異常分娩は保険金給付の対象!出産費用を医療保険で備える必要性とは

出産は家族の大きなイベントです。帝王切開などの異常分娩となった場合、精神的に不安を感じる方も多いと思いますが、加えて費用や保険が適用されるのかなども心配になってしまうと思います。出産時の悩みを少なくするために、異常分娩時の保険について勉強しておきましょう。

内容をまとめると

  1. 異常分娩は公的保険が適用されるが、3割負担
  2. 帝王切開の費用はは60~70万円
  3. 医療保険に加入していればほとんど出産費用がかからなくて済む!
  4. 妊娠中に医療保険に加入しても「特定部位不担保」となり、出産時に起きたことは保障されなくなる
  5. 出産・妊娠中やその後の生活に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  6. マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能
  7. マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる! 

異常分娩に医療保険や公的保険は適用される?


これから出産を控えている方には多くの心配事があるかと思います。その一つに「費用」があるのではないでしょうか?一般的な出産は何となくイメージがついても、帝王切開などの異常分娩時のイメージはなかなかつきませんよね。


出産自体に不安を感じているときに、これからかかる費用のことを考えると、余計に不安になってしまいますよね。


少しでも安心して出産に備えるためにも、異常分娩時に医療保険や公的保険がどうなるのかを勉強しておきましょう。


ここでは、

  • 異常分娩時の保険は?役立つ公的制度とは?
  • 出産時にかかる費用は?異常分娩時の違い
  • 正常分娩との比較

についてご紹介します。


この記事をお読みいただければ、出産時に保険は適用されるのか、また費用や役立つ公的制度についてもお分かりになるかと思います。ぜひ最後までお読みください。

異常分娩は保険が適用される!出産に役立つ公的制度も知っておこう!

出産は病気などではないため、公的・民間保険の対象にはなりません


医療行為ではないため適用されないのは理解できますが、医療行為が伴う異常分娩の際が気になりますよね?


費用も通常時よりも多くかかると言われているため、適用されるかどうかを知っておくだけでも、不安が解消されるのではないでしょうか?


また、出産時には国などから補助金が出るのか、公的制度でどれほど負担を減らせるのかも知っておきたいポイントです。


ここでは、

  • 異常分娩時に保険は対象?
  • 医療保険に加入がおすすめ?
  • 妊娠の際に役立つ公的制度

をご紹介します。

異常分娩は公的保険が適用される!

経膣分娩以外の医療行為が必要な出産が異常分娩です。帝王切開や吸引分娩などが当てはまります。 


帝王切開手術は約20万円ですが、この手術費用には公的保険が適用されるため、負担額は3割の約6万円となります。


また、促進剤の使用は、母子に危険がある場合などに行うときなどの条件がありますが、公的保険が適用されます。


手術費用などには保険が適用されますが、通常の出産時と同じように自己負担部分が多いため、手術を行う分費用は高額になってしまいます。入院が長引くことも、費用がかさむ原因の一つです。


ひと昔前までは帝王切開は珍しいイメージがあったかもしれませんが、最近では出産する4人に1人に行われているため、そこまで珍しい出産方法ではなくなってきました。帝王切開だけでもこれほどの割合となり、異常分娩全体ではさらに割合が増えてきます。


保険料の3割負担だけでなく、医療保険でも支払いの対象となるため、医療保険に加入していればそれほど大きな負担は無いのです。


自分には関係ないと考えず、妊娠前に医療保険へ加入しておくことをおすすめします。

出産に万全に備えるなら女性に特化した医療保険が必要!

医療保険に加入しておくことで、帝王切開時には

手術費用:5~20万円

入院費用:5,000~10,000円(1日あたり)

が支給されることになります。


通常の出産ならば50万円ほどの費用ですが、帝王切開では60~70万円の費用がかかります。手術費用がかかることや、入院が長引くことなどが高額になってしまう理由です。


自己負担することを考えるとかなり高額ですよね。


このような事に備えておくためにも、医療保険、特に女性に特化した医療保険への加入がおすすめです。


医療保険に加入しておくことで、手術を行った場合には手術給付金が、さらに入院給付金も受け取ることができます。かなり負担を減らすことができるのです。


ただし、妊娠後の保険加入は難しいのです。できたとしても異常分娩時は適用外になってしまう可能性もあります。


そのため、出産時に不安がある方は妊娠前に保険へ加入するようにしてください。


もっと詳しく知りたい、自分一人で決めるのは不安、という方は、保険相談がおすすめです。プロに教えてもらうことで、自分に合った保険を探すことができます。

妊娠の際に知っておくべき公的制度

妊娠時や出産時には多額の費用が必要になってきます。正常分娩でさえ50万円程の費用が必要になり、さらに検診などでも費用がかかってきます。


公的制度を利用することで、このような金銭的負担を少なくすることが可能です。

  • 出産育児一時金:42万円の補助
  • 出産手当金:給料の2/3程度の補助
  • 高額療養費制度:一定以上の医療費を負担

などの公的制度を利用することができます。


特に出産育児一時金は1児につき42万円の補助を受けることが可能です。かなり大きな金額を受け取ることができるため、忘れずに申請を行うようにしましょう。


出産手当金は働いていた方が出産を理由に休みを取る際に利用できる制度です。給料の2/3程度の補助(リンク出産一時金の受取金額:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/sb3290/r148/)を受けることができるため、有効に活用しましょう。


また、高額療養費制度は医療費が限度額以上になった際に利用できる制度ですが、異常分娩の際にも利用ができます。一般的な所得の方は87,400円以上の医療費を支払うことになった場合、超えた分の医療費が戻ってきます。上限以上となった際には迷わず利用するようにしましょう。


公的制度だけでは不安が残る、という方は、早めに医療保険に加入しましょう。保険選びに悩んだら、保険相談がおすすめです。保険相談を利用することでライフプラン相談を行うことも可能です。これからのことについてしっかりと考えておきましょう。

妊娠や出産にかかる費用はいくら?異常分娩は保険加入が必須!



妊娠や出産にかかる費用は思っていたよりも高額なものです。異常分娩の際には正常分娩よりもさらに費用がかかってしまう事になります。


公的保険が適用され、高額療養費制度を利用することで、ある程度負担は軽くなるかもしれません。


しかし、帝王切開になる人の割合が4人に1人と言われている今、出産に備えて医療保険へ加入しておくことは決して無駄ではありません。


妊娠や出産でどれくらいの費用が必要になるのか、妊娠がわかってから保険に加入することができるのかなどを以下でご紹介していきます。

妊娠・出産にかかる費用

出産までにかかる費用としては、

  • 妊婦健診費用+妊娠中の検査費用:7~8万円
  • 出産費用:50~60万円

が挙げられます。


妊婦健診費用は1回あたりの費用は1,000~5,000円程度ですが、回数が多いため、自分で負担するとなると結構な金額になってしまいます。


しかし、妊婦健診費用は母子手帳と同時に交付される補助券を利用することで、ほとんど自己負担なく受けることが可能です。


妊娠中の様々な検査も、補助券に含まれているため、費用の心配はほとんどありません。


出産費用は正常分娩で平均50万円ほどかかるとされています。入院の部屋を個室にしたり、地域によってはこれよりも高額になることも多くあります。


50万円と聞くとかなり負担が大きいと感じる方もいるかもしれませんが、出産育児一時金で42万円が支給されるため、そこまで負担が大きくなるわけではありません。


ただし、帝王切開などの異常分娩の際には、さらに医療費がかかることになり、正常分娩の費用プラス10~20万円ほどの費用がかかることになるため、自己負担金額はかなり大きなものとなります。

妊娠中だと保険加入は厳しい!

妊娠がきっかけで医療保険の検討を始める方もいらっしゃるかもしれません。しかし、保険への加入は妊娠前が鉄則です。


妊娠中は妊娠していないときと比較すると、リスクが高いと判断されてしまいます。そのため、保険への加入が難しくなってしまいます。


妊娠中でも加入できるものもあります。しかし、その保険が異常分娩などの保障をしてくれるのかというと、ほとんどの場合「特定部位不担保」となり、出産時に起きたことは保障されなくなってしまいます。


また、帝王切開を経験された方も同様に、加入しにくい、補償範囲が制限される事が多くなります。一度帝王切開を行うと、そのあとの出産も帝王切開になる確率が高いためです。


このように、保険への加入が難しくなってしまったり、保障に制限が出てしまう事もあるため、妊娠前がおすすめです。

正常分娩と異常分娩を比較

それぞれを

  • 費用
  • 保険適用

の面で比較してみましょう。


異常分娩となった際には妊婦さんが感じる不安も大きな違いとなりますが、やはり多額の費用がかかることが大きな違いとなります。


帝王切開では手術費用が余分に必要になり、さらに入院が長引くことで費用は高額になります。最低でも10万円ほど多くかかると思っておくようにしましょう。


通常の平均費用が平均50万円ほどになるため、10万円をプラスすると60万円ほどはかかる計算です。出産育児一時金が給付されても、18万円は自己負担することになります。個室などを利用した場合には、さらに費用は膨らんでいきます。


また、異常分娩では公的保険や民間の保険が適用されるということも大きな違いです。医療費が高額になった場合には高額療養費制度が利用でき、さらに医療保険を使うことで負担は最小限に抑えられます。

まとめ:妊娠・出産前に保険も含めて知識を身につけることが重要!


いかがでしたか?ここでは出産時の保険や費用について、特に異常分娩時を重点的にご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • 異常分娩時には公的・医療保険ともに適用される
  • 出産時の公的制度は、出産育児一時金・出産手当金・高額療養費制度など
  • 出産費用は平均50万円ほど
  • 異常分娩時の費用は60万円ほど
  • 異常分娩は医療保険で負担が減るため妊娠前の加入がベスト
  • 出産の仕方で費用や保険が適用されるかどうかの違いがある

になります。


これから妊娠・出産を経験される方の多くは、自分が正常分娩で赤ちゃんを産む姿をイメージしているかもしれません。


しかし、帝王切開での出産件数は年々増加しており、4人に1人とも言われています。確率も高く、自分には関係ないとは言い切れません。


保険が使えるため、医療保険の利用で負担を減らすことが可能です。妊娠後では加入が難しいため、事前に加入しておきましょう。


保険のことで悩んだら、保険相談を利用してみましょう。マネーキャリアでは無料保険相談を行っているため、ぜひ一度利用してみてください。


ほけんROOMでは他にも女性保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ランキング