女性が保険を見直すべきタイミングとオススメの保険相談サービス!

この記事では、女性スタッフに保険相談を受けるにはどうすればいいのか、女性が保険を見直すべきタイミングはいつなのか、女性保険とはどんな保険なのかといった、保険について相談しようと考えている女性の方が抱く疑問をスッキリ解決していきます。

女性スタッフが担当してくれる保険相談サービスを紹介!

自分にあった保険を選ぶためには、個人的な情報を担当者と共有することも必要となります。


相談される方が女性であれば、その情報の中に女性特有の悩みであったり、病歴などが含まれることも少なくありません。


その際に男性のスタッフが担当だと、女性特有の悩みや病歴を伝えることに抵抗を感じるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


もしそのような理由で必要な情報を伝えられないということになれば、本当に必要とする保険に加入できない、あるいは病歴の告知もれになってしまい保険金が支払われないといったことにもなりかねません。


女性が保険相談をする際のそうした不安を取り除くためには、はじめから女性スタッフに相談するということも大切なことだといえます。


「女性特有の悩みは女性に相談したい」という多くの女性の希望を受けて、「女性スタッフによる保険相談サービス」も充実してきています。


ここではその中でも「女性スタッフによる保険相談サービス」が特に充実している保険相談サービスをご紹介します。


保険のビュッフェ:女性FPの能力が高いのは保険のビュッフェ

「保険のビュッフェ」は、 全国に提携するファイナンシャルプランナーを800人以上有し、15万世帯以上の相談実績(2012年5月~2017年4月実績)を誇る訪問型の無料保険相談サービスです。


保険のビュッフェでは、平均相談実績1,200件以上・平均経験年数8.3年という、経験豊富なファイナンシャルプランナーが相談を行うため、相談の質の高さに定評があります。 


女性特有の悩みや病歴がある方、あるいは女性の方が相談しやすいという方も利用しやすいよう、女性が保険相談を申し込む際には、女性担当者を希望することができることも特徴です。


もちろん担当者が男性か女性かによって相談の質には差がなく、女性FPによる質の高い相談が受けることができます。


また女性特有の問題などについて、来店型の保険ショップで相談することに抵抗がある方でも、自宅でなら周囲の人を気にすることなく相談をすることができます。


納得できるまで無料で何度でも相談でき、複数の保険会社の中から最適な保険の提案を受けられるという点では、来店型の保険ショップでの相談と遜色ありません。


ただし、担当者によって扱える保険会社の数が違うという欠点もあります。


平均20社程度を取り扱っているため、提案には支障がないことも多いですが、気になる保険会社の商品がある場合には、その保険会社の商品を取り扱っている担当者を紹介してもらうこともできます。申し込み時にその旨を伝えるようにしましょう。

女性FPで質の高い保険相談といえば、保険のビュッフェです。保険相談で女性に嬉しいギフトプレゼントもやっているようなので、要チェックです!


ほけん百科:女性スタッフが多いことで有名な保険相談窓口

ほけん百花」は、74店舗(2017年10月現在)を展開する来店型保険ショップです。

 

27社の取扱保険会社数の中から、相談者の希望やライフプランにあわせ、しっかりと比較検討した上で保険提案を受けることができます。


ほけん百花の大きな特徴は、「女性に優しい保険相談」というコンセプトを掲げており、相談スタッフのほとんどが女性だということです。


そのため、急な相談でも基本的には女性スタッフに対応してもらうことができます。


また来店型の保険ショップでは、周囲に男性スタッフがいる場合も多く、気になって相談しにくいと感じる方もいらっしゃいます。


そのような方でも、スタッフがほぼ女性のほけん百花であれば、安心です。


ほけん百花は女性が保険相談をするのであれば、選択肢に入れておきたい保険ショップだといえます。


ただし、他の来店型保険ショップに比べると店舗数が少なく、出店地域が首都圏・関西圏・愛知に限られています。


そのため、近くに店舗がないという方は利用できないという欠点もあります。

ほけんの窓口:希望に沿った担当者で相談できる保険相談窓口

ほけんの窓口」は、店舗数No.1、全国で600店舗以上を展開する最大手の来店型保険ショップです。 


約35社の取扱保険会社数は業界トップ水準です。


ショッピングセンターなどに多く出店しており、全国に店舗があるため、近くに店舗がなくて相談できないということは少ないといえます。


大手の保険ショップであり、女性の相談員(ライフパートナー)も多数在籍しています。


そのため相談者が女性の場合には、女性スタッフを希望する旨をあらかじめ伝えておくことで、女性スタッフに担当してもらうことができます。


近くの店舗で、多くの保険会社を比較した上で納得して保険を選びたいという方には、ほけんの窓口がおすすめです。


他の来店型ショップにもいえることですが、担当者によって相談の質にバラつきはあります。


もし相談を受けてみて、担当者の知識やスキルに疑問を感じるようであれば、別の担当者の意見を聞いてみたり、他の保険相談サービスを利用するといったことも大切です。

女性が保険の見直しをすべきタイミングはいつ?

人生には様々な経済的なリスクがあります。


保険はその経済的なリスクに備えるもので、その必要性の高さに優先順位をつけて適切なタイミングで加入するべきものです。


また、保険は加入したら終わりではなく、備えるべきリスクやニーズの変化に応じて定期的な見直しが必要となるものでもあります。


特に人生の節目となタイミングには、備えるべきリスクやニーズが変化することが多く、保険の見直しをすべきタイミングといえます。


ここからは、女性にとって保険の見直しすべきタイミングはいつなのかをみていくことにしましょう。

① 就職(経済的な独立)

高校や大学を卒業し、就職して社会人としてのスタートということは、経済的に親から独立するということです。


経済的に独立するとは、自分自身にかかるお金については自己責任になるということです。


様々な経済的なリスクにも、自分自身で備えることが必要となります。


そのため「就職」するタイミングは、経済的な備えとしての保険について考えるべき最初のタイミングとなります。


この時期には、まだ経済的に支えなければならない家族がいるという方は少ないため、基本的には自分自身の経済的なリスクへ備えることになります。


具体的には、病気やケガなどにかかる医療費や、それによって働けなくなる就業不能リスクへの備えが中心となります。


年齢的にも若いこの時期には、病気になるリスクは相対的に低いといえます。


しかし子宮頸がんなどは20代前半でもかかりやすい病気もあり、一度病気になってしまうとその後保険に加入することが難しくなってしまうため、早め備えは必要といえます。


また、近年だと仕事うつになってしまうこともあり、就業不能リスクは高くなっています。


終身保障タイプの医療保険では、加入年齢が若いほど保険料は割安で、その後も保険料は上がることがないので収入に余裕のある方にはおすすめです。

② 結婚・出産(家族構成の変化)

結婚すると保険は自分のためだけでなく、配偶者や子どもといった家族のことを含めて考える必要がでてくるため、見直しのタイミングとなります。


結婚後も仕事を続けるのか、子どもを希望するのかなど、独身時代に加入していた保険の内容がライフスタイルにあったものとなっているかについて、一度見直しが必要となります。


その際には夫婦で家計をどのように支えていくのか、夫婦それぞれの保障のバランスを考えることが大切であるため、夫婦で一緒に見直しを行うようにしましょう。


また、子どもを希望するのであれば、妊娠・出産にもお金はかかります。


しかし妊娠・出産は「病気」ではないので、出産育児一時金や自治体の補助制度などを活用して、です。


そうはいっても、切迫早産や帝王切開などのリスクがない訳ではありません。切迫早産では3ヶ月近い入院が必要となることもあり、経済的に大きな負担となることもあります。


そのため、加入している医療保険の保障内容が適切であるかについても見直しておきましょう。

③ 50歳前後(更年期)

男女問わず年齢とともに病気にかかるリスクは上がっていきます。


特に女性は50歳前後の更年期を境にして、ホルモンバランスの変化などから病気のリスクが急激に高まる傾向にあります。


乳がんや子宮がんといった女性特有のがんの発症リスクも、この時期にピークとなります。


病気になってしまってからでは、新たに保険に加入したり、保障を追加することは難しくなってしまうので、更年期を迎える前には一度保険を見直しておくべきだといえます。


この時期にはお子さまがいるご家庭でも、ある程度養育費などの目処がついてくる頃だといえます。


そのため、それまで養育費などに備えて加入していた死亡保障を見直し、その分の保険料を医療保障や、老後資金などに再配分するといった見直しを検討していきましょう。

女性保険を検討している方に知っておいてほしいポイント

多くの保険会社では「女性保険(女性のための医療保険)」といった商品を取り扱っています。

CMやパンフレットなどで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。


女性専用の保険として、女性にはとても人気の商品です。


ただ、女性だからといって女性保険に加入しなければならないということはありません。大切なのはどのような保障が必要なのかということであり、女性保険はその選択肢のひとつにすぎません。


ここでは、女性保険を検討している方に知っておいてほしいポイントをまとめました。

女性保険=医療保険+女性疾病特約

女性保険(女性のための医療保険)」とは、男性でも加入できる通常の医療保険に、女性特有の病気に対しては保障が上乗せされる「女性疾病特約」をオプションとして追加したものです。


「女性保険」という独立した商品があるわけではありません。


そのため医療保険を検討するのであれば、まず基本となる医療保険部分の保障内容を優先して考えるようにしましょう。


女性特有の病気であれば十分保障されても、それ以外の病気やケガでは保障が足りないというのでは、適切な保険とはいえません。


基本的に女性特有の病気だからといって、特別に医療費が多くかかるわけではないからです。


それを理解した上で、妊娠・出産に重点的に備えたい、あるいは女性特有の病気による入院であれば個室がいいといったニーズがあって、「女性保険」へ加入することを選択するのであれば、全く問題ありません。


また女性疾病特約によって保障を「上乗せ」した分だけ、保険料も「上乗せ」されます。保険料を多く払ってでも必要な保障なのかということも、よく考えた上で決めるようにしましょう。

”女性疾病”の定義は保険会社によって違う

女性疾病特約で上乗せ保障されると思って個室を選択したのに、給付金を請求したら「それ女性疾病に該当しません」といわれてしまった!


そんなことにならないためにも、どんな病気が女性疾病に該当するのかは知っておくべきです。


そもそも「女性疾病の定義」が保険会社によっても違うため、どんな病気が女性疾病に該当するのかを比較することも、女性保険に加入する際の大切なポイントとなります。


帝王切開や乳がんといった明らかに女性疾病といえるものは、どの保険会社でも対象となるので、特に違いはありません。


保険会社による違いが生じるのは、胃がんや大腸がんといった、性別に関係なくかかるがんであったり、リウマチや胆石といった「比較的」女性がかかりやすい疾患が女性疾病特約の保障対象となるかという部分です。


保障の面からは対象範囲が広い方がいいですが、その分保険料も割高になる傾向があります。


そのため、複数の保険会社を取り扱う保険相談サービスを利用して、対象範囲の違いやそれによる保険料の違いなどを比較してみるようにしましょう。

女性にオススメの保険相談窓口は保険のビュッフェ!

保険について相談するには、直接保険会社に相談したり、来店型保険ショップや訪問型の保険相談サービスを利用するなど様々な方法があります。


それぞれの保険相談窓口に特徴はありますが、保険相談をする上で最も大切なのは相談の質です。


女性が保険相談をする上では、相談の質の高い女性FPに相談することができ、様々な保険会社の商品の中から比較した上で提案を受けることのできる訪問型保険相談サービスが適しています。


中でも「保険のビュッフェ」は多くの相談実績とともに、相談の質の高さに定評があるためオススメです。

まとめ

就職や結婚といった人生の節目など、女性には保険を見直すべきタイミングがあります。


その際に安心して保険について相談するためには、女性スタッフに相談できる保険相談サービスを選ぶこと、そして相談の質の高いFPに担当してもらうことが大切なポイントとなります。


「保険のビュッフェ」はその両方の条件を満たす、女性にオススメの保険相談サービスです。


どこに相談しようか迷われているのであれば、まずは保険のビュッフェに相談してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説