がん保険の審査に通らない!?告知の基礎知識と告知がゆるいがん保険

がん保険の審査に通らない!?告知の基礎知識と告知がゆるいがん保険-サムネイル画像

がん保険の審査に通らないことってある?審査に必要な告知って何?と疑問に思っているあなた。医療保険とは違い、単体の保険であるがん保険は、審査基準が独特となっています。がん保険の審査に必要な告知内容がどのようなものかを知り、がんに備えた保険を作りましょう。





▼この記事を読んで欲しい人

  • これから保険加入を考えており、告知が何か知りたい人
  • がん保険の審査になぜ通らないのか知りたい人
  • 商品ごとに入りやすさがどれくらい違うのか知りたい人

▼この記事を読んでわかること

  • がん保険の告知とは何か
  • がん保険の審査に通らない理由2つ
  • 審査のゆるい商品と厳しい商品の違い

内容をまとめると

  • 保険加入前の契約者の健康状態について回答することを、告知という
  • 審査に通らないのは、がんやがんに関係する病歴のあるある人
  • がん保険全体の審査はゆるい
  • 同じがん保険でも商品によって審査基準が違う
  • がん保険で迷ったらマネーキャリアの無料相談を利用しよう!
  • 今ならスマホひとつで無料保険相談が可能!ぜひご利用ください!

がん保険の告知とは?


がんに備えてがん保険に入りたい。

と考えたときに、無条件で加入できるということは、まずありません。


がん保険に加入するためには、告知と加入条件をクリアする必要があります。


まず告知とは、これから契約する方が、保険会社から聞かれる質問事項に対して、YES・NOで答えることを言います。


具体的な内容は、後述で詳しく触れますが、加入者の健康状態などを詳しく聞き取る内容となっています。


もちろん質問の回答次第では、がん保険に加入できない場合もあります。


だからといって嘘の回答をしてしまうと告知義務違反となり、契約が無効となってしまう場合がありますので、必ず正しく答えるようにしましょう。


しかし、正しく告知をおこなったからといって、がん保険に加入できるわけではありません。


保険会社では、ある程度の加入条件を定めており、それをクリアすることで保険加入ができる仕組みになっています。

がん保険の告知書の主な内容(告知内容)


がん保険に加入する前に、契約者の健康状態について回答することを、告知といいます。


保険会社によって基準が少し変わるものの、具体的にはどのような質問があるのか、一覧でご紹介します。


  • 過去にがんになった経験があるか
  • 直近で病院で、検査・治療を受けたか
  • 人間ドックで結果が悪く、再検査などの経験があるか
  • 喫煙歴はあるか
  • 現在妊娠しているか


基本的に、どの保険会社も過去のがん経験について必ず聞いてきますが、告知の質問の構成は、契約者の過去の病気についてが軸となってきます。


質問の中には、YESと答えると詳細に回答しなくてはならない項目があり、病気やけがの名前、治療期間、医療機関名や投薬を行っているかどうかを詳しく回答する必要があります。


一覧では触れていないですが、過去の病気の経験や治療期間には、保険会社により定めている期間が異なります。


基本的には、直近3ヶ月や2年以内が一般的となっています。

しかし保険会社によっては、過去5年など、長い期間を設けている場合もあります。


もしも、がんなどの病気になったときは、診断書や領主書などを持っていると、加入するときにとても便利なので、捨てずにとっておきましょう。

がん保険の告知書はどこまで詳しく書くべき?

がん保険の告知を行う際には、過去の病気について不安を感じたとしても、黙っていたり噓をつくのはNGです。


基本的には正しく行うと思いますが、万が一病気を隠して嘘の回答をすると、告知義務違反となり、保険の契約が一切無効となる場合があります。

参照:公共財団法人保険文化センター保険法の概要

もちろん、そこまで払った保険料も返ってこないので、不利益しかありません。


過去の病気について不安があっても、必ず正しい回答をして初めて契約することができます。


ただ、過去の病気や手術をすべてさらけ出す必要はありません。


例えば、過去に美容整形を受けたなどは、告知に必要ない場合が多いです。


過去の病気や手術は、保険会社が定めた病気に限られているので、質問項目についての疑問や、どこまで詳しく告知をするのか迷った場合には、必ずあなたの担当者に聞くようにしましょう。

がん保険の審査が通らない!がん保険の審査に落ちるよくある2つの理由


がんは、2人に1人がなるといわれているほど罹患率が高い病気のため、医療保険とは別に、がん単体のがん保険への加入を考える人は多いと思います。


しかし、いざ契約しようと思って告知書を出してみたものの、なぜか加入できなかった、ということがある場合もあります。


このような結果になってしまうと悔しく感じてしまいますよね?


しかし、事前に審査方法などを知っておけば、悔しい思いをせず「しょうがない」と思えるかもしれません。


そもそもどのような基準で判断しているのでしょうか?


  • 今までのがんの罹患歴
  • 3ヶ月以内に医師にがんの診察を受けたか
  • 現在入院中か
  • 2年以内に精密検査などを受けたか
  • 妊娠しているか


などが、主な内容となっています。


保険に加入するためには、全ての質問に「いいえ」と答える必要があります。



質問事項には正直に答えなければいけませんが、うそをついて「いいえ」と回答してしまう事もあるかもしれません。


しかし、うそは必ずバレます。しっかりとした調査が行われ、うそと判明した場合には告知義務違反として契約解除などが行われます。


上記をふまえて、正しく答える必要がありますが、この基準はそこまで厳しい条件ではありません。


ではなぜ審査に落ちてしまうのか、よくある審査に通らない理由を2つご紹介します。

がん保険の審査が通らない理由①がんにかかったことがある

審査に通らない条件のひとつが、既往歴にがんのある人です。


がんの経験が一度でもある方は、治療費が高額になってしまう事を知っているため、加入の意思が強い方が多いと思います。


しかし、がんの既往歴がある方は、審査に通らなないと言えます。


なぜ通らないのでしょうか?その理由に大きく影響しているのが、再発転移の可能性です。


がんは、一度治ったと思っていても、数年後に再発や転移をしている可能性があり、その発症の確率が高くなる病気です。


保険は、加入者全員が公平でなければいけないため、発症確率に違いがあると、公平ではない状態になってしまいます。


公平性を保つためにも、既往歴にがんのある方は審査に通らないようになっています。

がん保険の審査が通らない理由②がんに関連する病気を経験した

一度がんにかかってしまうと、がん保険への加入はできないことをご紹介しましたが、がんに関連する病気を経験した方も審査に通らない可能性が高くなってしまいます。


がんに関連する病気とはどのようなものがあるのでしょうか?


  • C型肝炎
  • 肝硬変
  • 慢性気管支炎


などが例として挙げられます。


これらの病気は、がんの発生に大きな影響があるとされています。がんになるリスクが高いことから、審査が通らない可能性が高くなってしまいます。


ただし、がん自体を経験した場合とは違い、がんに関連する病気の場合は保険会社ごとに対応が分かれます。


1つの商品では断られてしまっても、他の商品の審査には通る可能性があるのです。諦めずに探すことをおすすめします。

がん保険の審査に健康診断はなしでも大丈夫?【補足】

保険契約時には、健康診断の結果などを同時に提出することもあると思います。がん保険にも健康診断は必要なのでしょうか?


健康診断の要否は保険会社や商品によって異なります。また保険金額が高くなると、診断書が必要となる場合もあります。


そのため、健康診断が必要かどうかは商品ごとに確認する必要があります。提出書類の中に健康診断の結果が入っていれば、提出しなくてはいけません。


また、最初の段階で必要なくても、審査を行う上で必要になった場合には提出しなければなりません。その都度対応が必要になるのです。


もし提出の有無が心配な場合は、保険会社に確認してみることをおすすめします。

がん保険の審査は医療保険の審査よりもゆるい!


通常の医療保険に加入する場合、持病などに断られる条件が多いことに驚かれるかもしれません。


加入者全員を公平な立場としなくてはいけないため、加入を断る持病の種類も多くなってしまうためです。


一方、がん保険の加入条件は限定的です。がんやがんに関連する病気についての質問しかありません。


加入が断られる条件が医療保険などよりも限定的なため、審査の基準に違いがあるのです。


審査がゆるい理由としては


  • 対象外となる病歴が絞られている
  • 職業は関係ない


などが挙げられます。


それぞれの理由を詳しくご紹介します。

審査がゆるい理由①がん以外の病歴はがん保険の審査に関係ない

がん保険んは、補償対象を「がん」のみに絞っているため告知の内容もがんに関するものに絞られています。


通常の医療保険は「病気やけがによる入院や手術」などとがん保険と比較するとかなり補償範囲が広いことがわかります。


審査の際には、加入者が公平になるように様々な病気の可能性を調べるため、審査も厳しいものになってしまいます。


一方対象が絞られているがん保険では、がんやがんに関する病気を調べれば、がんに対しては公平な審査ができると言えますよね。がんに関係しない病歴は関係ないといえるのです。


保障の範囲が違うことから、がん保険は医療保険などと比べると審査がゆるいということです。


審査がゆるい理由②る職業などもがん保険の審査では関係ない

職業なども関係ないことが審査のゆるい理由のひとつになります。


生命保険や医療保険では、職業も告知内容に含まれます。職業が理由で審査に通らないことなんてあるの?と思われるかもしれませんが、それがあるんです。


それは、職業によってはけがのリスクが高くなるためです。


  • 高所作業員
  • スタントマン
  • 潜水士


などが当てはまります。


けがのリスクが高くなるため、保険を利用する機会が一般の方よりも多くなる可能性が高く、審査が通らない原因となってしまいます。


一方がん保険には、罹患しやすい職業などは設定されていません。


そのため、職業ががん保険の審査に影響することがないのも、審査のゆるい理由になります。

告知義務違反とは?がん保険の告知で既往歴などを嘘ついたらバレる?

告知とは、前述でも触れましたが、保険会社から聞かれた質問に対して、自分の健康状態をYES・NOで答えることを言います。


その際、うそや事実と違うことを回答した場合を告知義務違反といいいます。


では、がん保険の告知で既往歴などうそをついた場合、バレるものなのでしょうか?


結論から言うと、嘘をついても必ずバレます

その理由として


  • 加入してからの2年間の間にしっかり調査が入るから
  • 人間ドックや健康診断の結果
  • 障碍者手帳の内容
  • 健康保険の履歴


などが挙げられます。


2年間も調査が入ることについては意外と知られていないため、驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


具体的な調査としては、診断した医師や医療機関に問い合わせを行ったり、健康保険の利用状況や健康診断の内容を調べます。


保険会社には、うその内容を伝えても、病院では本当のことを言いますよね?


その聞き取られた内容の差異から、うそがあることを見抜くという流れになっています。


基本的には情報開示を拒否することもできますが、拒否した時点で保険金が支払われない契約になっていることが一般的なため、拒否という選択肢ができません。


過去の病気やけがの通院履歴は必ずばれるので、隠さずちゃんと告知をしましょう。

がんなどの既往歴がある人が検討するべき保険


過去にがんになってしまったり、現在も治療中などの方は、絶対がん保険に加入できないかというと、そうではありません。


ただ、過去に病気のない人と比べると、加入条件が変わってきます


加入条件には、大まかに分けて


  • 引受基準緩和型がん保険
  • 無選択型がん保険
  • 部位不担保で加入できる保険


といった上記3つの保険に分けられます。


そこでここからは、3つの保険の詳細な情報について、詳しくご紹介します。

①引受基準緩和型がん保険

引受基準緩和型がん保険とは、通常販売しているがん保険よりも、健康状態の聞き取りを行う告知の内容が、厳しく設定されていない保険のことをいいます。


告知の際に行う質問は3~5つほどとなっており、YES・NOの2択で回答します。


全ての告知をパスできれば、がん保険に加入することができます。


メリットとしては、持病や既往症があってもOKで、再発の恐れがある場合にも補償の対象となる、手厚い内容となっています。


内容としても、過去にがんも経験がある方へ向けた商品が多いのも特徴です。


デメリットとしては、保険料が高く望んでいる特約がない場合があるところです。


保険料が高いのは、持病がない人と比べるとリスクが高いからなのですが、特約に関してはバリエーションが少なく、ほしい特約を諦めなければならない場合も出てきてしまいます。

②無選択型がん保険

無選択型がん保険とは、告知の際に必要な健康状態や医師の審査を必要としない保険のことをいいます。


つまり、無条件となりますので、持病があったり、年齢で審査が通らなかった方は、無選択型がん保険は加入することが可能です。


一般的ながん保険と比べると、毎月払う保険料は高く、受け取れる金額は低めに設定されています。


しかし、年齢制限の上限が高めなので、高齢で持病を抱えている方には、ハードルの低い保険です。


また契約日から一定期間で亡くなってしまった場合、支払った額に応じて受け取る金額が変わりますので、注意が必要です。


商品の多くは保険料の支払いは一生涯となっており、免責事由も複雑になっているので、契約時には、支払いやもらえる金額だけでなく、その他の細かなポイントもしっかり聞くことをおススメします。

③部位不担保で加入できる保険

部位不担保で加入できる保険とは、保険会社が定めた特定の部位に限り、保障対象外とする保険のことをいいます。

保険会社により、補償対象外になる病気は異なりますが、今後再発の恐れがある病気さえカバーできていればいい。


という考え方であれば問題ありません。


しかし、将来的にはどんな病気になるかわからないから不安を感じる、という事であれば、広く病気をカバーするタイプの保険のほうがいいかもしれません。



もう一つ特徴的なのは、部位不担保とおいう条件が付いていても、月々の支払う保険料が安くなるということはありません。


あくまでも、通常の保険に入れない方が加入できる保険となっているので、部位不担保の条件が加入のハードルを下げる役目を果たしているだけで、保険料が変わるわけではありません。


部位不担保の保険の場合、保障外となる期間も保険会社によって異なるため、その期間やどんな病気が補償外となるのか、しっかり確認が必要になります。

がんの既往歴がある人のがん保険の選び方


がんの経験がある方は通常のがん保険には加入できないことがほとんどです。そのため、加入を検討している場合には通常の商品以外も選択肢として考えておくことが重要です。


しかし、いきなり通常の商品以外を検討することは避けなくてはいけません


選び方としては、

  • 通常のがん保険も検討してみる
  • 複数の保険を比較検討する
  • 入れるほけより入りたい保険を優先する

以上のことがポイントです。


以下でそれぞれのポイントについて解説していきます。

選び方①通常のがん保険も検討してみる

選び方のポイント1つ目は、通常のがん保険も検討してみることです。


がんの既往歴がある方は、通常のがん保険に加入できる可能性はほとんどないと言えます。がんになったことがあるから引受基準緩和型から検討を始めよう、と考える方も多いかもしれません。


しかし、いきなり引受基準緩和型などを検討することは避けましょう。本当に加入できないのかを確認するためにも、一度通常のがん保険を検討してみることがおすすめです。


がん保険を選ぶ順番としては、

  1. 通常のがん保険
  2. 引受基準緩和型
  3. 無選択型

です。


まずは通常のがん保険を検討し、無理だった場合には既往歴があっても入りやすい引受基準緩和型を検討します。それでもダメだった場合、最終手段として無選択型を検討する方法がおすすめです。

選び方②複数の保険を比較検討する

選び方のポイント2つ目は、複数の保険を比較検討することです。


通常のがん保険に加入ができなかった場合、引受基準緩和型を検討することになります。その際にポイントとなるのが複数の保険の比較検討です。


複数商品を検討することで、加入できる可能性が高まるためです。


主な引受基準緩和型の告知内容としては、以下の3つが挙げられます。

  • 3か月以内に入院や手術等をすすめられたか
  • 2年以内に入院をしたか
  • 5年以内にがんなどで治療等を受けたか

これらの質問に全て「いいえ」で答えられれば加入できるものが多くなります。


しかし、同じ引受基準緩和型でも、告知の内容は商品ごとに違います。A社は審査が通らなかったけれど、B社は審査が通って加入できた、ということもよくあるため、引受基準緩和型は複数の商品を比較検討することが重要です。

選び方③入れる保険より入りたい保険を優先する

選び方のポイント3つ目は、入れる保険より入りたい保険を優先することです。


がんの既往歴があると通常のがん保険に入れないことから、たまたま審査が通ったがん保険へ加入を決めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。


確かに、何も入っていない状態よりも、どこでもよいから入っておきたいと思う気持ちも分かります。一度がんの治療を経験している方なら、焦る気持ちもあるかもしれません。


しかし、入れる保険よりも入りたい保険を優先しないと思っている以上に保障が少ない状態となる可能性もあり、保険料と保障がつり合わない状態になるリスクが出てしまいます。


通常のがん保険を選ぶときと同様に、保障内容はしっかりとチェックが必要です。

  • 一時金の金額
  • 入院給付金などの日額
  • 支払削減期間の有無

などを確認し、しっかりと保障が受けられるがん保険を選ぶようにしましょう。

がん保険の審査・告知に関するまとめ

いかがでしたか?ここではがん保険の告知内容や、がん保険の審査に通らないのはどのような条件かなどをご紹介しました。


がん保険に加入できる条件としては、がんやがんに関係する病気になっていないことが重要視されます。


それ以外の病気は関係がないとも言えるため医療保険などと比較すると審査がゆるいと言えます。


しかし、病気の種類などによっては加入ができない場合もあります。がん保険とひとくくりにされていますが、商品によって、審査のゆるさに違いがあります。

一つの商品がダメでもいくつか他の商品も確認してみることをおススメします。


保険選びなどで悩んだら、マネーキャリアで相談してみましょう。


ほけんROOMでは、他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ランキング