赤ちゃん・子供にがん保険は必要?加入率やおすすめのがん保険を紹介

がん保険は0歳からご加入ができます。だからといって乳児や幼児にがん保険をかける意味があるのでしょうか。その疑問について保険の考え方から今一度考えていきたいと思います。もしもがんになってしまったら、あなたは何を考えますか?そして0歳から入ろうと思いますか?



▼この記事を読んで欲しい人

  • 赤ちゃんや子供にがん保険は必要か知りたい
  • 0歳から加入するメリット・デメリットを知りたい
  • なぜ0歳からがん保険が必要な理由が知りたい

▼この記事を読んでわかること

  • 赤ちゃんや子供が、がん保険に加入できるか
  • 0歳から加入するメリット・デメリット
  • 赤ちゃん・子供が加入できるがん保険の種類

内容をまとめると

  • 赤ちゃんや子供でもがん保険が必要
  • 赤ちゃんや子供でもがんになる可能性があること
  • 子供のための医療補助制度の確認
  • がん保険に早く加入するメリット・デメリットを知ること
  • 赤ちゃんや子供にオススメな保険の確認
  • 赤ちゃんや子供のがん保険の相談ならマネーキャリアで無料相談

子供や赤ちゃんでもがん保険は0歳から加入できる?

がん保険は、子供や赤ちゃんでも加入できるのでしょうか。この答えはイエスで、小さい子供や0歳の赤ちゃんでも、がん保険に加入できます。


ただ、子供や赤ちゃんが、がん保険に加入する意味はあるのでしょうか。


そもそもがんは、大人がかかるというイメージが強いです。


そのため結婚や子供が出来て、ライフプランが変わり、がん保険に加入するケース。40歳以降の方が、体に心配が多くなり、がん保険の加入の検討するケースが、一般化しています。


では、子供や赤ちゃんはがんが発症するのか、がんに対して備えておくべきなのでしょうか。


また保険に加入するとなると、年齢的に無理なのではと考えるかもしれません。ただ、加入自体は問題なく可能です。


年齢制限が、0歳からとなっている保険ならば選ぶことができます。 


0歳の赤ちゃんや子供の時から、がん保険には加入できるとしてなぜそんなに早く保険が必要なのでしょうか。


それらについても一つずつお伝えします。

子供や赤ちゃんでもがん保険は0歳から加入できる!

先ほどお伝えしたように、子供や赤ちゃんでも0歳から、がん保険に加入できます。


では、なぜ0歳からがん保険に加入した方がいいのでしょうか。


理由は子供や赤ちゃんでも、がんになる可能性があるからです。がんは大人の病気とも限りません。


そのため早くから備えておく方法として、子供や赤ちゃんの時に、がん保険に加入する人も増えてきています。


また、がんになってしまうと、治療が完了しても、がん保険や医療保険の加入が難しくなってきます。


すると子供や赤ちゃんと時に、がんに罹患してしまうと、その後に大きな影響が出てしまいます。


そのために、子供や赤ちゃんのうちに、がん保険に加入する選択肢があります。


子供や赤ちゃんのうちから加入することで、早い段階でがんを発症しても保障が受けられるなどのメリットはあります。それと別で、デメリットもしっかりと、理解しておく必要があります。


この記事ではそれらについて、一つずつ丁寧にお伝えしていきます。

子供や赤ちゃんががん保険に加入する理由・必要性は「小児がん」のため

子供や赤ちゃんが、がん保険に加入する理由や必要性は主に「小児がん」が挙げられます。名前の通り、子供や赤ちゃんがなる、がんのことを指します。


そもそも小児がんと言われても、多くの方が、どのような病気か分からないです。


  • 小児がんはどのような病気なのか
  • どのくらいの年齢を指すのか
  • どういった症状なのか
  • 発症率はどれくらいあるのか

このような点を、次にご説明していきます。


また、先ほどお伝えした通り、がんというと大人がなる病気と考えがちです。しかし、小児がんという名前のがんがあるため大人だけの病気とは言えません。


そもため、子供や赤ちゃんの時に、がん保険の加入について、考える必要が出てきます。そして、子供や赤ちゃんが、がん保険に加入する最大の目的は、小児がん対策です。 


小児がんが、どのような病気わからなければ、保険に加入すべきかもわからないです。


その小児がんが、どのような病気で、発症率が高いのか、症状の特徴やいつまでの年齢を指すのかをご説明します。

小児がんとは?小児がんの発症率は0.01%といわれる

そもそも小児がんとは、どのような病気なのでしょうか。


小児がんの対象年齢は、15歳未満で発病したがんを便宜上、小児がんと呼びます。そのため小児がんという病気ではなく、その年齢になるがんをそう呼んでいます。


主に、小児がんの症状で、多いと言われているのが、以下のような点です。


  • 発熱・頭痛
  • リンパ節の腫れ
  • 骨や関節の痛み
  • 風邪の症状が長く続く
  • 元気がなく疲れやすいなど
小児がんだと、これらの症状が出ます。また、がんの種類によっては、体の他の部位に異常が出たりします。

子供や赤ちゃんに異常があった場合は、こまめに確認する必要があります。


そして、小児がんの発症率は0.01%と言われています。単純に1万人に1人はなる可能性があるということです。


この数字だけ聞くと、ほとんどなることはないと、思う方が多いです。ただ、一般的ながんの発症要因は、生活習慣となっています。そのため、小児がんは性質の違うがんと言えるのです。


次に、お金に関わる部分をお伝えします。

治療費以外にかかるお金は自己負担

小児がんは、治療費以外にかかるお金は、全額自己負担となります。では、治療費以外にかかるお金とは具体的に何を指すのでしょうか。


主にこれらが自己負担となって来ます。


  • 高額療養費制度の範囲内の額
  • 差額ベット代
  • 入院中のテレビカードや雑誌などの雑費
  • 入院中の食事代
  • 病院へ通う交通費
  • 先進医療の利用費
こういったものが、基本自己負担となります。

高額療養費制度に関しては、所得が平均的な方(370万~770万)は、月で約80,100円を少し超えるくらいが、最大額となります。治療費に100万円かかったとしても、公的医療制度により、先ほどの金額近くで済みます。

しかし、高額療養費制度は月での計算なので、次の月になればまたリセットされます。そのため、次の月になるとまた最大で80,100近くはかかります。

また、入院となるとベット代や雑費、食事代は高額療養費制度の対象となりません。通院の交通費も、同じく自己負担ですね。

そして、先進医療を利用する場合は、全額自己負担になります。大きい金額になることが多いです。

子供のための医療費助成制度を紹介

小児がんになってしまっても、子供をしっかりと守る制度があるといいですよね。


日本では、子供のための医療費助成制度が、何点かあります。


以下の3つの制度を、ご説明していきます。


  • 小児慢性特定疾病医療費助成
  • 特別児童扶養手当
  • 障害児福祉手当
主に、このような医療費助成制度があります。

医療費助成制度は、子供の保健対策を充実し、子育て世帯の経済的負担を軽減するため、子供が病気や怪我などにより受診した場合の医療費を県と市町村で助成する制度です。

基本的に、医療費助成の対象となるのは、都道府県知事または指定都市・中核市の市長が指定した「指定医療機関」で受診した際の医療費です。

医療費助成制度は、都道府県によって内容が変わります。

さきほど、医療費の負担を抑える高額療養費制度をご説明しましたが、医療費助成制度を利用することによって、高額療養費制度より自己負担額が減る可能性があります。

そのため、あなたが住んでいる都道府県の医療費助成制度は、どうなったいるか確認するのも大事です。

小児慢性特定疾病医療費助成

小児慢性特定疾病医療費助成制度はどういった内容なのでしょう。


まず、以下のような点が、小児慢性特定疾病医療費助成制度の対象となる大事な要件です。


  • 小児がんと診断されていること
  • 18歳未満の児童が対象。場合によっては20歳未満まで対象
  • 指定医療機関が対象
小児がんと、診断されることは第一条件です。

そして、18歳未満であることも要件となっています。ただ、18歳になった後も、引き続き治療が必要な場合は、20歳未満まで対象となります。

また、医療費助成の対象となるのは、都道府県知事または指定都市・中核市の市長が指定した「指定医療機関」で受診した際の医療費です。

これ以外の医療機関ですと、小児慢性特定疾病医療費助成の対象となりませんので、お気を付けください。

対象の次に、小児慢性特定疾病医療費助成制度は、どのようなメリットがあるのかをお伝えします。

とても簡単にお伝えしますと、医療費の自己負担が抑えられます。

都道府県によって変わりますが、例えば千葉県で仮に年収が500万(市町民税が7.1万円以上)の方は、以下のような制度を受けられます。

  • 一般の自己負担額が10,000円
  • 重症の場合は5,000円
  • 人工呼吸器装着者は500円
  • 入院時の食事代は二分の一自己負担
このように、医療費がかなり抑えられます。これが、小児慢性特定疾病医療費助成です。

特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは、精神または身体に障害を有する児童に、手当を支給する制度です。受給権者は、子供の父母などになります。


以下のような場合が、対象となります。


  • 子供が20歳未満
  • 受給者もしくは配偶者及び扶養義務者の所得が一定以内
  • 身体障害者手帳1~3級程度、および一部4級程度
  • 療育手帳A・B、愛の手帳1~3度程度
  • 日常的に著しい困難がある場合
この要件に当てはまると、特別児童扶養手当を給付できます。


20歳未満で障害を有する児童を家庭で監護、養育している父母等に支給されます。小児がんや治療が原因の場合も、受給対象になることがあります。


手当の支給月は、原則4月、8月、12月の年3回となっています。それぞれの前月分までが支給されます。


受給者もしくはその配偶者、または扶養義務者の前年の所得が、一定の額以上であるときは、手当は支給されませんので気をつけてください。 


自治体によって、違いもありますので、子育て支援の窓口に問い合わせるのもいいです。

障害児福祉手当

障害児福祉手当とは、重度障害児に対して手当を支給する制度です。受給権者は、子供の父母などになります。


以下のような場合が対象となります。


  • 子供が20歳未満
  • 受給者もしくは配偶者及び扶養義務者の所得が一定以内
  • おおむね身体障害者手帳1級、および2級の一部
  • おおむね愛の手帳1度、および2度の一部
  • 上記と同等の疾病・精神の障害

これらの要件に当てはまれば、障害児福祉手当を受けられます。


つまりは重度の障害を有する、日常生活において常時の介護を必要とする状態にある20歳未満の子供が対象です。


手当の支給月は、原則2月、5月、8月、11月に、それぞれの前月分までが毎年、支給されます。


受給者もしくはその配偶者、または扶養義務者の前年の所得が、一定の額以上であるときは、手当は支給されませんので気をつけてください。 


また、患者さんが回復すると対象から外れます。


自治体によって、違いもありますので、障害・福祉の窓口に問い合わせるのもいいです。

統計データから見る子供・赤ちゃんががん保険に加入する必要性

がん保険の加入は、早い方がいい。しかし、0歳から加入するのは、どうなんでしょう。


また、子供や赤ちゃんが、がん保険に加入する必要性は、本当にあるのでしょうか。実際に、がんについての統計データから、確認するとわかりやすいです。 


  • 年代別のがん発症リスク
  • 年代別のがん保険加入率
2つの年代別のデータで確認して見ましょう。

統計データを確認することによって、子供や赤ちゃんが、本当にがん保険が必要なのかが数字でわかります。

①年代別のがん発症リスク

ここでは、年代別に、がんの発症リスクについてお伝えします。


よく生涯で、がんになる確率は、2人に1人と言われています。それだけ聞くと、かなり高い罹患率です。 


では実際に、何歳くらいで発症することが増え始めるのでしょうか。


子供や赤ちゃんの時点で、高い発症率があるならば、0歳から保険へ加入しておくと安心です。先ほどご説明しました、小児がんの発生確率は、約0.01%です。


下の表で、確認して見てください。

0歳男性女性
10年後0.1%0.1%
20年後0.3%0.3%
30年後0.5%0.6%
40年後1.1%2.0%
50年後2.6%5.8%
60年後7.7%11.7%
70年後20.9%19.9%
80年後41.5%30.9%

(参考:国立がんセンター・累計罹患リスク) 


10歳以内では、0.1%と低い数値となっています。40歳から60歳にかけて、増えていくのが分かります。


また女性では、40歳ごろから緩やかに上がっていく傾向がありますが、男性の場合は、60歳過ぎで、一気に増えているという特徴がありますね。

②年代別のがん保険加入率

次に、年代別のがん保険加入率を確認して見ましょう。


がんの罹患率は、40歳から増えていく傾向がありました。では、がん保険の加入率はどのようになっているのでしょう。


下の表で、確認して見ましょう。

年齢男性女性
20代22.0%28.9%
30代46.3%46.5%
40代52.8%49.2%
50代46.8%43.1%
60代42.2%39.0%

(参考:生命保険文化センター・生活保障に関する調査) 


表を確認すると、20代で男性が22.0%、女性が28.9%と加入率はそこそこあります。そして30代になると、かなり上がっていることが分かりますね。


また、発症率が徐々に上がり始める40代で、加入率もピークとなっています。


このデータでは、0歳代と10歳代のデータがありませんでしたが、20代で20%程度となっているため、それよりも低いことが考えられます。


では、子供や赤ちゃんが、がん保険に加入する必要ないのでしょうか。以下では0歳で加入することのメリットなどをご紹介していきます。

子供や赤ちゃんの時からがん保険に加入するメリット

子供や赤ちゃんの時から、がん保険に加入するメリットはなんでしょうか。実は、子供や赤ちゃんの時に、がん保険に加入するメリットはあります。


主に、次の点が重要となってきます。


  • 若い時ほど保険料が安い
  • 治療費以外の費用が必要
  • 健康状態によって加入できないリスクが低い
  • 免責期間中の罹患で保障が受けられないリスクが低い
これらの4つが、主なメリットといえます。

4つのメリットが、どのような効果があるのか、またあなたに必要があるのかのポイントになります。

一つずつ、確認していきましょう。

①若い時ほど保険料が安い

がん保険は、年齢が若いほど保険料は、安くなります。子供や赤ちゃんの時、そして、一番若い0歳でも同様に、安くなるというメリットがあります。


ただし、定期型の場合はあまり効果が無いです。契約を続けるためには、更新が必要です。そのたびに保険料が上がるため、定期型はメリットとは言えません。


 一方、終身型の保険では、メリットとして恩恵を受けることができます。更新がないため、加入時の保険料で継続できます。


ある保険会社のがん保険の終身型はこのようになっています。


  • 0歳加入 男性 保険料1,429円
  • 40歳加入 男性 保険料4,335円


月で掛ける保険料は、0歳で加入すると安いです。仮に、0歳から60歳の60年の保険料総額は1,028,880円です。40歳から60歳までの20年の保険料払込総額は1,040,400円です。


保障期間が長い0歳の方が、11,520円安いです。


保険期間も長く受けられ、保険料も安く済むメリットがあります。

②治療費以外の費用が必要

小児がんになると助成金があるため、医療費に関しては、しっかりと保障されます。


しかし、残念ながら助成金は医療費のみです。そのため医療費以外には、お金が掛かります。


それもがん保険に加入していなければ、全額自己負担になってしまいます。


  • 先進医療費
  • 差額ベット代
  • 交通費
  • 雑費
  • 食事代(二分の一)
このような点が、自己負担となります。

特に先進医療費は、高額な費用となることが多いです。手術内容によっては、一度で300万円かかるものもあります。

それを全額自己負担するのは、とても大変ですよね。

子供や赤ちゃんのうちから、がん保険に加入しておけば、そのようなお金の心配が減ります。

そのため、早いうちからがん保険に加入しておくことは、大きいメリットといえます。

③健康状態によって加入できないリスクが低い

子供や赤ちゃんのうちに、がん保険に加入しておくと、健康状態によって加入できないリスクが、かなり低くなります。


なぜなら、がん保険は一度がんになってしまうと、加入できないことが多いです。またがんに関係ある病気も加入に影響があります。


そのため、病気になっていない子供や赤ちゃんのうちに、がん保険に加入すればその後に病気をしてしまっても、がん保険は継続できます。


がんにかかる確率は、40歳で上がってくるから、がん保険への加入は40歳までにすればよいと考えるかもしれません。


しかし、がんに関係ある病気には、いつなるのか分からないです。


慢性気管支炎など、若くても発症する方はいます。がんとは関係のない病気でも、がん保険の審査にひっかかることがあります。


子供や赤ちゃんのうちに、加入しておくことで、そのようなリスクを減らせます。

④免責期間中の罹患で保障が受けられないリスクが低い

免責期間中の罹患で、保障が受けられないとはどういことでしょうか。


がん保険の加入には、免責期間が設けられています。契約してから90日間、保障が受けられない期間があります。


その免責期間中に、がんと診断されると契約が無かったことになります。大人になってからの加入だと、そのようなリスクがあります。


保険料はちゃんと返ってきますが、保障が受けられないです。


そうならなにように、子供や赤ちゃんのうちに、がん保険に加入することで、免責期間中にがんになるというリスクを減らせます。


40歳の大人に比べると、子供や赤ちゃんの方が、がんの罹患率はかなり低いです。


このように、早いうちからがん保険に加入するメリットがあります。

子供や赤ちゃんの時からがん保険に加入するデメリット

では子供や赤ちゃんの時から、がん保険に加入するデメリットはなんでしょうか。メリットだけではなく、しっかりとデメリットも確認していきましょう。


主に、次の点がデメリットといえます。


  • 保障内容が古くなってしまうリスク
  • 保険料が負担になる
この2つが、子供や赤ちゃんの時にがん保険に加入するデメリットです。

この2つのデメリットにより、あなたにどのような影響があるのか、確認していきましょう。

では、一つずつお伝えします。

①保障内容が古くなってしまうリスク

子供や赤ちゃんの時に、がん保険に加入すると、保障内容が古くなるリスクがあります。


同じがん保険で大丈夫と思う方もいるかも知れません。しかし、時が経つと変わっていく点があります。


  • 新しい治療方法
  • 医療保険制度
  • 新しい保険
  • 環境の変化など
例えば未来で、新しい治療法が出来たら、それが主流になります。

それに合わせて、保険も新しくなります。また環境や医療保険も、昔のままとは限りません。

がん保険のいい例が、昔は入院して治療することが、主流でした。しかし、今では病院も長くは入院させません。

すると、通院治療が最近では多いです。抗がん剤治療も在宅で行えます。

昔のがん保険では、入院しか保険金が受け取れないものが、普通でした。ただ、今ではいい保障とはいえなくなっています。

早くに加入することは、このようなデメリットがあります。

②保険料が負担になる

子供や赤ちゃんの時に、がん保険に加入することで、月々の保険料は安く済みます。


さきほどお伝えした、メリットの一つです。しかし、早くに加入するということは、30歳や40歳で加入するよりも、30年や40年プラスで保険料を払い続けて行かないといけないません。


月々約1,500円でも、毎月となると負担になってきます。また子供にがん保険以外で、お金が掛かるため、少しでも貯金したいはずです。


月々の金額は安いと言っても、保険料を負担に感じてしまう方もいるのではないでしょうか。



また、保険を利用しなかった場合、無駄に感じてしまうかもしれません。


このように、保険料を常に払っていかなくてはならず、負担に感じてしまう事もデメリットとして挙げられます。

まとめ:0歳の子供でもがん保険の加入検討するメリットがある

子供や赤ちゃんが、がん保険に加入検討するメリットはご理解いただけたでしょうか。


要点としては、


  • がん保険は、0歳からでも加入できること
  • 保険料が安く済むこと
  • 保険料の総額が安く済む可能性がある
  • 早い加入は、がん保険の保障が古くなる可能性がある
  • 小児がんの可能性は、1万に1人
  • 一度がんになると、加入が難しい
早いうちに加入することは、良いことも悪いこともあるとご説明しました。

がん保険の種類によっては、自分で組み合わせるタイプに、あらかじめ決まっている保険もあります。

あなたの子供や赤ちゃんのために、全てのがん保険を理解できればいいですが、それはなかなか難しいです。

そのために保険やお金のプロがいます。

がん保険の加入などで、悩んだらプロに保険相談をしてみましょう。マネーキャリアでは、プロに無料相談できるので、ぜひ活用してください。

また、ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。  

がん保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング