学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

学資保険の保険料は短期払いがお得?どのようなメリットがあるの?

万が一の場合にも、将来の子供の教育資金に備えることができる学資保険。学資保険は保険料を短期払いで契約することができます。そこでこちらのページでは、学資保険の保険料を短期払いにした場合のメリットとデメリットをまとめてみました。

学資保険は短期払いにしたほうが良い?

子供の将来の教育費に備えて加入する学資保険ですが、その学資保険は保険料の払込期間を設定することが可能です。

学資金が必要となるのは、子供が18歳となるときでしょう。


子供が18歳になるまでに保険料の払い込みを終える必要がありますが、短期払いで契約することも可能です。


18歳になるまで保険料の負担が続くのが嫌だという場合には、10歳や15歳で払い込みを終える短期払い契約を締結することも可能です。


それでは、学資保険の保険料の払込期間は短い方がお得なのでしょうか。

学資保険を短期払いにすることで3つのメリットがある

学資保険の保険料は、短期払いにすることで受けられる3つのメリットがあります。

まずは、学資保険を短期払いにすることで受けられるそれらのメリットをご紹介しましょう。

メリット1:資金に余裕があるときに学資保険の払い込みを終えることができる

学資保険の保険料は、決して安くはありません

毎月一定額の保険料の負担は家計にとって決して軽くはないのです。


その学資保険の保険料を短期払いにしておくことで、比較的資金に余裕がある若い時期に、学資保険の払い込みを終えることができるというメリットがあります。


子供が0歳で学資保険を契約し、保険料の払い込みを長期払いで契約した場合には、子供が18歳になるまで保険料を払い込み続けなければなりません。


保険料の払込期間を短くしたい場合には、毎月の保険料は増えるものの、払い込み期間が短く、払込保険料総額の負担も少なくなる、短期払いがおすすめです。


資金に余裕がある若いうちに、学資保険の保険料を払い込んでしまいたいという場合は、短期払いを選択しましょう。

メリット2:学校進学時の時に満期返戻金の一部を受け取ることのできる制度がある

学資保険の商品によっては、保険料を短期払いにしておくことで、満期返戻金の一部を、保険期間中に受け取ることができます

学資保険の満期返戻金は、多くの場合、子供が大学に進学する18歳の年齢になる年に受け取るように契約する場合がほとんどです。


しかし、場合によっては15歳の高校進学時にも、一定の教育費が必要になります。


学資保険を短期払いにして、保険料の払い込みを終えておくことで、本来18歳で受け取るべき満期返戻金の一部を、15歳の時点で受け取ることができるのです。

メリット3:返戻率が上がり、子どもの教育資金の準備ができる


学資保険において、保険料を短期払いにする一番のメリットは、返戻率が上がることです。

例えば、とある保険商品の以下のプランで比べてみましょう。


  • 契約者年齢30歳、お子様の年齢0歳
  • 受け取り学資金200万円
  • 学資金受け取り開始年齢18歳(40万円を5年間に渡って受け取り)

この条件で、保険料の払い込みを、短期払い(10歳までに払い込み終了)にした場合は、月払いの保険料は15,540円、払込保険料総額は1,864,800円で、返戻率は約107.2%となります。


同じ条件で、保険料の払い込みを、長期払い(18歳までに払い込み終了)にした場合は、月払いの保険料は、8,916円、払込保険料総額 1,925,856円で、返戻率は約103.8%となります。


返戻率の差は、3.4%となり、払込保険料の総額にも61,056円の差が生まれました。


返戻率が大きく変わることが、学資保険の保険料を短期払いにする大きなメリットとなっています。



学資保険の短期払いの3つのデメリットとは

返戻率が大きく上がるなど、学資保険を短期払いにすることで、3つのメリットがありました。

しかし、学資保険の短期払いにはデメリットも存在します。


そこで続いては、学資保険の保険料を短期払いにすることのデメリットをご紹介していきましょう。

デメリット1:短期間だが、一回の支払いあたりの保険料の負担が大きい

一つ目のデメリットは、一回の支払いあたりの保険料の負担が大きくなってしまうことです。

とある保険商品の以下のプランで比べてみましょう。


  • 契約者年齢30歳、お子様の年齢0歳
  • 受け取り学資金 300万円
  • 学資金受け取り年齢 18歳(一括受け取り)

この条件で、保険料の払い込みを、短期払い(10歳までに払い込み終了)にした場合は、月払いの保険料は23,850円で、払込保険料総額は 2,862,000円となります。


同じ条件で、保険料の払い込みを、長期払い(18歳までに払い込み終了)にした場合は、月払いの保険料は、13,620円で、払込保険料総額は 2,941,920円となります。


払込保険料総額は、短期払いの方が79,920円安くなりますが、ひと月あたりの保険料は、短期払いの方が10,230円高くなってしまいます。


毎月の保険料負担を軽減したい方には、保険料の短期払いは向いてないといえるでしょう。



デメリット2:全期払いと比較して、生命保険料控除の対象となる年が少なくなる

学資保険の保険料は、生命保険料控除の対象となっています。

生命保険料控除とは所得控除の一つです。


生命保険料控除を適用することで、税負担を軽減することができます。


1年間に払い込んだ生命保険料のうち、生命保険料控除に当てはまる金額が所得から差し引かれますので、結果として所得税や住民税が安くなるという制度です。


生命保険料控除には3つの控除枠が存在します。


  1. 一般生命保険料控除
  2. 介護医療保険料控除
  3. 個人年金保険料控除

それぞれの控除枠には上限額があるので注意しましょう。


学資保険は、契約者に万が一のことがあった場合に教育を負担するという側面がありますので、「一般生命保険料控除」の枠で控除が可能です。


ただし、この生命保険料控除は、1年間に払い込んだ保険料が所得から差し引かれる制度です。


短期払いの場合、この生命保険料控除の対象となる年が必然的に少なくなってしまいます



長年にわたって税制の優遇を受けたい場合には、保険料の短期払いは向いていないことになります。


デメリット3:払込免除特約が役立たなくなる可能性がある

学資保険には、払込免除特約を付加できる商品もあります。

払込免除特約とは、契約者が死亡した場合、もしくは高度障害状態になった場合、さらにはがんなどの三大疾病と診断された場合などに、以降の保険料の払込が免除されるという特約です。


払込免除特約を付加した場合には、不測の事態に陥ったとしても、子供の教育資金をしっかりと準備することができます。


しかし、保険商品によっては、払込免除特約を付加することで保険料が上がる場合もあります。


保険料を支払って特約を付加したのにも関わらず、払込期間が短い短期払いで、保険料の払い込みを終えてしまうと、払込免除特約が役立たなくなる可能性があるのです


払込免除特約を付加する際には、短期払いを選択すると、特約が役立たなくなるという点に十分注意しておきましょう。

まとめ:学資保険の保険金を受け取る時期のプランも検討しておこう

学資保険を短期払いで契約することで、

  • 資金があるうちに払い込みを終えることができる
  • 満期保険金の一部を前もって受け取ることができる
  • 返戻率が上がる

といったメリットがありますが、


  • 一回あたりの保険料負担が上がる
  • 税制優遇を受ける年が限られる
  • 払込免除特約が役立たなくなる可能性が上がる

といったデメリットもあります。


学資保険の保険料の払込期間をどうするか、メリットとデメリットをよく考えた上で検討する必要があるでしょう。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう