火災保険ALL

火災保険の乗り換えは可能?乗り換えの利点や適切な乗り換え時期は?

生活が大きく変わる度、適切な保険料を支払うために火災保険の見直しをする必要があります。ここでは火災保険の乗り換えをするメリットやデメリット、手数料の安い保険会社や補償が手厚い保険会社を紹介します。乗り換えの適切なタイミングを知り、今の保険会社を見直しましょう。

火災保険は乗り換えできる?乗り換えにメリットは?

生活環境が変わるタイミングで一緒に見直しておきたいのが保険です。


特に火災保険は一度契約するとあまり見直す機会もなく、5~10年と長期の契約をされている方も多いのではないでしょうか?


しかし、現在の住宅状態に適していない場合、見合った補償を受けることができません。


反対に、火災保険を見直し、乗り換えをすることで保険料も抑えられるかもしれません。


そこでこの記事では「乗り換えのタイミングとメリット」について、

  • 乗り換えた時の保険料について
  • 乗り換えのメリット・デメリット
  • 金融機関の承諾が必要な場合もある
  • 一括見積サービスを利用
以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、損をしない火災保険の見直しに役立つかと思います。


是非最後までお読みください。


火災保険は乗り換えが可能!

火災保険は長期の契約であっても乗り換えることは可能になります。


契約時に契約期間分を一括で支払ってしまうことの方が多い火災保険ですが、未経過分は解約の手続きを経て解約返戻金として戻ってきます。


乗り換えを考える場合は、契約中の保険会社に連絡をとったり、約款などで解約時の規定・未経過保険料率係数表を確認しておきましょう。


ただし、住宅ローンを利用している方で質権を設定している場合は、質権などが設定されていては、契約者の意向だけでは解約できないケースもあります。

乗り換えのタイミングとは?

火災保険の一番一般的な乗り換えのタイミングは「契約更新」の時期ではないでしょうか?


火災保険の補償内容や保険料の算出方法も変わっていたりするので、従来の保険料と同額になることはほぼありません!


更新して思ったよりも高額になってしまう場合は、乗り換えを考えてもいいのではないでしょうか?


補償内容も不足している部分が多かったりするので、内容まできちんと見直すようにしましょう。


他に見直しに良いタイミングは・・

  • 立て替えやリフォーム
  • ホームセキュリティへの加入
  • 補償の追加を考えた時
などがあります。


立て替えやリフォームをすると住宅の耐震性や耐火性が高まるなど、大きな変化が生じることもあるので、現状を調査してもらうと保険料が安くなるケースもあります。


そのままにしていると無駄に保険料を支払ってしまっている状況になりかねません。


また、最近では地震保険や水災を気にする方も増えましたが、自然災害を保険につけるとかなり保険料が上がってしまうこともあります。


他の保険会社の商品と比較して見て、自分に最適なものを見比べてみましょう。


乗り換えることによってトータルの保険料を抑えることができるかもしれません!

長期契約の解約は返戻金として保険料が返ってくる

長期契約の支払いを一括で払い終えている場合に残りの期間分がきちんと返還されるのか不安に思う方も少なくありません。


掛け捨てのイメージを持たれている方が多いですが、戻ってくる場合がほとんどなので安心してください。


解約手続きの手順は・・・

  1. 現在契約している保険会社または加入手続きをした代理店に連絡を取る
  2. 郵送で解約に関する書類一式が届く
  3. 必要事項を記入し、返信用の封筒に入れ返送し解約となる
  4. 手続きが完了後、残った期間分の保険料が銀行口座に変換
というのが、一般的な流れになります。


契約している保険会社または保険代理店に自ら連絡を取らなければ解約にはならないので、必ず連絡を忘れないように注意しましょう。


不動産会社を経由して火災保険に入った場合、火災保険の解約についての説明を受けないことが多く、返金制度を知らずにそのままにしている方が多いです。


非常にもったいないことなので、自分できちんと解約手続きを行いましょう。


ただし、契約期間が残り20日や10日など1ヶ月未満の場合は、保険料の返金はされないので気を付けましょうね。

火災保険の乗り換えをするメリットとデメリットとは?

さてここまで「乗り換えのタイミング」と「解約方法」について説明してきました。


次に、乗り換えた際のメリットを3つご紹介します。

  • 保険会社の最新の補償を付帯できる
  • 割引制度が適用されることもある
  • 保険料が高くなってしまう場合もある

乗り換えることでのメリット・デメリットは、乗り換えが必要なのかを考える際にも重要になってくるポイントです。


どの部分に重点を置くかしっかり考えながら詳しく確認していきましょう。


デメリットだけを請け負う形にならないように気を付けなくてはいけません。

メリット①:保険会社の最新の補償を付帯できる

長期契約の多い火災保険は、契約時と現在の補償内容が大きく違ってくるケースも少なくありません。


リフォーム後などには、求める補償も変わってくるかもしれませんよね?


火災だけではなく水漏れ、時には盗難など幅広い災害や事故の補償をしてくれる火災保険も多くあります。


再度建て直しができるように「新価(再調達価額)」を、基準にして保険金が支払われることが主流になっている現在ですが、古い保険だと「時価」を基準に保険金が支払われるケースもあります。


自分が加入しているのがどちらのプランなのか確認することが必要です。


商品のラインナップはどんどん新しくなっていきます。


同じ商品に継続して加入しているよりも同額で補償も充実しているケースもあるので、損をしないようにしっかりと見比べるようにしましょう!

メリット②:割引制度が適用されることも

次に割引制度について説明します。


火災保険には保険会社によって割引制度があり、建物や免震建築物の基準に適合する建物には地震保険の割引制度もあります。


各割引制度の割引条件

割引制度割引の条件
ホーム
セキュリティ割引
指定セキュリティが導入されている住宅、24時間オンラインで監視するシステムを導入している住宅
(セコム株式会社/ALSOK/大阪ガスセキュリティサービス)
オール電化
割引
オール電化を導入している住宅
新築(築浅)
割引
建物の新築年月から一定期間内に契約した場合
発電エコ住宅
割引
保険会社所定の条件を満たしている住宅用太陽光発電システム、燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)を設置している住宅
ノン
スモーカー
割引
住宅内で喫煙をしない場合
(一時的な来訪者の喫煙、たばこの投げ捨てなどが原因の事故は補償の対象)

地震保険の各割引制度の割引条件

割引制度割引の条件割引率
建築年割引対象建物が昭和56年6月1日以降に新築された建物の場合10%
耐震等級割引耐震等級110%
耐震等級230%
耐震等級350%
免震建築物割引対象物件が「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に
基づく「免震建築物」の場合
50%
耐震診断割引地方公共団体等による耐震診断や耐震改修の結果
建築基準法(昭和56年6月1日施行)における耐震基準を満たす場合
10%

<耐震等級割引>住宅の品質確保の促進等に関する法律」に規定する日本住宅性能表示基準に定められた耐震等級 (構造躯体の倒壊等防止) や国土交通省の定める「耐震診断による耐震等級 (構造躯体の倒壊等防止) の評価指針」に定められた耐震等級を有している場合


地震保険の4つの割引は複数に該当しても割引率は加算されないので注意が必要です。

(いずれか一つの選択適用)


また、割引名称や詳細は保険会社によって異なる場合もあります。


きちんと乗り換え予定の商品を確認しましょう。


指定の基準を満たしていると保険料を安く抑えることもできるので、どんな割引制度があるのかきちんと確認してから乗り換えを行うことをおすすめします。

デメリット:保険料が高くなってしまう場合も

長期契約は最長36年だった火災保険ですが、2015年10月から「長期契約が最長10年」に短縮されてしまいました。


10年以上の契約に加入している場合は、割引率が下がるため保険料も割高になってしまう可能性があります。


そして2018年は例年に比べて災害も多く、被災された方も非常に多いです。


そんな中保険料の値上がりを心配する声も少なくありません。


また、2019年1月に保険料の改定がほとんどの保険会社で予定されています。


火災保険料は都道府県によって異なりますが、災害リスクによって保険料があがる可能性があります。

注意:融資を受けている場合は金融機関の承諾が必要

住宅ローンで融資を受けている方は、担保の一環として火災保険の保険金請求権に対して質権を金融機関が設定している場合があります。


その場合、火災やその他の災害で保険金請求できるのは質権を持っている金融機関ということになります。


質権の設定がされている場合は、火災保険を勝手に解約する事ができません。


質権設定そのものができない火災保険も多数あり、金融機関から質権設定を求められた場合は商品の選択の幅も狭くなってしまいます。


もし融資を受け質権設定がされている場合は、金融機関の承諾を得ることを忘れないようにしましょう。

参考:保険の見直しは火災保険一括見積りサービスを活用しよう

では、見直しが簡単にできる「一括見積サービス」をいくつかご紹介します!


多くの保険会社を見比べて、最適な契約ができるようにしましょう!

まとめ:状況の変化に応じて火災保険を見直しましょう

火災保険の乗り換えについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


今回のこの記事のポイントは

  • 自ら解約手続きをする必要がある
  • 見直す際は多くの商品を見比べる
  • 途中で乗り換えても残りの期間分のお金はきちんと返還される
  • 割引制度が適用できるかしっかり確認をとる
  • 乗り換えた方が保険料が上がる場合もある

の5点です。


あまり見直す機会のない火災保険ですが、2019年1月に入って保険料の改定があることもあり、今乗り換えを検討されている方も多いと思います。


気付かない間に損をしていることにならないように気を付けましょう。


一括サイトを利用すると数分で見積もることができます。


現状よりも最適なものがないか、受け取る際にもっといい条件の所はないか、見比べてみてはいかがでしょうか?


災害リスクも高まっている今だからこそ、万が一の際に困らないしっかりとした補償を付けておくことが安心に繋がります。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング