がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?

医療の技術は日進月歩であり、2001年には分子標的薬というものができました。分子標的薬のような進歩があるからには、がん保険などの生命保険も適応していかなければなりません。新薬に伴いがん保険にはどういった役割があるのかを今一度調べてみましょう。

新しい種類の抗がん剤の分子標的薬とは

2001年からがん治療を目的に使用され始めた、分子標的薬は「分子標的治療薬」とも呼ばれます。

 新世代の抗がん剤とされ、現在20種類の分子標的薬が認可されています。 

これは副作用を抑えつつ治療効果が高められると期待されています。

がん細胞がもつ特異な細胞を狙い撃ちする治療

従来のがん治療だと、特定の臓器のがんに関しては、「すべての患者」に、同じ薬が投与されてきました。

その「抗がん剤」は人によって効果はまちまちで、副作用に苦しめられるだけの治療になる場合もあったのです。

研究の結果、がん細胞には、異常な遺伝子やたんぱく質などの分子が含まれていることが分かりました。

分子標的治療はその異常な遺伝子やたんぱく質をターゲットに狙い撃ちする治療です。

その分子標的治療に使用する薬を分子標的薬といいます。  


がん細胞の活動を弱める働きを持つ

分子標的薬は、遺伝子やたんぱく質を攻撃することで、がん細胞の増殖を止めます。

がんを「殺す」ための薬ではなく、がんの「増殖」を抑えるための薬です。

分子標的薬は「殺さない抗がん剤」といわれています。



従来の抗がん剤に対する分子標的薬のメリット

従来の抗がん剤と分子標的薬を使用した場合の違いはどのようなものなのでしょうか?

抗がん剤より優れているからと言われても、何かしらのデメリットがあるはずです。

自分の身体に入れる薬ですので余計に心配になります。

こうして薬の主作用と副作用をしっかりと理解して家族と寄り添うことも闘病に欠かせないものです。


まずは、分子標的薬のメリットについてです。


従来の抗がん剤に比べて副作用が少ない

正常な細胞まで傷つける従来の抗がん剤は、副作用として

  • 脱毛
  • 口内炎
  • 下痢

がありました。


しかし、分子標的薬では、そのような副作用は起こりません。

分子標的薬が阻害するものは大きく分けて2つあります。


  • シグナル伝達
  • 血管新生

シグナル伝達を行うことにより細胞の増殖などが起きてしまいますので、これを阻害する薬とガンへ栄養素を運ぶ血管を新しく作る働きを阻害する薬があります。


治療期間が長い

分子標的薬はガンの成長進行をピンポイントで抑えていく薬剤です。

そのため注力したい標的以外の部位には傷を残すことなく治療ができます。


しかし、ガンも耐性を付けてしまい薬剤の効果が薄まってしまうことがあります。

この際、薬剤を他のものに切り替えて耐性の持っていない薬剤で治療を継続させていきます。

従来の抗がん剤と同様のすすめ方で、治療期間は長くなってしまいます。


現在、分子標的薬の耐性克服薬が開発段階にありますので、早く世に出回ってくれるとうれしいですね。

分子標的治療の効果のある人を事前に把握できる

がんの特定の遺伝子やたんぱく質を検査します。効果を期待できる人にのみ、投薬します。治療に適している人のみが、治療対象になるので、がんの「個別化医療」ともいわれています。

分子標的薬のデメリット

副作用が少ないとされる、分子標的薬ですが、

  • 間質性肺炎 
  • 心不全高血圧 
  • 皮膚障害 
  • 下痢 

など、従来の抗がん剤ではなかった副作用が報告されているのも事実です。日本人のみに現れる副作用もあり、重症化する場合もあるのです。

  


治療費が高額

分子標的薬を使用できる患者数は限られています。

オーダーメイドの治療となるので、分子標的薬の価格は高額です。 

月20万円~100万円を超える薬がほとんどです。

例えば、オプシーボを肺がんに使用した場合、月300万円を超えてしまうこともあります。 

治療期間が長い

がん細胞の「増殖」を抑えるための治療です。投薬をやめてしまえば、がん細胞の「増殖」は始まってしまいます。

分子標的治療は根治するまでやめることはできないのです。


がん保険の適用期間よりも治療期間の方が長いということはありませんが、かなり長期間の闘病になります。

分子標的薬とANK療法との同時併用で相乗効果が期待

免疫細胞は体の中に1兆個以上あるとされます。

がん細胞を攻撃できるNK細胞は1000億個ほど存在するといわれます。

そのNK細胞に注目したのがANK療法です。

ANK療法(ANK自己リンパ球免疫療法)とは

がん患者の体内では、ナチュラルキラー(NK)細胞の働きが弱っています。そのNK細胞を培養することで、がん細胞を攻撃する治療法です。

その方法は 

  1.  患者自身のリンパ球を取り出します。
  2.  2~4週間かけて、リンパ球を増殖・活性化させます。
  3.  点滴で患者自身の体内に戻します。

以上の流れで治療を行います。

週に2回、点滴による治療になります。

本人の細胞を培養して体に戻す治療ですので、放射線治療や、抗がん剤治療のような副作用はほとんどありません。

点滴の際、免疫副反応といわれる悪寒、発熱の副作用はあります。

活性化されたNK細胞は、がん細胞を見つけ攻撃します。小さながん細胞には、効果を発揮します。

分子標的薬とANK療法との同時併用により得られる効果

とても相性のよい治療法です。

分子標的薬ががん細胞の増殖を抑え、NK細胞ががん細胞を破壊するのです。同時併用することで、がんを効率よく減らすことができます。

がん保険をうまく活用して、治療費を安く抑えよう

がん保険の保障内容

生命保険には、がん保険という商品があります。

「がん」になったとき、保障される保険です。

がん保険の保障内容です。

  •  がん診断給付金特約―がんと診断された時、一時金がもらえます。
  •  がん入院給付金特約―がんで入院した場合に給付金が支払われ、入院日数は無制限 
  •  がん手術給付金特約―1回の手術に対し支払われます。
  •  がん通院給付金特約ーがんの通院治療に対し支払われます。

がんの治療は、金銭的な負担が大きくなります。

この金銭的負担を軽くするためには早期発見が欠かせません。

がん保険では入院給付金特約というものがありますが、病院との距離感を縮めるものかもしれません。


ところで、がん保険で貰える給付金は一括の方が良いのでしょうか。

端的にいえば、診断給付金は複数回もらえるタイプのがん保険を選びましょう。

がんというものは再発する恐れもありますし、個体差のある疾病です。

逐一の保険金が貰えるようにして置き、生命保険会社にいつでもうかがえるようにしておくことで幾分か気分も楽になります。


さて、がん保険にはがん診断給付金特約のほかに、重要な特約があります。

それは抗がん剤治療に欠かせない抗がん剤治療特約です。

がん保険の抗がん剤治療特約について

がん保険の特約の中で、診断給付金特約に次いで重要な特約です。

抗がん剤の治療を行った際、予め設定している金額を、治療給付金として受け取るものです。


がんの治療をしていくために抗がん剤を使用しますが、この抗がん剤が高額になりやすいです。

がん保険ではこうした時への対応も必要です。

まとめ:がん保険と分子標的薬について

がん保険は三大疾病の一つであるがんと闘うための保険です。

このがん保険については万が一の時に備えるためだと思って加入しておいた方が良いでしょう。


分子標的薬など新しい技術が出てくる中で、がん保険もそれに対応したプランを用意しています。

残念ながらサポートしきれない先進医療薬もありますが、一刻も早くがん保険でカバーできるようになってほしいものです。


一口にがん保険といっても、特約が4つもありました。

それらの特約をしっかりと使い、がんと闘っていく準備が必要です。

そのために分子標的薬などの新しい抗がん剤を含む特約もありますので、がんとどうやって立ち向かっていくかを考えてみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気記事一覧