積立保険のランキングを紹介!損をしないための積立保険の知識

積立保険のランキングを紹介!損をしないための積立保険の知識-サムネイル画像

積立保険のおすすめランキングTOP3をまとめた記事です。積立保険の特徴(メリットやデメリット、積立保険に向いている人、積立保険に向いていない人)について詳細にまとめたランキング記事となります。ランキングの順番が高い保険ほどおすすめです。




▼この記事を読んで欲しい人
  • 積立保険のおすすめランキングが知りたい人
  • 積立保険への加入を検討中の人
  • 積立保険の特徴が知りたい人
  • 積立保険と掛け捨て保険で迷っている人

内容をまとめると

  • 保障が必要にならなくても満期保険金や解約返戻金が受け取れる!
  • 積立保険には目的に応じて様々な種類がある!
  • 積立保険の保険料は掛け捨ての保険よりも割高
  • 積立保険の必要性に迷ったら保険のプロへの相談がおすすめ
  • マネーキャリアなら保険のプロに無料保険相談が可能!予約から面談までスマホひとつでできる!

積立保険に関する知っておくべき基礎知識


ここまでおすすめの積立保険をランキング形式で紹介してきました。


そもそも積立保険とは、どのような特徴を持つ保険なのでしょうか?


積立保険は保険としての機能はもちろんのこと、貯蓄機能も備えた保険です。


適切に活用することで、万が一に備えつつ資産形成ができます。


本章では積立保険の基礎知識について、


  • 積立保険とは何か
  • 積立保険の主な種類
  • 掛け捨ての保険との違い


以上の3点を解説します。

積立保険とは?

積立保険とは、貯蓄性のある保険商品です。


万が一の時の保障の他に、


  • 満期保険金
  • 解約返戻金


などが受け取れます。


仕組みとしては、保険料の一部が保障に、一部が積立・運用に回されます。


そのため掛け捨ての保険と比べると保険料は割高です。


その分保障が必要にならなくても支払った保険料が無駄にならないため、貯蓄の代わりとしても利用可能です。


有効に活用すれば将来的にはプラスになる可能性があり、商品によっては資産運用にもなります。


そのため自分で貯蓄するのが難しい人や、掛け捨てになることを避けたい人は、加入を検討してみてください。


ただし途中解約の場合は、受取金額が元本を下回る可能性があります。


保険料も割高なため、加入の際は自身の経済状況やライフプランから冷静に判断しましょう。

積立保険の主な種類

積立保険の主な種類は以下の通りです。


特徴
終身保険一生涯にわたり保障が続く保険
途中解約時に解約返戻金が受け取れる
養老保険保険期間が限定されている保険
満期時に死亡保険金と同額の満期保険金が受け取れる
学資保険子供の教育費に備える保険
子供の進学などに合わせ祝金や学資金が支払われる
個人年金保険個人で年金を準備するための保険
満期後に年金形式で保険金が受け取れる(一括も選択可能)
終身年金・有期年金・確定年金などの種類がある


以上のように、様々な積立保険が存在します。


  • 保障を重視したい
  • ライフイベントに備えたい
  • 教育費に備えたい
  • 老後資金に備えたい


といったように、目的に応じた保険選びをしましょう。


またこの他にも外貨建て保険なども挙げられます。


外貨建て保険は円建て保険と比べて金利が高く、資産運用として有効です。


ただし為替レートに大きく左右されるため、安定感には欠けます。


円建て保険の方が将来的なリターンの見通しが立てやすいため、安定感を重視したい場合は円建て保険を活用しましょう。

保険料が掛け捨ての保険との違い

掛け捨てとの主な違いは以下の通りです。


積立掛け捨て
保険料割高割安
満期保険金あり(満期がある場合)なし
解約返戻金ありなし


積立保険の場合は、保障が必要にならなくても払い込んだ保険料が、なんらかの形で戻ってきます。


掛け捨ての場合は、保障以外で保険料は戻ってきません。


ただし積立の必要がない分、同じ条件で比べると掛け捨ての方が保険料は割安です。


一般的に加入年齢が若いほど、生命保険の保険料は安くなる傾向にあります。


そのため特に若いうちは掛け捨てを活用することで、安価な保険料で保険の恩恵が受けられます。


保障だけが目的の場合は掛け捨てへの加入を検討してみましょう。


積立保険もまた、ライフステージに応じてまとまった資金が必要になった場合に、柔軟に対応ができる利点があります。


保険は本来、もしもの時に備えるためのものです。


  • 保険料が安いからお得
  • 貯蓄性があるからお得


と目先の利益だけで考えるのではなく、あくまで保障を重視した上で、経済状況やライフプランに合わせた選択をしましょう。

積立保険の3つのメリット


ランキングで紹介した商品を始め、積立保険は保険機能と同時に、貯蓄機能も併せ持っています。


そんな積立保険だからこそ、保険と貯蓄の両方の良い面を持っています。


具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。


本章では積立保険のメリットを3点解説します。


メリットを知ることで、積立保険を有効活用しましょう。

①保険を貯蓄代わりに利用できる

積立保険のメリットの1つ目は、保険を貯蓄代わりに利用できることです。


積立保険は払い込んだ保険料が積み立てられ、保障が必要にならなくても満期保険金や解約返戻金といった形でお金が戻ってきます。


ライフステージに合わせて満期を設定したり、途中解約をしたりすることで、貯蓄の代わりとして資産形成が可能です。


一般的に貯蓄の場合は、口座に預けていてもお金はほとんど増えません。


しかし満期保険金を活用すれば、死亡保険金と同等の資金が手に入ります。


また貯蓄が苦手な人にも積立保険の活用はおすすめです。


積立保険の保険料は定期的に自動で口座から引き落とされます。


引き落とすには解約などの手続きを踏まなければなりません。


そのため普通の貯蓄ではなかなかお金が貯まらないという人でも、自動でお金が貯まっていくのです。


貯蓄が苦手な人は、ぜひ積立保険を貯蓄代わりに利用してみてください。

②積立てている保険料からお金を借入できる

積立保険のメリットの2つ目は、積立てている保険料からお金を借入できることです。


積立保険は多くの場合、契約者貸付制度が存在します。


契約者貸付制度とは、解約返戻金から一定の範囲内で、保険会社からお金が借りられる制度です。


急遽まとまったお金が必要になった場合でも、保障を継続したまま借入ができます。


一般的なローンなどよりも金利が低く、また借入の際は審査の必要がありません。


そのため比較的好条件での借入が可能です。


もちろん返済の必要はあります。


返済が滞ると最悪の場合は契約が失効する可能性もあるため、借入は計画的に行いましょう。

③所得税と住民税の軽減ができる

積立保険のメリットの3つ目は、所得税と住民税の軽減ができることです。


積立保険の保険料は、生命保険料控除の対象になります。


生命保険料控除とは、1年間払い込んだ保険料の中から一定額の所得控除が受けられる制度です。


所得控除を受けると、その分だけ所得税・住民税の負担が軽減できます。


控除される金額は、1年間で払い込んだ保険料の金額により変動します。


もちろん何もしなければ、控除は受けられません。


控除を受けるには、年末調整・確定申告が必要です。


積立保険に加入後は、1年間で払い込んだ保険料の申告を必ず行いましょう。


商品によっては契約後5年未満は対象外になるなど、条件がついている可能性があります。


上手く活用するためにも、必ず条件を確認してください。

積立保険の5つのデメリット


保障機能と貯蓄機能を併せ持つ積立保険は、一見すると良い面ばかりのように思えます。


もちろんランキングで紹介した商品を始め、積立保険には多くのメリットがあります。


しかし同時にデメリットも存在します。


デメリットを知らないまま利用すると、保険料の支払いや受け取りの際に損をするかもしれません。


本章では積立保険のデメリットを5つ解説します。


積立保険を最大限に活用するためにも、リスクや税金などについて知りましょう。

①保険料が掛け捨ての保険より高い

積立保険のデメリットの1つ目は、保険料が掛け捨ての保険より高いことです。


積立保険の保険料は、保障のためのお金の他に、積立のためのお金も含まれています。


そのため保障だけを扱う掛け捨ての保険と比べると割高です。


保険選びでは経済状況の確認も大切です。


いくら貯蓄性があるといっても、無理に加入すると、


  • 保険料の払い込みが滞る
  • 保険料が家計を圧迫する


などのリスクが生じます。


積立か掛け捨てか選ぶ際は、あくまで保障内容を尊重した上で、ライフプランや経済状況にあった保険を選択してください。

②満期を迎える前に解約すると元本割れする

積立保険のデメリットの2つ目は、満期を迎える前に解約すると元本割れすることです。


解約返戻金の金額は、解約返戻率に応じて決定します。


解約返戻率は加入期間により変動し、加入期間が長くなるにつれ上昇することが一般的です。


そのため満期前の解約では、ほとんどの場合で元本割れを起こします。


早期解約をした場合は全くないか、あってもごくわずかです。


元本割れによる損を防ぐためには、加入前に解約返戻率の推移をよく確認してください。


解約返戻金を有効活用したい場合は、解約返戻率のピークとライフイベントのタイミングが合うようにすることがベストです。


解約返戻率の低いタイミングでの解約を防ぐためにも、直近でまとまったお金が必要になる予定はないかを確認しましょう。

③インフレリスクがある

積立保険のデメリットの3つ目は、インフレリスクがあることです。


インフレとは、物価が上昇しお金の価値が下がることを意味します。


一部の商品を除き、積立保険はインフレリスクに弱いです。


日本銀行では「物価の安定目標」として年2%のインフレを目標に掲げています。


年2%のインフレが実現した場合、現在の価値で100万円の商品を購入するために、10年後には約122万円が必要です。


積立保険の保険金や解約返戻金は、契約時に設定した範囲で支払われます。


そのため実際に受け取った時にはインフレが進み、金額が不十分になる可能性があるのです。


積立保険に加入する際は、インフレリスクを想定した上で保険金額などを設定しましょう。


資産運用だけが目的であれば、投資信託などの投資商品の活用も検討してください。

④解約するまで積立てているお金は利用できない

積立保険のデメリットの4つ目は、解約するまで積立てているお金は利用できないことです。


積立保険はあくまで保険のため、好きな時にお金が引き出せるわけではありません。


契約中にまとまったお金が必要になった場合は、


  • 元本割れ覚悟で解約返戻金を活用する
  • 契約者貸付制度を利用して利息を支払う


以上のいずれかの手段を取る必要があります。


積立保険を活用する際は、積立保険だけに頼るのではなく、貯金も同時に行った方が良いでしょう。


ただし自力で貯金ができない人にとっては、好きな時に引き出せないという積立保険の特徴が大きなメリットです。


保険料は定期的に口座から強制的に引き落とされるため、コツコツ貯金をするのが苦手な人でも無理なくお金が貯まります。


解約しないとお金が利用できないため、使い込む心配もほとんどありません。


そのため強制的でないと貯金ができない人にはおすすめです。

⑤満期保険金や解約返戻金にも税金がかかる

積立保険のデメリットの5つ目は、満期保険金や解約返戻金にも税金がかかることです。


満期保険金や解約返戻金は、受け取りの際に税金が発生します。


契約者本人が受け取る時にかかる税金は、満期保険金・解約返戻金ともに所得税です。


ただしこの場合は一時所得扱いとなるため、非課税枠が存在します。


課税対象になる金額は、国税庁のホームページによると以下の通りです。

(満期保険金 or 解約返戻金 - 払込保険料 - 50万円)×1/2

満期保険金を契約者本人以外が受け取る場合は、贈与税が発生します。


贈与税は契約者本人との関係性により、特別贈与・一般贈与といった違いがあります。


メリットで解説した生命保険料控除は、ここで二重に課税されないための仕組みです。


生命保険料控除で所得税・住民税の負担が軽くなっても、受け取り時には税金が発生します。


受け取り後に思わぬ出費にならないように、契約前には税金についても確認しておきましょう。

積立保険の必要性

保険を選ぶ時に、ランキングや口コミを参考にする人は多いのではないでしょうか。


しかしランキングや口コミでおすすめされているからといって、全ての人に必要性がある商品とは限りません。


積立保険は保障と貯蓄の両方の機能があります。


検討中の人の中には、貯蓄性の有無が重要な人もいれば、保障だけあれば問題ない人もいます。


それでは積立保険の必要性が高い人はどんな人なのでしょうか。


本章では積立保険の必要性について、


  • おすすめな人
  • おすすめできない人


以上の2パターンに分けて解説します。


必要性に迷っている場合の解決策も解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

積立保険に加入するのがおすすめな人

積立保険に加入するのがおすすめな人は以下の通りです。


  • 自分で貯金をするのが苦手な人
  • 保険料が掛け捨てになるのが嫌な人
  • 将来に向けた資産形成がしたい人

積立保険は保障が必要にならなくても、満期保険金や解約返戻金といった形でお金が受け取れます。

そのため払い込んだ保険料は無駄になりません。

保険料は定期的に自動で口座から引き落とされるため、コツコツ貯金をすることが苦手な人でも、無理なくお金がためられます。

銀行での貯金とは違い少しずつ引き落とすことはできないため、着実に積み立てられます。

そのため満期や解約返戻率のピークをライフイベントに合わせることで、将来に向けた資産形成としての活用も可能です。

上記の条件に当てはまる人は、本記事で紹介したランキングも参考に、目的に合った積立保険を探してみてください。

積立保険の加入をおすすめできない人

積立保険の加入をおすすめできない人は以下の通りです。


  • 保険料の支払いを抑えつつ、大きな保障を準備したい人
  • 万が一の時への備えが目的の人
  • 定期的に保険の見直しがしたい人


積立保険は保障と貯蓄の両方の機能を持つため、掛け捨て保険と比べ保険料が割高に設定されています


そのため保険料の負担が気になる人にはおすすめできません。


保険の本来の役割は、万が一時の保障です。


あくまで保障だけが目的の人は、保険料が割安な掛け捨て保険への加入を検討してください。


また保険は定期的な見直しが大切です。


ライフステージにより、必要な保障は異なります。


そのため契約している保障内容が、現在の状況に合っているとは限りません。


掛け捨て保険の定期保険であれば、必要な時期にピンポイントで準備ができます。


積立保険の場合は解約が必要になるため、解約返戻金が元本割れを起こす可能性が高いです。


そのため定期的な見直しをしたい人にも、積立保険はおすすめできません。

必要性に迷ったらまずは保険のプロに無料で相談!

積立保険に加入するのがおすすめな人・おすすめできない人を解説しましたが、どちらに当てはまるか自分では判断が難しい人もいるのではないでしょうか?


貯蓄を重視したいという人でも、実際の経済状況やライフプランから考えると、掛け捨てにした方が良い可能性もあります。


もちろんランキングや口コミを参考に自分で選択するのも良いでしょう。


しかし専門知識がないと、本当に合う保険を見つけるのは困難です。


そのため必要性に迷ったら、まずは保険のプロへの相談がおすすめです。


保険のプロは保険に関する専門知識を持ち、経済状況やライフプランなどに合わせた保険選びの手助けができます。


ランキングや口コミを見るだけではわからない、自分にとって必要性の高い保険がわかるため、積立保険か掛け捨て保険か迷っている人はぜひ活用してみてください。


マネーキャリアでは保険のプロによる無料相談を行なっています。


予約から面談まで全てオンライン上からできるため、全国どこでもスマホひとつあれば利用可能です。


保険のプロへの相談の際は、ぜひマネーキャリアをご利用ください。

まとめ:保険で損をしないために保険のプロを上手に活用しよう!


積立保険のおすすめランキングや、積立保険の特徴について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


積立保険は保険としての機能はもちろんのこと、貯蓄としての機能も備えた保険です。


そのため資産形成のひとつとしても活用可能です。


保障と貯蓄の両面がある積立保険は、一見するとお得な保険に思えます。


しかしデメリットを知らずに、ランキングなどの評判だけで判断して利用すると、保険料の払い込みや保険金・解約返戻金の受け取りで損をする可能性が高いです。


積立保険への加入は、商品の特徴をよく知った上で検討しましょう。


保険のプロは保険に関する専門知識を持っています。


そのため損をしない保険選びには、保険のプロへの相談がおすすめです。


マネーキャリアでは保険のプロによる無料相談を行なっています。


オンライン上で予約から面談まで行えるため、全国どこでもスマホひとつで利用可能です。


積立保険への加入を検討する際は、ぜひマネーキャリアへご相談ください。

ランキング