【知っておきたい】がん保険と医療保険のおすすめの組み合わせは?

がん保険と医療保険の違いは保障範囲が異なることです。がん保険はがんだけを保障する保険ですが、医療保険は病気やけがで入院したときに保障する保険です。この違いをきちんと理解し上手に組み合わせることが大切です。上手に組み合わせることで保険が活きてきます。

医療保険とがん保険の組み合わせ方

病気・ケガ全般を保障してくれる医療保険と、がんのみを手厚く保障してくれるがん保険。


どちらもいざというときに欠かせない保険ですが、2つの保険には保障範囲や給付金などの違いがあり、適切な組み合わせ方があるということをご存じですか?


がん保険と医療保険の内容をそれぞれ理解すれば、2つの保険をうまく組み合わせて最大限に活用することができるのです。


そこで、この記事では「医療保険とがん保険の組み合わせ方」について、


  • 医療保険とがん保険における保障範囲の違い
  • 医療保険とがん保険における給付金の違い
  • 医療保険とがん保険の組み合わせのポイント


以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、医療保険とがん保険をどのように組み合わせたらよいのか、2つの保険の違いを理解しつつ決めることができます。


是非最後までご覧ください。


医療保険とがん保険の保障の範囲を考える

医療保険がん保険はともに病気になったときに保障される保険ですが、それぞれ保障範囲が違っています。

医療保険は、ケガや病気のどちらであっても入院したときに保険金が支払われる保険です。


それに対してがん保険は、がんになったときだけ保険金が支払われる保険です。


「がんだけ」ですから、ケガの場合はもちろん、がん以外の病気で入院しても保険金が支払われることはありません。 


このような違いがあるので、2つの保険の組み合わせを考えることはとても大切です。


医療保険とがん保険のイメージは、以下の図を参考にしてください。


がん保険と医療保険

がん保険と医療保険


がん保険と医療保険の組み合わせを間違えてしまうと、保障内容が重複したり、反対になんらかの原因で入院しても保障されない状況になったりすることがあります。


せっかく保険料を納めておきながら保障されないことがあっては無駄なので、組み合わせを考えることはとても大切です。


がん保険は、単純にがんに備えるだけでなく、生命保険や医療保険との保障のバランスを考える必要もあり、自分だけで選ぶのが非常に難しい保険なので、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 


どのがん保険がいいのか、自分にあったがん保険はどれかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 


>保険のプロに無料相談はこちら

がん保険は必要ない?医療保険・がん特約だけで備えられるのか

「病気になったとき保険金が支払われる」という点では、がん保険も医療保険も似ている部分があります。

このように保障範囲が重複する部分もあるので、がん保険の必要性を否定する意見もあります。


がん保険はがんだけを保障する保険ですが、医療保険は、がんを含めた病気全体やケガも保障します。


保障範囲がこのようになっているので、「医療保険だけでも充分である」と思っても不思議ではありません。


しかし、医療保険だけでは問題がある場合があります。それは、保障される金額が不足する場合です。


がんになってしまうと、医療費が高くなる可能性は十分に考えられ、医療保険だけでは賄えなくなります。


そのとき大切になるのが組み合わせです。がん保険と医療保険をうまく組み合わせることで、上手に保障することができます。

医療保険・がん保険のおすすめな組み合わせは3パターン

それでは医療保険・がん保険のおすすめな組み合わせは

  1. 医療保険とがん保険の両方に加入
  2. がん保険のみに加入
  3. 医療保険とがん特約に加入
加入するときにどのパターンが適切かわかるようにどんな方におすすめなのかも解説していきます。

①医療保険とがん保険どちらにも加入する

医療保険とがん保険のどちらにも入るメリットとしてはそれぞれの保険の良い保証だけを選べるというところです。また、別々で契約することにより、もし保険料を抑えたいとき必要の無い方の保険を問題なく解約することもできます。


デメリットとしては別の保険会社で契約しなければいけませんので手間がかかること、2つの保険に加入するので保険料も高くなります。


それに保証内容が重複しないように保証内容をよく確認する必要があります。


この組み合わせで加入する場合には医療保険では保険料の安さと保証内容が充実している県民共済をおすすめしています。


ただし、お住いの住所によっては加入できないこともありますので確認が必要です。また県民共済は保険相談では取り扱っていないためご自身で調べる必要があります。


がん保険を選ぶ際には長期のがん治療の保証が手厚いものを選ぶと良いでしょう。何故ならばがんの治療は長期化しやすいためです。そのほかにも保険料の安いがん保険を選べば家計の負担になりにくくなります。


医療保険とがん保険の組み合わせはどんな人におすすめ?

医療保険とがん保険の組み合わせは途中でどちらかの保険を解約する可能性がある方におすすめです。今だけ保険が必要という方にもぴったりです。

②がん保険のみに加入する

最近のがん保険ではがんだけではなく成人がなりやすい7大疫病に対しても手厚い保証のがん保険も増えています。

7大疫病とは「急性心筋梗塞・拡張型心筋症、脳卒中・脳動脈瘤、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、高血圧性疾患」のことです。

これらに対しての保証があるのはとても助かりますよね。

医療保険の保証範囲には劣りますが、がん保険だけでも問題無いでしょう。

そのときに気をつけたいのが保証内容が充実しているかです。

7大疫病に対しての保証や、保険期間なども確認しておきましょう。

  • 一時金の受け取り限度
  • 初期のがんでも保証対象か
  • がん保険の特約
がん保険の特約に関しては抗がん剤治療に対しても保証される抗がん剤治療特約の付加をおすすめします。がんの治療には約半数の方が抗がん剤治療を行っているのでこの特約は必要となることが多いでしょう。

そのほかにも急性心筋梗塞・脳卒中でも「治療のための入院を開始、または手術」が保証対象となる保険もあります。

がん保険によって保証内容はかなり違いがありますので何社か比較することが大事です。


がん保険のみの加入はどんな人におすすめ?

医療保険には入るつもりは無いけど、普通のがん保険だけでは足りないという方には保証内容がきちんとしたがん保険をおすすめします。


③医療保険とがん特約に加入する

医療保険では特約でがん特約を付加することもできます。医療保険に特約をつけるだけなので手間もかかりません。また保証内容も被る心配もありません。

しかし医療保険とがん保険と同時に加入した場合よりは保証内容が少し劣ってしまいます。また医療保険が必要なくなった場合にがん特約だけでは契約はできませんので主契約である医療保険と同時に解約しなければならなくなります。

なお現在ではがん保険と変わらない保証内容のがん特約を用意している保険もあります。またおすすめなのはがん特約が終身まで続くものです。がんは長期化しやすく治療も長引く可能性が高いからです。


医療保険とがん特約の組み合わせはどんな人におすすめ?

医療保険を中心に保証をしてほしい、けどがんの保証もして欲しい場合にはこのパターンがおすすめです。

しかし自分ではどの組み合わせが適切なのかわからない方もいらっしゃいますよね。

そのようなときには無料保険相談をおすすめします。

無料で保険の相談に乗ってくれご自身にあった保険・保険の組み合わせを提案してくれます。保険のプロに相談することでご自身の納得いく保険に加入することができ無駄な保証や特約を付加せずに、保険料もなるべく抑えることができるでしょう。

医療保険とがん保険の組み合わせのポイント

がんになってしまったときは、医療保険とがん保険の組み合わせがとても重要だということをご説明してきました。 


医療保険とがん保険の組み合わせを考える際のポイントは、
 


  • 保障される金額の大きさ 
  • 保障内容に重複がないか 
  • 診断給付金通院給付金の支払い基準の広さ 


を考慮することです。 


前述の例では、「がんになったらがん保険で診断給付金を受け取る」という使い方をしています。 


しかし、もし加入している医療保険の診断給付金や通院給付金の支払い基準が広く、がんになってもそれらの給付金が支払われるとしたらどうでしょうか?
 


そうなると、がん保険と内容がほぼ重複するので、その医療保険とがん保険と組み合わせるなら、がん保険の保障金額のみを重視すればよいということになります。 


これが、がん保険と医療保険の組み合わせ方の一例です。 


ちなみに、保険という商品の特性を考えるなら、「もしも」や「いざ」という時に備えることを第1に考えるのがベストな組み合わせになります。 


いざというときの備えを重視するなら、脳卒中などの病気はもちろん、死亡率が高いがんになったときのことを考えて保険内容を決める必要があります。

がん保険を優先させて考えよう

これまで説明してきたように、医療保険とがん保険の組み合わせを考えるときは、がん保険に重点を置いて考えることが大切です。 


なぜなら、以下のようなポイントがあるからです。 


  • 通常の病気やケガは、公的保障により3割負担で良い 
  • がん保険には診断給付金がある 
  • がんの放射線治療などは負担額が高額になりやすい 
  • 特に女性の場合、若くしてがんに罹りやすい 


以上の理由により、がんになったことを想定して保険を契約し、その次に医療保険の保障を考えるのが理想的な組み合わせ方といえます。 


このように組み合わせることで、保険という商品の本来の使命を果たすことにつながります。   

がん保険と医療保険の併用では保障の重複に注意しよう

がん保険と医療保険を併用した場合には保証の重複に注意してください。


保証内容が被ってしまっている場合にはどちらかの保証を無くしてしまいましょう。どちらの保証をつけたままにするとその分給付金は受け取ることができますが保険料はその分支払っていることなります。


重複しやすい保証は以下のものが挙げられます。

  1. 入院給付金
  2. 手術給付金
  3. 先進医療特約
特に先進医療の特約ではがんになった場合にはがん保険の特約の方ががんに対しては手厚い保証となっています。

またその他の特約で抗がん剤治療特約の付加がおすすめです。こちらの特約では抗がん剤治療だけではなくホルモン療法までも保証される保険会社も存在します。そのため特約の内容まで確認をするべきです。


事例別に医療保険とがん保険の給付金を比較する



基本的にがんも保障してくれる医療保険。


医療保険ががんも保障してくれるなら、がん保険は必要ないと思うかもしれませんが、医療保険だけではがんの治療費を保障しきれない可能性もあるのでしたね。


しかし、がん保険は前述のとおりがんしか保障してくれないので、がん以外の病気・ケガでは医療保険が必要になります。


また、がん保険と医療保険では給付金の内容も異なります。


では、医療保険とがん保険をどのように組み合わせたらよいのか、病気・ケガの事例別にご説明していきます。



骨折してしまった場合

例えば、骨折した場合の保険の給付状況を考えてみます。

骨折で給付金が支払われるのは、医療保険だけです。


がん保険はがんのときだけ給付金が支払われる保険ですから、もちろん給付金は支払われません。


それに対して、医療保険は病気全般とケガでも給付金が支払われます


よって、骨折した場合でも給付金は支払われますが、まったく問題ないわけでもありません。 


その問題とは、給付金の金額です。


一般にがんを治療する際の治療費は高い傾向がありますが、医療保険では、その治療費が不足する確率が高くなります。


このような状態にならないために、大切なのが組み合わせです。


がん保険と医療保険をうまく組み合わせることで、保険を活かすことになります。

がんを罹った場合

次に、がんを罹った場合を考えてみます。


この場合、もちろんがん保険で保障されますし、医療保険でも保障されます。


ですが、この2つには大きな違いがあります。それは、支払われる保険金額です。


がん保険のほうが、医療保険よりも保障金が高いことが一般的です。


一般的に、医療保険の給付金は、1日に5,000円~1万円程度を設定するのが普通です。 


また、診断給付金の有無も大きな違いです。


診断給付金は、がんと診断された時に給付される給付金で、金銭的な余裕だけでなく精神的な余裕を生む効果もあります。


このような違いがあるので、この2つの組み合わせをきちんとすることが重要になってきます。


せっかく保険料を納めていても保障が漏れていたり、足りなくなっては無駄な保険料ということになってしまいます。


そうした状況にしないためには、組み合わせがとても大切です。

組み合わせの相性の良いがん保険

がん保険と一口にいっても、いろいろな種類があります。

がんの種類により保障金額が違うこともありますし、保障する日数が違うこともあります。


よって、がん保険単独で考えるのではなく、医療保険との組み合わせで保険を考えることが大切です。


これを別の言葉で言うなら相性の良いがん保険ということができますが、実質的に役に立つ保険にするには、がん保険と医療保険の組み合わせを工夫することが賢明な保険契約といえます。 


まとめ:保険料を抑えて賢くがん保険を組み合わせよう!

医療保険とがん保険の組み合わせ方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、


  • 医療保険とがん保険における保障範囲の違い
  • 医療保険とがん保険における給付金の違い
  • 医療保険とがん保険の組み合わせのポイント


です。


医療保険はがんも含めた病気・ケガ全般を保障してくれますが、がん保険よりも保障金額や給付金が少ないことがままあります。


しかし、一方で、がん保険はがんのみに対して保障する保険なので、骨折などがん以外の病気・ケガでは保険金が下りません。


そのため、加入を検討しているがん保険と医療保険の保障内容を理解した上で、内容を重複させず、必要な金額分を保障してもらえるように2つの保険を組み合わせる必要があるので注意してください。

がん保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング