テレビ破損の際に保険金がおりる?知られざる火災保険の使い道

火災保険に入っていれば、テレビ破損の際に保険金がおりることをご存知ですか?火災保険はテレビ破損に限らず様々な家財の破損や汚損が補償の対象になっています。今回は、どのような場合に火災保険が適用できるのか、また、保険を申請する際に必要なものなどを紹介します。

テレビ破損の際に火災保険は適用される?

あなたは今、子供・ペットによってまたは掃除中などにテレビを壊してしまい不安な状態にあるのではないでしょうか。


偶然の事故でテレビを落としてしまったり、画面を割ってしまうと自腹で新しいテレビを買いなおさなければならないと思いますよね。


しかし、家の中で発生した不測かつ突発的な事故(破損・汚損)について、火災保険で補償される場合もあります!


以下では、「火災保険を利用したテレビ破損への対処」について

  • テレビ破損の場合にも火災保険が適用されるのか
  • 火事で焼失させたわけではない場合にも火災保険が適用されるのか
  • 補償金をもらうための必要な手続き
について以下で詳しく説明していきます。


この記事を読んでいただければ、テレビ破損の場合でも保険金がおりるのかどうか理解できます。


是非、最後までご覧ください。

偶然の事故の場合はテレビを壊してしまっても補償金がおりる

テレビ破損については、火災保険でも補償金が下りることもあります。

しかし、テレビ破損の場合でも状況によって補償が受けられない場合もあるので注意が必要です。

以下の文章では
  • 火災保険の偶然の事故で補償されるテレビ故障ともらえる補償金額
  • 偶然の事故で補償されないケース
  • 火災保険のプランでも補償されないケース
について解説していきます。

自然災害だけじゃない!補償の対象になるケースを紹介

偶然の事故(「破損等リスク」ともいいます)とは、偶然かつ突発的な事故によって物を壊してしまうことを指します。 


 <テレビ破損の例1>

  • 飼っているペットが誤ってテレビを倒し、液晶画面にひびが入ってしまった。

<テレビ破損の例2>

  • 掃除中に掃除機をテレビにぶつけ、テレビ台から落下させてしまった。

<テレビ破損の例3>

  • 子供の投げたボールで画面が割れ、映らなくなってしまった。

という場合も対象になります。


つまり、皆さんが入っている「火災保険」は火災の時に限らず、普段の生活中のトラブルにも適用される場合が多いのです。


なぜなら、皆さんが加入している保険は「火災保険」+「家財保険」というプランに加入している場合がほとんどだからです。
 


実際、テレビ破損でいくら補償金がもらえるのかを以下で説明します。 


火災保険の補償額は

【補償額】=損害額ー免責金額+臨時費用保険金×0.3

で計算することができます。


※ 損害額…再調達価額を基準として算出し、保険の対象の事故発生直前の状態に復旧させるために必要な費用 

※ 臨時費用保険金…実際に事故が起きて損害保険金が支払われる場合に、損害保険金とは別に支払われるもの 


<計算例>

 家財保険には、免責金額(自己負担金)が必ず設定されます。


それを1万円だとすると、修理にかかる費用もしくは買い替えにかかる費用から1万円を差し引いた額が補償金として支払われることになるので、

【損害額】=75384(見積額)-10000=65384

【臨時費用保険金】=65384×0.3=19615

となり、それぞれの金額を足した

【補償額】65384+196154=84999

となります。


家財の場合は火災保険金額の限度まで補償されます。
 


また、場合によってはテレビ破損を理由として家財保険を請求すると修理費よりも多くの補償金がもらえる場合もあります。


また、自然災害に限らず、補償の対象になるケースがあります。


具体的にはどのような場合に補償の対象になるかをみていきましょう。


<建物や家財への被害例>

  • 車でバックしていたら、自宅の軒先を壊してしまったケース
  • 子ども同士が遊んでいて、テレビにぶつかりテレビ破損になってしまったケース
という場合でも火災保険は適用されるのです。

補償の対象外になってしまうケースもある

しかし、残念ながらテレビ破損が補償の対象外となるケースもあります。


こちらについても見ていきましょう。


「火災保険」と「家財保険」をセットで入っていても適用されない例

  • 経年劣化した場合
  • 破損が機能に影響をおよばさない場合(すり傷など)
  • 故障した日にちがわからない場合
以上の通り、「必ず」火災保険が使えるというわけではありません。

火災保険のプランによっては補償されないので注意!

火災保険のプランによっては、補償されないものもあります。


基本的には火災保険は上でも述べた通り、「火災保険」+「家財保険」というセットで加入していることがほとんどです。


そのため、テレビ破損の例でも補償の対象になりました。


なので、先ほども述べた通り、火災保険のみのプランの場合にはテレビ破損では対象外になってしまいます。


今ご自身が加入されている保険が「火災保険」+「家財保険」なのか、「火災保険」のみなのかを一度確認しておくとよいでしょう。


また、火災保険のプランによっては補償されないものがあります。


そもそも、火災保険がカバーするベーシックなものは、「火災・落雷・爆発や破裂・風災・ひょう災・雪災」の場合です。


したがって、「水濡れ(配管設備の故障や雨漏り)・物体の落下・飛来・騒擾(そうじょう)(自宅の壁を誰かに破壊されたとき)」は特約をつけてカバーする形になります。

テレビ破損の際、補償金を請求するのに必要なものは?

火災保険に入っていれば、当然火災保険が適用になります。


補償金請求の手続きは以下の通りです。 

  • 壊れてしまったテレビを修理する際の見積書をもらう
  • 新しく買うテレビの見積書をもらう
  • 保険料請求用の書類を作成する
請求方法はこの3ステップになります。

しかし、書類を送付する際、テレビ破損の状態の写真を添付することが必要になります。

また、自動車保険と違って、1度保険を使ったら保険料が上がるということもないので安心して利用することができます。

参考:火災保険の家財保険で対象になるもの、ならないものを紹介

家財保険に加入しているにも拘わらず、家財保険で対象になるものとならないものがあります。


以下でそれらについて見ていきましょう。


火災保険でいう「家財」とは具体的にどのようなものを指すのでしょう。


これは「屋内」・「屋外」とで区別されます。


つまり、

  • 屋内…畳・ふすま・エアコン・浴槽・ガス代など屋内に基本的に設置されているもの
  • 屋外…門・垣・塀・物置・車庫・アンテナなど敷地内に基本的に設置されているもの

のことを指します。


以下では家財保険で対象内・対象外となるものを紹介します。

対象になるもの

上でも述べた通り、屋内であっても屋外であっても補償のカバーする範囲内にあるものは基本的には補償の対象になります。


したがって、火災保険で家財を新しくすることができます。


例えば、

  • 台風で家の中が水浸しになり、家具がダメになってしまった
  • 雪の重みで屋根の一部がつぶれてしまった
  • 車が事故の弾みで家に突っ込んできた
といったような場合、壊れてしまったものは「買い替える」というよりも、まずは「火災保険」で何とかしようという考えを持った方がいいかもしれません。

台風被害に遭われた場合などは、手続きは確かに面倒かもしれませんが、新品を保険を使わず1からすべて買い替えるのでは大きな出費はどうしても避けることができません。


対象にならないもの

せっかく、火災保険に入っていても、対象にならないものもあります。


火災保険の対象にならないもの

  • 自動車
  • 現金
  • 有価証券
  • 切手
  • プリペイドカード
  • 動植物

これらは持ち出そうと思えば持ち出すこともできますし、「動産保険」というものに入っていれば補償の対象となるために支払い対象からは除外されます。

まとめ:家財も補償される火災保険なら、テレビ破損の際も安心!

火災保険とテレビ破損させた場合の関係について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは

  • テレビ破損の際にも、条件によっては火災保険が適用される
  • テレビ破損の際、補償金を請求するにあたっての必要なもの
  • 火災保険の家財保険で対象になるものとならないもの

です。


家財も補償される火災保険なら、テレビ破損の際も安心ですね。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング