医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

医療保険の請求に必要な診断書の発行料金・書式・受け取り方のコツ

医療保険の保障内容を受けるためには医師による診断書の提出が不可欠です。しかし、この診断書の受け取り方を知っている方はあまりいないのではないでしょうか。医療保険をきっちりと使うために診断書の受け取りとその注意点についてご紹介します。

あなたの保険、本当に必要?無料で相談しませんか?

「今の保険は本当に必要なの?」「保険は誰に相談したらいいの?」


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


ほけんROOM相談室では、完全無料の保険相談を行なっております。


相談からアフターフォローまで、何度でも無料、納得できるまで相談することできます。


最近の保険相談のトレンドは『訪問型』です。保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます。忙しい方、育児が大変な方におすすめです!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



医療保険の給付金の請求に必要な診断書とは

保険金や給付金の請求をするためには、病院側からの診断書を発行してもらう必要があります。


医療保険でも同様で、診断書を通して、給付金支払いの妥当性の事実確認後、適切な給付金が支払われる仕組みとなっています。


しかし、この診断書を医師に依頼して作成してもらうことに対して、診断書に関する料金や書式、受け取りのコツなどでお悩みの方も多いと思います。


そこで、このの記事では「医療保険の給付金請求に必要な診断書」について、


  1. 診断書発行の料金
  2. 保険会社ごと・病院ごとの書式
  3. 診断書を医師に発行してもらうときのコツ
  4. 保険金請求の際に診断書が不要となる場合

 の4点をまとめていきたいと思います。


最後まで読んで間違いのない請求をしましょう。



給付金を支払う医療保険を扱う保険会社は、重大な告知義務違反が無かったかの審査をするためにこの診断書を重要視しています。


まず、本題に入る前に、告知義務違反の重要性を確認しておきましょう。

告知義務違反が発覚した場合どうなるか

告知義務に関しては医療保険に入られている方なら経験しているはずですが、自分の健康状態や病歴またそれらについての家族情報などを加入前に医療保険を扱うものに対して文書で伝える義務のことです。


この義務は「確かに告知した」という証拠がない限り契約履行ができず、保険において極めて重要な義務となっています。


告知義務に違反をしても刑事罰等の対象にはなりませんが、契約破棄となり、肝心の保険金や給付金を受け取ることができなくなります。


もちろん契約破棄なので、それまでに支払った保険料は当然返却されません。


この告知義務の事実確認を、給付金を支払う前に診断書を通して行われるのです。

診断書は保険会社への医療行為の証明としての目的がある

診断書は医師でなければ発行できず、また訂正することもできません。

なぜなら、詐欺などの防止以前に適切な医療行為をしていることの証明になるためです。


しかし、医療保険の適用を認めさせるためには、その医療行為が適切であることは言うまでもなく重要で、なおかつそれが必要な時に手に入れられなければなりません。


入院やケガの事由証明を本人にも確認する権利があるのです。 

医療保険の保険請求:診断書の発行料金・費用は自己負担

診断書は、提出先・目的によって請求する書類が異なり、費用は自己負担になります。


診断書の種類によって金額も異なるので、請求先の病院で事前に金額を確認しておきましょう。


以下では、用途によって異なる診断書の種類、費用について取り上げます。

診断書の発行料金・費用は発行主体・診断書種類によって異なる

こちらでは診断書の種類別に、医療保険などの診断書の発行料金・費用を取り上げます。

地域的にも、また病院ごとでも診断書の料金・費用にバラつきがあります。


下表を参考にしてください(参照:医療経営情報研究所「2012年医療分書作成業務・文書料金実態調査(訂正版)」)。

○診断書の種類ごとの発行料金・費用について


自院様式の治療の診断書の発行料金・費用

(※)自院様式:各病院が独自に設定している診断書の様式です。

自院様式平均額関東(平均)最高額最低額
診断書(簡易)2,337円2,962円5,250円1,000円
診断書(複雑)3,665円3,888円10,500円1,000円
医療費に関する
証明書
1,216円1,246円16,500円100円

保険会社様式の診断書の発行料金・費用

(※)保険会社様式:生命保険会社等が独自に設定している診断書の様式です。

保険会社様式平均額関東(平均)最高額最低額
所定用紙
診断書
4,841円5,311円10,500円1,050円
所定用紙
後遺障害診断書
5,837円6,917円12,600円2,100円
自賠責
診断書
4,763円5,526円10,500円1,500円
自賠責
後遺診断書
5,927円7,135円12,600円2,520円

生命保険の死亡保険金や高度障害保険金の診断書の料金・費用は?

医療保険以外にも診断書が必要となるものに生命保険などがあります。


生命保険会社へ死亡保険金を請求する場合には、死亡診断書もしくは死体検案書を、高度障害保険金を請求する場合には、障害診断書を準備する必要があります。

これらの診断書は、保険会社所定の診断書用紙が必要になります。


また、死亡診断書は5,000円程度
障害診断書は10,000円程度と費用がかかります。


繰り返しますが、これらは自己負担で、健康保険などの適用も不可です。

医療保険:診断書の書式等は保険会社・病院によって違う

医療保険の診断書の書式等について保険会社・病院ごとにそれぞれ異なることは前述しました。

問題は、保険金請求の際に病院が自院様式で作成した診断書を、そのまま保険会社へ提出しても認められるかどうかです。

また、提出は診断書の原本かコピーなのかは各保険会社によって異なる場合があります。


そこで、以下では各保険会社が定めている診断書の書式と、提出方法について説明します。

主な保険会社の診断書の書式規定(原本必須/コピー可)

主な保険会社が定める診断書の書式については下表を参考にしてください。

医療保険に関してですが、保険商品により異なる場合もあります。


保険会社医療保険請求の診断書原本またはコピー
アクサ生命原則として、アクサ生命所定の診断書一定の条件でコピー可
三井住友海上あいおい生命保険他の保険会社や病院所定の診断書でもOK原則、コピー可
日本生命原則として、日本生命所定の診断書原本のみ
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
病院所定の診断書でOK一定の条件でコピー可
(請求金額が20万円超の場合、
確認印必要)
オリックス生命他の保険会社や病院所定の診断書でもOK
(ただし、がん通院給付金請求を除く)
コピー可
保険会社にとって、保険請求に応えることは一つの業務ですが、告知義務違反を防ぐために慎重に担っています。

近年では、できるだけ診断書を楽に提出してもらい、保険請求で悩む方が少なくなるように保険会社も努めているようです。

診断書の作成の事務は病院側に任されている

診断書作成の事務は病院側に任されており、各病院によって診断書の記載内容や受け取り方法も異なります。


病院は、保険加入者の保険金請求のために診断書の作成義務を負っているわけではなく、診断書の作成及びそのための事務に関して、病院側が任意で行っています。


そのため、保険金請求の際に診断書の記載をお願いしたい時には、基本的に患者側から担当医に対して作成したもらうことを申し出ます。


患者に親切で、気配りのできる医師であれば、患者側が尋ねる前に診断書の件について打ち合わせをしてくれることもあるでしょう。


しかし、病院の規則によって、一度窓口で診断書を作成する手続きを行わなければならないこともあります。


そのため、診断書が欲しい場合、まず担当医に相談を行い病院側の定める手順を踏みましょう。


面倒な手続きではありますが、不当な診断書の作成を防止することに不可欠な措置といえます。


しっかりと医療保険の保険金請求ために必要である旨を伝えれば、迅速に診断書を発行してもらえますので慌てずに依頼しましょう。

医療保険の請求の為に医師に診断書をお願いする上での注意点

医師に診断書作成をお願いする上での注意点は

  • 診断書の使用目的を伝える
  • 自分で記入できるところはあらかじめ記入しておく
  • 記入してもらいたい内容をあらかじめメモとして渡す
  • 提出期限を決めておく

の4点です。

以下で詳しく解説させていただきます。

診断書の使用目的を伝える

まず、医療保険の請求のために診断書が欲しい旨を伝えましょう。

実は診断書には会社提出用や健康保険組合提出用など多様な診断書があります。


これらの中からどの様式のものを使えばよいのかをはっきりと伝えておく必要があります。


もし様式を間違えた場合、正しく保険金が支払われない可能性があります。


そのため、診断書の使用目的と様式を医師に伝えておきましょう。

自分で記入できる所はあらかじめ記入しておく

診断書の中には自分で記載できる箇所があるので、わかる部分はあらかじめ記載しておいてください。


診断書の中には医療保険を適用させるための必要な診断内容が書いてあるとともに、施術前の状態や術後の経過など保険金を下ろす際に適当かを検討するための事項が記載されています。


一方、あなたの個人情報について記載する箇所があります。


そこには氏名や生年月日などを記載する欄ですが、この欄を記載しておくことでその診断書があなた個人のものである証明にもなります。

記入してもらいたい内容をあらかじめメモとして渡しておく

保険会社によっては診断書の様式が異なり、医師でも記入するのに困惑することもあります。

そのため診断書に記載してもらいたい内容を伝え、それとともに内容のメモを渡しておきましょう。


こうすることによって多忙な医師によくある手違いのリスクをへらすことができます。


提出期限を決めておく

診断書をいつまでに提出すれば良いかをあらかじめ医師に伝えておきましょう。

なぜなら、医師は忙しいので急を要する書類でなければ後回しされがちです。

そのため、「いつまでに書いてください」と、具体的な提出日を提示しながら診断書を書いてもらう必要があります。


だいたい1週間程度を目安に依頼をすると良いですね。

保険金請求の際に診断書が不要となる場合

保険金請求の際に診断書が不要になる場合は、


  • 入院日数が14日以内であること:ただし、条件としては、責任開始日から2年以上経過後に開始した入院なら、30日以内とされる場合もある
  • 給付金(保険金)を請求する時点で既に退院した場合
  • 治療に関して手術を受けていないか、手術給付金(保険金)の支払対象外の手術は受けている場合:手術給付金(保険金)の支払対象外になるかどうかは、各保険会社の手引き等で確認する
  • 各社が定める、請求の際に診断書が必要な給付金(保険金)ではないこと
  • がん保険以外の請求の場合
  • 一部の病気や部位を保障対象外として契約した場合(特定疾病・特定部位不担保条件)、または、保障対象外とする期間が経過した後の入院である場合


の6点です。


これらの条件に合致した場合は、診断書が不要になる可能性があります。


わからない場合は、保険会社の担当者に尋ねてみましょう。

医療保険の給付金の請求に必要な診断書に関するまとめ

この記事では、「医療保険の給付金請求に必要な診断書」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


記事の要点は、


  • 診断書は病院の医師に記載してもらわなければならない。
  • 診断書発行のための料金は全額自己負担。料金は病院や様式、地域によって異なる。
  • 医師に診断書記載を依頼する際には、必要事項と提出期限を伝える。
  • 保険金請求の際に、診断書が不要になる場合がある。
の4点です。


診断書を発行してもらうことで、大切な保険金の請求が可能になります。


せっかく保険に入っていて、万が一保険金を請求する事案が発生したときに、手続きの不備で保険金の請求が遅延してしまったら困りますよね。


あなたの身体にとって大切な部分であるため、トラブルは避けたいものです。


診断書発行の際には手続きを間違えないように、発行の仕方を覚えておきましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。



ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!