法人保険の契約者貸付は借入が簡単にできる?利点と欠点を紹介!

資金に困った時はどのように借入をしていますか?法人契約定期保険の契約者貸付の場合は、解約返戻金を担保に簡単に借入ができます。しかし、借入上限を超えると加入している法人保険は失効されます。今回は契約者貸付のメリット・デメリット、経理処理についてご紹介します。

法人保険の契約者貸付のメリットとデメリットは?

事業を営んでいればいろいろと出費がかさむことがあり、時には手元の資金が不足してしまうこともあるかもしれません。

そのような場合、資金繰りの方法として真っ先に銀行から融資を受けることを考えてしまいがちですが、負債が増えてしまうのは避けたいですよね。


実は、法人保険には契約者の貸付制度が存在し、比較的簡単に貸付を行うことができるのです。 


そこで、この記事では「法人保険の契約者貸付」について、

  • 法人保険の契約者貸付とは何か
  • 法人保険の契約者貸付を利用するメリットとデメリット
  • 契約者貸付の経理処理の方法
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、法人保険の契約者貸付制度を理解でき、資金繰りが必要となった場合の手助けとなるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。 


契約者貸付は解約返戻金を担保に借入できる制度

法人保険を解約したときには、保険に加入していた期間や支払った保険料に応じて「解約返戻金」が保険契約者に払い戻される場合があります。


その解約返戻金の一部を、保険会社が借入できる制度が「契約者貸付」です。

それまで支払った保険料で積み立てた解約返戻金の一部なので、保険契約者のお金ではあるものの、保険金として支払われない限りは保険会社のお金なので、保険会社から借入する形で扱われます。

保険を解約して解約返戻金を受け取ることもできますが、それでは保障がなくなってしまうので、保険を解約せず手元に資金を得る方法として有効です。

法人保険の契約者貸付の2つのメリット

法人保険の契約者貸付を利用すると保険契約を継続しながら資金調達が可能という、 契約者貸付の内容について説明しました。

では、契約者貸付を利用するメリットはあるのでしょうか。


ここでは契約者貸付の2つのメリットである

  • 解約返戻金から支払われるので借入が簡単にできること
  • 一括でも分割でも返済できること
について解説します。 

【メリット1】解約返戻金から支払われるので借入が簡単にできる

法人保険の契約者貸付は、保険契約者の解約返戻金の範囲から借入を行います。

そのため、銀行から融資を受けるときに必要な審査などはありません

また、保険会社によって利用の申込方法は異なりますが、インターネットや電話など簡単に申し込むことができますし、店舗の窓口でも申し込みが可能です。

さらに、簡単な書類手続きで利用でき、1週間ほどで貸付金を手にいれることができるので、早急に資金が必要なときは大変役に立ちます。

【メリット2】一括でも分割でも返済できる

原則、契約者の都合にあわせて返済できるため、使い勝手のよい制度です。


また、法人保険の契約者貸付で借入を行っても、一般的な銀行融資のように、毎月一定額を返済しなければならないといった取り決めや、ある時払いの催促はありません。


返済できるタイミングで一括でも分割でも返すことができ、返済に追われることがないのは大きなメリットです。

法人保険の契約者貸付の3つのデメリットと注意点

ここまでは契約者貸付の内容やメリットについて説明しました。


 では、契約者貸付を利用することによるデメリットはあるのでしょうか。


ここでは契約者貸付の3つのデメリットと言える 

  • 解約返戻金が多くないと借入できない可能性があること
  • 返済しないと元金が膨らんでいくこと
  • 契約者貸付使用中の解約返戻金は全額課税されること

について解説します。

【デメリット1】解約返戻金が多くないと借入できない可能性も

契約者貸付は解約返戻金の一定範囲から借入を行う制度です。

つまり、契約してから時間が経つほど保険料を多く支払うこととなり、その分解約返戻金も多くなります。

そのため、加入後早い段階で「契約者貸付」を利用すると、解約返戻金が積みあがっていないため、希望の金額を借入できない可能性があります。

【デメリット2】返済しないと元金が膨らんでいく

法人保険の契約者貸付は、銀行のカードローンやクレジットカード、消費者金融などより低い金利で借入ができます。

しかし、あくまでも借入という扱いなので、3%程度の貸付利率がかかります。


法人保険の契約者貸付で適用される金利は、契約している法人保険の予定利率とも関係しますので、同じ保険会社の商品だとしても契約した時期によって異なります。

また、法人保険の契約者貸付で適用される金利は、1年ごとに計算された分が元金に組み入れられますので、長期間借入を行ったままでは元金が毎年増えることになってしまう仕組みです。

返済期日の定めがないのはメリットですが注意が必要です。

【デメリット3】契約者貸付使用中の解約返戻金は全額課税される

契約者貸付を利用し、返済していない状態で法人保険を解約する場合は、受け取る解約返戻金はすべての額が課税対象になる点に注意しましょう。

法人保険を解約した場合、解約返戻金から利用した契約者貸付分と金利が相殺され、残りが手取り額になります。

ただし、帳簿上の評価は実際の手取り額になるので、評価がゼロだった保険を解約返戻金としていったん現金化し、その後、利用した契約者貸付と金利で相殺させることになります。


そのため、手取り額は少なかったとしても、解約返戻金全額が決算で雑収入として計上されることになり、赤字が無ければ解約返戻金全額が課税対象になってしまいます。

【注意点】借入上限額を超えると保険は失効される

法人保険の契約者貸付で借入を行い、返済しないままでいると元金と金利が増えて借入上限額を超える場合もあります。

その場合、保険会社から提示の期日までに指定金額を返済するように案内が届きますが、案内のあった内容に従って返済しなかった場合、保険が失効することがあるので注意しましょう。

契約者貸付の経理処理

契約者貸付を利用して借入を行った場合、また、返済や清算した場合の経理処理を解説したので参考にしてみてください。


  • 契約者貸付を受けたとき

契約者貸付を利用した場合は、借入金として負債に計上します。


【例:契約者貸付を利用し、50万円を受け取った場合】

 

借方/貸方詳細
借方現金(または預金)500,000
貸方借入金   500,000

  • 返済をしたとき

契約者貸付を返済した場合には、負債に計上していた借入金を取り崩し、支払った利息は損金算入します。


【例:契約者貸付の元利金58万円(うち、借入金54万円、利息4万円)を返済した場合】


 借方/貸方
詳細
借方 
借入金     540,000
支払利息     40,000
 貸方 現金(または預金)  580,000


  • 保険金や解約返戻金で、清算した場合

法人保険の契約者貸付金の返済が終わっていない状態で、保険金が支払われた、または解約返戻金を受け取り、法人保険の契約が消滅した場合は、支払われる保険金や解約返戻金から契約者貸付の元利金を清算し、残りの金額が支払われます。


【例:保険金2,500万円のうち、借入金54万円と利息4万円を差し引いた残り2,442万円を受け取ったが、そのときの保険料積立金は250万円だった場合】


借方/貸方詳細
借方現金(または預金)  24,420,000
借入金        540,000
支払利息        40,000
貸方保険料積立金    2,500,000
雑収入      22,500,000

まとめ:法人保険の契約者貸付のメリットとデメリット

法人保険の契約者貸付について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 法人保険の契約者貸付なら簡単に返済の催促を受けることなく利用できる
  • ただし長期間返済しないままでいると元金が膨らみ、最終的に失効する
  • 法人保険の契約者貸付を利用するなら正しい経理処理が必要

です。


事業を営んでいれば手元の資金不足に困ることもあるかもしれませんが、法人保険の契約者貸付なら解約返戻金を担保に簡単に借入ができます。


しかし、利用する前には、契約者貸付のメリットとデメリット、経理処理を理解しておくようにしましょう。


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 実質返戻率だけの判断で法人保険加入は危険!3つの注意点を解説!
  • 業務中の自転車事故は誰の責任?法人自転車保険で賠償に対応しよう
  • 法人契約の自動車保険は個人契約とどう違うの?メリットはあるの?
  • 被保険者の退職後も法人保険は継続可能?保険料をムダにしない方法
  • 法人保険にこんな悩みはありませんか?

    節税対策が販売停止になった法人保険。
    これからどうなるのと不安にお思いの方はいらっしゃいませんか?
    ほけんROOM相談室にご相談いただければ、ご自身の法人に最適なプランをご紹介します。