ボーエン病はがん保険がおりない?がん保険の選び方を徹底解説

がん保険に入っているから「がん」と診断されても安心と思っていませんか。ボーエン病はがんの一種で、珍しくありませんが、知らない人が多い病気です。がん保険にこれから入ろうとする人も、すでに入っている人にも知っておいてほしいがん保険とボーエン病の関係をお伝えします。



▼この記事を読んで欲しい人

  • ボーエン病はがん保険が適用されるのかチェックしたい人
  • 対象となるものと対象外のものの違いが分からない人
  • 上皮内がんに備えるための保障内容を知りたい人


内容をまとめると

  • ボーエン病はがんの一種だが、上皮内がんのためがん保険の対象となっていない場合がある
  • 治療費は5万円程度とやすく済む場合もあるが、20万円ほどかかる可能性もある
  • ボーエン病の治療費に備えておきたい場合には、上皮内がんが同等対象となるがん保険を選ぶ
  • ボーエン病が対象となるがん保険を選びたい場合、マネーキャリアで保険相談がおすすめ
  • 今ならスマホひとつで無料相談が可能!時代に合ったがん保険を選びましょう

ボーエン病に関する基礎知識


ボーエン病はあまり聞き慣れない病名ですが、がんの一種になります。がんの中に入るということは、がん保険の対象になるのか知っておきたいところですが、まずはボーエン病がどのような病気なのか確認していきましょう。


ボーエン病はがんの一種で、皮膚がんに分類されます。皮膚がんですが診断は上皮内新生物となります。通常のがんと違いがあるのでしょうか?


がんには

  • 悪性新生物
  • 上皮内新生物

があり、がん保険の対象になるかどうかは商品ごとに違っています。


悪性新生物と診断される場合には、問題なく保障を受けることが可能です。注意したいのが上皮内新生物と診断される種類のがんです。

  • 対象外
  • 一部保障

となっている商品も多く、こちらに分類されるボーエン病は保障を受けられない可能性があるのです。


以下ではボーエン病やがんの基礎知識として、

  • 特徴
  • 治療方法・治療費
  • 悪性新生物と上皮内新生物の違い
  • ボーエン病以外の上皮内がん
  • 放置による有棘細胞がんへの進化

についてご紹介していきます。

ボーエン病の特徴

ボーエン病は皮膚がんの一種ですが、転移などの可能性は極めて低く、手術で切り取ることができれば完治の可能性が高い病気です。

症状

どのような症状が出るのか見ていきましょう。

  • 赤や茶色などの境界明瞭な斑点
  • かさぶたのような盛り上がりがみられるものも
  • 胴体・下肢・陰部に多いが、全身に発生する可能性あり
  • 痒みを伴う場合もある
  • 米粒大から手のひら大まで、大きさは様々
  • 成人に発生、特に高齢者に多い

このように、様々な症状がみられるため、誰もが同じ症状となるわけではありません。


中には湿疹と似た見た目となることもあり、治療開始までに時間がかかってしまうケースも多く見られます。

原因

発症の原因が分かっていれば防ぐことが可能と考えるかもしれません。また、原因に思い当たる節があれば、湿疹などではなくボーエン病かもしれない、と考えることができるかもしれません。


原因として挙げられているのは、

  • 紫外線
  • ヒトパピローマウイルス

などです。


しかし、詳しくははっきりと分かっていないため、湿疹ができ薬を塗っても治らないような場合には、病院を受診することをおすすめします。

ボーエン病の治療方法・治療費

ボーエン病は上皮内にとどまっている状態となっているため、しっかりと治療を行うことで完治できる可能性が高くなります。治療方法や治療費について確認していきましょう。

治療方法

通常行われる方法としては手術による病変部位の切除です。周り数ミリをとって切除することで、病変部位を完全に取り除く手術が行われるのが一般的です。


切除部位が小さければそのまま縫合することで治療は終了しますが、大きい場合には植皮が必要となります。


完全に切除できていれば浸潤なども無いため、転移や再発のリスクは限りなく低いと言えます。

治療費

どれくらいの費用がかかるのか知っておきたいところですが、これは部位の大きさや術後の植皮の有無によって大きく変わってしまいます。


小さい場合には日帰り手術で5万円程度で済んだ、という方もいらっしゃいます。しかし、範囲が広くさらに植皮などを行う場合には、数週間の入院が必要で10~20万円の費用がかかった、という方もいらっしゃるのです。


ただし、高額になった場合でも「高額療養費制度」を活用することで、そこまで大きな負担にはならないと言えます。安心して治療に専念するようにしましょう。

悪性新生物と上皮内新生物の違い

ボーエン病は上皮内新生物であることはご紹介した通りです。では、悪性新生物との違いはお分かりでしょうか?


主な違いとしては、

  • 浸潤度
  • 転移や再発の可能性

が挙げられます。


上皮内新生物は病巣が上皮内にとどまっている初期段階のがんです。しかし、進行していくと「基底膜」を超えてしまいます。超えた状態を「浸潤」と呼び、この段階になると悪性新生物と診断されることになるのです。


浸潤した状態のがんは、他の臓器や血液と接触する可能性が高まり、手術で病変部分を切り取ったとしても再発転移のリスクが高くなってしまうのです。


がんの種類としての違いは以上のようになっていますが、がん保険でもこれらのがんで扱いが違う場合があることに注意が必要です。上皮内新生物に対して、

  • 対象外
  • 一部保障

などになっている場合があるのです。


確かに再発などのリスクがなく、治療費も悪性新生物より抑えられるかもしれません。しかし同じがんの種類で保障の内容が変わってしまうと請求時に対象となるのか悩んでしまう事になり、対象外の場合には損をしたと感じるかもしれません。


このようなことを避けるためにもがん保険契約時にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

ボーエン病以外の上皮内がんの例

ボーエン病はがんの一種ですが、がん保険の対象にならない可能性があります。その理由は上皮内新生物(上皮内がん)に分類されるためです。


ボーエン病以外には、

  • 大腸の粘膜内がん
  • 乳房の非浸潤がん
  • 子宮頸部の上皮内がん
  • 食道の粘膜内がん
  • 膀胱の粘膜内がん

などが分類されています。


どのがんも上皮内・粘膜内にとどまっており、浸潤が起きていない状態のがんです。がん保険の対象とならない可能性があるのです。


基本的には進行することで悪性新生物に変化することになるため、早期発見できたがんとも言えます。


この状態ならば転移などのリスクがかなり低いと言えるため、異常を感じる場合には早期に病院を受診、がん検診などで定期的な検査を行うことがおすすめです。

ボーエン病の放置による有棘細胞がんへの進化

転移のリスクがないならば治療の必要はないのでは、と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。


しかし、治療せずに放置することはお勧めできません。他のがんと同様に進行していくためです。


進行することで有刺細胞がんへ変化します。この状態になってしまうと悪性新生物となり、転移や再発のリスクが高くなってしまうのです。有刺細胞がんについて解説していきます。

原因

主なものは、

  • 紫外線
  • ボーエン病
  • 日光角化症

です。


一度に大量の紫外線を浴びる、長期間蓄積されるなどで発症の可能性が高くなります。


ボーエン病・日光角化症からの発症も確認されています。放置することで病状が進行してしまい、発症へと繋がってしまいます。

症状

症状は発生した部位などにより多岐に渡ります。

  • 肉が崩れたような盛り上がり
  • 表面のびらんや腫瘍
  • 出血
  • しこり

などです。

治療法

主に行われる方法としては、

  • 手術
  • 凍結療法
  • 放射線治療
  • 薬物療法

などです。進行度合いや患者の状態で方法を決めていきます。


病変部分を切除することで治療することが一般的です。進行度合いが高い場合には薬物療法などを組み合わせる場合もあります。


凍結療法でも治療が可能です。特に病変部の範囲が狭い場合には、手術よりも負担の少ないこちらの方法が活用されます。高齢者や持病のある方に特に多く利用されます。


手術による切除が出来なかった場合には、放射線治療も行われます。また、範囲が広い場合には切除部位を小さくするために薬物療法を行い、その後手術が行われる場合もあります。

がん保険の3つの選び方


ボーエン病やその他のがんの治療が必要になった場合には、治療費入院費がかかることが予想できます。事前に準備する方法として貯蓄やがん保険が挙げられます。


特にがんの治療では治療期間が長くなることを考えるとがん保険での備えがおすすめと言えます。


では、選ぶ際にはどのようなポイントを見ておくと良いのでしょうか?ポイントとしては、

  • 保障内容の種類
  • 上皮内がんの取り扱い
  • 加入時期

をしっかりと見極める必要があります。


どの保障が重要になるのでしょうか?また、どのタイミングで加入しておくべきなのか、以下で詳しく解説していきます。

今の時代は通院保証のあるがん保険を選ぶべき

がん保険を選ぶ際に注目したい保障内容は通院保障です。


がんの治療というと、入院して手術を行うなど、入院を伴う治療方法を想像する方は多いと思います。


確かに、入院を伴う治療も多いと言えるのですが、最近では通院での治療もかなり増えてきていると言えます。特に65歳以上の高齢者では、外来での治療が大きく増えているのです。(参考:厚生労働省・患者調査の概況


古いタイプでは入院での治療が一般的であったため、通院に対する保障は手薄いものや、中にはないものまでありました。


しかし、医療技術の発展と共に、抗がん剤や放射線での治療は通院のみで行われる場合も増えてきています。


そのため、入院保障も必要ですが、同じくらい通院保障の必要性も高いと言えるのです。


通院保障の有無だけでなく、対象となる条件のチェックも欠かせません。入院を伴う治療の場合のみが対象になっている商品もあるため、通院のみでも対象となるのかなどをしっかりと確認しておくことがおすすめです。

上皮内がんでも悪性と同等の給付のがん保険にする

通院保障も重要ですが、それと同じくらい上皮内新生物の保障も大切です。


保障のタイプとしては、

  • 同等タイプ
  • 一部保障タイプ
  • 保障適用外タイプ

があります。それぞれどのような内容になっているのか確認していきましょう。


同等タイプ悪性新生物などと区別することなく同額の保障が受けられるタイプです。ボーエン病でもしっかりと保障を受けたい方はこのタイプを選ぶようにしてください。


一部保障タイプ保険金が一部しか支払われない、保障内容ごとに適用の可不可が分かれているタイプです。一部は受け取れますが、なるべくなら避けるようにしましょう。


適用外タイプ悪性新生物のみが対象になっているタイプです。それ以外は対象外となってしまうため、避けるべき商品と言えます。


3つのタイプがあることをご紹介してきましたが、どのタイプが良いのかは一目瞭然だと思います。少し前までは同等タイプを探すことは難しかったですが、最近では多くの商品が出されており、比較的簡単に見つけることは可能です。金銭的な不安なく治療を受けるためにも、このタイプを契約することがおすすめです。

注意!がんと診断される前にがん保険に加入しよう

がん保険への加入タイミングとしては、がんになる前がベストです。


がんになってしまってからでは通常のがん保険の加入は断られてしまう可能性が高いためです。


加入する際にはがんへの罹患歴などを告知することになります。一度でもがんになっている場合には、この質問にひっかかってしまい、契約することができないのです。


黙っていればバレないのでは、と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、うそをつくことは告知義務違反として厳しい処罰が下されます。


保険金請求時には調査がしっかりとした調査が行われるため、うその申告を行っているとバレてしまうのです。告知義務違反となる場合には保険金が受け取れない他、契約解除取り消しといった処罰が下されることになります。


また、免責期間があることも早めの加入がおすすめの理由のひとつです。契約後にすぐに保障が始まるわけではなく、一定期間対象外となる期間が設けられています。


この期間にがんが発覚、診断された場合には、契約解除となり保障を受けることができないのです。そのため、一定期間保障が受けられないことを念頭に、余裕をもって加入するようにしましょう。

時代によって変わるがん保険の選び方はプロへの相談が安心!

がん保険を選ぶ際のポイントはご紹介しましたが、自分一人では選ぶのが大変そう、と感じる方も多いと思います。


がんの治療法は変わっていきます。今の治療方法は通院保障を重視することで十分カバーされるといえます。しかし、治療方法は時代によって変化します。


今後の変化にも対応できる商品を探さなくてはいけません。


さらに、一度がんに罹患経験のある方は加入しにくくなってしまいます。中には加入できる商品もあるのですが、通常のがん保険選びよりも困難なことが予想できます。


これらの理由から、がん保険選びは複雑で難しいと言えます。そこでおすすめなのがプロへの保険相談です。がん保険に詳しいプロに相談することができれば、自分にぴったりの商品を選ぶことができるのです。


保険のプロに相談したい方は、マネーキャリア無料保険相談を利用してみてください、保険のプロであるFPがしっかりと相談に乗ってくれます。

高額療養費制度などの公的な医療制度も検討しよう

がんの治療費に対してがん保険で備えておくことも重要ですが、公的医療制度でどれくらいカバーできるのかをしっかりと勉強しておきましょう。


がん保険へ加入すると保険料がかかります。手厚い保障にすればするほど高額になってしまうため、どの程度がん保険で賄う必要があるのかをしっかりと計算しておくと、自分にぴったりながん保険を選ぶときに役立ちます。


利用できる公的制度としては、

  • 高額療養費制度
  • 傷病手当
  • 医療費控除

などです。


医療費のカバーだけでなく、働いている方の場合には収入も一定以上カバーされます。また、医療費にかかった金額に応じて税金が安くなる制度もあるのです。以下でそれぞれの制度を詳しくご紹介していきます。

高額療養費制度

がん治療に活用できる公的制度に高額療養費制度があります。医療費の支払額に上限ができる制度で、入院などで高額になってしまう費用を抑えることに役立ちます。


特にがんは入院が長引くこともあり、手術や治療法によっては3割負担でも数十万円の支払いが必要になる可能性もあります。この制度を利用することで自己負担額をかなり減らすことに繋がるのです。


上限額は条件ごとに区分分けされています。自分の金額をチェックしておきましょう。


69歳以下の方

区分上限額
年収約1,160万円~252,600円+(医療費-842,000)×1%
年収約770~約1,160万円167,400円+(医療費-558,000)×1%
年収約370~約770万円80,100円+(医療費-267,000)×1% 
~年収約370万円57,600円
住民税非課税者35,400円

70歳以上の方

区分外来上限額
年収約1,160万円~-252,600円+(医療費-842,000)×1%
年収約770~約1,160万円 -167,400円+(医療費-558,000)×1%
年収約370~約770万円-80,100円+(医療費-267,000)×1%
~年収約370万円18,000円57,600円
住民税非課税世帯Ⅱ8,000円24,600円
住民税非課税世帯Ⅰ8,000円15,000円
(引用:厚生労働省保険局・高額療養費制度を利用される皆さまへ


通常収入の方は69歳以下と同じ上限となりますが、それ以外の方には外来での上限が別で儲けられています。住民税非課税世帯ではさらに上限額が低くなっています。

傷病手当

傷病手当金はケガや病気で仕事ができないときに、給料の2/3程度が支給される制度です。


がんで仕事ができない場合にも問題なく活用することができます。ただし期間に注意しましょう。


健康保険の傷病手当金の支給期間は、開始から1年6ヶ月までと設定されています。再発や転移が1年6ヶ月を過ぎてから起きてしまい、仕事ができない状況となってしまった場合には対象とならないことに注意が必要です。


傷病手当金だけでもある程度収入をカバーすることは可能ですが、長期治療や再発・転移時にはカバーしきれないこともあることを覚えておきましょう。

医療費控除

直接医療費をカバーしたり収入が得られるものではありませんが、医療費控除も活用するべき公的制度のひとつです。他の2つの制度よりも金額が少ないかもしれませんが、しっかりと押さえておきましょう。


医療費合計が10万円以上となることで利用することが可能になります。金額に応じて税金を安くできる制度です。


対象となる金額は、

医療費総額-補填金額-10万円

で計算される金額です。補填金額は民間保険などでカバーされる金額です。


この金額分、所得税などの課税対象額が減らされる仕組みとなっています。


自分の分だけでは対象金額にならない、対象となっても受けられる控除額が少ない、と感じてしまうかもしれません。しかし、家族分の医療費が合算可能なため、意外と受けられる方は多いと思います。


ただし、確定申告を行わないと税金が還付されることはありません。会社員の場合源泉徴収では対応していないため、しっかりと自分で申請を行う必要があることを覚えておきましょう。

ボーエン病・上皮内新生物・保険についてのQ&A


ここまでボーエン病や上皮内新生物について様々な事をご紹介してきました。しかし、疑問に感じていることは意外と多いかもしれません。気になることは解消しておきたいですよね?


参考までに、ボーエン病や上皮内新生物、保険についてのよくある質問をご紹介していきたいと思います。

ボーエン病になったらかかる検査費・治療費などをざっくり教えてください

ボーエン病を治療する際には手術などが必要になりますが。どれくらいの費用がかかるのか事前に知っておきたいと考える方は多いと思います。


治療費としては、

  • 外来で約5万円
  • 入院・手術で10~20万円

などとかなり幅が広いと言えます。


様々な部位に発症し、さらに大きさも個々で違いがあります。これらの違いにより治療方法も違い、費用も変わってくるのです。


詳しくは本記事の「ボーエン病の特徴・治療法」を参考にしてください。

上皮内新生物でも三大疫病払込免除特約は利用できますか?

三大疾病払込免除特約は、三大疾病で特定の状態となった場合に保険料の支払いが免除される特約です。


三大疾病は「がん・脳血管疾患・心疾患」が対象となります。これらの病気で所定の状態となった場合に、特約が発動する仕組みになっています。


がんの場合には診断が条件となっている事がほとんどです。上皮内新生物もがんの一種となるため、特約の対象になると考えるかもしれません。


しかし、ほとんどの保険会社では対象外となっています。悪性新生物のみを対象としているのです。

ボーエン病は切除した後に何年放置したら内皮まで侵食しますか?

ボーエン病は切除することで完治が見込める病気です。


しかし、余裕をもって切除が行われた場合でも、5%ほどの確率で再発が認められています。手術をしたから完治した、と考えてしまうかもしれませんが、5年程は定期的な検査が必要と言えます。


切除を行った場合でもこの程度の確率で再発が見られるため、その他の治療方法を選択した際にはさらに再発に気をつけるようにしましょう。

まとめ:がん保険を選ぶ時は”通院保証”や”上皮内がん”に着目


いかがでしたか?ここではボーエン病についてご紹介しました。


ボーエン病はがんの一種ですが、上皮内がんのためがん保険の対象となっていない可能性があります。


また、治療も通院での治療が行われることもあるため、これからがん保険へ加入する場合には、上皮内癌がんが同等で対象となっており、さらに通院保障が手厚いものを選ぶことがおすすめです。


がん保険選びは複雑なため、自分一人では難しと感じる方も多いと思います。このような場合には、マネーキャリアで無料保険相談を行い、プロに自分に合ったものを選んでもらうようにしましょう。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング