では、来店型、訪問型、オンライン型のそれぞれの特徴やメリットなどを解説します。

タイプ①:来店型保険相談窓口

来店型保険相談窓口とは、窓口に常駐しているスタッフがいるタイプの保険相談窓口です。保険ショップと呼ばれることもあります。


主にショッピングセンターや駅ビルなどの商業施設に入っており、買い物のついでや仕事帰りなどに立ち寄ることが可能です。店舗によってはキッズスペースもあり、子連れでも安心して利用できます。


全国展開している店舗であれば、情報共有をしてアフターフォローをしてくれるため、引越しの多い人でも安心して利用可能です。


ただし、相談は予約が優先のため混雑状況によっては相談できない可能性があります。そのため、基本的には予約をしてからの来店がおすすめです。


また、近隣に店舗がない場合も注意が必要です。保険相談は複数回に及ぶことが多いため、遠方の店舗では相談に移動や時間のコストがかかります。


来店型保険相談窓口を利用する際は近隣に店舗があるかを確認の上、できるだけ全国展開している窓口を利用しましょう。

タイプ②:訪問型保険相談窓口

訪問型保険相談窓口とは、相談窓口に登録された代理店の営業スタッフが、予約に応じて派遣されるタイプの保険相談窓口です。


訪問型はあらかじめ場所や時間を指定しておけば自宅やカフェにスタッフが出張してきてくれるため、近隣に店舗がない人でも気軽に利用可能です。訪問されることに抵抗がない人には自分の移動時間や交通費を節約できるためおすすめです。


ただし、自宅やカフェに訪問の場合は、離島や山間部などサービス対象外になる地域があるため注意しましょう。

タイプ③:オンライン型保険相談窓口

最近ではオンライン相談も活発になっています。

  • 近くに来店できる保険相談窓口がない
  • サービス対象外の離島や山間部で生活している
  • 自宅に訪問されることには抵抗がある
  • スタッフと直接会うことに抵抗がある
これらに該当する人にはオンライン相談がおすすめです。

オンライン通話のできる環境さえあれば利用が可能で、移動時間や交通費などもかからないため合理的な手段といえます。

医療保険を相談するおすすめのタイミング4選


病気やケガに備える医療保険への加入タイミングは、年齢やライフステージにより異なります。また、加入後も定期的に見直しを行う必要があります。


それでは、保険相談窓口に医療保険への加入・見直しの相談をする場合、どのようなタイミングで行うのがベストなのでしょうか。


基本的には大きなライフイベントや保険の更新が発生するときがおすすめです。具体的なタイミングは以下のとおりです。

  • 就職
  • 結婚・離婚
  • 子どもが生まれる
  • 保険の更新タイミング

本章では、なぜこのタイミングでの相談がおすすめなのかを解説します。

①就職するとき

医療保険を相談するおすすめのタイミングの1つ目は、就職するときです。

家族の扶養から外れて独立し一人で生計を立てるようになると、自分のリスクについては自分で備えなければなりません。「若いうちは必要ない」と考える人もいるかもしれません。しかし、病気やケガのリスクはどの世代も少なからず抱えています。

また、就職したばかりでは貯蓄が不十分なことが多く、公的医療保障だけでは万が一の時に費用を補えない可能性があります。

例えば、生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査」によると、入院した場合に発生する経済的負担は以下のとおりです。
平均
自己負担費用20.8万円
逸失収入32.0万円
逸失収入とは病気やケガにより失われた収入です。これらの費用が貯金だけではまかなえないという人は医療保険で備えておくべきです。

独身で年齢も若ければ大きな保証は必要ありませんが、最低限の備えは必要です。

②結婚・離婚するとき

医療保険を相談するおすすめのタイミングの2つ目は、結婚・離婚するときです。

若い世帯の場合は貯蓄が不十分な可能性もあり、高額な医療費がカバーできない可能性があります。また、病気やケガで働けなくなると配偶者にも負担がかかります。

配偶者の負担を減らすためにも、十分な保障を確保しつつ、家計と保険料のバランスを考える必要があるため、結婚のタイミングで医療保険の相談をすることがおすすめです。

また、女性については出産の際に帝王切開などが必要になると、医療費が高額になるケースが考えられます。妊娠中はほとんどの場合医療保険に加入できなくなるため、子どもを考えている場合は妊娠前に医療保険への加入を相談しましょう。

離婚する場合にも医療保険の見直しを検討する必要があります。収支にも大きく変化が出てくる可能性があるため、家計とともに保険も見直しましょう。

また、既婚者と独身では必要な保障も異なります。そのため、離婚時も早めに相談を行い契約内容の見直しをしましょう。

③子どもが生まれるとき

医療保険を相談するおすすめのタイミングの3つ目は、子どもが生まれるときです。

子育て家庭では子どもの生活費や教育費なども考慮して、保障を設定する必要があります。子どもが小さいときほど大きな保障が必要です。

夫婦共働きの場合でも、夫婦のどちらかのみが働いている場合でも保障は必要になります。

夫婦共働きの場合は、収入が半減する可能性があります。夫婦のどちらかが働いている場合でも、働いている方が病気になった場合は言うまでもなく、働いていない方が病気になった場合も家事や育児の代行サービスを利用する可能性があります。これらの費用は公的保障の対象外で全額自己負担です。

以上の点から夫婦それぞれが医療保険に加入し、どちらかが入院しても十分生活できるだけの保障になるよう見直しを行いましょう。

④加入している保険の更新時期

医療保険を相談するおすすめのタイミングの4つ目は、加入している保険の更新時期です。

定期型の医療保険に加入している人は、10年・15年など定期的に更新のタイミングがやってきます。そのときにそのままの保障内容で十分なのか、保障を付け加える必要があるのか、見直しを行いましょう。

ライフステージや時代の変化に伴い必要な保障は変化します。特に医療技術は日々進歩しているため、従来の保障では古くなっている可能性が高いです。

例えば、厚生労働省の「平成29年(2017)患者調査の概況」によると、がん治療は平成17年(2005年)までは入院治療が主流でした。しかし現在では通院治療が主流となっています。

約15年でこのような変化が起きているように、今後も医療における主流は日々変わっていくと予想されます。自身の加入している医療保険が時代に合ったものになっているのか、プロに相談してみましょう。

保険相談窓口の選び方の4つのポイント

保険相談窓口では、複数回にわたり相談をすることも多いです。そのため、より利用しやすく信頼できる保険相談窓口を選ぶ必要があります。


最適な保険相談窓口を選ぶには、以下の4つのポイントを押さえることが重要です。

  1. 生活スタイルに合う面談方法があるか
  2. 取り扱い保険会社・保険商品の数
  3. 予約のしやすさ・HPの使いやすさ
  4. 口コミ・スタッフの保有資格
本章では、上記のポイントについてそれぞれ解説します。

ポイント①:生活スタイルに合った面談方法があるか確認

保険相談窓口選びのポイントの1つ目は、生活スタイルに合った面談方法があるか確認することです。

保険相談窓口には
  • 店舗
  • 訪問
  • オンライン
などの面談方法があります。

医療保険の相談は複数回に及ぶことも多いため、生活スタイルに合った面談方法を選択することが大切です。

それでは、どのような人にどの面談方法が向いているのでしょうか。面談方法別のおすすめな人の例は以下のとおりです。
おすすめな人
店舗買い物中や仕事帰りに立ち寄りたい人
訪問育児や家事が忙しい人
近くに店舗がない人
オンライン育児や家事が忙しい人
近くに店舗がない人
相談員を自宅に上げることに抵抗のある人
上記を参考に、生活スタイルに合った無理のない面談方法を選択しましょう。

ポイント②:取り扱い保険会社・保険商品の数を確認する

保険相談窓口選びのポイントの2つ目は、取り扱い保険会社と保険商品の数を確認することです。

保険相談窓口に相談する場合、様々な保険会社・保険商品の見積もりを比較・検討できることが重要です。取り扱う保険会社・保険商品の数が多いほど、あなたに最適な医療保険が見つかる可能性が高まります。

医療保険のように自分・家族の身体の保険を検討するなら、生命保険会社の取り扱い数に注目しましょう。具体的には20社以上が目安です。

同じ名前の保険相談窓口でも取り扱い数にばらつきががあります。「大手だから」「名前を知ってるから」と安易に決めるのではなく、店舗ごとの取り扱い数を必ず確認してください。

ポイント③:予約のしやすさやHPの使いやすさを確認

保険相談窓口選びのポイントの3つ目は、予約のしやすさやHPの使いやすさを確認することです。ネットと電話の両方に対応していると、予約が取りやすいです。

オンライン相談や訪問型相談の場合は、ほとんどのケースで予約必須になります。そのため、予約のしやすさや期限は重要なポイントです。来店型相談でも混雑度によっては当日相談ができない可能性があるため、事前予約を利用しましょう。

また、ホームページの使いやすさも重要です。実際にHPを確認してみて、使いやすさを確かめてみましょう。余計なストレスを感じることなく、保険選びをするためには大切なポイントです。

ポイント④:保険相談所の提案内容や口コミ・スタッフの資格を参考にする

保険相談窓口選びのポイントの4つ目は、保険相談窓口の提案内容や口コミ・スタッフの保有資格を参考にすることです。

保険相談窓口を利用する以上は、自分にとって最適な保険商品を選びたいものです。信頼できる担当者と出会うためにも、口コミやスタッフの資格は非常に重要です。

例えばFP資格の場合、
  • CFP資格
  • FP技能検定1級
以上の資格はFP資格の中でも上位資格であり、同じFPでも特に知識や経験が豊富です。このような資格を保有する担当者であれば、より有益な提案・アドバイスを受けることができます。

また、保険相談窓口の雰囲気をつかむには、口コミが活用できます。実際に利用した人の声を参考に選ぶと失敗も少ないでしょう。マネーキャリアは顧客満足度93%と高い評価を受けています。
\ オンラインで相談可能 /無料で相談する>>公式サイトを見てみる

医療保険の相談で決めるべき4つのこと


加入する医療保険はただ商品を比較するだけでは決まりません。医療保険に加入する前には決めるべきことがあり、ポイントを押さえて目的や家計に見合った契約内容にする必要があります。


そのため、保険相談窓口では以下の4点について相談しましょう。

  1. 保険期間
  2. 支払方法
  3. 入院給付金の日額・支払限度日数
  4. 目的に合った保障内容

本章では上記4つのポイントをそれぞれ解説します。

①医療保険の保険期間|定期タイプと終身タイプ

医療保険には定期タイプと終身タイプがあります。それぞれの特徴をまとめると以下のとおりです。

定期終身
保険期間一定期間
(年満了、歳満了)
一生涯
保険料割安割高

定期タイプの医療保険は一定期間で保険期間が終了します。ただし、保険料は割安なため家計への負担は比較的少なく済みます。


一方、終身タイプの医療保険は保険期間が一生涯にわたり続きます。ただし、保険料は定期タイプよりも割高です。


医療保険は定期的な見直しを行うことが重要です。


定期型の保険であれば、更新のタイミングがやってくるため保険の見直しの機会を認識しやすいというメリットがあります。ただし、一定の年齢になると更新できなくなるデメリットがあります。厚生労働省「令和2年簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は年々延びています。


一方で、終身型の医療保険は若いうちに加入すると、安い保険料が一生涯続くというメリットがあります。



両者のメリット・デメリットを把握したうえでご自身に合った保険期間を選択することが大切です。  

②医療保険の支払方法|短期払いと終身払い

医療保険の支払方法には短期払いと終身払いがあります。各支払い方法の特徴は以下のとおりです。

短期終身
支払期間一定期間
(年払い、歳払い、一時払い)
一生涯
保険料割高割安

短期払いは10年間、60歳までなど支払いの期間が決まっています。そのため、老後の保険料の負担が抑えられます。ただし、月々の保険料の負担は割高です。退職後に保険料の支払いがないことはメリットでしょう。


一方終身払いは保障が続く限りずっと保険料の支払いが続きます。退職後も保険料を支払わなくてはなりません。月々の保険料は割安で、年齢が上がっても保険料が上がることはありません。ただし、長生きすると支払い総額が短期払いよりも高額になります。


以上の点から、長生き前提で支払い総額を抑えたい場合は短期払い、月々の保険料を抑えたい人は終身払いを検討しましょう。


原則として支払方法は加入後に変更ができません。医療保険への加入を検討する際は、自身のライフプランにはどちらが適しているかを慎重に相談しましょう。

③入院給付金日額・支払限度日数

入院給付金日額とは、病気やケガにより入院した際に給付される1日あたりの金額です。


入院時には公的保障が利用できますが、全ての費用に適用されるわけではありません。例えば以下のような費用は対象外となり、全額が自己負担です。

  • 差額ベッド代
  • 入院中の食事代
  • 入院中の日用品代

生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査」によると、入院1日あたりの自己負担費用の平均は23,300円です。入院日額給付金の保障を決める際の参考となります。


なお、1回の入院で入院給付金がもらえる日数には限度があります。支払い限度日数は「60日型」と「120日型」が一般的です。


近年の入院期間の短期化などトレンドを考慮して選択することが望ましいでしょう。ただし、七大生活習慣病などの治療の場合は、入院が長期化しやすい傾向にあります。七大疾病の際の保障を手厚くすることも検討すると良いでしょう。

④目的に合わせた保障|女性保障・がん保障・先進医療保障

医療保険の中には目的に応じた保障や特約が設定されている商品があります。保障の例としては以下のとおりです。

特徴
女性保障女性特有の疾病の治療に備えられる
がん保障がん治療に備えられる
先進医療保障高額な先進医療費に備えられる

女性の場合は、子宮頸がんや乳がんなどの女性特有の疾病に罹患するリスクがあります。女性保障ではこのような病気になった場合に、通常の入院給付金に上乗せする形で手厚い保障が受けられます。


がん保障はがんと診断された場合に、診断一時金やがん治療給付金などが受け取れる保障です。国立がん研究センター「最新がん統計」によると、日本人の2人に1人が生涯のうちに何かしらのがんに罹患するとされています。がん治療は長期に及びやすいため、がん保障でがんへの備えを手厚くしましょう。


先進医療保障では先進医療にかかる費用がカバーできます。先進医療は公的保障の対象外で高額な費用がかかります。先進医療治療を受ける確率と費用とをしっかりと理解したうえで、検討するのが良いでしょう。


この他にも七大生活習慣病保障や通院保障など、医療保険には目的に応じた様々な保障があります。

保険相談窓口を利用するときの3つの注意点


保険相談窓口にただ行くだけでは、最適な保険商品が見つかるとは限りません。よりスムーズに最適な医療保険を探すためにも、以下の3つの注意点を押さえておきましょう。
  1. 興味のある保険会社の資料請求をする
  2. 相談時は収入・支出のわかる資料などを持参する
  3. 複数の保険相談窓口で納得できるまで相談する
本章では、上記の注意点をそれぞれ解説します。

注意点①興味を持った保険会社の資料請求を行っておく

興味のある保険会社があれば、資料請求を行ってパンフレットに目を通しておきましょう。


パンフレットでは保険商品の基本情報や契約上の注意点などの確認できるため、相談の際の比較・検討がスムーズにできます。


また、パンフレットを読んで疑問に思ったことにチェックを付けておけば、

  • この商品が本当に自分に合っているのか
  • 似た商品でより保険料が安いものはないか

などの疑問が相談時に解消できます。そのため、保険相談窓口の利用前に興味のある商品の資料請求をしておきましょう。


資料請求は各保険会社のホームページから行えます。基本的には欲しい資料にチェックを入れて、届け先の情報を入力するだけで入手可能です。


保険会社のホームページの他には、一括資料請求を行っているサイトもあります。複数保険会社の資料が一度に手に入るため非常に手軽です。比較・検討の際は活用してみてください。

注意点②相談時には収入と支出がわかる資料などを用意しておく

保険相談窓口を初回で利用する際は、資産状況や家計の収支、ローンの有無などのヒアリングをされることが一般的です。現状を把握しない限り、あなたに合った保険の提案は難しいためです。


準備しておくべき資料の例は以下のとおりです。

  • 給与明細・源泉徴収
  • 家計簿
  • ねんきん定期便
  • ローン残高
  • 貯蓄・保有資産の残高
  • 退職金の予定金額

現在加入中の保険があれば、その保険証券も持参してください。


家計状況は保障内容や保険料を設定する上で重要な要素です。より的確なアドバイスを受けるためには、収入・支出のわかる資料が必要になります。


もちろん資料がなくても相談自体はできます。しかし、正確な情報がわからない以上は相談者にとって最適な提案ができません。


現状の収支の過不足を明確にしてライフプランや家計状況に合った医療保険に加入するためにも、収入・支出の状況がわかる資料を可能な限り持参してください。提案から契約までスムーズに進むことができます。

注意点③複数の保険相談サービスで納得するまで何度も相談

保険相談窓口では納得できるまで何度も相談しましょう。保険相談窓口は無料で利用できるため、複数回利用しても相談費用は発生しません。


医療保険相談では時に納得のできない提案をされることがあります。もし提案に納得できないのであれば、はっきりと断ってください。納得できないまま契約してしまうと、加入後に保障面や保険料の負担などで後悔する可能性が高いです。


申し出を行えば担当者を変更することも可能です。言いにくい場合は別の保険相談窓口を利用することも選択肢として考えましょう。


保険相談窓口は無料で何度でも相談できることがメリットです。最大限に活用して納得した保険に加入できるよう、興味のある部分や気になる点はすべて確認しましょう。


保険相談窓口では将来に関わる重要な相談を行います。一つの情報だけを鵜呑みにするのではなく、多くの情報から比較・検討を行うことが重要です。

まとめ:医療保険の相談に迷ったらマネーキャリアの無料保険相談がおすすめ


医療保険の相談について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。


「保険」と聞くと難しいと思っている人が多いのが現状です。だからこそ医療保険の相談の際は、複数の保険会社の商品から比較・検討できる保険相談窓口の利用がおすすめです。


保険相談窓口には来店型・訪問型・オンライン型があり、生活スタイルに合わせて利用できます。中でもオンライン型であれば、家事や育児、仕事で忙しい人でも、すきま時間を使って相談することができます。


マネーキャリアは顧客満足度93%の保険相談窓口です。納得いくまで何度でも無料で相談ができます。予約から面談まで全てオンラインだから、スマホひとつで時間や場所を問わず利用可能です。


FP資格を持つ保険のプロの話をぜひ一度聞いてみましょう。

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

ランキング