「医療保険のがん特約」と「がん保険」の違いと選び方を徹底解説!

がんに備える保険として、「がん保険」と「医療保険のがん特約」があります。どちらを選べばいいのか迷っている方に、がん保険と医療保険のがん特約にはそれぞれどのような特徴があり違いがあるのか、またどちらを選べばいいのか選ぶ際のポイントについて解説します。

がん保険と医療保険のがん特約、どちらを選ぶべきか

あなたは、がん保険と医療保険のがん特約、比較をしてみてどちらを選ぶべきか悩んでいることでしょう。


がん保険にしてしまうとがんにしか使えませんし、医療保険のがん特約にしてしまうと実際がんになったときに、「保障が不十分だったらどうしよう」という不安があると思います。


しかし、がん保険と医療保険のがん特約はどちらもはっきりとした特徴があるので、ニーズによって使い分けることが可能と言えます。


そこで、この記事では、

  • がんの保障には何が求められるのかについて
  • 医療保険とがん保険との違いについて
  • がん保険と医療保険のがん特約に付けておきたい保障や特約について

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、がん保険と医療保険のがん特約、どちらを選ぶべきか考えるときに役立つかと思います。


是非最後までご覧ください。 



すでに医療保険に加入しているなら必要ない

【すでに医療保険に加入している方】

医療保険はがんを含めたすべての疾病に適用されます。

よって、すでに医療保険に加入している場合は、解約してまでがん保険に加入する必要はないでしょう。


最近は、加入者のニーズに応えて手厚い保障のがん特約を付帯することができるようになりました。


がん治療にも備えておきたいという方は、がん特約を上手に利用して安心の保障を手に入れておきましょう。


【これから新規加入する方】

なだどちらにも加入していない方や、がん治療における貯蓄が不十分で心配な方などは、がん保険を選ぶことをおすすめします。


やはり、がん治療における「保険外治療」は経済的に相当な負担がかかります。

がんは恐ろしい病気というイメージがある上に、経済的な負担が重大な問題である疾病です。


がんの治療に万全な備えをしたい方は、がん保険を選ぶことをおすすめします。


ここまでで、「自分だけでがん保険を選ぶのは難しい」と感じられた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 


どのがん保険がいいのか、自分にあったがん保険はどれかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 


>保険のプロに無料相談はこちら

がんの保障には何が求められるのか

以前のがん保障といえば、加入している医療保険の入院日額に、がん入院の際の入院日額を上乗せする方法が主流でした。


しかし、がんに限ったことではありませんが、近年は入院日数が短期化する傾向にあり、場合によっては日帰りの治療もあるほどです。


また、がんは退院後も通院し続けなければならないため、通院の保障を手厚くしたいというニーズもあります。


そのような状況をふまえ、近年のがん保障は次の点に重点をおいた内容になっています。


  • がんと診断されたときに「がん診断給付金」が支払われる
  • 通院保障が充実している
  • 抗がん剤治療などを受ける際の保証がしっかりしている

がん治療に有効な医療保険の特約

医療保険に上乗せできる、がん治療に有効な特約は次のものがあります。


【特定三大疾病保障特約】

いわゆる三大疾病(がん・脳卒中・心筋梗塞)に該当した際に適用される特約です。


【がん診断給付金特約】

医師からがんであると診断されたときに一時給付金として受け取れる特約です。

「通院や入院をしていなければならない」などの要件はありません。


【入院特約・長期入院特約】

病気やけがの治療などで入院した際に給付金が受け取れます。

もちろん、がん入院の場合も適用可能で、入院が長期にわたる場合は長期入院特約も役立ちます。


【女性疾病入院特約】

子宮がん・子宮頸がん・乳がんなどの女性特有の病気で入院した場合に、給付金や入院限度日数が増える特約です。


【通院特約】

入院した方で、退院後治療のために通院する場合に保障される特約です。

がん治療は退院後も通院し続ける必要があるため、付帯しておくと有効な特約です。


【抗がん剤治療特約】

入院・通院を問わず、抗がん剤治療を受けた際に給付金が受け取れる特約です。


【先進医療特約】

厚生労働大臣が定める先進医療の治療(がん治療に多くみられます)を受けた際の保障特約です。

医療保険とがん保険との違い

医療保険とがん保険とでは、どのような違いがあるのか、それぞれの特徴についてまとめてみました。


【がん保険】

  • 支払い対象:がんのみ
  • 支払限度日数:なし
  • 保障される内容:
    ・入院・手術をはじめ診断・通院などもカバー
    ・先進医療・抗がん剤・放射線治療など
    ・技術革新に伴い保障内容が拡大
  • 加入制限:
    ・職業や加入状況により加入制限あり
    ・既往歴がある場台でも、がんに起因する病気以外なら加入可能

【医療保険】

  • 支払い対象:疾病・怪我全般
  • 支払限度日数:あり(商品によって異なる)
  • 保障される内容:
    ・入院・手術がメイン
    ・ニーズに合わせて特約をカスタマイズできる
  • 加入制限:
    ・職業や加入状況により加入制限あり
    ・既往歴がある場合は難しい

このように、がん保険は支払い対象ががんに限定されており、医療保険はあらゆる疾病・怪我に対応しています。


また、医療保険は支払限度日数が定められているのに対し、がん保険では限度がなく無制限に利用することができます。

がんの治療費は医療保険の特約の保障でカバーできるのか

がんの治療はがんの進行状況にもよりますが、「入院・手術・退院で完治」というわけにはいきません。


退院後も継続的な治療を要し、「再発」の可能性もあるため経過観察も重要とされています。


そのため、どうしても治療が長期間にわたることが多くなります。


治療期間が長引けば長引くほど治療費もかかり、さらに保険適用外の先進医療を受ける場合は、さらに高額な治療費が必要になります。


また、入院・治療中は仕事もできなくなるため、金銭面での負担が倍増されます。


医療保険にがん特約を付けた場合でもある程度の保証は得ることができます。


しかし、がん治療においてはがんに特化した「がん保険」の方が手厚い保障がされているので安心です。


保障の安心度が、がん保険を選ぶ時のポイント

がん保険と医療保険のがん特約でどちらがいいのか悩む方は少なくありませんが、がん治療に備えるためであるなら、やはりがん保険を選ぶことをおすすめします。


がん保険はがんに特化した保険なので、医療保険のがん特約よりもがん治療における保障が手厚くなっており、安心度が格段に違います。


また、治療費のみならず働けなくなった場合の家計への保障もカバーしているので、安心して治療に専念できるのが大きなメリットです。


がん保険よりも医療保険の方が保険料は抑えられる

医療保険よりもがん保険の方が、より手厚い保障があるとわかっていても、保険料の負担を考えると迷ってしまうことがあります。


というのも、医療保険の方ががん保険よりも保険料が安く抑えられることが多いからです。


では、具体的に保険料にどのくらいの差が出るのか、アフラックのがん保険「新 生きるためのがん保険 Days」と医療保険「ちゃんと応える医療保険 EVER」の保険料を比較してみましょう。


  • 加入者:40歳 男性
  • 保健期間:終身
  • 入院給付金日額:5,000円
  • 通院給付金日額:5,000円

この条件で、特約を付帯せずに基本的な契約でシミュレーションしてみました。


すると保険料は、がん保険が2,895円、医療保険が2,455円という結果になりました。

〈参考:アフラック 保険料シミュレーション〉


このように、がん保険よりも医療保険の方が保険料が安く抑えられていることがわかります。


保険料の負担を少しでも軽減したいという方は、がん保険よりも医療保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

がんになったときにお金の心配をしたくないならがん保険

がんの治療方法に「抗がん剤治療」がありますが、この治療にかかる費用が心配な方もいらっしゃるでしょう。


抗がん剤治療の種類にもよりますが、健康保険の適用を受けられる3割負担の場合でも、1ヶ月に5万円以上かかるものもあります。


これを毎月支払うとなると、家計に与える負担は相当なものになります。


がん保険では、抗がん剤治療などのがん特有の治療についてもカバーしているので、「お金のことを気にせずに治療に専念したい!」という方はがん保険に加入することをおすすめします。

がん保険に通院保障をつけておこう

がんの治療で入院した場合、退院したのちも定期的に通院する必要があります。


通院治療における治療費も手厚いものにしたい方は、通院保障を付帯しておきましょう。


また、近年はがんの治療方法が多様化していることもあり、入院せずに通院のみでがん治療を行う方も増えています。


このような状況を受け、最近は入院を伴わない「通院のみの治療」でも通院給付金が受け取れるようながん保険も登場しています


そして気になる通院保障の給付金額ですが、保険会社によって異なりますが、1日あたり5,000~10,000円ほどとなっています


しかし、注意しなければならない点があります。


保険商品によっては「入院後の通院」を対象としているものが多数あり、その場合は通院のみの治療では給付金の受給対象から外れてしまいます。


自分が受ける治療方法によって、ふさわしい保障内容のがん保険を選ぶようにしましょう。

コストを抑えて将来に備えたい人は医療保険のがん特約

医療保険に入る大きな目的としては、「病気やけがに備えて」ということが挙げられます。


確かに、手術や入院となるとまとまった金額が必要になるため、保険の給付金でまかないたいと思うでしょう。


しかし、先にも述べましたが、最近は入院期間が短くなる傾向にあり、がん保険や医療保険に加入していてもあまり給付金が受け取れないというケースが少なくありません


そういった現状を踏まえて、病気やけがへの備えとして、保険に入るよりも貯蓄に回したいと考える方もいらっしゃいます。


掛け金の小さい必要最小限の医療保険に加入し、がん特約を付帯して、がんを含む病気やけがに備え、浮いた分は貯蓄に回すというのも1つの方法です。

必要な医療保険の特約を選ぶポイント

医療保険の特約には、通院特約、三大疾病特約、健康祝金特約、生活習慣病入院特約、退院後療養特約など、様々な種類のものがあります。


しかし、特約は手当たり次第付帯しておけば安心というものではなく、契約者のニーズに合った特約を選ぶ必要があります。


では、特約を選ぶ際のポイントは何かというと「リスクが起きる頻度とその影響の大きさ」です。


つまり「起きる可能性は低いけれども、もし起きた場合には貯金でまかないきれないほどの経済的負担がある」リスクに対しては、特約で追加しておくべきと考えます。


がん特約は、その最たるものといえます。



医療保険のがん特約とがん保険の違いのまとめ

がん保険と医療保険のがん特約、どちらを選ぶべきかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がんの保障には通院保障や「がん診断給付金」、抗がん剤治療の保証が求められる
  • がん保険は支払い対象ががんに限定されており、支払限度日数も無制限
  • がん保険と医療保険のがん特約に付けておきたい保障や特約は「通院

です。 


がんになってしまうと、身体的な負担だけではなく、保険外治療など経済的な負担がとても大きくなってしまいます。


そのため、保険に入っておくことが必要になりますが、保険料を抑えたいという方は、医療保険にがん特約をつけることをおすすめします。


しかし、お金の心配をせずにがん治療に専念したい方は、がん保険がおすすめです。


どちらにせよ、がんは必ず通院が必要になってきますし、抗がん剤治療も入院をせず、通院で行うことも多くなっています。


そのため、通院保証や通院特約も必ずつけておきましょう


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が