がん保険の審査は医療保険よりも緩い!告知義務をしっかり果たそう!

よく医療保険の延長線上にがん保険があると捉えられている方がいますが、それは間違っています。がん保険は単体の保険であり、それゆえに審査基準も独特です。ガン保険に加入するための審査がどのようなものであるかを知り、ガンに備えた保険を作ってみませんか。

医療保険よりも緩いがん保険に加入する際の審査について解説

がんは治療費が高額になりがちなため、治療行為や入院に対する費用を補填してくれる保険で備えておきたいものです。


がんに対する保険としては医療保険が考えられますが、近年はがんの治療費への保障に特化したがん保険が数多く販売されており、人気となっています。


がん保険に加入するためには医療保険と同様に審査を受けなければなりませんが、実は医療保険よりもがん保険のほうが、審査が通りやすくなっていることをご存知でしょうか。


そこでこの記事では、「医療保険とがん保険の告知と加入のしやすさの比較」について、

  • がん保険は何故医療保険よりも審査が通りやすいのか
  • がん保険の具体的な審査内容と落ちた時の対処法
  • がん保険の告知義務違反とは

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、がん保険の告知の特徴を知ることができ、これからがん保険に加入しようと考えている方にとって手続きの役に立ちます。


是非最後までご覧ください。

がん保険の告知義務と告知義務違反とは

がん保険には、過去の病歴などを告知する義務があります。このことを告知義務といい、その告知で虚偽の報告をすると、告知義務違反となります。


その場合、契約を破棄されたり、がんになっても保障されないというペナルティを受けることになります。たとえ、忘れていたり勘違いをしていた場合であっても、告知義務違反となりますので、注意が必要です。


医療保険でも告知義務というものが発生しますが、そもそも告知義務というのは保険会社が保障相手として相応しいかを審査するための情報であり、民間の保険契約として一方に負荷を偏らせすぎない、加入者を公平にするという目的もあります。


告知義務違反してもペナルティとはならない場合もある

責任開始日から2年を超過している場合は、告知義務違反であったことが判明しても、保険会社が契約を解除することはできません。

ただし、責任開始日から2年を超過していても、がんと診断されたのが2年以内の場合には、保険会社が契約を解除することができます。


また、これはあくまで些細な告知義務違反の場合のみです。がんにかかった経験があるのに、がんにかかったことはないなど、重大な告知義務違反の場合は、2年を経過していたとしても、保障されません。


あとで説明するように、がんにかかったことのある人でも入れるがん保険はありますので、正直に告知を行いましょう。


責任開始日とは、「申し込み」「告知」「1回目の保険料の支払い」がすべて終了してから、90日経過した翌日のことを言います。またこの90日間のことを免責期間(待機期間)と言い、この間にがんと診断された場合は保障されません。

がん保険の主な審査内容

がん保険はガンだけを対象とする保険です。ガンになった場合は入退院を繰り返すことが多いと言われています。

ガンにも種類がありますので、また進行度についても勘案すると千差万別となっています。ゆえに重視するべき保障内容というものにも個人差が出てきてしまいがん保険には豊富な種類の保障項目があります。


保険会社にとって保険金というのは出費に当たりますので支出に関する審査というものには慎重にならなければなりません。


がん保険の代表的な保障項目に「入院給付金」「診断給付金」「手術給付金」があり支払回数に関しても他の保険よりも多くなっています。


ただしこれらの保障はガンにしか適用されないため告知義務の診査に関してはガンに関係するものしか審査しないことがほとんどです


また、これから主な審査内容について取り上げますが、保険会社によって審査基準は違うことも知っておきましょう。

これまでのがん罹患歴(悪性新生物)

がん保険への加入の際に必ず見るのがガン罹患歴です。

つまり今までにガンにかかったことがあるかどうかを調べる質問項目です。

がん保険の多くはガンにかかってから2年以内は給付金を出しません。いくら入退院を繰り返したり、再発リスクが高い病気とはいえ保険会社が支払える保険金にも限度があります。


がん罹患歴を審査することでどの程度の保険金を準備しておくべきか、またその保険金の積み立てのためにどの程度の保険料を徴収しなければならないかを勘案します。


多くの場合は保険料を上げる代わりに保障項目を制限します。


なお、上皮内新生物の場合は、保険会社によって対応が異なるので、確認してみましょう。

過去3ヶ月以内にがんに関する医師の診察を受けたかどうか

次に過去3か月以内にガンと診断された、あるいはがん検診のために医師の診察を受けたかを確認します。

医学的な審査を経て加入させることでがん発生へのリスクを防止できます。また健康状態に対する担保を取っておく必要があるからです。

なぜ審査項目に加えられているかというと具合が悪いことを知って「ガンかもしれない」と思いがん保険に加入されることを防ぐためです。

現在入院中かどうか

基本的に入院中の方は保険に加入することはできません。しかし、今回は医療保険ではなくがん保険です。

ガン保険の加入にはガンに関連する治療を受けている入院ではない限り加入に対して不利になることはありません。

ただし入院している理由と現状の確認のために告知義務として審査することになっています。

過去2年以内に精密検査などを受けたかどうか

がん保険加入についてはがん検診のように直近3か月以内よりは甘いですが、過去2年以内に精密検査を受けていることが要件としてあげられることが多いです。

がん検診は簡易的な検査で終わることが多いため精密検査のように細かくは調べられていません。


そのため精密検査に関しても定期的に受けてもらえると医学的な担保を取れることになるので審査項目に挙げています。

女性の場合は、妊娠しているかどうか

通常の正常分娩なら問題なく加入ができます。

女性の場合は、子宮頸がんなど女性特有のがんもありますので、加入を検討してみましょう。


ほけんROOMには、告知内容や持病持ちの方でも加入しやすい保険について詳しい専門家がいますので、自分がどれに当てはまるかわからないという方や不安がある方は、是非下のボタンから相談してみてはいかがでしょうか。

がん保険の審査は医療保険の審査よりも厳しくない

医療保険に加入しようと思ったけれども審査が通らなかったのだから、がん保険の診査も厳しいと思い込んでいる方は少なくありません。

しかし、冒頭で説明したように保険によって重視すべき告知義務の要点は異なります。

医療保険は保障範囲が広くガン特約を付けることもあります。そのため医療保険の審査を受けてからがん保険の審査に移行する方は多いです。


また、医療保険とがん保険は別物ですので審査に関しても別物だと捉えてください。


またがん保険の審査期間は1~2週間程度です。

がん以外の病気の病歴はがん保険の審査に関係ない

がん保険加入に関してがん以外の病歴は関係ありません。ゆえにがん保険の審査にはガンに関係する病歴のみが重視され、他の病気にいくらかかっていようが大して不利になることはありません。

がん保険が保障する内容はガン由来の病気だけです。ケガはもちろん他の病気には適用されません。


保障が適用されない(免責事項)に抵触する内容については保険会社は感知しないことが一般的です。


なぜなら保険会社にとって心配なことは集められた保険料を越してしまう保険金の支払いです。


生命保険の死亡保険金のようにかなり高額にはならないとは言いつつもがん保険が支払う保険金も相当額になります。


「診断給付金」では50万円や100万円が相場であり、「入院給付金」に関しては日額5000円や1万円が相場ですが日数上限がないものもあります。


保険会社が告知義務を審査する理由はこのような保険金の支払いリスクに備える目的があります。


よってがん保険ではがん以外の病気については審査とは関係ないとみなします。

告知する職業などもがん保険の審査では関係ない

医療保険は、病気だけでなく、怪我での入院なども保障内容に入るため、高所作業を扱う職業の方やスタントマンや格闘家など、怪我のリスクが高い人は医療保険を断れれることがあります。

しかし、がん保険は、がんの病気だけの保障なので、このような職業の方でも問題なく加入することができます。


ここまでで、「がん保険が必要かもしれない」と思われた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。
 


本当にがん保険が自分に必要なのか、必要ならどのがん保険がいいのかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 


 >保険のプロに無料相談はこちら

がんの罹患歴がある人でも加入できるがん保険がある

また、ガンにかかったことがある方は通常のがん保険の審査では通らない場合が多いでしょう。

しかし、そんな方でも、がん保険に加入できる可能性があります。


がん保険はそもそもガンによって苦しむ方のための保険ですので、ガン罹患者にこそ多く広めるべきです。

ただし保障内容にいくらかの制限がかかり、特定部位不担保という形で保険に加入することになります。

引受基準緩和型がん保険

がん保険の中には、引受基準緩和型がん保険というものがあります。

医療保険にも引受基準緩和型というものがありますがそれと同様で、通常では加入を見送られるような疾病の罹患歴があっても加入できる保険です。


緩和される具体的な内容としては、告知義務に関する審査項目が通常よりも少なく、審査基準自体も緩いということが挙げられます。


一般的な告知事項として加入時に申告しなければならない精密検査やがん検診の項目が無く、比較的簡単な告知のみで審査を受けることができるのが、引受基準緩和型保険の特徴です。


ただし、このような保険の場合は加入者に対する保険金支払いの可能性も高く、その分他の加入者との不公平感が生じないように、保険料が割高に設定されています。


しかし保障内容そのものについては、通常の保険契約と大差ないものがほとんどです。


一回がんに罹患してしまうと再発の可能性も他の病気よりも高いため、保険を諦めていた人でもその不安を和らげるために加入を検討する価値はあります。

無告知型がん保険

告知義務に関して言えば、がん保険には無告知型の保険もあります。

引受基準緩和型がん保険は確かに通常の保険よりも加入しやすいのですが、それでも条件が整わず加入が厳しい人もいます。

そんな人でもさらに加入しやすい保険が、この無告知型がん保険です

無告知型とは名前の通り、加入にあたって告知に関する項目が無い、あるいはごく少数の確認事項しかない保険契約のため、基本的に誰でも加入ができます。

デメリットとしては、引受基準緩和型がん保険よりもさらに保険料が割高になるとともに、給付金の支払いが1回のみであったり、免責事項が広い場合があり、保障が限定的です。


通常、がん保険において再発したがんについては2年経過していれば問題なく保障を受けることができます。


しかし、無告知型の場合は経過年数が長くなっていたり、そもそも再発に対して備えていないものもあるため、通常のがん保険と比べてもあまり使い勝手の良いものではありません。


他で加入を全て断られて、それでもどうしても保険に加入したい人は、無告知型の保障の条件などを事前に確認しておく必要があります。


告知についてもっと詳しく知りたいという方は、一度専門家に相談することをおすすめします。

まとめ:がん保険の審査について

がん保険特有の告知や審査について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がん保険の告知事項は基本的にがんに関係する病気の罹患歴のみ
  • 入院中や妊娠中の女性でもがんと直接関係なければ加入できる
  • 医療保険のように職業による審査の優劣は無い
  • がんの罹患歴があってもがん保険に加入できる場合もある

です。


がん保険は医療保険と比べると、非常に加入しやすい保険です。


また高額になりがちながんの治療にピンポイントに備えるという目的のため、保険料もさほど負担にはならず、保険商品としても優れています。


医療保険とは目的が異なるため、一概にどちらが良いとは言えませんが、がんへの備えを厚くしたいのであれば医療保険のがん特約ではなく、迷わずがん保険に加入することをおすすめします。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が