基本的に元が取れない医療保険で元が取れる加入方法は存在する?

医療保険は基本的に元が取れない保険と言われています。何故なら支払保険料の総額を実際の医療費用に換算すると長期間の入院と何回もの手術を行わないと元が取れることはありません。それでも、医療保険の選び方によっては元が取れる方法もあります。

考え方によって元が取れる医療保険の契約内容は変わる

あなたは、医療保険について気になって調べていると思います。


特に「医療保険は元が取れるか」については興味があるところですよね。


一般的に、医療保険の支払い保険料の総額を実際の保険料に換算すると、とうてい元が取れるとはいえない保険の仕組みです。


それにも関わらず、私たちは自らに万が一のことがあった際の保障を医療保険によって持つのです。


たしかに元は取れませんが、保障のためにはお金を掛けておいた方が安心ですよね。


この記事では、「元が取れる医療保険の加入方法」について

  • 保険金が貰いにくい医療保険
  • 支払い対象を絞ること
  • 高齢になるほど長期入院のリスクがある
の3つを解説させていただきます。


記事を読んでいただければ、医療保険で元を取る方法がわかると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。


短期入院が増えてきている

医学の進歩により手術や入院にかかる日数は減少傾向にあります。


なかには、日帰り手術で終わるような病気もあります。


たった1日の入院費のために高額な保険料を支払う医療保険に入る必要は果たしてあるでしょうか。


医療保険は目先の保険金のために加入しても元が取れることはおそらくないでしょう。

医療費は基本自腹で払う

短期間の入院費などの医療費は、貯蓄でまかなう方がおすすめです。


なぜなら、短期間の医療費は、国の公的保険制度でカバーすることが可能だからです。


高額療養費制度」を使えば、個人の年収などに応じて決まる区分によって、月々の保険料に上限額がつきます。


短期間の医療費であれば、高額療養費制度を利用したほうがお得です。

保険金が貰いにくい医療保険の方が結果的に元が取れる

入院初日から対象になっている医療保険ですと、保険金が下りやすい傾向があります。


しかし、1日5,000円から10,000円程度で到底支払保険料の総額には程遠いです。


総額の保険料分の元が取れる確率が高いのは、なかなか罹患しないような難病にかかった際にのみ支払われるといった貰いにくい条件の医療保険です。

そもそも保険とは万が一の時のもの

貯蓄性のある医療保険も販売されていますが、貯蓄目的で加入することはおすすめしません。


なぜなら、保険とは万が一の際に備えて加入するものだからです。


医療保険に加入する目的には、

  • 入院・通院治療費
  • 入院・通院に伴う収入減を補う
などがあると思います。


元を取ることを最優先に考えるのではなく、万が一の保障に備えることを前提において保険を選びましょう。

何をもって元が取れるといえるか

いくら保険金が貰えるからといって、何度も病気にかかったり怪我をすることは元が取れるとは言えませんよね。


かえってお金がかかってしまうので、健康であることが一番理想的であることには変わりありません。


また、医療保険にかけるお金も医療費もなるべく少ないことに越したことはないですよね。


医療保険は使う機会が無い方が元が取れるといえるでしょう。

医療保険には支払い対象を絞って加入した方が元が取れる

医療保険にも一般的な生命保険と同じようにさまざまな種類があります。


確かに入院1日目から保険金が出る医療保険は魅力的かもしれませんがその分保険料も割高になり、元が取れる確率が下がります。


医療保険で元が取れる確率が高いのは、一生に一度あるかないかの、かかる確率の低い病気や怪我をしてしまった場合です。

かかる確率が低いほど保険料が安い

万が一にしか起きない病気や怪我はかかる確率が低いため、支払保険料も安くなります


例えば、入院1日目からは保険金は支払われるのではなく、60日以上入院したら対象になるといった医療保険があります。


現在は短期入院が主流になっているため、60日以上も入院することはあまり見られません。


その分保険料も安上がりです。

万が一が起きた際に対応できるか

医療保険に加入するポイントは、万が一が起きた際に対応ができることです。


特約を多くつけていても、症状が当てはまらなければ支払いの対象にはなりません。


そのため、損得で加入することは避けましょう。


あなたに起こり得る「万が一」の優先順位を考えながら、自分に合った保険に加入する必要があります。




高齢になるほど長期入院化しやすい

入院1日目から保険金が出る医療保険は、一度の入院日数に60日くらいの限度があることがほとんどです。


しかし、高齢になるほど1回の入院は長引く傾向にあります。


限度日数を越えてからの医療費は自力でまかなわなければなりません。


1日目から貰える医療保険は、場合によっては元が取れるどころか使えない保険になる可能性もあります。

長期入院特約は保険料が高くなる

一般的な医療保険にも長期入院対策として特約が設けられていることがほとんどです。


しかし特約を付ける分だけ支払う保険料も上がっていきます。


元が取れる医療保険にするならなるべく支払う保険料の総額は抑えたいものです。


長期入院対策と短期用と分けて医療保険に加入するのも元が取れるための策かもしれません。

元が取れるではなくいかに損をしないか

保険の契約内容はオールマイティ型よりも一点特化型の方が保険料が安く済みます。


元が取れる医療保険を求めるならまずは最終的に損をしないような加入をすることをおすすめします。 


そもそも、保険金をたくさんもらうということはそれだけ体がぼろぼろということです。


お金は手に入っても元が取れるとはいえないと考えます。

元が取れる医療保険の加入方法のまとめ

この記事では、「元が取れる医療保険の加入方法」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。


記事の要点は、

  • 短期の治療であれば、自分の貯蓄から賄うほうが良い。また、高額療養費制度で上限額が決まっているため、高額な料金を払わなくて済む方法がある。
  • 保険金が貰いにくい医療保険は、一回の支払額が高額になることが多いので結果的に元を取ることができるが、その分医療費はかかるリスクはある。
  • 医療保険は支払い対象を絞って加入したほうが元は取れるが、万が一のときに対応できるオーソドックスな保障を持っておく必要がある。
  • 高齢になるほど長期入院化しやすいので医療保険の元は取れるが、特約を付けると保険料は高くなるリスクがある。
以上4つです。


医療保険に加入する際には、掛けた保険料の元を取りたいと考えがちだと思います。


しかし、元が取れるか否かではなく、万が一の際に対応ができることを前提において選びましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。



医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 入院費用が払えない場合はどうなる?頼れる制度や対処方法を解説
  • 高齢者の入院費用は上限なし?入院費用の相場や限度額はいくら?
  • 【20代独身向け完全ガイド】賢い医療保険の加入方法について解説!
  • 医療保険に未加入のままだとこんなリスクが!加入を見極めるコツとは
  • 子宮内膜症の手術、入院費用は?自己負担が少なくなる保険や治療法も紹介!
  • 最悪差し押さえされる場合も!国民健康保険へ未加入で抱えるリスクとは?
  • 痔の手術は医療保険の対象?保険が適用される手術パターンを大解説
  • 椎間板ヘルニアでも入れる保険はある?加入方法や告知義務を解説!
  • つわり・妊娠悪阻の入院費用はいくら?点滴代など内訳と平均、保険を解説
  • 出産での入院で医療保険は適用される?妊娠前に医療保険加入すべき?