医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

既婚30代女性の医療保険は家計とご自身の病気リスクを考えて!

既婚の30代女性が医療保険に入るのであれば、基本的なものでシンプル、掛け金の安い定期タイプがおすすめです。既婚であれば家計に響かない保険料が大切ですし、30代の女性からリスクが増える病気への備えも必要になりますから、医療保険には女性特約をつけましょう。

30代の既婚女性の医療保険

女性も30代になるとご自身の体についていろいろと考えることがありますよね。

30代であれば既婚の方も多いので、自分が病気になったら夫や子供たちのことも気になります。

では、30代の既婚女性にとって最もバランスの良い医療保険はどのようなものでしょうか。

そこでこの記事では30代既婚女性の医療保険について

  • 30代既婚女性が医療保険に入るべき理由と目的
  • 医療保険で給付される保険金の内容
  • 30代既婚女性の医療保険に必要な保障内容
  • 支払う保険料はどの程度が良いのか
  • 女性特約の加入
  • 終身タイプか定期タイプのどちらがお勧めか
  • お祝い給付金付きの医療保険
などお話ししていきます。

この記事を読んでいただければ、30代既婚女性の医療保険について知識が深まり、最も適切な医療保険の契約をする助けになるでしょう。

是非最後までご覧ください。




30代既婚女性にも医療保険は必要です

医療保険とはケガや病気をして、入院や手術などの処置をした場合に条件にそって経済的な保障をしてくれるという商品です。


日本国民が入っている国民健康保険ではまかない切れない分を民間の保険会社で入る医療保険でおぎなうという考え方になります。


ですから独身であっても既婚であっても様々な病気のリスクが増える30代からは加入している方が安心であるということになります。


特に既婚の30代女性は夫や子供がいるので、入院した時の家族への負担を考えた医療保険の契約をお勧めします。


医療保険はこのような場合に使います

例えば既婚の30代女性に多い子宮内膜症や子宮内ポリープという病気があります。


その除去手術は日帰りでする病院もあれば一泊の入院が必要な病院もあります。


その時に入院代、手術代、契約内容によっては入院の一時金などが保険金として支払われます。


健康保険を使って3万円代の支払いであっても医療保険に入っていることでそれ以上の金額をもらうことができます。


そのお金を使って、個室のベッド代や入院生活に必要な雑費の費用にあてることができるのです。

既婚の30代女性が加入すべき医療保険の内容とは?

既婚の30代女性向けの医療保険といっても、保険会社から多くの商品が出ています。


そのためどの保険が自分に合っているのか迷うかもしれません。


では既婚の30代女性が医療保険の契約をする時、どのような点にポイントを置けばよいのでしょうか。


はじめにお勧めのポイントとして入院給付金と手術給付金の項目をチェックしてください。


その後から特約の内容を検討し、必要であると思うものだけを加えるようにしましょう。


その上で、家計への影響もすくない保険料で契約できるものを探しましょう。


入院給付金、手術給付金とは?

入院給付金とは入院すると出るお金のことです。


多くの医療保険の場合、決められた入院日数に応じて保険金が支払われます。


手術給付金とは手術をした場合に支払われるお金のことです。


これも医療保険の契約で決められた手術とそれに応じた保険金が支払われます。


30代女性が長期間入院するようなことは滅多にないかもしれません。


しかし日帰り入院や短期間の入院での手術をする可能性は増えてくる年代です。


既婚で日々生活に追われて入院のためのお金を考えてられない方が多いと思います。


そのような時にお金のことは医療保険で備えるという考え方なのです。


既婚で30代女性が必要な保障とは

30代になると女性が乳がんや子宮頸がんにかかる確率は高くなります。


医療保険に入っていればガン治療での手術や入院代を保険からのお金で賄うことができます。


他にも個室のベッド代や衣服のクリーニング代、既婚者であればその間の家族にかかる日常生活費にあてることも可能なのです。


また医療保険の中には女性特有の病気になったときに保険金が上がるタイプのものがあります。


30代の既婚女性であればこれら特約がある医療保険に入るようにしましょう。


30代の既婚女性が入るべき医療保険の内容はこれです

30代の既婚女性が入るべき医療保険の内容についてもう少し詳しく解説していきます。


まずは基本的は入院・手術給付金です。


どれくらいの保険金で設定すればよいのでしょうか。

一般的な調査によると入院代は一日5000円では足りず1万円では多いという結果があります。


入院にかかる費用で最も大きくなるのは個室の料金です。


したがって、個室での入院を希望される人は1万円以上の設定が良いでしょう。


一方で個室にこだわらない人であれば平均的な保険金額でも良さそうです。


手術給付金は入院給付金の金額に合わせて上下するタイプが多いので、入院給付金とのバランスで決められることをお勧めします。


保険料は入院による収入の影響度で決めましょう

既婚女性で30代となると、子供がいる家庭、これから子どもを産もうと考えている家庭が多いでしょう。


場合によってはマイホームの購入を検討されているかもしれません。


家計でもこれらにかかる費用が大きくなると思われます。


したがって自分の医療保険には大きなお金を使うことができない人が多いと思います。


既婚女性の医療保険は、ご自身が入院した時の家計への影響度を考えて決められることをお勧めします。


例えば、夫と共働きの人であれば入院による収入の減少が大きく響くかもしれません。


一方で専業主婦であれば収入面に関しては影響が少ないかもしれません。


医療保険は年末控除の対象になりますので、共働きの夫婦であれば少し高い保険料でも充実した保障を優先されることをお勧めします。


一方で専業主婦の方は家計の支出の影響が大きくならない程度の保険料に抑えることが重要と思われます。


女性特約には必ず入りましょう

女性特有の病気などにかかってしまう心配などがありますよね。


そして女性であれば30代になるとそれらの病気になる確率が高くなるとされています。


特にガンになってしまうと治療費だけでなく他にもお金がかかる可能性があります。


また、仕事を続けることができない場合もあります。


そのような時のために、保険会社では女性だけがかかる病気に対して別途保険金がで支払われるプランがあります。


このようなタイプの保険を「女性特約」と呼んでいることが多いので、30代の既婚女性の方は契約されることをお勧めします。


入院一時金はなくても良い特約です

医療保険の特約に入院一時金というものがあります。


支払も速い場合が多く、入院時の初期費用の負担をへらすことによいとされてきました。

しかし現代では入院はどんどん短期化しています。


それでもこの特約はタクシー代などには役に立つでしょう。


しかし保険料が別に数百円かかるので、長い目でみれば割に合わない可能性が高くなります。


30代の既婚女性には他に優先すべきお金がありますから、このような特約をあえて加える理由は少ないと思います。


医療保険の終身か定期かで悩んだら

医療保険には定期保険と終身保険があります。


終身保険の方が一生涯医療保障を得ることができるので安心感があります。


一方で30代の既婚者の場合、家族や仕事などによる環境の変化もまだまだたくさんあります。


終身保険になるとそのような変化に対応できない可能性があります。


また医療は日々進歩しているため、保険の内容も時代に合わせたものに変わっていきます。


例えば、ある人が数十年前に契約した終身保険で入院と手術の保険金を得ようとしました。


ところが契約当時にはなかった手術方式での手術であったがために手術給付金が得られなかったというケースがあります。


したがって30代の既婚女性は当面は定期保険で様子を見られることをお勧めします。


お祝い給付金がついている商品

30代の既婚女性にお勧めの医療保険として何年かごとにお祝い給付金が出るものもあります。


貯金の苦手な人には、貯金を兼ね備えた保険として使い勝手が良いかもしれません。


しかし保険会社にとっては貯蓄の手間が増える分だけ保険料が高くなる傾向があります。


貯蓄に自信のある既婚者で30代女性であれば、基本的でシンプルな安い医療保険を契約されることをお勧めします。


そして貯蓄に関してはご自身で自分や家族の状態に合ったの金融商品を探してみても良いでしょう。




まとめ:30代既婚女性の医療保険について

30代既婚女性の医療保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のこの記事のポイントは

  • 30代既婚女性は医療保険に加入したほうが良いこと
  • 女性特有の病気に対する保障も充実させるべきこと
  • 契約内容と保険料は入院時の家計への影響度とのバランスで考えること
  • 特約によっては必要ないものもあること
です。

こららの知識を活用することで、あなたにもそして愛する家族にとってもすばらしい医療保険の契約をしてもらえることと思います。

保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!