女性に相談できる保険相談窓口や見直すべきタイミングを解説!

この記事では、女性スタッフに保険相談を受けるにはどうすればいいのか、女性が保険を見直すべきタイミングはいつなのか、女性保険とはどんな保険なのかといった、保険について相談しようと考えている女性の方が抱く疑問をスッキリ解決していきます。

女性スタッフが担当してくれる保険相談サービスを紹介!

女性が保険相談をする際には、女性疾患や病歴など話しづらいことも多いですよね。

女性が保険相談をする際のそうした不安を取り除くためには、はじめから女性スタッフに相談するということも大切なことだといえます。


女性が同性の相談員に相談するメリットは以下のようなことが挙げられます。

  • 保険相談のなかで共有される情報に女性特有の悩みや病歴などが含まれる
  • 女性特有の悩みや病歴を伝えることに抵抗を感じることなく話しやすい


「女性特有の悩みは女性に相談したい」という多くの女性の希望を受けて、「女性スタッフによる保険相談サービス」も充実してきています。


ここではその中でも「女性スタッフによる保険相談サービス」が特に充実している保険相談サービスをご紹介します。


是非最後までご覧ください。

保険市場:女性コンサルタントが対応


保険市場は保険の無料相談を行う窓口です。


特に女性保険についての相談を女性コンサルタントにすることができます。

申し込みの際に、「女性コンサルタント希望」と言っておく方法や、そのほかにも人気のコンサルタントから選ぶ方法もあります。

  • どのような資格を持っているか
  • 得意とする保険相談のジャンル
  • 空いている相談日時
  • 趣味や年齢
  • メッセージ
などが明記されているため、HPから話しやすそうな、女性のコンサルタントを選ぶことも可能です。

また、
  • オンライン
  • 店舗
  • 訪問
と、相談場所も選ぶことができます。各自の都合に合わせて利用することができるので、とても良いですね。

ほけんの窓口:女性ライフパートナーが在籍


ほけんの窓口
は、店舗数No.1、全国で600店舗以上を展開する最大手の来店型保険ショップです。 


約35社の取扱保険会社数は業界トップ水準です。


ショッピングセンターなどに多く出店しており、全国に店舗があるため、近くに店舗がなくて相談できないということは少ないといえます。


大手の保険ショップであり、女性の相談員(ライフパートナー)も多数在籍しています。


そのため相談者が女性の場合には、女性スタッフを希望する旨をあらかじめ伝えておくことで、女性スタッフに担当してもらうことができます。


近くの店舗で、多くの保険会社を比較した上で納得して保険を選びたいという方には、ほけんの窓口がおすすめです。


他の来店型ショップにもいえることですが、担当者によって相談の質にバラつきはあります。


もし相談を受けてみて、担当者の知識やスキルに疑問を感じるようであれば、別の担当者の意見を聞いてみたり、他の保険相談サービスを利用するといったことも大切です。

女性が保険の見直しをすべきタイミングはいつ?

人生には様々な経済的なリスクがあります。


保険はその経済的なリスクに備えるもので、その必要性の高さに優先順位をつけて適切なタイミングで加入するべきものです。


また、保険は加入したら終わりではなく、備えるべきリスクやニーズの変化に応じて定期的な見直しが必要となるものでもあります。


特に人生の節目となタイミングには、備えるべきリスクやニーズが変化することが多く、保険の見直しをすべきタイミングといえます。


ここからは、女性にとって保険の見直しすべきタイミングはいつなのかをみていくことにしましょう。

① 就職(経済的な独立)

高校や大学を卒業し、就職して社会人としてのスタートということは、経済的に親から独立するということです。


経済的に独立するとは、自分自身にかかるお金については自己責任になるということです。


様々な経済的なリスクにも、自分自身で備えることが必要となります。


そのため「就職」するタイミングは、経済的な備えとしての保険について考えるべき最初のタイミングとなります。


この時期には、まだ経済的に支えなければならない家族がいるという方は少ないため、基本的には自分自身の経済的なリスクへ備えることになります。


具体的には、病気やケガなどにかかる医療費や、それによって働けなくなる就業不能リスクへの備えが中心となります。


年齢的にも若いこの時期には、病気になるリスクは相対的に低いといえます。


しかし子宮頸がんなど20代前半でもかかりやすい病気もあり、一度病気になってしまうとその後保険に加入することが難しくなってしまうため、早め備えは必要といえます。


また、近年だと仕事うつになってしまうこともあり、就業不能リスクは高くなっています。


終身保障タイプの医療保険では、加入年齢が若いほど保険料は割安で、その後も保険料は上がることがないので収入に余裕のある方にはおすすめです。

② 結婚・出産(家族構成の変化)

結婚すると保険は自分のためだけでなく、配偶者や子どもといった家族のことを含めて考える必要がでてくるため、見直しのタイミングとなります。


結婚後も仕事を続けるのか、子どもを希望するのかなど、独身時代に加入していた保険の内容がライフスタイルにあったものとなっているかについて、一度見直しが必要となります。


その際には夫婦で家計をどのように支えていくのか、夫婦それぞれの保障のバランスを考えることが大切であるため、夫婦で一緒に見直しを行うようにしましょう。


また、子どもを希望するのであれば、妊娠・出産にもお金はかかります


しかし妊娠・出産は「病気」ではないので、出産育児一時金や自治体の補助制度などを活用する手もあります。


そうはいっても、切迫早産や帝王切開などのリスクがない訳ではありません。


切迫早産では3ヶ月近い入院が必要となることもあり、経済的に大きな負担となることもあります。


そのため、加入している医療保険の保障内容が適切であるかについても見直しておきましょう。

③ 50歳前後(更年期)

男女問わず年齢とともに病気にかかるリスクは上がっていきます。


特に女性は50歳前後の更年期を境にして、ホルモンバランスの変化などから病気のリスクが急激に高まる傾向にあります。


乳がん子宮がんといった女性特有のがんの発症リスクも、この時期にピークとなります。


病気になってしまってからでは、新たに保険に加入したり、保障を追加することは難しくなってしまうので、更年期を迎える前には一度保険を見直しておくべきだといえます。


この時期にはお子さまがいるご家庭でも、ある程度養育費などの目処がついてくる頃だといえます。


そのため、それまで養育費などに備えて加入していた死亡保障を見直し、その分の保険料を医療保障や、老後資金などに再配分するといった見直しを検討していきましょう。

女性保険を検討している方に知っておいてほしいポイント


多くの保険会社では「女性保険(女性のための医療保険)」といった商品を取り扱っています。

CMやパンフレットなどで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。


女性専用の保険として、女性にはとても人気の商品です。


ただ、女性だからといって女性保険に加入しなければならないということはありません。大切なのはどのような保障が必要なのかということであり、女性保険はその選択肢のひとつにすぎません。


ここでは、女性保険を検討している方に知っておいてほしいポイントをまとめました。

女性保険=医療保険+女性疾病特約

女性保険(女性のための医療保険)」とは、男性でも加入できる通常の医療保険に、女性特有の病気に対しては保障が上乗せされる「女性疾病特約」をオプションとして追加したものです。


「女性保険」という独立した商品があるわけではありません。


そのため医療保険を検討するのであれば、まず基本となる医療保険部分の保障内容を優先して考えるようにしましょう。


女性特有の病気であれば十分保障されても、それ以外の病気やケガでは保障が足りないというのでは、適切な保険とはいえません。


基本的に女性特有の病気だからといって、特別に医療費が多くかかるわけではないからです。


それを理解した上で、

  • 妊娠・出産に重点的に備えたい
  • 女性特有の病気による入院であれば個室がいい

などのニーズがあり、「女性保険」へ加入することを選択するのであれば、全く問題ありません。


また女性疾病特約によって保障を「上乗せ」した分だけ、保険料も「上乗せ」されます。保険料を多く払ってでも必要な保障なのかということも、よく考えた上で決めるようにしましょう。

”女性疾病”の定義は保険会社によって違う

女性疾病特約で上乗せ保障されると思って個室を選択したのに、給付金を請求したら「それ女性疾病に該当しません」といわれてしまった!


そんなことにならないためにも、どんな病気が女性疾病に該当するのかは知っておくべきです。


そもそも「女性疾病の定義」が保険会社によっても違うため、どんな病気が女性疾病に該当するのかを比較することも、女性保険に加入する際の大切なポイントとなります。


帝王切開や乳がんといった明らかに女性疾病といえるものは、どの保険会社でも対象となるので、特に違いはありません。


保険会社による違いが生じるのは、胃がんや大腸がんといった、性別に関係なくかかるがんであったり、リウマチや胆石といった「比較的」女性がかかりやすい疾患が女性疾病特約の保障対象となるかという部分です。


保障の面からは対象範囲が広い方がいいですが、その分保険料も割高になる傾向があります。


そのため、複数の保険会社を取り扱う保険相談サービスを利用して、対象範囲の違いやそれによる保険料の違いなどを比較してみるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


女性のコンサルタントに相談できる・希望できる保険相談窓口は

  • 保険市場
  • ほけんの窓口
です。

また、女性がほけんの見直しをすべきタイミングは
  • 就職
  • 結婚
  • 50才前後
でした。

女性保険の見直しを考えておられる方の参考になれば幸いです。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事や、どの保険相談窓口を選べば良いかと言った記事を公開しておりますので、お悩みの方はそちらも合わせてご覧ください。

総合的にみたおすすめの保険相談サービスはこちらで解説しています。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング