介護専門のタクシー?介護保険を使って、上手に移動をサポート

介護タクシーには、介護保険適用と適用外の介護タクシーがあります。介護保険を上手く使い分けることによって、病院への移送や、映画鑑賞、買い物など幅広く活用することが可能です。介護が必要な方には必須の介護タクシー、種類について詳しく解説します。

介護保険タクシー・介護タクシーについて解説します

在宅で介護をしている人にとって、介護が必要な人を外出させることはとても重要です。

ただ、公共交通機関が整備されていない地域もあり、車いすでの移動が困難です。そこで利用されているのが、介護保険タクシーや介護タクシーです。


介護が必要な高齢者や障害者の移動をお手伝いしてくれるタクシーです。

介護保険タクシーとは、介護保険指定業者番号を取得している交通会社によって運営されます。 

ケアプランに介護タクシーでの移動等が含まれていれば、通院時の乗り降りの介助という訪問介護サービスとして介護保険が適用されます。

また、全額自己負担で同様のサービスを受けることも可能です。 



ここでは介護保険を使用したタクシーを介護保険タクシー、それ以外のタクシーを介護タクシーとして説明したいと思います。


介護保険タクシーについて

介護保険タクシーとは、介護の必要な人が乗降できる設備を備えたタクシーで、介護保険サービスが利用できるものです。

介護保険を利用できる介護タクシーは、介護保険指定業者番号を取得している業者のみが運営できます。

また、乗務員は介護職員初任者研修以上の資格を持っていなければなりません。このサービスを利用できるのは、自宅で生活する人で介護度が要介護1以上などの条件をクリアし、担当のケアマネージャーがケアプランに盛り込んだ場合のみとなります。

介護保険タクシーの利用対象者と利用条件

介護保険タクシーは訪問介護に含まれるサービスです。

しかし、利用するには下記の条件に合うことが必要になってきます。 

  • 介護度が要介護1以上の方
  • 公共の乗り物に一人で乗車できない方
  • 担当のケアマネージャーが介護保険タクシーを必要と判断し、ケアプランに盛り込まれている方
これらの条件に当てはまり、なおかつ自宅で生活している、有料老人ホームやケアハウス、サービス付き高齢者住宅に入居している人が対象です。

ここで注意したいのが、特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護保険施設などに入所している人は、介護保険タクシーの利用対象外となることです。

介護保険タクシーへの乗り降りの介助は、施設の職員にお願いしましょう。


介護保険タクシーの利用・申請の流れ

介護保険タクシーを使いたい場合は、まず、担当のケアマネジャーに相談をしましょう。

そうすると、ケアマネジャーが介護保険タクシーが必要かを考え、ケアプランに入れてくれます。

その上で、ケアマネジャーが介護保険タクシー会社へ依頼を行います。

介護保険タクシー会社と利用者とで契約を結び、利用が開始されます。

 普通は、介護保険タクシーはケアマネジャーの作成したケアプランに基づいて利用しますが、介護保険外の利用も可能です。


その場合も、同じようにサービス事業所へ連絡するこが必要となります。

介護保険タクシーのサービス内容

介護保険タクシーが利用できるサービス内容は、下記のような場合です。
  • 通院(リハビリや透析、整骨院も含む、鍼灸は含まれない)
  •  市町村役場等の各種手続き
  • 金融機関への各種手続き(引き落としなど)
  • 選挙投票
  • 今後、利用予定の通所介護や介護保険施設への見学
介護保険タクシーは、介護関連の資格を持った運転手が、自宅から病院や施設までの移動時に、タクシーへの乗り降り介助や、車を降りてからの自宅や目的への移動といった介助を行うサービスのことです。

寝たきりの方などの場合は、必要に応じてベッド上での着替えや、おむつの定期交換などをお願いすることも可能です。


介護保険タクシー業者のサービス提供時間内(営業時間内)に利用することができます。

契約の際には、事業所のサービス時間を確認しておきましょう。

また、車いすのままでも利用が可能な福祉車両もあります。

リクライニング式の車いすやストレッチャーに対応している車両もありますので、事業所に問い合わせてみるのも良いかもしれません。

介護保険タクシーの費用

介護保険タクシーは目的地までの移動を伴う介護です。

しかし、運賃は介護保険の対象にはなりません。そのため、移動料金は利用者が支払います。

介護保険タクシー料金 = 移動運賃 + 介護保険サービス(1割、2割、あるいは3割負担)

になります。

また、上記に加えて迎車や待機時に発生する料金も実費負担となります。

透析等といった理由で、長期的な利用の場合は、ケースによって運賃の割引が適用されます。

詳しくはケアマネジャーもしくは介護保険タクシー業者に確認しましょう。  


▼介護保険サービス料金97円/回

※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成27年4月現在)に基づいて計算

 ※上記はあくまでも目安の金額です。費用は利用する時間帯や地域の区分によって異なります。 

※上記の費用は、自己負担割合が1割の場合です。一定の所得・収入がある方は、自己負担割合が2割になります。

介護保険適用外の介護タクシーについて

介護保険適応外の介護タクシーは、介護の必要な人が乗降できる設備を備えたタクシーを使用するのは介護保険タクシーと同様です。

しかし、介護保険が適応される介護保険タクシー対して介護保険を使わない介護タクシー(福祉タクシー)の場合、介護保険タクシーを利用する際のような諸条件や手続きなどの必要がありません。

介護保険が適応されないため、料金が全額自己負担となります。

介護タクシーの利用対象と利用条件

介護保険タクシーでは介護保険が適用されますが、場合によっては介護保険適用外となることがあります。

しかしその場合でも、全額自費での介護タクシーの利用も可能です。 

  • 特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護保険施設などに入所している人
  • 入院、退院、入院中の一時帰宅、転院、病院から病院への移送など 
  • 買い物
  • 親戚や友人宅への訪問
  • 映画館、コンサート会場などへの送迎
  • 冠婚葬祭
  • お墓参り
などと、全額自費になってしまいますが、様々な用途に利用が可能です。

介護保険適用以外の介護タクシーは、一般的にはケアタクシーやサポートタクシー、福祉タクシーと呼ばれています。

要介護認定を受けている人のほか、障害がある方なども利用可能です。

介護タクシーにかかる費用

介護タクシーの費用は、

料金=運賃+介助料金 もしくは、1時間ごとの料金

など、業者によって金額が異なります。

上記に迎車時や待機時の料金も追加で加算され実費負担となります。


 タクシー会社によっては割引対応を行っている所もあるので、料金については介護タクシー会社を選ぶ際に確認してください。

介護タクシーの探し方

介護保険タクシーは、ケアマネジャーが直に事業所を探してくれますが、介護保険外で介護タクシーを利用したい場合は自分で探さなくてはなりません。

現在は、スマートフォンなどのインターネットを使って介護タクシーを検索することもできます。

また、地域の情報誌にも記載されていることがありますので、目を通してみるのも良いでしょう。

介護タクシーと福祉タクシーの違い

介護タクシーは、高齢者や障害のある方、車いすを利用する人、寝たきりの人など、介護を必要とする人の移動手段として、移動のサポートをするタクシーです。

介護保険タクシーでは、乗務員の介護職員初任者研修以上の有資格が義務付けられています。また、保険の適用の有無も用途によっては様々です。


福祉タクシーは、身体に障害者のある方の外出をサポートするため、福祉車両が使用されます。

車椅子のまま乗車できるリフト付車両などがあります。 乗務員に介護職員初任者研修や介護福祉士の資格がない場合は、タクシーへの乗降介助などのサービスは行われません。

一般なタクシーと同じように乗務員は乗客の身体に触れることができないため、タクシーの乗降時には家族などの付き添いが必要です。


福祉タクシーは高齢者の利用はできません。

生活保護者の介護タクシー利用は書類を提出すれば可能

介護タクシーによる病院等への移送費は、生活保護者でも支給されるのでしょうか。

生活保護だから、タクシーの費用なんて出ないでしょ?と思われる方もいるかもしれませんが、医師の許可があれば、生活保護者でも、タクシーの通院運賃を支給することは可能なのです。

ただし、それには役所で下記の書類を揃え、手続きが必要です。


  • 申請書
  • 給付要否意見書(移送)(主治医よりタクシーでなければ通院できない理由を書いてもらいます)
  • 通院証明書
  • タクシー代の領収書
まず、公共交通機関を使って、病院への通院ができない場合にタクシーの通院移送費の支給対象になります。

申請は、急病を除いて事前申請となります。

不安な場合は、担当のケースワーカーに相談すると良いでしょう。

まとめ

介護を必要とする人にとっては、介護タクシーは無くてはならない移動手段の重要な一つです。

介護保険タクシーは、通院等で使用し、気分転換を兼ねた外出のサポートは介護タクシーを利用するなど、用途に応じて様々な使い分けをすることが可能です。

使い分けをすることで、介護をする人も介護をされる人も共に行動できる範囲や広がり、心にもゆとりを持つことができます。

まずは悩んでいないで、ケアマネジャーやケースワーカーに相談することが、あなたの人生に余裕を持てることへの第一歩となります。

タクシーを利用して、もっとあなたの可能性を広げてみてはいかがでしょうか?

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング