つみたてnisaは20年後いくら利益が出る?利益を最大化する方法も紹介

つみたてnisaを始めるか悩んでいる人多いと思います。その原因のひとつにしっかり利益がでるのかの不安はあると思います。どうせ始めるなら、利益が多い方がいいですよね。今回はつみたてnisaが20年後いくら利益が出るのか、また、利益の最大化方法について説明します。

つみたてnisaの利益は20年後いくらになるのか

あなたは「つみたてnisaがどれくらいの利益がでる」のか不安に思っていることでしょう。


また「どれくらい利益が出るのか予想できたら将来の計画が立てやすい」とも思っていませんか。


実は、つみたてnisaは必ず利益がでるものではありません。


しかしつみたてnisaの仕組みを把握したり、損をしないために気をつけることがわかれば、利益が多くなる可能性があがります。


そこでこの記事では

  • つみたてnisaの利益を最大化する方法は?
  • 20年後満期をむかえたら何をすればいいのか
  • つみたてnisaで損をしないためには
  • よく比較されるつみたてnisaとiDeCo
以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、つみたてnisaが20年後いくら利益が出るのか、また利益の最大化方法を知ることができるでしょう。 


 ぜひ最後までご覧ください。 

投資額や利回り別にシミュレーション

まずはつみたてnisaでどれくらい儲けがでるのか、具体的に投資額や利回り別にシミュレーションしてみましょう。(20年間毎月定額で投資した場合)


毎月5,000円投資した場合

利回り3%5%
投資額1,200,000円1,200,000円
最終資産1,641,510円2,055,168円
利益442,000円855,000円


毎月10,000円投資した場合

利回り3%5%
投資額2,400,000円2,400,000円
最終資産3,283,020円4,110,337円
利益883,000円1,710,000円


毎月20,000円投資した場合

利回り3%5%
投資額4,800,000円4,800,000円
最終資産6,566,040円8,220,673円
利益1,766,000円3,421,000円

このように投資金額、利回りが大きいほど利益も比例して大きいです。

実際につみたてnisaを利用し始めた方

つみたてnisaを実際に利用してみた方の結果や感想を載せます。


つみたてnisaをはじめて1年目の方(20代女性、独身)


つみたてnisaを始めて1年が経ちますが、投資初心者のためバランス型の商品を選択しました。

月々1万円から積立をしていて、現在の収益は2000円ほどです。

ただ、大きく損はしていないことや、結婚資金や結婚後のために始めたので、このまま続けてみると同時に、少しハイリターンのアクティブ型にも挑戦してみようと思っています。

という意見でした。そもそもつみたてnisaは長期運用を前提にしている資産運用なので日々の利益を確認してもあまり値動きはありません。

よってつみたてnisaに時間をとられず有効に使えます。

つみたてnisaの利益を最大化するにはどうすればいい?

さて、ここまでは「投資額や利回り別にシミュレーション」について解説してきました。


ここからは「つみたてnisaの利益を最大化する方法」をご紹介します。


その方法には主に2つのポイントがあります。


まず1つ目は「できるだけ長く資産を保有」することです。


そして2つ目は「手数料の安いファンドを選ぶ」ことです。


一つずつ確認していきますが、その前につみたてnisaの特徴についておさらいします。

つみたてnisaの特徴をおさらい

この記事をご覧になられている方はつみたてnisaの特徴はすでにご存じかと思いますがここで一旦おさらいをしておきましょう。


つみたてnisaの特徴

  • 1年間の投資上限額は40万円まで
  • 非課税期間は20年間
  • 投資できる商品は国が厳選した投資信託
  • 投資方法は「積立方式(投信積立)」のみ
従来のnisaは1年間の投資上限額が120万円まで、非課税期間は5年間だったことから、つみたてnisaは長期運用に向いていることがわかります。

最大化のポイント①:長い期間資産を保有する

つみたてnisaは安全で長期的な資産形成のために作られた制度なので短期売買には向いていません。


よって長い期間で少しずつ資産形成していくことが大切で、極力リスクを抑える必要があります。


リスクを抑える手法としては、「投資対象の分散」「投資時期の分散」「長期的な保有」が有効です。


そして、つみたてnisaは性質「投資対象の分散」「投資時期の分散」についてはクリアしています。


よってあとは「長期的な保有」ですが、これはつみたてnisaを長い期間投資し続けることでクリアできます。


また、利益が出ずマイナス収支になってしまったから投資を一時的に止めるといったことをしているとなかなか利益がでません。

最大化のポイント②:手数料の安いファンドを選ぶ

つみたてnisaの利益を最大化するポイントの2つ目は「手数料の安いファンドを選ぶ」ことです。


そして投資をしている間ずっとかかってくる手数料を抑えることで利益を最大化していきます。


手数料のうち特に注目したいのは「運用管理費用(信託報酬)」です。これは資産を保有し続けている限りずっと発生する手数料です。


よってこの信託報酬を安く抑えることが大切です。つみたてnisaの対象商品には厳しい基準が課せられており極端に高い信託報酬は存在しません。


安い商品で0.18%~で高い商品でも1.7%です。(2019年6月20日現在の楽天証券サイトの商品調べ)


「1%くらいの差なら気にしなくてもいいかな」と思った方は注意してください。20年後にいくらの差になっているかシミュレーションします。



毎月30,000円を20年間、利回りは3%で積み立てをした場合


(商品及び利回りなどは楽天証券さんを参考にさせていただきました。)

商品名三井住友つみたてN日株楽天DCONE日成長株DC年金楽天DC
総投資額7,200,000円7,200,000円
利回り2,665,646円2,665,646円
信託報酬0.1728%1.6740%
手数料1,339,012円153,874円
総損益1,326,634円2,511,772円

このように信託報酬だけで比べても1,000,000円以上の差が出てしまいます。

20年後満期をむかえたらどうすればいい?

それではつみたてnisaを20年間積み立てした後はどうなるのでしょうか?ここでは20年後満期をむかえた場合どうすればいいのか解説します。


実は慌てて利益確定するなどの手続きをする必要はありません。


それは、つみたてnisaの非課税期間である20年後が終わると、特定口座や一般口座などの課税口座に非課税期間終了時の時価で払い出されるからです。


よって、つみたてnisaで保有していた間の値上がり分には課税されないので、非課税期間が終わっても所有し続けることが可能です。


気をつけたい点としては「途中解約・売却」が挙げられます。つみたてnisaはいつでも売却が可能ですが売却部分の非課税枠を再利用できません。


詳しく解説すると、つみたてnisaの年間の積み立て上限金額は400,000円です。


しかし、途中で100,000円売却したとするとその年の非課税枠は300,000円になってしまいます。


次に、20年満期前に解約した場合の注意点を解説します。


つみたてnisaの積立金の受け取り方は一般的な株式取引とは違い現金にするまで時間がかかります。よって思い通りの金額で売却できない場合があります。


また商品によっては手数料がかかる場合があることも覚えておきましょう。

つみたてnisaで損をしないために気を付けること

「つみたてnisaで損をしたくない!」というのは誰もが思っていることでしょう。そのためには気を付けることがあります。

  • 長い期間保有する
  • 頻繁に商品を買い換えない
  • 毎月コツコツ積み立てる
です。順番に解説していきます。


まず、「長い期間保有する」についてですがこれは【つみたてnisaの利益を最大化するにはどうすればいい?】でも解説した内容と同じです。


実は金融庁が発表しているデータには20年の長期保有では投資収益率2~8%に落ち着くとされています。(金融庁)


よって将来的に貰える金額がある程度予想できます。


次に「頻繁の商品を買い換えない」ですが、皆さんは自分が買った商品が儲かっていないと儲かっている商品に目移りしてしまいませんか?


しかし、つみたてnisaでは儲かっている商品に買い換えることはおすすめできません。それはつみたてnisaは短期売買ではなく長期売買を目的としているからです。


短期売買であれば儲かっている商品に移行することも一つの方法だと思います。


ただし、つみたてnisaは値下がりした時に多く買い、値上がりを気長に待つ仕組みなので頻繁に商品を買い換えることはあまりおすすめできません。


最後に「毎月コツコツ積み立てる」ですがこれはドルコスト平均法の手法です。


これは値上がりしようが、値下がりしようが毎月一定の金額を積み立てると平均購入価格を抑えられるという手法です。

つみたてnisaとiDeCoではどちらがおすすめ?

ここではつみたてnisaとiDeCoの仕組みの違いやどちらがおすすめなのか解説していきます。
つみたてnisaiDeCo
投資商品投資信託定期預金・保険・投資信託
対象者20歳以上の方20歳以上60歳未満
年間投資限度額40万円14.4万円~81.6万円
総投資額800万円上限なし
控除無し全額所得控除
非課税枠20年間非課税無期限非課税
受け取り方いつでも可能原則60歳まで不可
制度を始めるための諸費用不要必要(口座管理費用などの維持費)

以上のような違いがあり、iDeCoの最大のメリットは節税です。


そしてどちらがおすすめかというと、それは人それぞれです。


理想は併用することですがつみたてnisa400,000円とiDeCo816,000円を毎年上限まで投資できる人は少ないでしょう。


よってまずはご自分の税金や家族構成(将来必要なお金の計算)の把握が必要です。


例えば税金の納付金額が0円の方がiDeCoをやっても節税のメリットを活用できませんし、原則60歳まで払い出し不可なのであまりお得ではありません。


また子供の大学費用や結婚式、住宅購入の時にお金を使いたいという目的があるならつみたてnisaがおすすめです。


逆に、特にお金を使う予定が無い方は掛け金が全額所得控除のiDeCoがおすすめです。

まとめ:つみたてnisaの利益を上手く増やそう

つみたてnisaの利益について解説してきましたが、いかかでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは

  • つみたてnisaは長期保有する
  • 手数料の安いファンドを選ぶ
  • 20年後満期をむかえてもあせる必要はない
  • つみたてnisaの利益を最大化するには損をしないこと
  • つみたてnisaとiDeCoはご自分の状況に合わせて使い分ける
です。


つみたてnisaは長期保有して気を付けるべきことを実施すれば損をしにくい制度です。老後資金の蓄えとしてつみたてnisaはいかがでしょうか。


ほけんROOMでは他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング