がん保険は持病持ちでも入れる?持病があっても入れるがん保険を比較

持病があり、もうがん保険には加入できないのではないか?と心配されている方もおられることでしょう。現在では既往症や持病があっても入れるがん保険や医療保険もあります。告知がなく誰でも入れる保険もありますのでぜひ最後までご覧ください。

持病持ちでも入れるがん保険とは?



通常のがん保険に入ろうとする場合、告知内容や審査内容が細かく、持病がある方にとっては新たな保険加入は難しいことがあります。
ですが、保険会社によっては告知内容や審査内容が異なり、はじめは加入を断られても、別の保険会社では加入できたというケースもあります。

まずは通常の保険に加入できるか確認してみましょう。

しかし、やはり持病のために保険加入を断られてしまったのであれば、他の手を考えなくてはいけません。

現在、保険会社はさまざまな保険を販売しており、その中には、加入条件を緩和したり告知内容を限定的にすることで、持病がある方でも加入しやすい保険というものがあります。

この加入しやすい保険にはメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。このタイプの保険に加入する際に注意していただきたいことを説明していきます。

既往症があっても入れるがん保険はある

すでに持病がある方でも、万一の備えのためにがん保険に加入したいと考えることでしょう。しかし、持病があると入れる保険に限りがあります。

今ではさまざまなタイプの加入しやすい保険というものが販売されていて、通常のがん保険同様これらの保険もよく耳にするようになりました。

持病があっても入れる保険とは、実際どのようなものなのでしょうか?それらの保険を種類別に見ていきたいと思います。

持病があっても入れるがん保険3種類

「いつか保険に入ろう」、もしくは「自分は持病もないしがんにはならないだろう」とがん保険の加入を先送りにしていた矢先にがんが発覚したら、そこでがん保険への加入は諦めてしまいそうですよね。
多くの人は保険への加入は病気や万が一のために備えるもの、だから病気になってからでは保険に加入できないと考えるでしょう。
特にがんという病気は、一度発病すると転移や再発のリスクがあるので、さらに保険への加入は難しいように思えます。

しかし、昨今テレビやインターネット上で『持病があっても入れます』というがん保険の宣伝をよく目にするようになりました。
実際、このような保険は安心できる保障内容なのか?本当に持病があっても加入できるのか?
メリットやデメリットも踏まえて、3つのタイプの持病があっても入りやすいがん保険を説明していきます。

引受基準緩和型のがん保険

通常、がん保険とはがんにかかったことがある方や現在がんにかかっている方は加入することができません。
しかし、持病やがんにかかったことがあったとしても、病気への備えのために入れる保険があります。

引受基準緩和型のがん保険もそのうちの一つです。名前の通り、保険加入条件の基準を緩和することで、持病があっても保険に入りやすくなっています。

告知内容としては、以下の条件が問われます。これらがすべて「いいえ」であれば保険に加入することができます。
  • 現在入院中、または過去1年以内に病気による入院や手術、先進医療や検査をすすめられたことがありますか?
  • 過去2年以内に糖尿病や脳卒中、心筋梗塞など保険会社が規定している病気で入院をしたことがありますか?
  • 過去5年以内に糖尿病の合併症やがん、心臓病など保険会社が規定している病気で医師の診察や治療、検査や投薬を受けたことがありますか?
緩和されている条件は保険会社によって異なります。
また、これらの条件をクリアしていても、職業や既に契約されている保険などがあった場合にはその通算などによって加入できなくなる場合もありますので、保険への加入を検討する際には健康状態だけではなく、別の条件についても保険会社に確認しておきましょう。

限定告知型のがん保険

保険会社に告知しなければならない健康状態などの条件が通常よりも限定されており、以前がんにかかっていたとしても、その条件をクリアすれば保険に加入することができます。

以下の内容が、ほとんどの保険会社で限定告知の条件とされています。この条件にすべてあてはまれば保険に加入することができます。
  • 過去2年以内にがんで入院または手術を受けていない。
  • 過去2年以内にがんまたは肝硬変など所定病気と診断されていない。
  • 女性の場合乳房のしこりや乳腺から異常な分泌液や出血の症状がない。
  • 過去6カ月以内に病気を原因とした入院または手術を受けていない、または入院手術をすすめられていない。
加入条件が限定されているので、このタイプの保険の保険料も通常のがん保険に比べると割高になっています。
また、この加入条件や保障内容は保険会社によって異なりますので、保障内容等をきちんと確認するようにしましょう。

無告知型のがん保険

無選択型保険とも呼ばれるこのタイプの保険は、健康状態などの告知なしで加入出来るがん保険です。
どのような健康状態にもかかわらず誰でも加入できることが最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、健康に不安を抱えている方が誰でも加入出来るということは、保険会社はその分保険金や給付金を支払う可能性が高くなります。そのため保険会社は通常よりも積立金を必要としますので、保険料は割高となってしまいます。

また、保障内容が限定的であったり、給付金の上限額が低く設定されていたりと満足のいく保障内容ではない場合もあります。
この保険料が割高で保障内容が限定的ということが無告知型がん保険のデメリットです。
デメリットの面が多いので、いくつかの保険会社に保険加入を断られたからといって、すぐにこの無告知型に手を出すのではなく、他の持病があっても入りやすい保険の加入をまず検討してみてください。

ここまでで、「がん保険が必要かもしれない」と思われた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。
 

本当にがん保険が自分に必要なのか、必要ならどのがん保険がいいのかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 

持病ありでも入れる医療保険について

持病があると医療保険に加入することも難しくなってしまうことがありますよね。実は持病があっても入れる医療保険は、ガン保険と同様にあります。


条件付きの医療保険加入や、引受基準緩和型の医療保険などがあり、がん保険と同様に現在では多様なプランがあります。


以下の記事で持病ありでも入れる医療保険について詳しく解説していますのでぜひ一読ください。

持病があっても入れるがん保険をご紹介

がん保険への加入条件は、保険会社や商品によっても違います。持病があることが理由で、ある保険会社では加入できなくても、別の保険会社では加入できる可能性があります


「現在がんにかかっている」とか、「過去にかかったことがある」からとあきらめるのではなく、複数の保険会社を比較検討してみることも大事です。


以下に、持病があっても入れるがん保険を2つご紹介します。

アフラックの生きるためのがん保険 ALL-in

アフラックの「生きるためのがん保険 ALL-in」は、がんの治療費はもちろん、治療に関連する費用についても保障してもらえます


その特徴は、大きく分けて3つあります。

  1. がんの多様な治療法や長期にわたる治療費にも対応
  2. 入院した時のベッド代の差額などの関連費用も保障される
  3. がん治療の相談に対する付帯サービスが無料


治療費

がんの治療には手術放射線治療抗がん剤ホルモン剤治療をはじめ、さまざまな治療法があります。そして、その治療は長期間続くので治療費の総額は高くなるのが一般的です。


多様ながんの治療法が対象で、治療費も長期間にわたって保障してくれるので安心です


【1】治療給付金

実際の自己負担がいくらだったかにかかわらず、通算600万円まで、所定の治療を受けた月に10万円受け取ることができます。


【2】がん先進医療給付金

先進医療にかかる費用についても、通算2,000万円まで、1回にかかる自己負担額と同額が保障されます。さらに、年に1度がん先進医療一時金として15万円を受け取ることができます。


治療関連費

がんの治療には治療費だけではなく、入院時の差額のベッド代や病院への交通費などの諸費用がかかります。これらの治療関連費も受け取った一時金でカバーできるので安心です


【1】診断給付金

がん・上皮内新生物と初めて診断された時には、がんなら50万円、上皮内新生物なら5万円を一時金として受け取ることができます。


【2】特定診断給付金

がんで入院したり、通院が長引いて所定の条件を満たした時は、50万円を一時金として受け取ることができます。


【3】複数回診断給付金

がんの再発が診断確定から2年以上経過していれば、1回につき、がんなら50万円、上皮内新生物なら5万円を一時金として受け取ることができます。


さらに、治療中の出費に対しても保障されます。


【4】入院給付金

契約した入院給付金(1日につき10,000円か5,000円)が受け取れます。


【5】外見ケア給付金(特約を付けた場合)

手術や抗がん剤治療などによって外見のケアが必要になったら、

  • 頭部・顔の手術・・・20万円
  • 手や足を切断・・・・20万円
  • 髪の毛の脱毛・・・・10万円
を、各1回ずつ受け取ることができます。

【6】通院給付金
契約した通院給付金(1日につき10,000円か5,000円)が受け取れます。

また、がん治療が長引けば収入も減収するので、そのための対応も必要です。

【7】特定保険料払込免除
入院や通院が所定の条件を満たした時は、以後の保険料は払い込まなくても保障は継続します。

付帯サービス

【1】訪問面談サービス
がんの告知を受けたら、何をどうすればいいかわからない方がほとんどです。専門のカウンセラーが、がんの幅広い疑問や悩みに答えてくれるサービスです。

【2】専門医紹介サービス
医師同士の相互評価で一定の評価を得た優秀な医師を紹介してもらえます。

【3】セカンドオピニオンサービスWebセカンドオピニオンサービス
治療方針などについてのセカンドオピニオンを、面談またはWebで相談することができます。

【4】がん治療に伴う生活情報サービス
治療に伴う生活の悩みに対する情報をまとめた小冊子がもらえます。

費用だけでなく、さまざまな面でサポートが受けられるアフラックの「生きるためのがん保険 ALL-in」は、オススメのがん保険です。

アフラック「生きるためのがん保険 寄り添うDays」

アフラックの「生きるためのがん保険 寄り添うDays」は、5年以上前にがんを経験されたことのある満20歳~満85歳の方が申し込みできる保険です


その特徴は、大きく分けて5つあります。

  1. がんの再発や転移に対する保障
  2. 入院や通院に対する保障
  3. 手術・放射線治療に対する保障
  4. 抗がん剤治療・先進医療へ備える
  5. がん治療の相談に対する付帯サービス

過去のがんの再発・転移でも保障

がんは、手術で取り切れていなかった小さいものが再び現れたり、放射線治療で一度は縮小したものが再び大きくなることがあります。また、血液やリンパ液の流れに乗って別の場所へ転移することもあります。


このように、過去に経験したがんが再発転移した場合でも保障されます。


増加する通院治療に対する保障も充実

医療技術は日々進歩し、がん治療でも通院治療が増えてきています。入院はもちろん、三大治療(手術・放射線・抗がん剤)のための通院も日数無制限で保障されます。


手術・放射線治療に対する保障も充実

がん・上皮内新生物に対して所定の手術・放射線治療を受けた場合には、回数無制限で保障されます。

抗がん剤治療・先進医療への備え

治療が長期間にわたる抗がん剤治療や、健康保険制度が適用されずに高額になる先進医療にかかる技術料については、特約を付加することで保障を充実することができます。

付帯サービス

付帯サービスについては、「生きるためのがん保険 ALL-in」と同じです。


がんを経験されたことのある方には、アフラックの「生きるためのがん保険 寄り添うDays」がオススメです。

持病ありでがん保険に入る際に告知で気をつけたいこと

生命保険などに加入する際、保険会社が最も重要なポイントとしていることは、契約者からの告知による情報です。
この告知によって保険に加入できるかを審査します。
保険というものは、多数の方々が保険料を出し合うことによって相互に保障を支えあう制度となっています。そのため、初めから健康状態の悪い方や健康状態に不安のある方を無条件に加入させてしまうと、保険料負担の面でも公平性が保たれなくなってしまいます。

告知の方法は、保険会社が用意している「告知書」への記入や、医師からの「診断書」などの提出となります。ちょっとした風邪や歯の治療での通院があった場合、これくらいはいいだろうと考えてしまうかもしれませんが、些細なことでも必ず保険会社に告知するようにしましょう。
審査をするのは保険会社ですので、告知が必要かどうか迷ったら、まずは保険会社に確認することが大切です。

一般的な生命保険の告知内容を見てみましょう。
  • 過去3カ月以内に医師の診察や検査、治療や投薬を受けたことがありますか?
  • 過去5年以内に、病気やケガで手術を受けたことがありますか?
  • 今までに、がん(悪性新生物または上皮内新生物)にかかったことがありますか?
  • 過去2年以内に、健康診断や人間ドックなどを受けて、異常(要再検査、精密検査、要治療)を指摘されたことはありますか?
  • 女性の場合、現在妊娠していますか?

保険への加入のために新たに健康診断を受けなければいけないということはありませんが、過去2年以内に健康診断を受けていて、異常を指摘されていた場合には健康診断書の提出が必要となりますので、診断結果は必ず保管しておきましょう。

医療保険と同様にがん保険にも告知義務がある

もちろん、がん保険でも保険会社は給付金のための積立金が必要ですので、その給付金が余分にかからないようリスク回避のために契約者に健康状態などの告知を求めます。
保険に加入しようとする方には、保険会社に対して告知義務があります。

それでは、医療保険とは違ってどのような告知内容となっているのか、一般的ながん保険の告知内容を見てみましょう。
  • これまでにがん(悪性新生物または上皮内新生物)にかかったことがありますか?
  • 現在入院中ですか?
  • 過去3カ月以内に入院や手術をすすめられましたか?
  • 過去3カ月以内にポリープや腫瘍、肺気腫や慢性腎不全など保険会社が規定している病気またはその症状で医師の診察、検査、治療、投薬のいずれかを受けたことがありますか?
  • 過去2年以内に受けた健康診断や人間ドックで、胸部レントゲンやマンモグラフィ、便潜血検査や超音波検査などの保険会社が規定する検査結果で、異常(要再検査、精密検査、要治療)を指摘されたことがありますか?

以上ががん保険の主な告知内容となりますが、これらを見てみると、がん保険での告知では、がんに関わるものの告知が主となっています。

また、がん保険の告知ではほとんどの場合職業は問われません。


生命保険では、危険な職業に就いている場合、保険への加入が厳しくなりますが、がん保険では職業によってがんにかかる可能性が高まるということはほとんどないためです。

しかし、稀に保険会社によっては職業も告知内容に存在している場合もありますので、告知内容はきちんと確認するようにしましょう。

告知義務違反に注意しよう

生命保険やがん保険に加入する際に、保険会社には健康状態などを告知します。
保険会社に提出する告知書に記載しなければならない健康状態や過去の入院歴、持病などを故意または忘れてしまっていて告知することなく保険に加入した場合には告知義務違反となります。

健康状態などを正しく告知した場合、保険に加入出来なかったと認められた場合には、保険会社はこの契約を保障の開始(責任開始日)から2年以内であれば解除することができます。
しかし、この2年以内に給付金支給が発生していた場合にも2年経過していても契約を解除することができます。

また、告知義務違反であっても、契約解除にならない場合もあります。
それは保障の開始から2年以上経過しており、その間に給付金の支払いが発生しなかった場合と、保険会社が告知義務違反の事実を知ってから1ヶ月以上経過した場合です。
もう一つ、保険会社側の責任となる不告知教唆があった場合です。不告知教唆とは、加入している保険の担当営業マンが、保険加入時に告知内容を記載しないよう指示するなどし、契約者に故意に告知義務違反をさせる行為です。
告知義務違反がこの不告知教唆によるものであると認められた場合には契約者に非はなく、契約を解除されることはありません。
しかし、この不告知教唆を証明するのは非常に難しいので、いくら営業マンに促されたからといっても、告知内容は偽らないようにしましょう。

保険法では、告知義務違反があった場合でも、保障の開始から2年以上経過していた場合には契約の解除ができないとなっているので、告知義務違反の時効は2年ということになります。
時効が過ぎ、契約を解除されていないにしても、意図的に告知義務違反を行ったと保険会社が判断した場合には、告知違反に関連する病気の際の給付金の支払に応じなかったり、支払条件が厳しい保険となってしまうでしょう。
また、保険会社は情報を共有していたり、加入しようとする人のリサーチを行いますので、告知義務違反をし契約を解除されたとなると、もちろん他の保険会社は加入を渋ることになるでしょう。

告知義務違反をすると給付条件や新たな保険への加入が厳しいものになることがよく分かりましたね。故意的でないにしろ、告知義務違反とならないように、持病や入院歴などがある方は告知に必要な情報をまとめ、保険加入時にはきちんと正しい告知ができるようにしておきましょう。
もしも保険加入後に告知忘れに気付いた場合には、速やかに保険会社に連絡し、追加告知を行ってください。

持病があっても入れるがん保険は保険料が高額になる?

持病があるから保険に加入できないのではないかと心配している方にとって、持病があっても加入できるがん保険がいくつかあるということは安心ですよね。

しかし、この優しいフレーズだけで飛びついてはいけません。

持病があっても加入できるということは、保障内容が限られていたり、保険料が通常のがん保険よりも割高となっています。これは保険会社が通常よりも給付金のための積立金を必要としているためですので、仕方がないのかもしれません。
ですが、最近は保険会社の競争が激しくなっていることから、このような加入しやすいがん保険の保険料も引き下げられてきています。

保険料が下がってきているといっても、通常の保険加入と比べてどれくらい違うのか、同じ保険会社の同じ保障内容で比較してみました。
50歳男性が入院日額1万円、手術給付金が10万円の終身払いで契約する場合、通常のがん保険では保険料は月額5,280円でした。
引受基準緩和型などの持病があっても加入しやすい保険タイプでは、保険料は月額8,849円になります。
ひと月の保険料の差額がおよそ3,500円にもなります。また、通常の保険タイプでは入院給付金の日数制限はありませんが、持病があっても加入しやすい保険タイプの入院給付金は1回の入院で60日の限度日数があります。
さらに、契約から1年以内に入院や手術を受けた場合には、給付金の半分しか受け取れません
加入時に見逃しやすい内容ですので、よく確認しておきましょう。

このように、加入しやすい保険というものにはデメリットの面が多くなってしまいます。保険会社によって保障内容も保険料もさまざまですので、加入を検討する際にはいくつかの保険会社に相談することをおすすめします。

持病のある部分が保険適応外の不担保になることも

これまで、持病があってもがん保険に加入できると説明してきましたが、この持病があっても入れる保険には、持病のある部分が保険適応外となる『特定部位不担保』となる場合もあります。

この特定部位不担保とは、ある部分だけを保障の対象外とするということです。
もともと保険への加入というものは、健康な人が病気やケガに備えるためのものです。現在病気治療中や、過去に病気で入院・手術を受けた方は保険に加入することは一般的に難しいです。
しかし、持病がある方でも、その部分を給付金の支払対象から外すことで保険に加入することができる場合があります。
これを特定部位不担保引き受けといいます。

また、保険内容によってはこの特定部位不担保によって持病のある部分が保障されない期間が2~3年と一定期間の場合もありますので、ある部分の保障がされないからといってまったく悪い条件の保険という訳ではありません。
この保障されない期間を過ぎれば、持病があった部分でも保障されるようになることもありますので、よく保険内容を確認してみましょう。

まとめ:持病があっても入れるがん保険について

持病があるからこそ、万一に備えて保険に加入したいと思いますよね。
保険加入を検討するのに遅すぎるということはありません。

告知の内容によっては通常のがん保険に加入できることもありますので、持病があるからといって保険加入を諦めるのではなく、いくつかの保険会社へ加入のための審査を依頼してみてください。
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング