PMS(月経前症候群)の治療方法は低用量ピルだけ?保険加入はできる?

PMS(月経前症候群)がひきおこす、からだのつらい症状は、日常生活にも支障をきたすことがあり、積極的に治して快適に生活したいと思う女性は少なくありません。ここでは、PMS(月経前症候群)の低用量ピルでの治療方法や、保険についてご説明します。

内容をまとめると

  • PMS(月経前症候)の治療法は低用量ピル以外にもある!
  • 低用量ピルの保険適用は、服用の目的次第!病気治療の場合は適用される
  • 低用量ピルの服用時でも、保険加入は、ピルの服用の目的などにおうじて入れることもある
  • ミレーナはピルの代わりにおすすめできる治療法
  • 生活を改善してPMS(月経前症候)の症状をやわらげよう!
  • 出産や女性特有の病気に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!
マネーキャリアについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 

PMS(月経前症候群)の治療方法は低用量ピルだけ?保険加入はできる?


PMS(月経前症候群)で苦しむ女性は多く、どうやったらそのつらい症状をやわらげることができるのか、治療する方法はあるのか、と悩むこともあるでしょう。


PMS(月経前症候群)の症状に低用量ピルが有効であり、治療に用いられていることをご存じの方は多いと思います。


では、PMS(月経前症候群)の治療は低用量ピルのみなのでしょうか?


女性の中には、ピルを用いることに抵抗感がある人や、ピルを服用しづらい条件の人などもおり、低用量ビル以外での治療や症状緩和の方法を探している方もいるでしょう。


また治療のためにピルを用いたとした場合の弊害、たとえば、薬を服用することによって保険加入が難しくなるのでは?といった懸念をもたれている方もいるかもしれません。


ここでは、そういった悩みについて答えるべく、


  • PMS(月経前症候群)とはどういう病気なのか
  • PMS(月経前症候群)治療のために低用量ピルを用いるときは保険が適用されるのか
  • 低用量ピルを用いていても保険には入れるのか
  • 月経困難症の治療に用いられるミレーナとは何なのか
  • セルフケアでPMS(月経前症候群)を和らげる方法は?


などについてご説明いたします。


ぜひ、最後までご覧になっていただき、つらい症状から少しでも解放され、気持ちのよい生活をむかえていただきたいです。

妊娠中の疾患・女性特有の病名一覧

PMS(月経前症候群)はどんな病気?

PMS(月経前症候群)とは、生理がはじまる前の一定期間にみられる症状で、頭痛、腹痛、いらいらや憂鬱などといった、身体的にも精神的にもあらわれる、女性特有の症状です。


人によって症状の重さはさまざまですが、「家事ができない」「仕事に行けない」「学校に通えない」といったように、日常生活を普通におくることにも支障をきたすような症状となってしまう人もいます。

ここでは


  • 生理中のつらいPMS(月経前症候群)はどんな症状?
  • PMS(月経前症候群)の治療法は?


について説明していきます。

生理中に出るPMS(月経前症候群)の症状は?

PMS(月経前症候群)は生理のはじまる1~2週間前に症状があらわれます。


つぎのような症状は、PMS(月経前症候群)の典型的な症状です。


身体的にはどのような症状?


  • おなかに膨満感がある
  • おなかに鈍い痛みがある
  • あたまが痛い
  • 乳房がはる
  • からだがむくんだり、体重が重くなったりする
  • 顔などににきびのようなデキモノができる
  • 便秘・下痢になる


精神的にはどのような症状?


  • イライラしてしまう
  • おこりっぽくなる
  • やる気がでない
  • さびしさを感じる
  • ねむれない
  • 集中力がつづかない


生理前の身体の変化が影響している


PMS(月経前症候群)は生理に関連して変化する、体内のホルモンやセロトニンの量が影響していると考えられていますが、はっきりと明らかにはなっていません。


性格生活環境など、個人的な状況も原因のひとつと考えられています。


PMS(月経前症候群)は、生理がはじまると、症状は消えていきます。

PMS(月経前症候群)の治療方法は?

PMS(月経前症候群)は低用量ピルや漢方薬を処方する治療法が代表的ですが、症状に応じて、いろいろな治療法があります。


  • セルフケア
  • 対症療法
  • ホルモン療法
  • 抗うつ薬

などがあげられます。


ここでは、対症療法対症療法抗うつ薬についてご説明します。


セルフケアについては、後ほど詳しくご説明します。


対症療法

症状が軽めの場合の療法です。


漢方薬・安定剤・鎮痛剤などを使って、症状をやわらげていきます。


ホルモン療法

症状の緩和に有効な低用量エストロゲン・プロゲスチン製剤(LEP製剤)を使い、女性ホルモンを抑制することで、症状を緩和します。


PMS(月経前症候群)の症状には効き目がありますが、骨粗しょう症などの副作用があることや、PMS(月経前症候群)には保険が適用されないことなどから、長い期間にわたって使用することは、注意が必要です


抗うつ薬

選択的セロトニン再摂り込み阻害薬(Slective Serotonin Re-uptake Inhibitor: SSRI)はうつ病の薬として使用されているもので、PMS(月経前症候群)の症状に対しても有効とされています。

症状におうじて治療法を選択し治療することで、快適な生活をとりもどしましょう。

PMS(月経前症候群)での低用量ピル服用は保険適用?

PMS(月経前症候群)で低用量ピルを処方してもらうときには、保険は適用の対象となるのでしょうか?


一度治れば大丈夫という病気ではなく、長期にわたって服用する可能性があるものなので、費用の面も考慮したいところです。


低用量ピルを処方してもらうときには、保険が適用されるかどうかは、その目的におうじて変わってきます。


避妊のために低用量ピルを処方してもらうときには保険は適用されませんが、PMS(月経前症候群)月経困難症子宮内膜症のような病気であり、治療のために処方する場合は保険適用となります。


ただし、低用量ピルの処方にあたって保険が適用されるには、病気の治療が目的であることが条件なので、医師による診断と検査で病気だと判断されたときのみです。


生理前の頭痛やイライラなどの症状がPMS(月経前症候群)によるものだとの判断が必要で、超音波や血液の検査などを行います。


PMS(月経前症候群)の治療のための低用量ピルの処方は保険適用ですが、場合によっては検査をする必要があることを、認識しておきましょう。

低用量ピルを服用していると保険加入しづらい?

低用量ピルを服用していると、生命保険に加入しづらいと考える人はいるでしょう。


低用量ピルは、避妊のためにも使用しますが、病気治療にも用いられ、場合によっては副作用などもあるので、保険の契約に必要な「告知」で引っかかり、保険加入を拒否される可能性があるからです。


ピルの服用についても、「告知」の項目に該当すればもちろん「告知」は必須です。


ですが、ピルの服用では、「告知」で申告しても問題なく通過できることは多く、避妊のみが目的で服用している場合などが、その例です。


今はピルの安全性を保険会社も認めるようになってきています。


保険会社によって判断の基準はことなりますが、低用量ピルを服用していても、加入できるケースはあります。


保険契約を申し込むときには、しっかりと「告知」を行って、保険会社に相談してみましょう。


ここでは、低用量ピルを服用しているときの保険加入についてご説明しましたが、「もっと詳しく知りたい」「専門的なことを知っている人に相談してみたい」と思ったときには、保険のプロに相談してみましょう。マネーキャリアならオンラインでの無料保険相談も行っていますので、ぜひご活用ください!


また、ピルを服用した際の保険加入についても、もっと詳しくご説明している記事もございますので、気になった方は、ぜひ一度ご覧になってください。

月経困難症の治療法などで使われるミレーナとは?

ミレーナ(避妊リング)は、黄体ホルモンであるレボノルゲストレルを子宮の中に持続的に放出する子宮内システム(IUS: Intrauterine System)のことです。


長い期間の避妊の方法として用いられてきましたが、国内での承認を得たこともあり、月経困難症や生理痛にたいする治療法として認識されはじめました。


ここでは


  • ミレーナはどんな人におすすめ?
  • PMSでミレーナは保険適用になる?


以上について説明していきます。

ミレーナがおすすめの人はどんなひと?

ミレーナ(避妊リング)をおすすめしたいのは、以下のリストにあげられるようなひとです。


  • 月経困難症
  • 生理不順
  • 子宮腺筋症
  • 子宮内膜増殖症
  • 避妊がしたい
  • ピル服用がしづらい


リストにあげた症状は、ピルで治療可能なことがほとんですが、ピルを服用できない人であっても、ミレーナを使用することによって、治療が可能になるケースもあり、またピルとは大きくことなるメリットとしては、服用し忘れることがないことです。


ピルでの治療を続けるということは、日々ピルを服用しなければならないということなので、飲み忘れることが不安要素のひとつなので、この違いは精神的な部分の負担軽減につながるでしょう。


また、ピルは服用するため副作用が全身におよぶことがある点が不安要素のひとつですが、ミレーナの場合は、影響は子宮周辺のみと限られた範囲であることから、副作用がおきることも避けられます。


ピルの服用では、血栓症が起きやすいこともデメリットのひとつでしたが、ミレーナならそのリスクも少なくなります。


生理にまつわるつらい症状の治療にあたって、ピルの服用がむずかしい場合は、ミレーナを用いる治療についても、積極的に考えてみることもよいでしょう。

PMSでミレーナは保険適用になる?

以前はミレーナは保険が適用されておらず、高額で手が出にくいとイメージされている人もいるでしょう。


しかし今は、2014年より保険適用が開始となっており、治療の手段として、検討しやすくなっています。


ただし、条件はあり、避妊目的での使用については保険は適用されませんので注意してください。


保険が適用されるのは、以下のケースです。


  • 過多月経
  • 月経困難症


保険が適用されることにより、費用負担がかなり減る場合もあり、患者にとっては費用面での負担が減り、より治療に専念できそうです。


参考に、的野ウィメンズクリニックの料金表をご覧ください。

参考:PMS(月経前症候群)の症状を緩和させるセルフケア

PMS(月経前症候群)の症状については、普段の生活の中にも原因はあります。


不規則な生活だったり、忙しく緊張して過ごしていたりするとストレスもたまりやすく、心身に不調をきたすことも多いでしょう。


PMS(月経前症候群)の症状を緩和するセルフケアは普段のライフスタイルを見直すことからはじまります。


ここでは、健康でバランスのとれたライフスタイルをおくり、症状をやわらげるための情報として、


  • バランスがよく体をあたためる食事
  • アルコール・塩分・カフェインを控える
  • 適度な運動
  • 症状にあわせた医薬品

などについてとりあげ、ご説明していきます。

バランスの良い・体を温める食事をとる

常日頃、身体に取り込むものに気を付けましょう。食事は身体の基本です。栄養のバランスの悪い食生活は


  • 体重が重くなる
  • 身体がむくむ


などの不調を引き起こし、PMS(月経前症、候群)の悪化につながっていきます。


  • 筋肉の量を増やすためにたんぱく質をとるようにする
  • 腸内を整えるために発酵食品をとる
  • 食欲を増やす効果のあるスパイスなどをとる
  • 水分は、温めたり、常温にしたりして飲む


など、栄養のバランスを考え、身体を冷やさないような食事を工夫しましょう。

アルコール・塩分・カフェインを控える

普段のストレスがたまり、一息つきたいときや、ホッとしたいときなどに、コーヒーやお茶を飲んだり、少しお酒を飲んだり、することは日常的にありますが、どれも、過分にとることは注意しましょう。


アルコール塩分カフェインはとりすぎると緊張をたかめてしまいますし、リラックスするために飲んだのに、むしろイライラしてしまうことにもつながり、PMS(月経前症候群)の症状を重くしてしまうことにもつながります。


食事のバランスを考えるとともに、これらの摂取についても、適宜気を付けて過ごしましょう。

適度な運動をする

適度な運動を普段の生活に取り入れることは、PMS(月経前症候群)の症状の緩和に限らず、健康的なライフスタイルには欠かせません。


忙しくストレスフルな生活の中で、ウォーキングやストレッチなど、軽い運動をすることで、身体も心もリラックスできる時間がもて、イライラするきもちやつかれた身体の緊張がほぐれていくものです。


とくに有酸素運動は、PMS(月経前症候群)の症状に効果があり、積極的にとりいれたいものです。

症状に合わせた医薬品を取り入れる

ライフスタイルの改善によるPMS(月経前症候群)の症状緩和も大切ですが、あまりにも症状がつらかったり、普通の生活の中で影響したりするときは、がまんしすぎることなく、医師やくすりに頼りましょう。


  • むくみ改善薬
  • 鎮痛剤
  • 精神安定剤


など、症状におうじて、効き目のあるくすりを使うことも、症状のつらさをやわらげ、日々の活動を楽にする方法のひとつです。


くすりの服用にあたっては、


  • 処方箋が必要
  • 薬剤師の指導が必要


であるものも多くなっていますので、症状や体質など、必要に応じてよく相談し、自分にあった医薬品を適宜つかって、ストレスをためずに、なるべく快適にすごせるように工夫しましょう。

まとめ

いかがでしたか?


ここまで、


  • PMS(月経前症候)の治療法は低用量ピル以外にもある!
  • PMS(月経前症候)の症状の特徴と治療法
  • 低用量ピルの保険適用は、服用の目的次第!病気治療の場合は適用される
  • 低用量ピルの服用時でも、保険加入は、ピルの服用の目的などにおうじて入れることもある。検査や診断は必要
  • ミレーナはピルの代わりにおすすめできる治療法
  • 生活を改善してPMS(月経前症候)の症状をやわらげよう!


について、お伝えしてきました。


女性はPMS(月経前症候)に悩まされている人もかなり多いはずです。必要以上に悩んだり苦しんだりしないで、自分にあった改善方法や治療法をみつけて、いきいきと快適に日々をすごしましょう!

ランキング