食費の節約術・方法まとめ!無理なく簡単な節約のコツ・アイデアを紹介!

食費の節約術や方法を1人暮らしや夫婦2人暮らしの生活別に紹介します!食費を抑えるコツは、まとめ買いの食材の買い物の仕方や簡単に節約できる食材の献立レシピを理解するのが大切です。業務スーパーやamazonでの食費節約といった新しいアイデアもまとめました。

生活費の中の食費の割合は?食費を抑えるアイデアやコツもご紹介!


生活費の見直しをした時に、もっと食費を抑える方法はないかと節約することを考える方もいることと思います。


しかし、どうすれば日々の食費を節約することができるのか、節約術があれば知りたいと思っているのではないでしょうか。


食費の節約をするには、まとめ買いが重要ですが、実はまとめ買いの方法によっては、かなりの節約に繋がるのです。


そこでこの記事では

  • 食費の節約レシピを家庭別に紹介
  • 食材の買い物方法で節約するコツ
  • 生活の中で節約するコツ
  • ふるさと納税で食費をお得にする方法
  • ダイエットで食費も栄養も取る方法
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、いつもの買い物方法を少し変えるだけで食費の節約術をマスターできると思います。ぜひ最後までご覧ください。

食費を節約する方法を生活別に解説!料理のコツや食費節約レシピまで

生活費の節約をしようと思っている方が1番最初に目に付ける所は、食費の節約ではないでしょうか。食費を抑えることによって、結果的に家計の節約にも繋がるので取り組みやすいですよね。


しかし、食費を抑えるにはどこから手を付ければ良いのか分からないと思う方もいると思います。そこで、今回は料理をする上で結果的に生活費の節約に繋がるコツを紹介します。


料理をする上での生活費の節約のコツ

  • かさまし料理を活用する
  • 余った料理をリメイクして次の日のおかずにプラス
  • ガスの利用のしすぎを抑える
です。

例えば、かさましの定番といえば豆腐・もやし・厚揚げ・こんにゃくなどの比較的安い値段で購入できるものを活用して、ボリュームを増やす方法です。かさましをすることによって、満足度が得られるのでお肉などを大量に消費しなくて済みますよ。

一人暮らしの食費節約メニュー・一週間分のレシピを大公開!

一人暮らしをしていると、ついつい外食に頼ってばかりで自炊をすることがなく、栄養バランスが偏ってしまうという人も多いのではないでしょうか。


自分の為にご飯を作ることは少し面倒に感じるかもしれませんが、健康の為にも食費を減らすためにも、一週間分のレシピ一人暮らし用をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

曜日献立一人暮らし1食当たりの値段
もやしと卵のあんかけ40円
ささみチーズカツ180円
バターソース照り焼きチキン120円
麻婆豆腐150円
ツナ卵丼80円
レンジde豚の生姜焼き150円
カレー320円

最後のカレーは少し割高に感じるかもしれませんが、カレーは多めに作っておけばアレンジがしやすいので、翌日はカレーうどんやカレードリアなど食べ方を変えて楽しむことができるので一人暮らしの方にもおすすめです。

二人家族(夫婦)の食費節約メニュー・レシピ一週間分とは?

夫婦二人だけの1か月の食費は外食費を含めて4万円程度だと言われています。しかし、食費を減らす方法があるとすれば、知りたいと考えていることと思います。


そこで、食費節約術2人家族のレシピ一週間分をご紹介しますので、参考にしてください。

この食費節約術2人家族のレシピを考えて1週間まとめ買いをすると、食費を節約することもできますし、栄養バランスも整った食事になるので夫婦で健康になりますよ。

3人家族・4人家族の食費の節約術や食費の節約メニュー・レシピ一週間分を紹介!

家族が増えるとそれだけ食費もかかります。また、食べ盛りの子供たちがいると、節約するのが難しいと考える方もいるのではないでしょうか。


ここでは、3人家族や4人家族の食費節約メニューをご紹介します。

食べ盛りの子供たちを満腹にさせてあげるには、比較的安く買える胸肉や、豆腐などのかさましにもなるような食材を取り入れることで、ボリュームたっぷりのおかずになりますよね。


特に学生がいるご家庭ですと、大食い顔負けの量が必要になると思います。そんな学生の大食いの子供たちを満腹にするためにも、こういった節約メニューを活用して少しでも食費を減らしていくことが大切です。

食費節約術5人家族編!外食もせずに、魚で簡単節約?

家族が増えるとそれだけ食費が嵩みます。外食をしようと思えば、簡単に1万円以上になることもあるのではないでしょうか。


そこで今回は、食費節約術5人家族編としまして、魚料理で安上がりメニューをご紹介します。魚は少し値段が高いイメージがありますが、それでも栄養価が高いのでなるべく取り入れたいですよね。


では、安くて、簡単ヘルシー魚料理のレシピを紹介します。


レモン風味の秋刀魚のアヒージョ(4~6人分)

アヒージョというと手間がかかりそうな料理ですが、調理時間は25分。余ったオリーブオイルでバケッドを付けて食べたり、パスタにしたりとアレンジもできるので無駄なく楽しめます。


サバのコチュジャン炒め(2人分)

甘辛のタレでご飯が進む一品です。調理時間は20分。


ぜひ様々な魚料理にチャレンジしてみてください。

食費を抑える節約術4人家族ブログ:究極の節約方法とは?

食費を抑えるために、まとめ買いをすることが必須ですよね。しかし、まとめ買いをしているつもりでも中々思うように節約できないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、食費を抑える節約術4人家族のブログを紹介します。この方は夫婦と小学生と高校生の娘さんを持つ4人家族ですが、食費は月に3万円以下だそうです。


高校生といえば育ち盛りですし、食費には結構お金がかかってしまいそうですよね。しかし、食費を抑えることによってしっかりと節約をし、年に1回は旅行へ行くそうです。


では、まとめ買いのコツを紹介します。

  • 1か月の買い物は6.7回
  • 3つのスーパーを使い分けしている(お肉・調味料・パン粉など)
  • 牛乳・パン・豆腐・野菜は1週間に予算内で買う
食費の予算を決める時に、さらに細かく予算を組むことによって無駄な買い物をしないで済むということが大事ですね。

食費を抑えるコツ①:食材の買い物方法のコツ!

スーパーでお買い得な商品を見つけると「安いから買っておこう」と、ついつい予定にない食材を買ってしまうことがあるのではないでしょうか。安いからと買ったものの、使い切れずに賞味期限が切れてしまうなんてこともあるかと思います。


しかし、こうしたお買い得のように見えても無駄な出費は、買い物方法を変えるだけで抑えることができるのですよ。


節約のために献立を決めて買い物に行く方もいるかと思いますが、先に献立を決めてしまったことによって、お買い得でない食材を買わなければいけないことになります。献立を決めるのではなく、冷蔵庫の中身を把握して、食材がダブらないか気を付けます。


多く買いすぎると使い切れない場合があるので、必ずチェックしてください。そうすれば、無駄な買い物もせずに節約をすることができますよ。

無理なく生活できる1人暮らしの食材のまとめ買いのコツとは?

一人暮らしの場合、食材を買って料理を作ろうとすると、使い切れずに腐らしてしまったという方もいることと思います。そこで、一人暮らしにおすすめのまとめ買いのコツをご紹介します。

まとめ買いのコツは下記の通りです。
  • 1週間分のまとめ買いで5日分の食材を購入
  • メイン→野菜→その他の順で買い物をする
まず、1週間分の食材を購入してしまうと、使い切れなかったりすることがあるので5日分にして残り2日は余った食材で料理をします。また、野菜など無理に使い切ろうとせず、少し余ったらラップをするなどして置いておくと、残り2日で使い切ることができますよ。

お肉などをまとめ買いした場合には、小分けして冷凍しておくことで必要分だけ使えるので便利です。お肉やお魚は冷凍ができるので、少し多めの予算で購入すると良いですよ。

食材はアプリでも!amazonの買い物リストから見る買い物の仕方

Amazonには「欲しいものリスト」といって、自分が欲しいと思っているものを非公開でリストにあげることができるのです。それを利用して、定期的に購入するものや購入予定のものを上げておけば、無駄な買い物をせずに済みます。


また、Amazonなどのアプリで購入するとポイント還元があることが最大のポイントです。還元率が高い時を狙えば、通常よりも実質お得に買い物をすることができます。


他にも生協の宅配パルシステムやヨシケイなどを利用して、持ち替えるには重たいお米や牛乳などを届けてもらうようにすることも、余計な出費を抑えることができます。

節約できないから脱出?コストコブログで四人家族で月食費1万円以内も

コストコといえば、大容量の商品が置いてあるのが特徴ですよね。これを利用して節約する方法があるのです。


まず、コストコに行く前に何が必要なのかメモをしてから買い物に行きます。そうしないと、コストコにいくとついつい余計なものまで購入してしまう可能性が高くなるからです。


また、コストコで買うのは、パン・よく使う調味料を買いだめします。1つにかなりの量が入っているので、帰ってから一つずつ小分けして冷凍保存が必須です。


メインとなる食材をコストコで揃えて、野菜などはスーパーで買うようにすれば無駄なものを買いすぎることもないので節約になります。


そして、コストコ通のブロガーの記事を参考にしながら買い物をすると、節約意識も保たれるので買いすぎることはなくなりますよ。

業務スーパーでは無くふるさと納税の活用も?健康的で栄養もある食費節約術

食費の節約を考えている方には、ふるさと納税もおすすめです。ふるさと納税は、実質2,000円で様々な返礼品を貰えるのでとてもお得な制度です。


ふるさと納税で食費の節約をする場合には、お米やお肉、野菜といった普段の食卓で使えるような商品を選ぶようにします。各自治体によって、品種や種類が変わってくるので、毎回違ったところへふるさと納税をして、食材を選ぶ楽しさもあります。


また、いつもとは違った贅沢なお肉などを味わえることもできますし、自分では買うことがあまりないような野菜と出会えたりと普段の生活より健康的で栄養価の高い食事になることもありますので、ぜひ活用してみてください。

食費を抑えるコツ②:日常生活の中の食費節約術!

日常生活の中で節約をしようと思うと、光熱費の節約が一番思い浮かびやすいと思います。ガス代や電気代、水道代など工夫をすれば節約することができますよね。

しかし、そういった光熱費だけでなく、食費も日々の生活で節約することができるのです。その方法とは、
  • スーパーへ行く回数を決める
  • 1か月の予算を決める
  • 安いからと言って必要な物以外を買わない
  • 空腹時に買い物に出ない
  • レジに並ぶ前にカゴの中身を確認
です。

例えば空腹時に買い物に出てしまうと、お惣菜やパンなど買わなくてもいいものをついつい買ってしまいがちです。もしカゴの中に入れてしまっても、レジ前に確認することによって不要だなと思い直すこともできます。

本にも方法載ってない?食材の保存方法一人暮らし・夫婦編

一人暮らしや夫婦二人暮らしの場合、節約のために食材を買いこんでも、使い切る前に腐らしてしまった。という方が多いのではないでしょうか。


そこで、ここでは野菜を長持ちさせる保存方法について紹介していきます。少しでも長持ちすれば、食材を無駄にすることなく使い切れるので買い物をする手間も省けて節約にも繋がりますよ。


キャベツやレタスの保存方法

芯から痛んでくるキャベツとレタスは、まず芯をくり抜きそこへ濡れたキッチンペーパーを入れ、ビニール袋に入れると痛みにくいです。


にんじんや大根の保存方法

冷凍保存が最適です。冷凍方法は、良く洗っていちょう切りや細切りなど普段良く使う切り方をします。水気を切って保存袋に入れて冷凍します。使う時は凍ったまま調理します。大根は凍らせることで味が良くしみるので時短にもなりますよ。

旅行に行っても腐らせはしない!食材の賞味期限を把握しよう!

ハワイやディズニーなど、旅行へ行くこともあると思います。その時に気を付けておきたいのが、冷蔵庫の中身をチェックすることです。

ディズニーなどの国内旅行ですと、それほど心配いらないですが、年末年始なの長期間留守にする場合もあると思います。その場合には、腐りそうな食材などは使い切ってしまいましょう。

せっかく節約をしているのに、食材のロスは努力が無駄になりますし、冷蔵庫の掃除を兼ねて旅行へ行く数日前からチェックしておきましょう。

冷凍できるものは、しっかりと密閉をして冷凍します。卵やパン、牛乳など冷凍ができないものは、なるべく献立に取り入れるなどして使い切るようにすると無駄なく消費することができます。

ストレスフリー!ダイエット食費節約術!

食費の節約にもなりなおかつダイエットにも効果的な食材の紹介をします。その食材とはズバリもやしです。


最近では野菜が高騰している時でも、もやしは数十円で売られていますよね。実はもやしは栄養価も高くボリュームもあり、食物繊維やビタミンBなども取れるのでダイエットに最適な食材なのです。


他にも値段が手ごろでヘルシーな食材と言えば、鶏むね肉です。鶏むね肉は特売日にかなり安くで購入することができます。


鶏むね肉のカロリーは100gあたり190kcalとヘルシーで、栄養価はタンパク質以外にもビタミンB1、B2、Eが含まれていて、さらには脂肪肝の予防になるメチオニンが含まれているので、ダイエットだけでなく健康管理にも最な食材です。

まとめ:食費を抑えるには、計画的な食費節約が必要!

食事の節約術・方法まとめについて解説していきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • まとめ買いをするお店を決めておく
  • 1週間分のまとめ買いの場合は少なめに購入
  • かさまし料理で安くてボリュームのあるおかずを作る
  • ふるさと納税などを賢く利用してお得に食材を購入する
  • ダイエットも兼ねて栄養価が高くて安い食材を使う
です。

家族が増えると食費も上がってきます。意識しなければ、食費で家計を圧迫しかねませんよね。ですので、今回紹介した節約術の中で自分でもできそうだと思ったものから取り入れていきましょう。

また、節約をして貯金したお金の使い道を決めておくこともモチベーションアップに繋がりますので、旅行へ行きたい。など目標を決めて節約することをおすすめします。

保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング