逓減型生命保険(定期保険)について知り、比較してみましょう。

逓減型定期生命保険は、ライフサイクルにあわせた保険金の受取を設計できるのが魅力です。他の定期保険との比較し、保険会社による逓減型生命保険の商品の違いを比較して、最適な保険を選びましょう。逓減型定期生命保険が適している人についても紹介します。

逓減型生命保険の特徴と他の生命保険との比較を解説

生命保険のうち定期保険では、満期がある代わりに保障期間内に被保険者が死亡した場合、比較的安い保険料で大きな保障(死亡保険金)が受けられます。

死亡保険金が支払われることになった場合、定期保険では次の4つの支給パターンがあります。


  1. 「平準型定期保険」
  2. 「逓減型定期保険」
  3. 「逓増型定期保険」
  4. 「収入(生活)保障型保険」

では、この記事で、逓減定期保険を中心に、ほかの定期保険タイプとの比較をしながらどのような保険なのかを考察していきましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

逓減型定期保険の特徴とは?

逓減型定期保険とは、その名の通り時間が経つごとに支払われる死亡保険金が減る(逓減する)タイプを指します。他のタイプと比較して、保険会社の負担が少ない(※)ため保険料が低めに設定されていることが多いです。

また、逓減型定期保険では逓減率を個別設定できるので、希望・ライフサイクルに沿った逓減率を設定し、もしものときの死亡保険金の受取額を調整・計画することができることが最大の魅力です。

※後述する「平準型定期保険との保障内容・保険料の比較」にて説明しています。

逓減型定期保険と平準型定期保険、収入保障型保険の違い

冒頭で示した4つのタイプのうち、保障期間中いつ被保険者が死亡しても支払われるものを「平準型定期保険」といいます。

これに対し保障期間の浅いほうが高い保険金が支払われる(=日が経つにつれ減る)ものを「逓減型定期保険」といいます。(逓減型定期保険の逆で満期に近くなるほど死亡保険金が高くなるものを「逓増型定期保険」といいます。)

また、保険金を年金形式で受け取るものを「収入保障型保険」といいます。

いずれを選んでも、支払う生命保険料は保障期間内一定です。

平準型定期保険との保障内容・保険料の比較


「平準型定期保険」は上記にもあるように、保障期間中いつでも支払われる死亡保険金が一定しています。多くの場合、死亡時期は予測不能なため、一定した死亡保険金を受けられる平準型定期保険は最も安定していると言えます。


しかし、上述した通り「逓減型定期保険」「逓増型定期保険」タイプは「平準型定期保険」のように死亡保険金が期間内一定ではないため、保障期間内で死亡した際に支払われる保障内容(死亡保険金)に差が生じます。


「平準型定期保険」と「逓減型定期保険」を比較した場合、例えば満期が10年の定期保険で契約して3年で被保険者が死亡したと仮定すると、逓減型定期保険のほうが高い死亡保険金を受け取れることになります。

しかし、死亡したのが満期間近だった場合は先の例とは反対に「平準型定期保険」のほうが「逓減型定期保険」と比較して高い死亡保険金を受け取ることができます。


また、「平準型定期保険」は「逓減型定期保険」と比較して保険料が若干割高に設定される傾向にあります。これは、逓減型定期保険のほうが手厚い保障(高額な死亡保険金)を保険会社が負う期間が短いためです。


保障期間内の被保険者の生活環境(未成年か成人か、未婚か既婚か、子どもの有無など)を鑑みて、支払いタイプをよく比較・検討する必要があります。

収入保障型保険との保障内容・保険料の比較


「収入保障型保険」は死亡保険金が年金形式で支払われるものをいいます。さらに収入保障型保険の中には、死亡保険金が死亡してから一定期間支払われるものと、契約期間満了時まで支払われるものとがあり、どちらを選ぶかで毎月いくらずつどれだけの期間受け取るかが異なります。また、一時金として受け取ることも可能です。


このように、「収入保障型保険」では一時受取以外の年金形式の受取方法があることが一番の特徴となりますが、それに伴い税金が多くかかる点に注意が必要です。


具体的には、「逓減型定期保険」では、死亡保険金の全額を一括で支払われるので受取時に「相続税」が課税されるだけですが、「収入保障型保険」では「相続税」に加えて「所得税」が課税されます。


生命保険料について「逓減型定期保険」と「収入保障型保険」を比較した場合、「収入保障型保険」のほうが生命保険料は安く設定されています。これは、逓減率が個々人によりことなる「逓減型定期保険」と異なり「収入保障型保険」では定額が逓減していくことによるものです。

各生命保険会社の逓減型定期保険の保障内容の違い

逓減型定期保険は先述の収入保障型保険とも類似しており、逓減率が複雑なことから、取り扱っている保険会社が少ないのが現状です。

しかし、少ない中でも各社の比較をすることは重要な生命保険選びのプロセスです。

商品によりそれぞれ魅力が異なるので、自身にあった特約や割引がないか検討し、じっくりと各社の保障内容について理解しておきましょう。

アクサ生命の逓減型定期保険の特徴

アクサ生命の逓減型定期保険は、逓減型定期保険の魅力である「ライフサイクルにあわせた合理的な保障」を確保しながら「就業不能状態」に対応する「生活障害保障型逓減定期保険特約」が付加されており、働けなくなった場合にも保障(生活障害保険料)が備えられることが最大の特徴です。また、生活障害保険料を受け取ることなく死亡した場合は「死亡保険金」として受け取ることができます。

割安な生命保険料で死亡保障を準備したい方にはおすすめです。

ソニー生命の逓減型定期保険の特徴

ソニー生命の逓減型定期保険は、「優良体・非喫煙者割引特則」が設けられているのが特徴です。血圧値やBMI指数、非喫煙者であることなどの一定の条件を満たせば適用されるので、適合する人であれば生命保険料の節約が可能です。

生命保険料の一例として、逓減型定期保険のI型(男性/35歳/保険金額4,000万円/保険期間60歳満了/保険料払込期間60歳まで)で有料体・非喫煙者割引の有無を比較した場合、最大で1,720円の割引になります。

三井住友海上あいおい生命の逓減型定期保険の特徴

三井住友海上あいおい生命の逓減型定期保険は、9種類のパターンから選べることが特徴です。

保険期間を第一保険期間と第二保険期間の二つにわけ、第一保険期間の逓減限度割合(第一期間終了時の死亡保険金額の逓減割合と考えてください。)を決めます。それが以下の9種類です。


  • 第一保険期間:保険期間の8割 
  • 第二保険期間:保険期間の2割

の条件のもと、第1保険期間逓減限度割合が、90%、80%、70%、60%の4パターン。


  • 第一保険期間:保険期間の6割 
  • 第二保険期間:保険期間の4割

の条件のもと、第1保険期間逓減限度割合が、90%、80%、70%、60%の4パターン。 


  • 第一保険期間:保険期間の10割
  • 第二保険期間:保険期間の0割

の条件のもと、第1保険期間逓減限度割合が20%の1パターン。


これら9パターンです。


9パターンから選べることで、それぞれの人にあった逓減型定期保険を選ぶことができます。

逓減型定期保険が向いている人の特徴とは?

逓減型定期保険が向いている人として勧められるのが次のような方です。

  1. 未成年の子供がいる方
  2. 被保険者に収入を依存している家庭を持っている方


1のケースでは、子どもが学校に通っている間に被保険者にもしものことがあった場合に備えて、子どもが成人するまでは手厚く、以降は比較的少ない保険金といった風に、逓減させられるのが魅力です。


とくに、1のケースで2のケースにも当てはまる場合、被保険者の死亡すると一家の収入が停止することになるので、家計の出費が多い期間(子どもが幼いなど)は手厚い保障が受けられるように調整できる逓減型定期生命保険は、他の定期保険と比較して安心といえます。


このように、家庭を持ってる方とって逓減型定期保険は「残された家族を守る」ことができる保険と言えます。


まとめ

いかがでしたか?

逓減型定期生命保険は、上でまとめたような未成年・就学中の子どもがいる場合や、一家の収入を担っているひとにはぜひ検討する価値のある定期生命保険です。

逓減型定期生命保険ではライフサイクルに照らし合わせて逓減率を設定することができるので、特に手厚い保障が必要な時期に充分な保障が受けられるよう調整をしながらも、全体的な生命保険料は他の定期保険と比べて抑える「一石二鳥」が実現します。

紹介した2社の商品をはじめ、自身にあった保険はどれなのか比較検討して、最適な逓減型定期生命保険を探してみましょう。

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング