若くして発症してしまうピック病、介護保険を上手く利用し介護する

認知症の一種であるピック病は、介護の難しさがより問題とされている病です。若くして発症することが多いのですが、特定疾病とされているため介護保険を65歳以下でも利用することが出来ます。ピック病では介護保険をどう利用するのがいいのか、紐解いていくことにします。

認知症の一種であるピック病は介護保険の特定疾病にあたる

高齢化社会にますますの拍車がかかる日本、いつまでも健康でいることが出来れば何の問題もないですが、現実にはそうはいきません。特に認知症の問題は介護する家族にとっても深刻な問題です。


そのなかでも前頭側頭型認知症のひとつであるピック病は、人格を変えてしまうような症状があり大変な介護が必要な疾患なのです。

若くして発症することが多い

認知症というと、高齢者が発症する病気というイメージがありますが、若年性アルツハイマーのように40~60代といった世代で発症する認知症もあります。


ピック病はそうした初老期認知症のひとつであり、非本国内でも1万人以上の患者がいると考えられています。ただ他の疾患と誤診されることも多く、正確な数はわかっていないのです。

人間らしさを失う病気

ピック病の最大の特徴は、人間らしさを忘れてしまうことです。理性を失うことにより、暴力や怒りっぽさ、痴漢、万引き、徘徊、失語といった症状が現れるようになり、まるで別人のようになってしまいます。


介護保険は通常は65歳以上しか申請することは出来ません。しかしピック病は特定疾病と認定されているため、それ以前であっても介護保険を利用することが出来るのです。

介護保険を利用しても、難しいとされるピック病の介護

ピック病は本人には自覚はありません。周りがおかしいと気づいたら、早めに病院へ行き、正しい診断を行ってもらうことが重要です。


通常の認知症とは全く異なる症状も多く、認知症に詳しい専門病院へ行くことが大切です。そして、何より難しいとされるのが、介護保険が下りたとしてもピック病患者を受け入れる施設が少ないという事です。

若いからこそ大変な介護

40代50代といった若い世代でピック病を発症すると、体力面ではまだまだ余裕があるうちに介護が始まることとなります。力が強く、徘徊行動もかなり活発に動き回るという特徴があります。


そのため、普段高齢者の介護従事者を行っているスタッフでは対応できないことも多く、施設の利用を断られるケースが多いのです。

治療方法が見つかっていないピック病

ピック病は、まだ治療方法が確立されていない疾患です。そのため、病気を治すための治療をしていくのではなく、病気と一緒に生活していくことが重要視されます。


また、ピック病は同じ行動パターンを好む習性があるため、毎日を同じリズムで過ごしていく工夫が必要となります。自宅でそういったサポートを続けていくことは難しく、介護保険を利用したうえで施設を利用することが望ましいとされているのです。

介護保険を上手く利用し、ピック病の家族や本人が暮らしやすいようにする

ピック病の疑いがあるとわかってからは、病気の進行が止まることはありません。職場や家庭で衝突が多くなり、周りのみんなが疲れていきます。


しかしピック病というのは、診断がついてからの生存期間が、通常のアルツハイマー型認知症よりも短いという性質があります。診断後の余命は3~4年とも言われ、介護保険を利用してなるべく早く家族も本人も安心した生活を送ることが望ましいのです。

介護する家族が幸せでいることが大事

どのような病気だとしても、介護する家族というのは負担を要するものです。ピック病の場合は肉体的だけでなく精神的な疲労も大きなものとなります。寿命が限られている病であるからこそ、早く介護保険の認定を受けて、サービスを利用することが望ましいと言えるのです。


サービスを受けることが出来れば、家族の負担も軽減し、治療の先手を打つことも可能になる可能性があるからです。

介護保険を利用して先手を打つとは

ピック病は進行が進むと、人と関係を築くことが難しくなります。そこで介護保険を利用して、初期段階から医療者や介護従事者と信頼関係を築いておくことが大切です。


また、同じ生活習慣は本人にとって安心感を与えることにつながるため、入浴やトイレ、身体を動かす運動などの習慣づけを早いうちに行った方がいいでしょう。そのためにも、介護保険が利用できるよう早めに認定診断を受けることがオススメなのです。

グループホームなどの利用も効果的

ピック病はその暴力行為から、介護施設に受け入れ拒否をされることも多いと言われています。専門施設は全国的にも少なく数が足りません。しかしグループホームなどを上手く利用していくことがいいでしょう。


介護保険を利用して、グループホームなどに預かってもらうことは、家族にとって時間を手に入れることにもなり、残された時間を有意義に落ち着いて過ごす方法でもあります。

自宅で介護する場合にも介護保険

介護保険のサービスは、入所型だけではありません。訪問介護員に自宅に来てもらい、食事や入浴・トイレなどの介護サポートを受けることも可能です。


ピック病は昼夜問わず介護が必要となる病です。昼間に訪問介護を受けることで、足りない夜間の睡眠時間を補うために仮眠をとることも可能となります。介護する家族が倒れてしまわないよう、最大限の介護保険サービスを利用するようにしましょう。

ピック病介護の辛さをひとりで抱え込まない

その他にも、介護保険で受けられるサービスは、デイサービス・デイケア・ショートステイ・グループホームなど多くのものがあります。


進行具合によって利用すべき施設を変更する必要もありますが、急な環境の変化は症状を悪化させるため、慎重に行うようにします。くれぐれも介護する人が一人で悩みを抱え込むようなことにならないよう気を付けましょう。

まとめ

認知症の一種であるピック病は、若年性であることと暴力性などが認められることから、介護が難しいとされています。しかし介護保険の特定疾病と認定されているため、65歳以下でも介護保険を利用することが出来ます。進行性であり、治療法も確立されていません。


診断後の生存期間が短いとも言われており、本人にとっても家族にとっても、介護保険を上手く利用して安定した生活を送れるようにすることが望ましいのです。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング