テレビの液晶割れが起きたら火災保険(家財保険)で補償されるの?

火災保険に入っていれば、テレビの液晶割れの際に保険金がおりることをご存知ですか?火災保険はテレビ破損に限らず様々な家財の破損や汚損が補償の対象になっています。今回は、どのような場合に火災保険が適用できるのか、また、液晶割れの際に保険を申請する手順を解説します。

テレビの液晶割れの際に火災保険は適用される?


あなたは今、子供・ペットによってまたは掃除中などにテレビを壊してしまい不安な状態にあるのではないでしょうか。


高額なテレビが壊れてしまったけれど、かわいい我が子やペットのしてしまったこと。

「本当についてないな~」なんて気分が沈んでしまいますよね。


でも諦めるのはまだ早いですよ!


テレビ破損のケースなど家の中で発生した不測かつ突発的な事故(破損・汚損)については、火災保険で補償される場合もあります!


以下では、「火災保険を利用したテレビ破損への対処」について

  • テレビ破損の場合にも火災保険が適用されるの?
  • 火事以外でも火災保険が適用される!?
  • 補償金をもらうまでの流れ
について詳しく説明していきます。


この記事を読んでいただければ、テレビ破損の場合でも保険金がおりるのかどうか理解できます。そしてあなたの不安はおそらくなくなっているはずです!


是非、最後までご覧ください。

テレビの液晶割れが起きても火災保険(家財保険)で補償される

結論から言うと、テレビの画面割れについては、火災保険でも補償金が下りる可能性があります。火災保険のカバー範囲は実はとても広いんです。とてもありがたいですよね!

しかし、どんな状況でも火災保険が適用されるわけではありません。状況によってはテレビ破損の場合でも火災保険が適用されないケースがあります。

以下の文章では
  • 火災保険の偶然の事故で補償されるテレビ破損ともらえる補償金額
  • 偶然の事故で補償されないケース
  • 火災保険のプランでも補償されないケース
について解説していきます。

火災保険は「不測かつ突発的な事故」の場合に適応される

不測かつ突発的な事故」とは一体どのようなケースを指すのか、判断しづらい部分がありますね。


例えば、以下のようなケースでテレビの液晶割れが生じた時に補償金支給の対象となります。


  • 子供が遊んでいたおもちゃが、テレビに当たり壊れてしまった
  • 子供が洗濯機の中におもちゃを入れてしまい損傷した
  • 子供が投げたボールがガラスに当たり割れてしまった
  • 模様替えの最中に家具がぶつかり、ガラスを割ってしまった
ただし、保険会社によって免責項目が設定されていて、眼鏡やスマートホンは元々割れやすいものとして対象外とされるケースが多いです。

また、以下のような事例は対象外です。
  • 電化製品・家具を屋外で使用して損傷した場合
  • ソファーにジュースをこぼすなど、単なる外観の汚れに過ぎない時

補償対象となるのか、判断に困る時は加入先の保険会社で確認なさってください。

実際のテレビの修理代ってどれくらいかかるもの?

あまりに修理用がかかる時には買い替えをした方がお得な場合があるので、どのくらいの費用が必要なのか重要なポイントですね。


テレビの修理は損傷した部分によって、大きく修理費が変わります。


例えば、電源部分の接触不良やコードの断絶といったケースは約2万円以下で修理可能ですし、埃による劣化で内部基盤が損傷した際もほぼ同額です


その一方で、液晶部の割れとなると約5万円〜7万円がかかり、修理するよりも新しいテレビに買い替えた方が安い場合さえあります。


さらに、修理スタッフに出張を依頼してお願いすれば、修理の有無に関係なく、出張費用が1件当たり約5千円も掛かってしまいます。


こうして見ると液晶テレビの修理は費用が高く、買い替えを検討なさった方がいいかもしれません。

テレビ破損が火災保険の補償の対象外になってしまうケースもある

思わぬトラブルによりテレビが破損した時、家財保険に入っていると安心ですね。

しかし、保険会社ごとに免責事項が定めらているため、時には「火災保険に入っていたのに全額自腹・・」というケースがありますよ。

買い替えや修理代の補填に補償金を当てようと考えているだけに、かなり痛手ですよね!

そこで、どのよう場合が補償対象外となるのか、以下で詳しく解説していきます。

火災保険のプランによっては補償されないので注意!

火災保険のプランによっては、補償されないものもあります。


基本的には火災保険は上でも述べた通り「火災保険」+「家財保険」というセットで加入していることが多いです。


そのため、テレビ破損の例でも補償の対象になりました。


そのため、先ほども述べた通り、火災保険のみのプランだと液晶割れを含むテレビ破損では対象外になってしまいます。


今ご自身が加入されている保険が「火災保険」+「家財保険」なのか、「火災保険」のみなのかを一度確認しておくとよいでしょう。


また、火災保険のプランによっては補償されないものがあります。


そもそも、火災保険がカバーするベーシックなものは、「火災・落雷・爆発や破裂・風災・ひょう災・雪災」の場合です。


したがって、「水濡れ(配管設備の故障や雨漏り)・物体の落下・飛来・騒擾(そうじょう)(自宅の壁を誰かに破壊されたとき)」は特約をつけてカバーする形になります。

テレビが経年劣化した場合

経年劣化とは、ものが使って消耗する中で、自然と壊れてしまうことを言います
経年劣化でテレビが故障した場合は、「テレビの寿命」だと保険会社に見なされてしまうため、修理代や再購入費などの補償金は出ません。 

液晶テレビは平均7年〜10年ほどで寿命が来るとされていて、画像が暗く感じる、画面に線が入る、全くなにも映らない時は買い替えのサインです。

破損がテレビ機能に影響を及ぼす程のものではない場合

ペットが爪で液晶画面を引っかいてしまうと、画面にすり傷などができてしまいます。
「すり傷が気になるな」と思って修理したくても、残念ながらこのケースでは火災保険は適用されないんです。

故障した日にちが分からない場合

「いつ壊れたのか分からないけど、いつの間にか画面が割れていた」というケースの場合、壊れた原因が定かではないと保険会社から判断され、場合によっては補償金が出ない可能性があります。テレビが壊れてしまったら早めに保険会社に連絡しましょうね。

テレビの液晶が割れた時に火災保険の保険金請求方法

大切なテレビの液晶が突然割れてしまい、気分が動転しまいますが、まずは落ち着いて保険会社に連絡をしましょう。


しかし、多くの人にとって初めての経験とあって、火災保険会社にどのように申請を行へばいいのか分かりませんし、請求金が下りるまでのプロセスもイメージしにくいですよね。


そこで、

  • 保険会社への連絡方法
  • 修理代の見積もり
  • 写真撮影の仕方
  • 必要種類の提出
と以下で細かく見ていきましょう。

面倒くさい保険の手続きですが、流れを知っておくとスムーズに請求金を得て、買い替えの補填に当てられますよ。

まずは保険会社に連絡しよう

「テレビが壊れたから家財保険を請求したい」という時には、早め早めに保険会社にまずは電話で連絡しましょう。


テレビが損傷した内容によって、各保険会社ごとに補償対象となるかどうか約款が違いますので、まずは「何が原因でテレビが壊れたのか」を担当者にしっかり伝えてくださいね。


お客様の話しを聞いた上で、ほぼすぐに補償対象かどうかを教えてもらえます。


その後は、一般的に別の担当者から今後の一連の流れや、お客様が補償金を得るために必要な手続きをしっかりと伝えてくれますよ。

テレビの液晶割れでかかる修理代の見積もりを依頼しよう

保険会社の担当者から「まずテレビの修理代がどのくらいかかるのか見積もりをお願いします」と依頼されるはずですから、家電メーカーに修理の申し込みをしてください。


この時、家電販売店に連絡する方が多いですが、修理の見積もりを取るのは製造先メーカーですから間違わないようにしましょう。


各家電メーカーの修理依頼フォーマットに、氏名・住所などの必要項目を入力するだけと申し込み方法がシンプルで簡単なのも助かりますね。


追って、メーカーから日時確認の連絡が届き、見積もり事態はおよそ30分もあれば終了です。


見積もり内容はメーカーにより差がありますが、一般的に後日郵送で届きますので、失くさずに大切に保管しておきましょう。

テレビの修理業者に来てもらって写真を被害写真を撮ってもらおう

見積もり当日に、テレビ業者は以下のような内容を確認して保険会社にその旨を伝えます。

  • テレビの壊れた程度
  • 年式と型番

併せて、保険会社が被害状況を目で確認し、補償金の支給に妥当であるかを判断する材料として、写真を撮影します。

写真があると話しでは伝わりづらかった破損の程度が分かり、不正請求当の違法行為に当たらないと確認する上での大切な資料になるのですよ。

このテレビの写真は、後日必要書類と一緒に郵送するため、こちらも見積もり書類と一緒に保管しておいてくださいね。

保険会社に必要書類を送ろう

保険会社に補償請求をすると、後日必要な書類が郵送されて来ます。


保険請求書と聞いただけで面倒で難しく感じれますが、実はとっても簡単ですよ!


参考までに保険請求書では、以下の内容を記入します。

  • テレビが破損した日時
  • テレビが損傷した理由
  • 氏名と自宅の住所
  • 振り込み先となる金融機関口座番号
たった、これだけなので数分で終わりますね!

記入した後は、

  • 保険請求書の書類
  • 見積もり書
  • 破損状況を撮影した写真

を同封して送るだけとイメージしていたよりもとても簡単ですよ!


火災保険に加入しておくと、テレビや家具などが予測不可能なトラブルにより破損した時に安心ですので、この機会に利用を検討してみませんか?


参考:火災保険の家財保険で対象になるものとならないものを紹介

家財保険に加入しているにもかかわらず、家財保険で対象になるものとならないものがあるのをご存じですか?


なかなか詳しく分かりづらいと思いますが、重要なことなのでそれらについて一緒に見ていきましょう。


火災保険でいう「家財」とは具体的にどのようなものを指すのでしょう。


これは「屋内」・「屋外」とで区別されるんですね。


つまり、

  • 屋内…畳・ふすま・エアコン・浴槽・ガス代など屋内に基本的に設置されているもの
  • 屋外…門・垣・塀・物置・車庫・アンテナなど敷地内に基本的に設置されているもの

のことを指します。


以下では家財保険で対象となるもの、対象にならないものを紹介します。

家財保険の対象になるもの

上でも述べた通り、屋内であっても屋外であっても補償のカバーする範囲内にあるものは基本的には補償の対象になります。


したがって、火災保険で家財を新しくすることがきるんです!これは家計を支えている奥さま方にとっても非常に嬉しいですよね。

例えば、

  • 台風で家の中が水浸しになり、家具がダメになってしまった
  • 雪の重みで屋根の一部がつぶれてしまった
  • 車が事故の弾みで家に突っ込んできた
といったような場合、壊れてしまったものは「買い替える」というよりも、まずは「火災保険」で何とかしようという考えを持った方がいいかもしれません。

台風被害に遭われた場合などは、手続きは確かに面倒かもしれませんが、是非保険を使ってみて下さい。保険が適用されるのに、使おうとしないのはとてももったいないですよ。


家財保険の対象にならないもの

しかし、せっかく火災保険に入っていても対象にならないものもあります。


火災保険の対象にならないものは以下のものです。

  • 自動車
  • 現金
  • 有価証券
  • 切手
  • プリペイドカード
  • 動植物

これらは持ち出そうと思えば持ち出すこともできますし、「動産保険」というものに入っていれば補償の対象となるために支払い対象からは除外されます。

まとめ:家財も補償される火災保険だとテレビ破損の際も安心!

液晶割れを含むテレビ破損と火災保険の適用条件について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?


今回のこの記事のポイントは

  • テレビ破損の際にも、条件によっては火災保険が適用される
  • テレビ破損の際に補償金を請求する手順をおさえる
  • 火災保険の家財保険では対象外となるものがある

です。


家財も補償される火災保険なら、テレビ破損の際も安心ですよね。


もしも家財保険に加入していない方がいましたら、再度加入を検討した方がいいかもしれません。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

関連まとめ

  • わざと壊した家財は火災保険・家財保険の補償対象になる?保険金は出るの?
  • 県民共済の家財保険の補償内容や掛け金は?台風・地震・落雷等が対象
  • 火災保険の補償対象の建物と家財って?建物・家財の種類を一覧で紹介
  • ペットよる破損・汚損は火災保険の補償対象になる?
  • 家財保険とは何?家財保険の補償内容と仕組みについて徹底解説!
  • 家財保険は必要ない?家財保険の補償内容と必要性について徹底解説!
  • 地震保険の基礎のヒビ割れの査定基準って?地震保険の補償範囲を解説
  • 火災保険の破損・汚損補償は必要?事例を元に補償内容と必要性を解説
  • 火災保険は割れた・割ってしまった窓ガラスに適用できるの?
  • 台風でアンテナが倒れた!火災保険でアンテナの修理費用は補償されるの?
  • 必要な補償を選べるから割安になるダイレクト火災保険「iehoいえほ」
  • 火災保険・地震保険の加入率を紹介!地震保険は付帯するべき?
  • 火災保険の加入って必要?加入の必要性と加入時の選び方を徹底解説
  • 火災保険の必要書類って何?状況ごとに異なる書類を詳しく解説!
  • 2019年に火災保険が値上げ。保険料節約のための加入時期は?
  • 火災保険料の相場って平均いくら?目安となる平均金額と保険料の仕組み!
  • 賃貸住宅の火災保険の選び方とは?必要性と選び方の手順を解説
  • 雪害・雪災に火災保険が使える!保険金が支払われる条件とは?
  • 自然災害のために火災保険は必要!補償範囲を確認しよう!
  • 【必読】住宅が土砂崩れ被害にあった!火災保険は適用される?
  • 【必読】台風で自宅が被害を受けた!火災保険は適用される?
  • 火災保険の風災・雪災・雹災補償の適用範囲は?ケースごとに解説!
  • 火山の噴火による家の被害は火災保険・地震保険で補償される?
  • 落雷による被害は火災保険で補償される?補償範囲と請求方法を紹介
  • 液状化・地盤沈下による家の傾きは火災保険・地震保険で補償される?
  • 津波の被害は火災保険で補償されない!地震保険の加入が必要!