生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

50代の生命保険の見直しポイントを分析!わかりやすく解説しました

50代はお子さんも大きくなり、そろそろ経済的に自立する年代。家族への大きな保障の必要が無くなるかわり、自分たちの老後が気になってきます。生命保険を見直しすべきかどうか…何をどう備えたらいいのか?ここでは、50代の生命保険の見直しポイントについてまとめました。

50代の生命保険の見直し事項を解説



まだまだ現役世代の50代。しかし、年々退職後や老後が気になる世代でもあります。そんな50代の生命保険の見直しに必要なポイントは何でしょうか?

今回は、50歳代の生命保険見直しで考えるべき点をお伝えします。

50代は子供が自立して老後生活を考える時期

お子さんが就職・結婚し、経済的に独立すると、それまで必要だった「残された家族への保障」や「子どもの教育費」の備えの重要度が低くなってきます。

反対に今度は自分たちの生活費や医療費、親の介護費など、老後の生活への備えが必要になってきますので、生命保険の見直しが必要性が高まります。

子供のための生命保険から、自分たちのための生命保険へ

子どもが経済的に自立した後は、基本的には夫婦2人の生活に必要な保障だけで十分になります。それまで貯めた貯蓄もありますので、余裕のある人は公的制度と貯蓄でカバーできる場合もあります。

また、場合によってはご両親の介護が始まります。

自分に万が一があった時、お子さんに祖父母の介護負担がのしかからないよう、見直しの際に配慮することも必要です。  

一般的な50代の生命保険について知ろう

生命保険は「万が一の時に備える」ものですが、50代で考えるべき生命保険の見直しポイントは、次の3つです。 


  1. 自分への保障。まだまだ現役で働いている人も多いですが、どうしても病気や怪我のリスクが高くなります。50代からは死亡保障の必要性より、入院・手術のための医療保障の方に重点を置きましょう。終身保険に加入しているのであればそのままにしておき、その他の定期保険や収入保障保険は全面的に見直しの必要があります。
  2. 次に配偶者への保障です。自分に万が一のことがあった場合、残された配偶者の生活をどうするのか?夫婦ともにまだ50歳代であれば、年金受給まで約十数年ほどあります。見直しの際に、子どもに負担をかけないよう生活するにはいくら必要か、生活費を主に算出してみましょう。 
  3. さらに親の介護が必要になり、なおかつ自分の健康に不安があるという場合には、親御さんに残す分も考えておきましょう。基本的に公的介護制度でカバーできる部分も大きいのですが、なるべく子どもに祖父母の負担をかけないようにしたいなら、生命保険でカバーできる金額を残せるよう見直しておきたいものです。 

50代男女別の保険金と保険料の相場

最近は持病があっても加入OKな生命保険も増えてきましたが、実際のところ、相場はどれくらいなのでしょうか? 

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」によると、


50代の世帯主平均保険金額は「3175~3388万円」

妻の保険金金額は全体で「807万円」

世帯の年間保険料は「49.2~49.8万円」となっています。 

(参照:公益財団法人 生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査 平成27年度版」 )

責任の多い世代ですので、全体で見ても保険金・保険料ともに金額が大きくなる時期になります。 


しかし、同時に気を付けたいのが、保険料の金額。 

「これぐらいだったら、月々の家計からまかなえそうだ。」と思いがちですが、ちょっと待ってください。もし30代の家計だったら、この生命保険を契約したでしょうか? 

50代となると、家の購入や子どもの進学資金と、それまでの人生で大きな金額を扱うことが多くなり、月々数千円の保険料がそんなに負担ではないような錯覚をしてしまいがちです。

 

本当にその保険料は妥当なのか、そもそも生命保険は必要なのか? 

さまざまな生命保険商品を見比べながら、適正な保険料を考えてください。 

50代は死亡保障を大きくカットするタイミング

50代は残すものよりも、病気・怪我の治療費、老後の生活費を考えなければいけない時期です。そのため、今まで重視していた死亡保障を見直しましょう。 

また自分の年金額を調べ、足りないと思ったら個人年金保険など民間の保険を利用するのも有効です。 

子供が自立し、死亡保障額がいくら必要かを考える

お子さんが経済的に自立したのであれば、今後の教育費やお子さんの生活費についての心配はなくなります。しかし、自分に何かあった場合の死亡保障だけは確保しておきましょう。

 

具体的には、葬儀代・残された配偶者の生活費などです。 

ちなみに葬儀代の相場は、大体200万程度といわれています。ただしこれは地域差や葬儀を執り行う宗教のマナーなどによって違ってきます。 

配偶者の生活費も、月々の生活費のうち年金でカバーできない分を計算してみましょう。 


この金額は、個人やライフスタイル、年金の納付額によって大きく違ってきますので、見直しを機会に一度、ご夫婦で話し合ってみることをお勧めします。  

老後資金と保険料のバランスを考え、死亡保障額の見直し

また、見直しの際に気をつけたいのは、貯蓄と保険料のバランス。

むしろ50代以降は、保険金より貯蓄で老後資金を賄った方がよい家計もあります。 

あまり死亡保障を手厚くする必要性がないのであれば、月々の保険料を貯蓄に回し、老後資金として貯めておくことをお勧めします。 

死亡保障を減らしたい場合は解約ではなく「中途減額」がおすすめ

「以前より死亡保障の必要がなくなったのはわかったけれど…でもまるっきり解約してしまうのも不安…。」と思う方も多いでしょう。 

そんなときにお勧めするのが、中途減額です。 


中途減額とは、定期保険特約などの死亡保障の一部を解約する方法。定期付終身保険は、終身保険部分の主契約と定期部分の特約があります。この主契約はそのままに、特約を解約する方法です。 

契約自体は継続し、保険料を減額させたいときに有効な方法です。 

50代は相続について見直すタイミング

また、死亡保障は残された配偶者の生活費とご自身の葬儀費用と、先に述べましたが、その他残しておきたい方がいる場合は要注意です。

特に、複数の相続人がいる場合は「もめない相続」ができる状態か見直しましょう。  

終身保険は遺産分割の割合を契約者本人が決められる

相続対策で便利なのが「終身保険」です。 


終身保険は、何歳で亡くなっても死亡保険金が支払われ、かつ受取人を指定できますので、あらかじめ相続でもめないよう準備することができます。 


例えば、マイホームに同居している子どもと、別居している子どもが相続人になるが、財産は自宅ぐらいしかない。 

すでに自宅には子ども夫婦が同居しているため、自宅を売却して、相続人全員に財産分与することが難しいケースなど。 


この場合、自宅は同居している子どもが相続し、他の別居している子には死亡保険金の受取人にすることで、ある程度公平に財産を分けるよう取り計らうことができます。 


このように、公平な相続が物理的に難しいケースなどには、終身保険が役立ちます。  

50代は医療保障を手厚くするタイミング

万が一の保障が軽くなる反面、高齢になればなるほど心配なのが「病気」。

入院費のほか、高額な治療費が必要になる場合もあるでしょう。

50歳代での生命保険の見直しでは、死亡保障を軽くする分、医療保障を手厚くしましょう

高齢者の医療費事情を知ろう

高齢になると、医療費がかさむというイメージがあります。そのため、保険をより手厚く使用と考える方もいるかもしれません。 

しかし退職後の健康保険としては、「前期高齢者医療制度」と「後期高齢者医療制度」があります。これは医療費の自己負担が現役世代より1~2割軽くなる制度です。 

また高額な医療費がかかった場合でも、申請すれば自己負担限度額以上の金額は戻ってきたりします。 

ですので、ある程度公的制度でカバーできるようであれば、生命保険より貯蓄でまかなっていくことも検討してみたほうがいいかもしれません。 

がん罹患率は高齢になるほど急増する

高齢になると心配になるのが「がん」。日本人の死亡原因としてもよく耳にし、治療も高額になるイメージがある病気です。50代までは男女ともに比較的がん発症率は低いですが、60代になると徐々に増えていきます。80代男性の発症率は50%を超えており、まさに2人に1人の割合です。  

【男性】 

  • 30代 0.6% 
  • 40代 2% 
  • 50代 6% 
  • 60代 16% 
  • 70代 30% 
  • 80代 54% 

【女性】 

  • 30代 1% 
  • 40代 4% 
  • 50代 6%
  • 60代 9% 
  • 70代 13% 
  • 80代 29% 
(出典:国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター「最新がん統計」 )

このほかにも、三大生活習慣病や怪我など、治療・入院が必要になる心配が増えていきますので、60代になればさらに月々の保険料は高くなります。

高齢者医療制度で十分カバーできることもありますが、もしものことを考えて備えておきたいなら、保険料が上がる50代の生命保険の見直しで医療保障を手厚くしておく必要があります。 

まとめ:生命保険を見直して充実した老後を送ろう

50代は今まで背負ってきた家族への責任が軽くなる半面、老後に向けてさまざまな準備を始める時期になります。まさに50代は転換期と言えるでしょう。


今後のライフスタイルや自分たちの体調に合わせて生命保険を見直し、充実した老後に備えましょう。

ランキング

  • ライフプランを考えれていますか?年齢別で見る生命保険の見直し方法
  • 40代の生命保険!おすすめの生命保険と、見直しの方法を紹介!
  • 退職後・定年後の生命保険はどうする?60歳の生命保険見直しポイント
  • 生命保険の見直し時期は?保障内容などの見直しポイントを解説!
  • 定年退職を迎えたあなたに、生命保険の上手な見直し方法を伝授!
  • マイホームを検討中の方必見。生命保険を見直しポイントはここだ!
  • 新婚さん必見!結婚後の若い二人の生命保険の見直し方を詳しくご紹介
  • 妊娠・出産したら保険はどうする?生命保険見直しのポイント
  • 生命保険の見直しポイントを徹底解説!保険を見直したい方必見!
  • 生命保険の見直しのメリットとタイミングは?誰に聞けばいい?
  • 生命保険の見直しテク!保険料減額のメリットやタイミングを考える。
  • 生保保険の見直しでは、生命保険の主契約のみ残すという方法がある
  • 生命保険で知られていない変換。その変換の活用方法を説明します。
  • 生命保険の転換制度、メリット・デメリットを知って賢く活用しよう!