がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

がんになってからもがん保険に入れる?その疑問にお答えします。

健康な時にはがん保険の必要性にはなかなか気づかないものかもしれません。しかし、がんを一度経験すると、がん保険の必要性を身にしみて理解できるはずです。がんになってから、がん患者を経験してから、がん保険に加入することはできるのでしょうか?

がん保険はがん患者になってからでも加入することができる?

医療保険と同様で、がん保険は一度、がんという病気になってしまうと保険に入りにくくなっていることはご存知かと思います。


しかし、本当にがん保険の必要性がわかるのはがんになってからで、一部の保険会社では入院歴や通院歴があっても加入できるがん保険を謳っているところもあります。


では、実際にがんになってからがん保険に加入することはできるのでしょうか?


この記事では

  • がんになった後でも加入が可能なタイプの保険
  • がんになった後にがん保険に入る場合のポイントと注意点
  • がんになってからでも入れる保険商品
について解説していきます。


この記事を読んでいただければ、がん患者を経験された方や、現在がんの治療中の方が、がん保険に入るためのポイントや注意点、最新のがん保険事情等がご理解いただけると思います。


是非、最後までお付き合いください。

がん保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「がん保険について1から知りたい!」「がん保険って実際は必要なの?」


もしも!の時のがんの治療にかかる経済的負担をカバーするためのがん保険。


しかし、治療費の負担は公的保険や貯蓄でカバーするだけでは不安という人が多いのではありませんか?


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです!電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



がん保険のタイプによっては加入が可能となる場合もある

一昔前までは、がんは不治の病との印象がありましてが、現在はそうとも限りません。


実際、早期発見された場合や、がんの種類によっては、手術や薬物・特殊な治療により完治する場合もあるのです。


そういった背景から、がんになってからあるいは現在がんで治療を続けていたとしても、加入が可能なタイプのがん保険が発売されるようになりました。

がん保険の引受基準緩和型

一般的ながん保険の場合、がんで治療中の人はもちろんのこと、がんにかかったことがあるという病歴があるだけで加入はできません。


しかし、がんになってからでも入れる保険に、引受基準緩和型保険というものがあります。


元々保険に加入するにあたっては、その保険会社に対し、過去から現在までの病歴や入院歴・手術歴等の健康状態に関する情報を告知する必要があります。


その内容によって、保険会社はその人が保険に入れるかどうかを査定し判断するわけです。


引受基準緩和型といわれるタイプのがん保険は、この健康状態(がんを含む)の告知にたいして、文字通り引受査定の基準が緩やかな保険ということになります。


言い換えると、今までがんにかかったことがあり、治療や入院をしたことがある人や、がんになってから申込をする人も加入出来る可能性の高い保険ということがいえます。


しかし、がんにかかったことがあったり、今現在治療中の人であれば、当然給付金支払いの可能性も高くなるわけです。


その分、保険料が割高であったり、一定期間は入院等があっても給付金が支払われなかったり、減額して支払われるといった点があり、十分な注意と理解が必要です。

がん保険の限定告知型

保険会社は、保険加入希望者に健康状態の告知をしてもらってから、その内容によって査定を行います。 


引受緩和型保険は、その引受における査定の基準が緩い保険であるということをご紹介しました。


それ以外に、告知項目が少なく、その告知項目に一つも当てはまらなければ加入できるという保険も発売されています。 


このような保険を限定告知型保険といいます。 


がんになってからでも、現在治療を行っていなかったり、所定の期間内に所定の治療投薬を行っていなかった場合など、告知項目に当てはまらなければ、加入できる場合があります。 


告知項目に設定されている病気や治療でなければ、告知する必要はなく、加入しやすい保険ということになります。 


逆に、設定の告知項目に当てはまる場合は加入は非常に難しいといえますので、告知項目をきちんと確認することが重要です。

がん保険の無選択型

最近では「誰でも入れる保険」というものを、テレビCMなどでもよく見かけます。


誰でも入れるというのは、健康上問題があっても入れる保険ということで、無選択型保険とよばれています。


無選択型保険に関しては、それ以外の保険加入において必要とされる告知が必要でない保険といえ、無告知・無選択で入れる保険ということです。


そのため、がんになってからでも加入することが可能な保険になります。


しかし、どのような健康状態でも加入が可能な分、保険料は割高となります。また、保障される病気の内容などにも制限がある場合がほとんどです。

がんの病歴があってもまずは普通のがん保険を検討しよう

過去、保険の加入事情としては、現在がんにかかっていたり、過去にがんにかかったことがあった場合、つまり、がんになってから、がん保険に入ることは非常に困難でした。


しかし、手術や治療(薬剤含む)の技術が進んだ現在、がんは治療が不可能な病気ではなくなってきています。


そのため、保険会社も、がんになってからでも加入できるがん保険をさまざまな形で発売してきています。


がんになった経験のある方や現在治療中の方であれば、そういった保険に飛びつく気持ちは良くわかります。


しかし、がん経験者やがんで治療中でも加入できるという「引受基準緩和型保険」や「無選択型」はそれなりのデメリットも存在します。


実際、がんにかかったことがあるからといって、絶対に普通のがん保険医は入れないということではありません。


例えば、がんで治療や手術をし、「完治」したとの医師の判断があった場合、それから10年以上たっていれば、普通のがん保険に加入できるケースもあります。


そういった意味から、がんの病歴があっても、まずは普通のがん保険を検討し、加入が難しい場合に、これらの保険を検討しても遅くはありません。


ここからは、「引受基準緩和型保険」と「無選択型」のデメリットともいえる傾向についてご紹介します。

引受基準緩和型保険は一般の保険よりも保険料も割高で、保障内容も薄い傾向

一般のがん保険は、基本的には今までがんにかかったことのない人を対象に保険料を集め、がんにかかった人やがんの治療を行った人に給付金を支払う仕組みです。


そのために、保険会社は健康告知をとり、厳密に審査した上で保険加入を承諾します。


引受基準緩和型保険は、その審査基準が緩やかな保険であり、そのためがんの病歴があったとしても加入が許されるのです。


そうなれば、再発等も含め、当然給付金を支払う可能性は通常の場合よりも高くなります。


そのため、引受基準緩和型保険は、一般の保険よりも保険料は割高に設定されています。


また、契約から一定期間は補償が受けれなかったり、受けられたとしても削減されて支払われたりと、一般の保険に比べ、保障内容が薄くなる傾向があります。


しかし、一般のがん保険には加入できない場合、少なからず保障をもてるという安心感には繋がりますので、その保障内容と保険料を十分比較した上で加入を検討する余地はあるといえます。

無選択型は誰でも加入はできるが現在患っているがんは補償外

無線宅保険に関しては、がんをはじめ、どんな持病を持っていたとしても加入できる保険であり、現在がんで治療を受けている人でも加入できる保険です。


ですが、保険に入れたからといって、全てが支払い対象になるわけではありません。


当然のことながら、現在治療しているがんや、治療はしていないが、がんと診断されている分に関しては補償外となります。


また、引受緩和型保険保険と同様に、一般の保険よりも保険料は割高で、保障内容も薄い傾向といえます。


ただし、この保険についても、保障をもてるという安心感や、他のがん等で入院した場合の保証をもてるという安心感は持つことが出来るというメリットは大きいともいえます。

がんになってからでも入れるがん保険の商品例

ここからは、がん経験者でも加入が可能ながん保険について、具体的な商品をあげ、その特長についてご紹介していきます。


・スマイルメディカル ワイド(朝日生命保険相互会社)


この保険は、引受基準緩和型医療保険に該当します。3つの告知項目に該当しなければ加入できるという商品です。


がんについての告知内容は、過去3か月以内の入院・手術・放射線治療について医師からの説明を受けたり、すすめられたか?2年以内の入院・手術・放射線治療をうけたか?


というものであり、それ以外には介護認定についての質問ですので、少なくとも2年以内にがんによる受診や治療を受けていなければ加入可能ということになります。


また、契約前の持病(がん含む)が再発した場合も保障されるという特徴もあります。


ただし、商品説明にも謳ってありますが、同じ会社の他の医療保険に比べ、保険料が割高に設定されています。


また、加入後一定の期間の補償の額は、契約金額の50%に設定されています。

まとめ:がん保険はがん患者になってからでも加入できる可能性はある

ここまで「がんになってからでもがん保険に入れる?」をテーマに解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


今回の記事のポイントは

  • がんになってからでは一般的ながん保険には加入できません。
  • がんになった後でも加入が可能なタイプの保険があります。
  • がんになった後にがん保険に入る場合のポイントと注意点。
  • がん経験者でも入れるがん保険の商品例

でした。


実際にがんになってからでは、もうがん保険には入れないとあきらめてしまう方も多いのではないでしょうか?


しかし、現在ではがんの治療を受けてからある一定以上の期間何もなければ入れる医療保険や、がんの治療中でも加入できる医療保険も発売されてきています。


はじめからあきらめてしまうのではなく、いろいろな情報の中から自分にあった商品を探してみてはいかがでしょうか?


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が