「子供ができないから辛い。」妊活中の焦りや惨めに感じる気持ち

「子供ができないから辛い。」妊活中の焦りや惨めに感じる気持ち-サムネイル画像

子供ができないから辛い。いつまでも赤ちゃんができない。妊活中にこのような悩みを抱える人は多いと思います。ですが、この辛い経験をしている人はあなただけではなく、不妊様は全員子供ができないことに悩んでいます。今回、不妊様の辛い気持ちと妊娠する方法を紹介します。

「子供ができないから辛い。」今お悩みではありませんか?

今妊活中であり、子供ができないから辛いと思う事はありませんか。


自分だけが辛い思いをしていると考えてしまうことが多いですが、辛い経験をしている人はたくさんいます。


中には、不妊治療中に子宮がん子宮内膜症を発症してしうことが多く、不妊治療費+手術費・入院費を負担しなければいけない事例もあります。


不妊治療はもちろん延期になります。


よって、最低でも手術費と入院費を抑えるためにも不妊治療中は医療保険に加入する方が多いですが、それでも妊活している人の多くが、子供ができないことに焦り、もやもやとひとり悩んでいるのです。


そして、どうすれば妊娠するのかと考え、その答えを探し続けているうちに気持ちも疲れていきます。


ここでは、「子供ができない辛い気持ちや妊娠する方法」について

  • 子供ができなくて経験した辛い気持ち
  • 妊娠できない理由
  • 妊娠する方法
を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、妊活しているほとんどの人が経験した辛い気持ちや妊娠する方法などが分かります。

また、不妊治療中で医療保険に加入していない方は下記ボタンから詳細をご確認ください。

是非、最後までご覧ください。

「子どもができないから辛い」経験者の気持ち

妊活をしてきた、不妊治療を行ってきた人たちは、いつも「子供ができない」辛さにもがいています。


何をやっても妊娠しない、妊娠しても子供が育たないといった事は多くの妊活をしている女性が経験しています。


子供ができないことへの辛い気持ちには、自分自身のことや夫に対して、そして周りのことなど、いろいろな事が絡み合っています。


今からご紹介する「経験者の気持ち」は、その人だけでなく誰もが経験したことのある気持ちでしょう。

不妊治療でも子供ができない

自然に夫婦の営みがあっても、1年以上妊娠しなければ不妊症といえます。



不妊治療は最初の検査で異常がなければタイミング療法を行い、その結果妊娠しなければ排卵を誘発する方法をとっていきます。


そのような不妊治療を行っても、妊娠しないケースは少なくありません。


不妊治療をすれば子供が授かると思う気持ちがあり、治療をしても妊娠しなかった時のショックは大きいものです。


自分なりに勉強をし、基礎体温を測ることや排卵検査薬を使って試みたりしても子供ができない辛い日を過ごすているうちに


「いつまで頑張れば良いのか」


と心が虚しくなる時もあります。


ですが、不妊治療をしたから子供が授かるのではなく、子供を授かりやすくするために不妊治療はあるのです。

年齢が上がるにつれて焦る

年齢が若いうちは、妊活も楽しみのひとつになります。


妊活期間が短いうちは、「また次がある」とイライラや焦る気持ちはそれほど強くはありません。


ですが、妊活の期間が長くなり、年齢が上がるにつれて焦りも出てきます。


高齢になっていくと、妊娠を自然に任せている人でさえ必然的にその確率も減ってきます。


また、気持ちにも変化が起こります。


一緒に不妊治療を行っていた人が妊娠したと分かったら、焦る気持ちと嫉妬や妬みが同時に沸き起こってくる時もあるでしょう。


「どうして自分だけ」


と自分を責めることや周りに当たってしまい、辛い気持ちになることもあります。


ですが、そんな感情になるのは自分だけではなく、また自然のことであり当然です。

気を使われることに疲れた

妊活中だと周りに伝えていていれば、気を遣われてしまう事があります。


友達同士の会話でも、子供の話を避けて違う話題に変えるなど、気を遣われていると思う時があるでしょう。


同じような時期に結婚をした人たちが次々と妊娠をして、楽しいはずの妊娠や子供の話をしなくなったり、子供連れで会うことを避けることもあります。


また、親や家族に、それとなく不妊治療の本を渡されたりする場合もあります。


最初の内はそれらの行為も優しさだと思うのですが、だんだんと気を遣われる事にストレスを感じていきます。


そして、気を遣われる事に疲れてしまいます。


子供ができないでいる辛い気持ちを分かってもらえないことに苛立ち、放っておいてほしいと思うのです。

不妊治療に無関心な夫との夫婦仲の悪化


不妊治療には夫の協力が必要であり、そして夫は身近にいる一番の理解者です。


ですが、大概の男性は、「妊娠出産は女性がするもの」として自分には関係ないと思っています。


妊娠はパートナーがいないと成立しませんし、不妊治療や日常生活においても夫の協力なしでは難しいです。


そういうことを理解している男性は多いとは言えないでしょう。


子供ができない理由は女性側だけではありません。


男性側にも理由が潜んでいる場合があります。


妊活や不妊治療に無関心で非協力的な夫だと、妻はひとりで不妊と闘うことになります。


辛い気持ちを抱えたままイライラもつのり、夫婦喧嘩も多くなっていきます。


愛する人の子供が欲しいと思ってのことなのに、そのことで夫婦仲が悪化の一途を辿っていくような悪循環が始まるのです。

いつまで不妊治療が続くの?

よく不妊治療について、「出口の見えないトンネル」という表現を使います。


実は、出口をどこにするか決めるのは不妊治療をしている本人次第なのです。


不妊治療にはいくつか方法がありますが、段階を経て方法を決めていくのが一般的です。


自然の形での妊娠が難しい場合は、人工授精や体外受精を試みます。


ですが、それでも子供ができない場合もあります。


不妊治療を継続していくうえでは費用もかかり体力気力もいります。


更に、体のメンテナンスよりも、心のメンテナンスの方が重要になってきます。


ゴールを妊娠として決めているなら、妊娠しない限り不妊治療は終わることは出来ません。


そうやって不妊治療を続け、一体いつまで続くのかと心の傷が癒されぬまま治療を続けてしまいます。

【子供ができないから辛いと感じている人へ】妊娠できない理由とは

子供ができない理由はいくつかあります。

  • 生理不順で排卵日が分かりにくい
  • 子宮などの臓器の奇形や疾病
  • 高齢
  • 精子の数が少ない、運動が悪い
  • 生活が不規則

これらは自分自身で分かるものと受診しないと分からないものがあります。


毎月の生理の間隔が28日から35日くらいまでは正常と言えますが、生理の間隔が短すぎる、年に数回しか生理がないなどでは、妊娠する可能性も低くなります。


また、年齢を増すごとに卵子や精子の状態も悪くなってきます。


卵子では形がいびつになることがあり、精子では活動的でなくなるケースが見られます。


生活が不規則でも妊娠しにくい可能性があります。


仕事などで睡眠時間が短い、夕食の時間がまちまちなどで不規則になった毎日が妊娠に影響を与える場合も考えられます。


これらの事柄がひとつでも当てはまれば、子供ができない、妊娠しにくいと考えられます。

【子供ができないから辛いと感じている人へ】妊娠できる方法とは

欲しいと思っているのに子供ができないと思うと、毎日も憂鬱になります。


子供ができない理由は様々ですが、その理由に合わせて有効的な方法を行えば希望が見えてくるかも知れません。


ただ、これをすれば必ず妊娠できるという訳ではありませんが、何らかの改善に繋がり妊娠する確率が上がる可能性があります。


子供ができないから辛いと感じている人に向けて、自分で簡単に行えることから受診して出来ることまで、妊娠できる方法をご紹介します。

生活習慣を見直す

生活習慣をまず見直してみましょう。

食事に気をつける


体が健康を維持できるような食事が大切です。

食事はバランスが良く、食べる順番も大切です。

例として野菜、豆類、肉類、根菜、ご飯といった順番にすると、血糖値の上昇も穏やかになり内蔵の健康も維持されます。

運動を適度におこなう

太りすぎや痩せすぎは妊娠の確率が低くなる可能性があります。

理想的な体重を目指す意味でも運動は効果的です。

汗ばむくらいが適度な運動といえるので、1日一回30分程度歩くだけでも良い運動になるでしょう。

良い睡眠をとる


スッキリと目覚めた時は、良い睡眠をとったといえます。


寝室は暗く、寝る前はテレビやスマホを見ない、寝る前にお風呂に入る等の行動をとるとスムーズに寝入ることが出来ます。


そして、寝室に朝日が入るようにしておくと目覚めも良くなります。

適切な不妊治療を行う

不妊治療の最初の段階は、まず基礎検査をして不妊の原因や体の状態を調べ、その人に合った治療に進みます。


不妊治療には以下の方法があります。


タイミング法

基礎体温表を作り、およその排卵日を確認します。排卵日の近くになったら受診をし、卵巣の状態等を調べて最も良い性交渉のタイミングを見つけます。


人工授精

動きの良い精子だけを取り出し、排卵日に合わせてカテーテルで子宮に直接注入する方法です。


体外受精

排卵誘発剤を用い卵子の排卵を促し、膣から細い針を入れて卵子を採取します。採取した卵子を受精させ、細胞分裂を確認後子宮に戻す方法です。


排卵日が分かりにくい場合や他に問題が無い場合は、タイミング法を試みます。


タイミング法で妊娠しなかった場合や精子の運動が鈍く授精に繋がらないなどの場合には人工授精や体外受精を行います。


注意点として、体外受精や人工授精は身体に大きい負担を抱えます。

それが理由で、子宮がんなどになる恐れもあり、不妊治療費+入院費、手術費により、不妊治療期間だけで、約1,000万以上も掛かった事例もあります。


40代の不妊治療の方は、ほとんどの方がリスクに備えているので、詳細を知りたい方は以下の「不妊治療中でも入れる保険:子宝エール」のボタンを押してご覧ください。

【子供ができないから辛いと感じている人へ】諦めても人生が悪くなるわけではない

妊活を続けていくうえで、いつまでも「子供ができない」ことはプレッシャーになります。


辛い治療を続けても子供ができないでいると、気持ちも荒みます。


そして、大切に思えた夫との仲も悪くなっていき、


「どうしてこうなるの」


と自分を責めることになります。


子供がいる生活は楽しいでしょう。


ですが、妊活や不妊治療を諦めて夫婦2人の生活に戻ることもそう悪くはありません。


不妊治療を頑張っても心が病んでしまっては、どうしようもないのです。


恋人同士だった頃のように、旅行を楽しむことや二人で趣味に没頭することも、ひとつの人生の生き方です。


不妊治療を経験して得たことが諦めた先で役に立つはずです。


子供を諦めても、それは悪いことでは決してありません。

まとめ:子供ができないから辛いと感じるのはあなただけではありません。

妊活や不妊治療を経験した人の辛い気持ちや妊娠する方法などを解説しましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 辛い気持ちは誰でも経験する
  • 自分に合う「妊娠する方法」を見つける
  • 子供を諦めても良い人生にすることは出来る
でした。

子供ができないと辛い気持ちになるのはあなただけではないことが分かったと思います。

妊活や不妊治療をしたことで経験することはたくさんあります。

何をやっても上手くいかず、悲しくなることもあったでしょう。

また、話し合いや協力が得られず夫婦の仲が悪くなり、友人とも疎遠になることもあったと思います。

ですが、全てが悪いことで終わったわけではありません。

妊活や不妊治療を通して、自分自身や夫婦の人生を見つめ直すことが出来たはずです。

そして、今までの経験を活かして、新しい人生設計を決めることも大切です。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。ぜひご覧になってください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング